サンタクロース四方山話

サンタクロースにまつわる思い出話、二題。学生から聞いたもの。しっかり聞いてなかったので、不正確かもしれん、ゴメンね。

学生A: クリスマスの夜、寝ていたらガサガサという怪しい音がして、パッと眼を覚ましたら、プレゼントを握り締めたおじいちゃんと眼が合いました。そのときのおじいちゃんの恐怖にひきつったような顔を、今もありありと思い出します。

学生B: ずっとサンタクロースさんを信じてました。毎年プレゼントを楽しみにしてました。でも、二十歳になった年、プレゼントといっしょに枕元に手紙が置いてあったのです。そこにはこうありました。「サンタクロースさんも疲れたので、定年を迎えることになりました。だから今年が最後です」。これまでサンタクロースさんに負担をかけていたんだなぁと思いました。

後者は、ひねくれ者のぼくには、ちょっとうらやましくもある話でした。

by enzian | 2005-12-25 11:43 | ※キャンパスで | Trackback | Comments(47)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/3948088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 毒きのこ at 2005-12-25 13:34 x
わ~い、まっさらな雪だ! いちばんのりの足跡つけちゃおうっと!  さくっさくっ

 サンタクロースというそんざいは子供心に、おもちゃ商戦の営業マンみたいなものだろうっておもってました。信じる以前のはなしでした・・・@@

 蛇足)おもいでのおもちゃのプレゼントは小学校低学年のときもらったコレ↓でした。
 ”こえだちゃんのせかい→おともだちのしょうかい”とすすむと”りんどうくん”というキャラもでてくるよっ
 http://www.takaratoys.co.jp/koedachan/

>たくさん書きたいことがあって、どれを書こうか、迷ってる。

小出しでもいいから、アップしてちょ。楽しみだぁ~^^
Commented by unnyo8739 at 2005-12-25 13:41
サンタクロースは信じていない冷めたお子様でしたが、
いつかドラえもんが机の引き出しからやってくると信じていました。
Commented by kaori_yoshihara at 2005-12-25 17:58
保育園の頃、「サンタクロースはフィンランドにいる」と思っていました。保育園の同級生にサンタさんから手紙が来たときには度肝を抜かれ、「なんで私のところには来ないの~!!(●`ε´●」と思っていました。この頃は、いないと知っていつつも、信じていました。
小学生の頃は、気を集中すれば妖精や、トトロが見えると思っていたな~。
どれだけ集中しても見えなかったので、ひとまず諦め、今は保留です。
Commented by toko_chai88 at 2005-12-25 19:47
うちは粋がって「サンタクロースなんていない」なんてほざいてました。
でも、本当にプレゼントが届かなかった時には独りでこっそり本気で泣きました。
とこちゃい10歳のクリスマスの朝のことです。
あの時、心の中で何かが壊れて一つ大人になったのかも知れません。

あぁ~!右上のサンタさんが何かプレゼントばらまいてるぅ☆(。^▽^。)わーい♪
Commented by ほっと at 2005-12-25 19:53 x
幼い頃 私の枕元には プレゼントがあって
母には無いのが 不思議でした。
ある年
母に「今年はサンタさんが来るよ」と話し
4歳くらいで初めて 手作りの ボロボロのお財布を縫いました
(父のズボンのすそ上げした 残りの布で)
母が お買い物で その財布を使ってくれたんです うれしかった
人生で初めて 人にプレゼントを考えた 思い出です。
「サンタさん 母さんにも来たんだね♪」と言ったら
ニコって微笑んでくれた 母の笑顔が
最高の思い出です
今まで もらったプレゼントは あまり思い出せないのに
Commented by chinchudo at 2005-12-25 21:34
学生Bさんの話は、確かにほろっとしますね。

サンタクロースの実在は、幼児のころ信じていた気もするけど、
あまり記憶に残っていません。

unnyo8739さんのコメントで思い出しましたが、
小1のクラスメートで「ぼくの家にはドラえもんがいて、どこでもドアで
学校に来ることだってできるんだ」と言い張る子がいました。
当時それを本当だとは思わなかったのですが、だからといって
うそだとも思っていなかった。なつかしいです。

それから、「吹雪の日の奈良交通バス」、愉快なコメントの数々に
笑い転げました。enzianさん、みなさん、ありがとう。
Commented at 2005-12-25 22:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-12-25 22:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-12-25 22:36
毒きのこさん

>わ~い、まっさらな雪だ! いちばんのりの足跡つけちゃおうっと!  さくっさくっ

ふふっ、新雪でしたね。

> サンタクロースというそんざいは子供心に、おもちゃ商戦の営業マンみたいなものだろうっておもってました。信じる以前のはなしでした・・・@@

おーさすが商売っ気がそのころからあったと‥‥(^^)

>蛇足)おもいでのおもちゃのプレゼントは小学校低学年のときもらったコレ↓でした。
 ”こえだちゃんのせかい→おともだちのしょうかい”とすすむと”りんどうくん”というキャラもでてくるよっ
 http://www.takaratoys.co.jp/koedachan/

いいねー忘れられない思い出ですね。
りんどうくんが一番いいかなw

>小出しでもいいから、アップしてちょ。楽しみだぁ~^^

どれにしよっかなー
Commented by enzian at 2005-12-25 22:44
unnyo8739さん

>サンタクロースは信じていない冷めたお子様でしたが、
いつかドラえもんが机の引き出しからやってくると信じていました。

ドラえもんって、明らかにアニメでしょう。
なにがリアルであるかっていうのは、人によって違うのでしょうか。
興味深いです。
Commented by enzian at 2005-12-25 22:54
とこちゃいさん

>うちは粋がって「サンタクロースなんていない」なんてほざいてました。
でも、本当にプレゼントが届かなかった時には独りでこっそり本気で泣きました。
とこちゃい10歳のクリスマスの朝のことです。

ちょっと切ないですね。
大人ぶっていても、なにかを信じていたんですね。

>あの時、心の中で何かが壊れて一つ大人になったのかも知れません。

やっぱり切ないですね。
なにかが壊れてやっと大人になるというのが‥‥

>あぁ~!右上のサンタさんが何かプレゼントばらまいてるぅ☆(。^▽^。)わーい♪

はーい、よい子のとこちゃいさんへのプレゼントで~す(^^)
Commented by enzian at 2005-12-25 23:00
ほっとさん

すごくよいお話をありがとうです。
お母さんのやさしさと、ほっとさんのやさしさに、
しみじみしました。

喜びには、人に喜んでもらえるという喜びもある、
ということを気づいたんですね。
ぼくはクリスチャンではありませんけど、
きっと、イエスも喜んでいると思います。
Commented by enzian at 2005-12-25 23:04
chinchudoさん

>学生Bさんの話は、確かにほろっとしますね。

いい学生なんですよ。

>サンタクロースの実在は、幼児のころ信じていた気もするけど、
あまり記憶に残っていません。
unnyo8739さんのコメントで思い出しましたが、
小1のクラスメートで「ぼくの家にはドラえもんがいて、どこでもドアで
学校に来ることだってできるんだ」と言い張る子がいました。
当時それを本当だとは思わなかったのですが、だからといって
うそだとも思っていなかった。なつかしいです。

ぼくもunnyo8739さんのコメントでハッとさせられたのですが、
なにがリアルかは、人によって違うのかもしれません。
普通に考えれば、ちゃんと人間のかたちをしているサンタの方が実在性がある
ように思うわけですが、アニメのキャラの方が実在性があると考える人
もいるのかもしれません。

>それから、「吹雪の日の奈良交通バス」、愉快なコメントの数々に
笑い転げました。enzianさん、みなさん、ありがとう。

おもしろかったですね。
コメントいただいたみなさんに感謝です。
Commented by enzian at 2005-12-25 23:09
鍵コメ1さん、メリークリスマス。

しんみりしましたよ。
忘れられないでしょうね、その言葉は。
教えてもらったぼくも、
きっともう忘れられないぐらいの言葉ですから。

今もすなおでいい子なんでしょ?^^

ポチ袋は、ちょっとオチャメかな(^^)
Commented by enzian at 2005-12-25 23:12
鍵コメ2さん

思わない(^^)
きっとこの日を狙ってたんでしょ、二人とも。
シンクロニシティとか言うんじゃないでしょうね。
ダメですよ、変な考えにのめっちゃ。
Commented by 座敷童 at 2005-12-25 23:58 x
クリスチャンだった祖父の手伝で、年下の子供のプレゼントを用意していたせいか、
“聖ニコラウス”=子供好きのおじさん
“サンタクロース”=地域の代表者=町長(別物)・・・でした。
毎年年末に町長が地域の人にお歳暮を配るのだと思っていました。
町長が代わったときはどうしようかと思いました。

サンタクロースがいるかいないかに関しては、Francis Pharcellus Church氏の社説がお気に入りでございます。
子供に聞かれたら、氏の言ったように言うことにしてます。
取り合えず、町長じゃないってことが分かったのは中学に上がってからでした。
Commented by 006 at 2005-12-26 00:09 x
ひねくれ者のenzianさん、ひねくれ者仲間をお探しなんじゃないんですか~Ψ(`∀´)Ψケケケ
ちょっと遅れてメリークリスマス☆
ハイ、プレゼント!( ´ー`)_●~*
Commented by enzian at 2005-12-26 00:33
006さん

>ひねくれ者のenzianさん、ひねくれ者仲間をお探しなんじゃないんですか~Ψ(`∀´)Ψケケケ

やだなーもー
こんなにスナオなぼくちゃんなのに‥‥

>ちょっと遅れてメリークリスマス☆
ハイ、プレゼント!( ´ー`)_●~*

わーやったー季節外れのスイカなのかな。
がぶりっ、ドッカーン、コラー!!\(*`∧´)/ムッキー!!
Commented by enzian at 2005-12-26 00:52
座敷童さん

>クリスチャンだった祖父の手伝で、年下の子供のプレゼントを用意していたせいか、
“聖ニコラウス”=子供好きのおじさん
“サンタクロース”=地域の代表者=町長(別物)・・・でした。
毎年年末に町長が地域の人にお歳暮を配るのだと思っていました。
町長が代わったときはどうしようかと思いました。

またそんな夢のないことを夢一杯の哲学者に言う、もー(-_-)

>サンタクロースがいるかいないかに関しては、Francis Pharcellus Church氏の社説がお気に入りでございます。

それはどげな社説なわけどすか。
信じている人にはいるんだよ、ってな具合どすか。
Commented by bs2005 at 2005-12-26 00:53
両方とも、ほほえましくて素敵なお話ですね!

サンタさんの定年の手紙をもらったのは、世界でも一人だけではないでしょうか。私位の年になったら、多分、それがサンタさんからもらった一番素敵な贈り物になる気がします。
Commented by bs2005 at 2005-12-26 00:59
そうそう、あの社説、後に『サンタクロースって本当にいるんですか』って本になった分ですよね。私、大好きで、あれと『星の王子様』は今だに、泣きます。
うちの子供は、平均より大分長くまで信じていましたが、ついに、皆が居ないって言うんだけど、、とこちらを不信の目で見ました。それでこの本を買って読ませました。煙に巻かれたような、腑に落ちない顔をしていました。(笑)
Commented by enzian at 2005-12-26 01:18
bs2005さん

>そうそう、あの社説、後に『サンタクロースって本当にいるんですか』って本になった分ですよね。

今、読みました。
よいお話だと思います。
ただ、記者が切り捨ててしまった「サンタがいない」というお友だちの考えも
尊重してやりたい、とぼくは思います。
その子たちがそう考えた理由にも、単なる近代的な合理主義・懐疑主義
(こういう言葉遣いをするのは、学者としては雑に過ぎるのですが‥‥)
だけでなく、いろいろな理由があるのでしょうから。

>両方とも、ほほえましくて素敵なお話ですね!

そうですね。
ぼくにはクリスマスの思い出はないのですが、
これほど子ども心に強い影響を与えるのでしたら、
そういう意味では、大切なイベントなのだなぁと思います。

>サンタさんの定年の手紙をもらったのは、世界でも一人だけではないでしょうか。

そうかもしれませんね。
素敵なお父さんとお母さんのようでした。
それは、話し振りでわかりました。
Commented by meshi at 2005-12-26 15:27 x
私、サンタがいるなんて思ったこともなかったので、
大人になって、世の中の子供達が
マジで信じていると聞いて、驚愕でした。
夢も何もなくってスイマセン。ははは
まだ座敷童の方がいるような気がします。
サンタクロースは、河童並にいないと思う。。。
Commented by satsuki69129 at 2005-12-26 16:27
私が物心ついた頃、保育園のクリスマス会に、役所の職員だった父がサンタの格好をして現れたことがあります。
そんなわけで(?)、当然サンタクロースなんて架空の人物だと認識しており、プレゼントは両親に要求してました。
...可愛げのない子供でしたねぇ(笑)
Commented by enzian at 2005-12-26 21:19
meshiさん

>私、サンタがいるなんて思ったこともなかったので、
大人になって、世の中の子供達が
マジで信じていると聞いて、驚愕でした。
夢も何もなくってスイマセン。ははは

ぼくも大体同じ感じでしたよ。ははは。

>まだ座敷童の方がいるような気がします。

少なくとも、ぼくのブログには夜な夜な現われます^^

>サンタクロースは、河童並にいないと思う。。。

ぼく的には、河童の方がいそうな気がします。。。
サンタクロースはキングコングやらスーパーマン並にいないような。。。
Commented by enzian at 2005-12-26 21:21
satsuki69129さん

>私が物心ついた頃、保育園のクリスマス会に、役所の職員だった父がサンタの格好をして現れたことがあります。
そんなわけで(?)、当然サンタクロースなんて架空の人物だと認識しており、プレゼントは両親に要求してました。
...可愛げのない子供でしたねぇ(笑)

幼児体験とは怖いものですね。
でも、現実的でよいのでは‥‥(--;)
Commented by harry_hk at 2005-12-26 23:04
ママ:enzian、そろそろ来年度の講義要綱を作成しないといけない
   時期じゃない?
   それに、学期末試験の採点も1月末から始まるから、
   うっかりとしていられないわ!!
   それに、そろそろお偉い教授方が来年度のフォーラムを勝手に
   考える頃よ!!
   変な役職に就かないように気を付けるのよ!!!!
   そういえば、年賀状はもう書き終えたの!?
   また、名刺の数増えたんじゃないの!?
Commented by enzian at 2005-12-26 23:37
ハリーさん

ぎゃー頭が痛いことを、的確に指摘しないよーに(><)
それとね、変な役職にはもう就いてるのね。。。
名刺なんか、名刺なんか、いらないやい!わー(どこぞに逃走しました)
Commented by rei_ayakawa at 2005-12-27 08:33
大人になってまで「サンタなんかいない」とか言ってちゃダメです。
それが許されるのは子供のときだけです。
大人になったら、私たちがサンタクロースになるのです。
ですから、子供に「サンタさんっているの?」と聞かれたら、「俺がサンタだ!」と答えてあげましょう。
Commented by enzian at 2005-12-27 09:11
rei_ayakawaさん

なるほど、いつまでもくちばしの黄色い雛のように与えられるのを待つだけではだめで、
与える側にならないといけないと。

>ですから、子供に「サンタさんっているの?」と聞かれたら、「俺がサンタだ!」と答えてあげましょう。

子どもはたぶん言うでしょうね。
「いったい、おじさんの、どこがサンタなの!?」
そして、大人もまた傷ついて、
「サンタなんかいないやい」、となるのです(^^)
Commented by manchester at 2005-12-27 12:45 x
私はひねくれもので夢のない人間でした(今も?)ので、
親と一緒にプレゼントを選んでいました。親も親で、
信じ込ませようという感じでもありませんでしたし。
「信じてた」っていう人の話を聞く度に羨ましくなります。
「子供の夢を壊さないように」という親御さんの努力が胸にしみるのです。
もうちょっと夢をもたせてくれてもよかったんじゃないの?と
少し思いますが、私の性格上ムリだったのかもしれません。

一足早いですが、よいお年をお迎え下さい。
(PCできない環境に行くので。一応現世です(^^; )
PCの前でワードと格闘されていらっしゃるかもしれませんが・・・。
Commented by Honig-Biene at 2005-12-27 16:30
知り合いの5歳のお嬢さんは、カタログに印をつけて枕元に置いていたそうです。しかし、両親は印とは違うものを買ってしまったそうです。さて、結末はいかに。
わたしがサンタの正体を見破ったのは、夜中にコソコソ動く怪しい影を見てからですね。翌朝、親に問い詰めたら「夢やろ?」「泥棒やないの?」って、これまた夢のない返事。クリスマスに貰うオモチャは高価で、難しいものが多いので、すぐに飽きてしまうので、親としてはサンタの正体よりも、お金の価値を理解して欲しかったでしょうね。
Commented by enzian at 2005-12-27 18:51
manchesterさん

>「信じてた」っていう人の話を聞く度に羨ましくなります。
「子供の夢を壊さないように」という親御さんの努力が胸にしみるのです。
もうちょっと夢をもたせてくれてもよかったんじゃないの?と
少し思いますが、私の性格上ムリだったのかもしれません。

夢をもたせるってことは、
考えようによっては、ウソをつくってことと背中合わせでもあるでしょ。
だから、その注文は、ちょっと酷に過ぎるかもしれないよ。

>一足早いですが、よいお年をお迎え下さい。
(PCできない環境に行くので。一応現世です(^^; )
PCの前でワードと格闘されていらっしゃるかもしれませんが・・・。

PCがあって、いつもネットで繋がっているというのがあるから、
どこまで行っても、いつになっても仕事から逃げられません(^^;
PCのない環境を楽しんでください。
では、よいお年を!
Commented by enzian at 2005-12-27 18:59
Honig-Bieneさん

>知り合いの5歳のお嬢さんは、カタログに印をつけて枕元に置いていたそうです。しかし、両親は印とは違うものを買ってしまったそうです。さて、結末はいかに。

ものすごいお話ですね。
「もう生産中止になって、新しいカタログには載っていないそうだよ」
と親が言ったのでしょうか‥‥

>わたしがサンタの正体を見破ったのは、夜中にコソコソ動く怪しい影を見てからですね。翌朝、親に問い詰めたら「夢やろ?」「泥棒やないの?」って、これまた夢のない返事。

「あっあれはね、サンタさんのプレゼントがお母さんも気になって、
確かめてたの」と言えば、夢があったのでしょうか。

>クリスマスに貰うオモチャは高価で、難しいものが多いので、すぐに飽きてしまうので、親としてはサンタの正体よりも、お金の価値を理解して欲しかったでしょうね。

クリスマスプレゼントというのは、
日本人にとては、日頃はもらえそうもないようなプレゼント、
という理解があるようですね。親も大変ですね。
Commented by harry_hk at 2005-12-27 23:20
結局、一眼レフ買っちゃったんですね。
あ~あ、また、興味が増えると、後で大変ですよ~(笑)
EOSですか?
今度こそ、ケーキの写真をブログにアップしてください!!


ちなみに、サンタクロースですが、教会の幼稚園に通っていたので、サンタクロースは牧師さんのことだと思っていました。
ある意味正しいのだと思いますけれど(笑)
だから、なんのしこりもなく、こんな歳になってしまいました。
Commented by yachiem at 2005-12-27 23:33
EOS Kissゲット、おめでとうございますぅぅぅぅぅPAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★
諭吉さん、さようなら~~~PAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★
お金は天下の回りモノですからぁぁぁ
・・・って、うちには、回ってくる諭吉さんが非常に少ないですが・・・^^;

さてさて、早速マクロレンズの沼に、どうぞ!!!(・∀・ )o――<o―д-)oズリズリ

・・・サンタさんに頼んだんじゃなかったんですか?(笑)
良い子のところにしか、サンタさんは来てくれないのかもしれないですね( ̄ー ̄)ニヤリッ

しかし、Kiss Nでしょ。
私のより、いいやつじゃんか!(泣)
Commented by enzian at 2005-12-28 00:02
ハリーさん

けっきょく買ってしまいました。
うーんこれにのめるといけないのですがねぇ。
なんとかほどほどに付き合って行きたいと思うのですが、無理か‥‥

めちゃめちゃ美味いロールケーキの写真はアップしたかったです。来年こそは!

>ちなみに、サンタクロースですが、教会の幼稚園に通っていたので、サンタクロースは牧師さんのことだと思っていました。
ある意味正しいのだと思いますけれど(笑)

たしかに、ある意味正しいのですが(^^)
Commented by enzian at 2005-12-28 00:07
やちさん

>EOS Kissゲット、おめでとうございますぅぅぅぅぅPAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★

わ~いありがとうございまふ~

>諭吉さん、さようなら~~~PAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★
お金は天下の回りモノですからぁぁぁ
・・・って、うちには、回ってくる諭吉さんが非常に少ないですが・・・^^;

わ~いさようなら~(しくしく)

>さてさて、早速マクロレンズの沼に、どうぞ!!!(・∀・ )o――<o―д-)oズリズリ

そうなのです。
マクロレンズの沼にすでにぶっすりいっております。
本体が着かぬうちに、すでにマクロレンズの物色をはじめておるのであります。
すでに心は微小なキノコの撮影に飛んでおるのであります。
Commented by enzian at 2005-12-28 00:08
やちさん、続き。

>・・・サンタさんに頼んだんじゃなかったんですか?(笑)
良い子のところにしか、サンタさんは来てくれないのかもしれないですね( ̄ー ̄)ニヤリッしかし、Kiss Nでしょ。私のより、いいやつじゃんか!(泣)

よい子だから、サンタさんがプレゼントしてくれたんですよ~だ!
(ちょっと遅めだけど‥‥)
Nというところがポイントです、あくまで、N。
どーだまいったか、ワハハ。
Commented at 2005-12-28 00:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-12-28 10:24
鍵コメ3さん

見てきました。
あまりの奥深さに頭がくらくらしました(^^)
先は長そうです‥‥

鍵コメさんの写真がぼくの目指すところですから、
そのアドバイスはとても参考になります。
ありがとうです。
うっ、か、からだが抜けん‥‥(笑)
Commented by chinchudo at 2005-12-28 14:48
あっ、Kiss Nですか! おめでとうございます。

いまごろ、包みを開けて、喜びをかみしめておいででしょうね。
♪☆\(^0^\) ♪(/^-^)/☆♪

写真ブログもOKですよ~。

Commented by enzian at 2005-12-28 21:57
chinchudoさん

ありがとうKiss Nなんです!(^^)

>いまごろ、包みを開けて、喜びをかみしめておいででしょうね。

おいででした~

>写真ブログもOKですよ~。

どうしよっかな~^^
Commented at 2005-12-29 18:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-12-29 18:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2005-12-29 23:00
ひねくれっ子さん

今日はサワガニくんが登場し、予定より一日早くモクズガニくんも登場したのです。
モクズガニというのは、パッと見、上海ガニと同じようなカニなんですよ。
(上海ガニよりちょっと脚が短いのだ~)

田舎には田舎の良さとしんどさがあり、
都会には都会の良さとしんどさがあるのでしょうね。

あっおかしい、ほめてるぞ。
どうしたんだろ‥‥(ありがとう。)

>オチ

グロくなかったもん(^^)
Commented by enzian at 2005-12-30 17:27
かおりさん(お名前に誤りがありましたので、修整しました。ごめんなさい!)

>保育園の頃、「サンタクロースはフィンランドにいる」と思っていました。保育園の同級生にサンタさんから手紙が来たときには度肝を抜かれ、「なんで私のところには来ないの~!!(●`ε´●」と思っていました。この頃は、いないと知っていつつも、信じていました。

あっそうか、いないと知っているから信じるんですよね。
そのことを忘れてました‥‥
保育園のころからフィンランドを知ってたんですか、
それはある意味、スゴイですね。

>小学生の頃は、気を集中すれば妖精や、トトロが見えると思っていたな~。
どれだけ集中しても見えなかったので、ひとまず諦め、今は保留です。

気を集中すれば‥‥ってのがいいと思います。
しかも、今も保留中なんですね。
ふっと力を抜いたら、見えるかもしれませんよ(^^)

<< サワガニとモクズガニ 吹雪の日の奈良交通バス >>