小ネタ集1

とりあえず否定する人
ときどき、こういう人に出くわす。

A「○○ということですよね?」
B「(間髪入れず)いやそうじゃなく、○○ということです。」
A「だったら、○○じゃないですか?」

A「ところで、△△は□□なんですよね?」
B「(間髪入れず)いえ、むしろ□□です。」
A「だったら、やはり□□なんじゃないですか!?」

こういう空回りがえんえんと続く。
自分を認めて欲しいという思いが、人一倍強い人なのかもしれない。

季節外れの桜
季節外れの桜がちらほら咲いている夢をみた。どうしてこんな季節外れに咲いているのだろう?と疑問に思いつつも、それが夢かもしれないとは露ほども考えていない。えてしてそういうものなのかもしれないな‥‥。美しい花を撮ろうとしたら目が覚めた。

「見ること」と「会うこと」
非公開の墓地に訪れる際のコツは、「お墓を見せて下さい」ではなく、「お墓をお参りさせて下さい」とお願いすることだと書いてあるのを読んで、当たり前といえば当たり前だけど、なるほどなと思った。そういえば、若かりしころ、とあるエライ方の奥さんに会ったことを「見た」と口を滑らせてしまって、やんわり叱られたことがある。「見ること」と「会うこと」のあいだにはなにがあるのだろうか。

by enzian | 2006-01-13 22:02 | ※その他 | Trackback | Comments(44)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/4026824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chinchudo at 2006-01-14 23:18
こんにちは。ひとことずつコメントしまする。

・とりあえず否定する人
話を続けるのに苦労しそうな御仁ですねェ。
認めて欲しい、自分のことを受け入れてほしい
のでしょうね。

・季節外れの桜
enzianさん、質問ですけれど、その季節はずれの桜は
さくらいろでしたか? (私の夢はいつもモノクロなのです。)

・「見ること」と「会うこと」
動物園のさるに「会」いに行く? あれれ、「見」に行くだっけ?
見る自分と見られる相手との関係性が、「見る」と「会う」には
現れていると思いました。
お墓も会いに行くところですね、きっと。
Commented by gauche3 at 2006-01-14 23:47
あ~・・enzianさん、この小ネタ集の中の「とりあえず否定する人」、僕の中ではとってもタイムリーです(^^ゞ
先日、あるプロジェクトで四苦八苦しているプロマネと、彼の部下N君について話をしていたら、「参っています・・N君に仕事を頼むと、とりあえず否定から入るんですよ・・」って言ってたんです!

> 自分を認めて欲しいという思いが、人一倍強い人なのかもしれない。
う~む・・なるほど・・とN君の顔と話を思い出しながら、妙に納得する僕でありましたm(__)m
Commented by 毒きのこ at 2006-01-15 00:12 x
あぶらかたぶら〜

おおっ。 コメント扉が開いたぞよ。enzianさんを【見に】来ちゃたよ〜ん。

さささっ・・・ 気付かれないうちにたいさぁ〜ん
(ノ><)ノ

・・・とりあえずなんでも肯定しとく無責任なコトナカレ派とはわたくしめのことです(減点1)
Commented by hiruu at 2006-01-15 01:13
ほんとだ、今日は書き込めますね♪では順序が逆ですが、
見ることと会うこと・・一方的なことか相互的なことか、の違いかなと思います。エライ方の奥さんと将来関わり合う予感がするのなら“会った”なのでしょうが、何の関係も持てそうにないのなら“見た”でええのではないかと、、、(^^;)

季節はずれの桜・・きれいな夢ですね。百閒か漱石が思い浮かびました。今夜は私もいい夢みよう。

とりあえず否定する人・・うちの旦那がこれです(ーー;)



Commented by 006 at 2006-01-15 01:33 x
ん~・・・
何やら映画「マトリックス」の世界を連想させられますが、勘違いでしょうか?
そうですか、そうですね、あぃあぃ。
考えてウトウトしてたらこんな時間っ!ウトウトしてる間どこにいたのでしょう。
寝ます(-.-)...zzZZ
Commented by bs2005 at 2006-01-15 01:56
こんにちは!私もひとつずつ。
とりあえず否定する人、これだけ自分を認めてもらいたい欲望が強いということは、多分、子供のころ、親が全くその人を認めようとしなかった可哀想な人なんではないかな?なんてふと思いました。

ごくまれにすごく綺麗な夢のような夢を見ます。そういう時は、夢だと気付いても知らん顔することにしています。目覚めたくないので。(笑)

見ることと会うことの違いは、コミットメントの差じゃないでしょうか。違うかな?

ごくたまに
Commented by anitya_ocean at 2006-01-15 03:14
見る、と、会う、は、違うんでしょうね、やはり。

なんだか、大貫妙子の「横顔」という歌を、ぼんやり、思い出してしまいました。
Commented by enzian at 2006-01-15 09:15
chinchudoさん

おはよーございます。

>・とりあえず否定する人
話を続けるのに苦労しそうな御仁ですねェ。
認めて欲しい、自分のことを受け入れてほしい
のでしょうね。

そうだと思います。
しょうじき、話し続けるのに疲れるタイプです。

>・季節外れの桜
enzianさん、質問ですけれど、その季節はずれの桜は
さくらいろでしたか? (私の夢はいつもモノクロなのです。)

最初は、夢の色について書こうと思ってたのです。
ある年代を境にして、カラーの夢を見る人が増えてくるという説があります。
(1965年生まれくらいが境だったかな‥‥)
きれいな桜色でしたよ。
ぼくは、総天然色という感じじゃなくて、
部分的に色がついた夢が多いです。
この夢も、桜の花だけがカラーでした。
Commented by enzian at 2006-01-15 09:19
chinchudoさん、続き

>「見ること」と「会うこと」
動物園のさるに「会」いに行く? あれれ、「見」に行くだっけ?
見る自分と見られる相手との関係性が、「見る」と「会う」には
現れていると思いました。
お墓も会いに行くところですね、きっと。

そうですね。
関係性の違いですね。
関係性がどういう風に違うんでしょうね?
お墓は会いに行くというニュアンスなんだと思います。
Commented by enzian at 2006-01-15 09:25
猿夫さん、おはようございマス。

>あ~・・enzianさん、この小ネタ集の中の「とりあえず否定する人」、僕の中ではとってもタイムリーです(^^ゞ
先日、あるプロジェクトで四苦八苦しているプロマネと、彼の部下N君について話をしていたら、「参っています・・N君に仕事を頼むと、とりあえず否定から入るんですよ・・」って言ってたんです!

やった!
タイムリーヒット打てたなりっ!

それは参りますよね。
プロジェクト以外で場面で、N君の話を聞ければよいのですが、
仕事上、そんな悠長なことも言ってられないですから‥‥
Commented by enzian at 2006-01-15 09:27
毒きのこさん

おはよー開いてるよー、あぶらかたぶら~

>とりあえずなんでも肯定しとく無責任なコトナカレ派とはわたくしめのことです(減点1)

(^^)減点1がおもしろいね。
人間関係を潤すにはそれが一番ですね(お前が言うな!)
                          ↑
                         enzian 
Commented by enzian at 2006-01-15 09:37
ひるさん、おはようです。

>ほんとだ、今日は書き込めますね♪では順序が逆ですが、

三つ順番に答えよ、とかそういうことではありまぬゆえ、
記事に関係ないことでも、なんでも書いていただきたく候。^^

>見ることと会うこと・・一方的なことか相互的なことか、の違いかなと思います。エライ方の奥さんと将来関わり合う予感がするのなら“会った”なのでしょうが、何の関係も持てそうにないのなら“見た”でええのではないかと、、、(^^;)

ふむふむ。
見ることには、見る側の意図だけが強調されていますね。
それに対して、会うことには、相手の意図の尊重もあるので、
相互的でしょうか。

>季節はずれの桜・・きれいな夢ですね。
百閒か漱石が思い浮かびました。今夜は私もいい夢みよう。

きれいな夢でした。
いい夢、見てください。^^

>とりあえず否定する人・・うちの旦那がこれです(ーー;)

なんとも‥‥(^^ヾ
Commented by enzian at 2006-01-15 10:08
006さん、おはようです。

>ん~・・・
何やら映画「マトリックス」の世界を連想させられますが、勘違いでしょうか?
そうですか、そうですね、あぃあぃ。考えてウトウトしてたらこんな時間っ!ウトウトしてる間どこにいたのでしょう。寝ます(-.-)...zzZZ

カンチガイです(-_-)
あっこれから、kissもって裏山に行ってきます。
巨木はないけど、キノコがあるかも‥‥^^
Commented by enzian at 2006-01-15 10:16
bs2005さん、おはようございます。

>こんにちは!私もひとつずつ。

ありがとうございます!

>とりあえず否定する人、これだけ自分を認めてもらいたい欲望が強いということは、
多分、子供のころ、親が全くその人を認めようとしなかった可哀想な人なんではないかな?なんてふと思いました。

この人たちは、具体的にはほとんど学生なのですが、
その原因を強く思っています。
非常に厳格な、子どもの意見を聞かない親のもとで育った子に多いようです。
それと、学校で無視されるようないじめを受けた人にもあるのではないか、
と考えています。

>ごくまれにすごく綺麗な夢のような夢を見ます。そういう時は、夢だと気付いても知らん顔することにしています。目覚めたくないので。(笑)

それで目覚めないでおくことができるのですか?
ぼくなら、そう思った時点で、覚めてしまっています。

>見ることと会うことの違いは、コミットメントの差じゃないでしょうか。違うかな?

コミットメントの意味をどうとるかにもよるのですが、
その言葉のなかに含まれているものが両者の違いとしてあると思います。
Commented by enzian at 2006-01-15 10:20
anitya_oceanさん

ひぇー大貫妙子の「横顔」を知らないぼくはどうしたらいいのでしょうか!
気になって仕方ないのですが‥‥(><)
Commented by lotus at 2006-01-15 12:59 x
enzianさん  お久しぶりです!
お元気そうでなにより。。。でもお忙しいのですよね。

見ることと会うこと・・・私の中で芸能人とか著名人を見かけた場合、視線が合えば会ったで、合わなければ見た?と~っても安易でした。
Commented by 七色の楽園 at 2006-01-15 14:30 x
初めまして~12月からロムさせて頂いておりました。

「とりあえず否定する人」に思わず反応。
ウチの母そのもの。否定形でしか物言えない人です。

子供の頃は気がつきませんでしたが、私も親になった頃から
あれ?と思うようになり、今ではなるべく最低限しか話したくないというか。。。
やっぱり自分を認めて欲しいのかしら。。。
話しているとこちらが嫌な気分になることが多くてついつい避けてしまいます。
付き合いをやめられる相手ではないだけに、ちょっと辛いですね。。。

最初っから暗い話でスミマセン。m(__)m
いつも楽しく読ませてもらってます。

Commented by enzian at 2006-01-15 17:03
lotusさん、お久しぶりです!お元気ですか?

この忙しさは時期的なものですから、
すぐに片付きます、はい^^

>見ることと会うこと・・・私の中で芸能人とか著名人を見かけた場合、
視線が合えば会ったで、合わなければ見た?と~っても安易でした。

なるほど、わかりやすい!
今年も、よろしくお願いしま~す。
Commented by enzian at 2006-01-15 17:08
七色の楽園さん

はじめまして、enzianです。
コメント、ありがとうございます。

>子供の頃は気がつきませんでしたが、私も親になった頃から
あれ?と思うようになり、今ではなるべく最低限しか話したくないというか。。。
やっぱり自分を認めて欲しいのかしら。。。

子どもの頃はわからなかった‥‥というのが示唆に富んでいると思います。
親がこのタイプだと、子どもは知らず知らずのうちに
影響を受けてしまうということなのですから。

>話しているとこちらが嫌な気分になることが多くてついつい避けてしまいます。
付き合いをやめられる相手ではないだけに、ちょっと辛いですね。。。

そうでしょうね。
付き合いをやめることはできないですが、
気づかれたことはよかったのではないでしょうか。

今後ともよろしくお願いします。
Commented by kaori_yoshihara at 2006-01-15 17:30
>とりあえず否定する人・・・

ドキッ......((( ゜д゜)))
           う゛~~ん・・・((~_~;)))

自分のことで言うと、否定から入るのは、容量が狭く臆病なためです。
否定している間に、心の準備を整えておく場合もあります。
うちは、祖母と私が否定から入るタイプです。
疲れますよね~そりゃぁ・・・(((((=。=;))))
Commented by enzian at 2006-01-15 18:14
かおりさん

>うちは、祖母と私が否定から入るタイプです。
疲れますよね~そりゃぁ・・・(((((=。=;))))

とすると、お母さんは疲れますよね。(^^;

>自分のことで言うと、否定から入るのは、容量が狭く臆病なためです。
否定している間に、心の準備を整えておく場合もあります。

否定しているあいだに心の準備を整えているというのは、あるような気がします。
とりあえず否定しておいて、
なにか考えているような感じがする場合がよくあります。
Commented by 七色の楽園 at 2006-01-15 20:44 x
またまたお邪魔します。

↑にenzianさんが書かれていた「非常に厳格な」親のもとに育ったを読んで
思い出したんですけど、母の父(=私の祖父)が非常に厳格な人だったようです。
私が生まれる前に亡くなりましたので会ったことはないのですが。
母は5人兄弟の真ん中(姉、兄、本人、妹、弟)でなので、私は単に兄弟が多くて
競争心が強いのかなぁと漠然と思ってたんです。
実は私は一人っ子で競争心のカケラもない、ボ~ッとした性格なもので(笑)
母の立場とは比べようもないのですが。。。

あと今思い出してみると、子供の頃は叱られるというよりは「どうして?」「なぜ?」と
問い詰められたことがよくありました。
それに答えられないと「黙っていてズルイ」と攻められましたっけ。。。
でも人前でよく「この子は人の悪口を言わない」と褒められました。
今考えると、母は人のことも否定的批判的に評価する傾向があったのに
その子供にしては私は母とは似てなかったので不思議だったのかしら?

書き込みをしたことで色々考えることがあって、長々書いてしまいました。
個人的なことばかり書いてしまってスミマセン。m(__)m

Commented by hitorishizuka-f at 2006-01-15 21:37
このまえ、ふと昔見たアニメ一休さんを思い出し『トンチというものはある意味哲学なのかなー・・・』と思ってしまいました。ちなみに文部省推薦のアニメでしたね(笑)

季節外れの桜の夢・・・。自分の何かが開花する夢でしょうか?私もひと花咲かせたいものです。
Commented by chinchudo at 2006-01-15 21:39
>最初は、夢の色について書こうと思ってたのです。

ビンゴ!

「見ること」と「会うこと」

>そうですね。
>関係性の違いですね。
>関係性がどういう風に違うんでしょうね?

すこし考えてみました。

「会う」 親しみがある 自分となにかつながりがある(社会的にor心理的に)
「見る」 自分とは関係がない 距離が離れている ながめる対象

「見かける」という言葉が、会うと見るをつなぐかもしれないと、うかびました。
おもしろいのでまた考えてみまーす。
Commented by enzian at 2006-01-15 22:45
七色の楽園さん

競争心が自己主張に出ることもあるのでしょうね。
今は昔ほど兄弟が多くはありませんので、
昔の人の方が総体的に競争心は強かったのかもしれません。

>あと今思い出してみると、子供の頃は叱られるというよりは「どうして?」「なぜ?」と
問い詰められたことがよくありました。
それに答えられないと「黙っていてズルイ」と攻められましたっけ。。。

その問い詰め方は興味深いです。

>でも人前でよく「この子は人の悪口を言わない」と褒められました。
今考えると、母は人のことも否定的批判的に評価する傾向があったのに
その子供にしては私は母とは似てなかったので不思議だったのかしら?

ぼくのは穿った見方ですから、ご注意を(^^)
お母さんは、素直に七色の楽園さんを評価しておられたのかもしれませんよ。
Commented by enzian at 2006-01-15 22:51
hitorishizuka-fさん

>このまえ、ふと昔見たアニメ一休さんを思い出し『トンチというものはある意味哲学なのかなー・・・』と思ってしまいました。ちなみに文部省推薦のアニメでしたね(笑)

哲学はやわらか頭でないとできないと思っているのですが、
トンチもやわらか頭でないとできないですよね‥‥といいつつ、
ぼくはトンチが大の苦手だったりして‥‥(^^;

>季節外れの桜の夢・・・。自分の何かが開花する夢でしょうか?
私もひと花咲かせたいものです。

こんな夢なら、いつでも歓迎です。
もうすぐ、庭の紅梅が咲き始めます。^^
Commented by enzian at 2006-01-15 22:57
chinchudoさん

chinchudoさんはモノクロばかりなんですね。
カラーの夢が見たい!って思っていたら、
カラーの夢を見ることができると思いますよ。^^
(たぶん、見ているんだけど、忘れてるんじゃないかと思うので。)

>「会う」 親しみがある 自分となにかつながりがある(社会的にor心理的に)
「見る」 自分とは関係がない 距離が離れている ながめる対象

そうですね、そういう感じのように思います。

>「見かける」という言葉が、会うと見るをつなぐかもしれないと、うかびました。
おもしろいのでまた考えてみまーす。

なるほどね‥‥
「見かける」は「見る」だけでなく、「掛ける」が入るので、
関係が密になるのかもしれませんね。
Commented by chinchudo at 2006-01-15 23:58
>カラーの夢が見たい!って思っていたら、
>カラーの夢を見ることができると思いますよ。^^

さっそく念じてからねむることにいたしまする。
むにゃむにゃ ......( _ _ ).。o○
Commented by kozou_17 at 2006-01-16 00:38
>とりあえず否定する人
いますね、いるいる(笑)。仰るとおり、認めて欲しいんでしょうね。あれは何故でしょう。どういう部分がそうさせるんでしょうか。
似たような感じで、とりあえず欠点から話す人っていうのもいますよね。例えば、何かの映画の話を始めた時、こちらが「あの映画感動したなー」とかなんとか言うと、「いや、でもあのラストはどうかと思うなー。まぁ、感動はするけどさー」とかなんとか。
さらに、とりあえず知っていたことを強調する人もいますね。例えば、「この前○○ってラーメン屋に行ったんだけど美味かったよ」と言うと、「あー、あそこは美味いけど、前よりは味が落ちたんだよなー」とかなんとか。
そういうタイプの場合、あまり話題を引っ張らないようにします、ボクは(笑)
Commented by rei_ayakawa at 2006-01-16 08:48
私の父も「とりあえず否定する人」です。
やっぱり、自分に自信の無い人がそうなりやすいみたいですね。

子供は父親の背中を見て育つといいますが、我が父上はこちらに正面を向けたまま後ろ走りで全速逃亡するようなお方です。子供であろうがなんだろうが、人に背後を見せません。
一方、母は物腰穏やかで控えめに見えますが、中身は相当の自信家。ポジティブシンキングの塊です。

母はいつも「なんであんな人と結婚したのかなぁ」とかいっていますが、結構二人そろってバランスが取れているんじゃないかという気がします。
Commented by unnyo8739 at 2006-01-16 10:29
>とりあえず否定する人
私の会社の上司がそんな人です。
この人は話をちゃんと聞いているんだろうか?
そんな疑問を抱く事も多々。

ちなみに私はどんどん無関係の話をしていってしまい、
結局何を話すつもりだったか、何を聞くべきだったか忘れてしまいます。
これっておばs
Commented by enzian at 2006-01-17 22:54
chinchudoさん

レスが遅くなりました。

>さっそく念じてからねむることにいたしまする。
むにゃむにゃ ......( _ _ ).。o○

見事、色つきの夢が見られたら、
教えてください。
Commented by 座敷童 at 2006-01-17 22:56 x
パソコンが直りました。また夜に徘徊しております。

>とりあえず否定する人
私はどっちかというとそんなタイプでございますね。
取り合えず、納得してないものは疑ってかかるという小心からですね。
でも縦社会に組み込まれたとき・・・人は変わるのですよ。(遠い眼)
「○○ということですよね?」
「(間髪入れず)はい!○○ということです。」
(腹の底で「イヤそうとは言い切れ無いぞ」と叫んでいたり)

>季節外れの桜
写真に撮ろうとしたから眼が覚めてしまったのでは?
ずっと見ていれば眼は覚めなかったのかも知れませんね。

>「見ること」と「会うこと」
会うことの方が、相手からの反応(返礼)を期待させます。
お墓じゃなくても例えば宗教画とかは美術館では「見る」ですが、
宗教的な空間の中では、同じものでも「会う」になると思います。

個研の時計はハト時計をお勧めします。くるっぽー
Commented by enzian at 2006-01-17 23:05
kozou_17さん

レスが遅くなりました。

>いますね、いるいる(笑)。仰るとおり、認めて欲しいんでしょうね。
あれは何故でしょう。どういう部分がそうさせるんでしょうか。

みなさんの意見を聞いていて、
いろんな理由がありそうなことがわかってきました。

>似たような感じで、とりあえず欠点から話す人っていうのもいますよね。例えば、何かの映画の話を始めた時、こちらが「あの映画感動したなー」とかなんとか言うと、「いや、でもあのラストはどうかと思うなー。まぁ、感動はするけどさー」とかなんとか。
さらに、とりあえず知っていたことを強調する人もいますね。例えば、「この前○○ってラーメン屋に行ったんだけど美味かったよ」と言うと、「あー、あそこは美味いけど、前よりは味が落ちたんだよなー」とかなんとか。
そういうタイプの場合、あまり話題を引っ張らないようにします、ボクは(笑)

あーいます、います。
そういうタイプはとりあえず否定する人のパターンなのかもしれませんね。
どのタイプも、しゃべり続けるのはしんどいかなぁと思ってしまいますね(^^;
Commented by enzian at 2006-01-17 23:09
rei_ayakawaさん

>私の父も「とりあえず否定する人」です。
やっぱり、自分に自信の無い人がそうなりやすいみたいですね。

自分に自信のない人という意見は参考になりました。

>子供は父親の背中を見て育つといいますが、我が父上はこちらに正面を向けたまま後ろ走りで全速逃亡するようなお方です。子供であろうがなんだろうが、人に背後を見せません。

おもしろい表現で、笑ってしまいました(^^)。
こちらに正面を向けたまま全速力で後ろ走りするとは、
どうしても自分の弱みを見せたくないのでしょうね。
う~ん、考えさせられます。

>一方、母は物腰穏やかで控えめに見えますが、中身は相当の自信家。ポジティブシンキングの塊です。

母はいつも「なんであんな人と結婚したのかなぁ」とかいっていますが、結構二人そろってバランスが取れているんじゃないかという気がします。

子ども自身がバランスが取れている、と言うのですから、
バランスが取れているのでしょう。
でも、母親が父親をこき下ろすのを聞くというのは、
あまり子どもによい影響を与えないものですよね。
Commented by enzian at 2006-01-17 23:12
unnyo8739さん

>私の会社の上司がそんな人です。
この人は話をちゃんと聞いているんだろうか?
そんな疑問を抱く事も多々。

意外と、みなさん経験してらっしゃるので、
驚きました。

>ちなみに私はどんどん無関係の話をしていってしまい、
結局何を話すつもりだったか、何を聞くべきだったか忘れてしまいます。

頭のよい対処方ですね。
というか、unnyo8739さんはナチュラルにそうなるんですよね(^^)
Commented by enzian at 2006-01-17 23:17
座敷童さん

>パソコンが直りました。また夜に徘徊しております。

悦ばしくことなりけり。

>私はどっちかというとそんなタイプでございますね。
取り合えず、納得してないものは疑ってかかるという小心からですね。
でも縦社会に組み込まれたとき・・・人は変わるのですよ。(遠い眼)
「○○ということですよね?」
「(間髪入れず)はい!○○ということです。」
(腹の底で「イヤそうとは言い切れ無いぞ」と叫んでいたり)

言いたいことはあるけど、
人間関係を円滑にするために、
今回は避けます(^^)

>写真に撮ろうとしたから眼が覚めてしまったのでは?
ずっと見ていれば眼は覚めなかったのかも知れませんね。

カメラ買ったんだから、
撮らざるをえないもん。
Commented by enzian at 2006-01-17 23:18
座敷童さま、続き

>会うことの方が、相手からの反応(返礼)を期待させます。
お墓じゃなくても例えば宗教画とかは美術館では「見る」ですが、
宗教的な空間の中では、同じものでも「会う」になると思います。

宗教的な空間のなかでは、
物も人格的になるということなのかな‥‥

>個研の時計はハト時計をお勧めします。くるっぽー

今日、壁から落ちて、
テーブルの上に置いてる‥‥
Commented by rei_ayakawa at 2006-01-18 20:10
>でも、母親が父親をこき下ろすのを聞くというのは、
あまり子どもによい影響を与えないものですよね。

まぁ、母も昔はそう思って父を立ててたんですけどね。
私がある程度成長してそんな父に反発するようになってもフォローしてたんですが、ある時期から「うーん、まあねぇ……」という反応になって、最近は何故か父に対する愚痴を私が聞かされてます。
昔、散々聞いてもらったから別に構わないのですが(笑)
Commented by enzian at 2006-01-20 18:52
rei_ayakawaさん

>まぁ、母も昔はそう思って父を立ててたんですけどね。
私がある程度成長してそんな父に反発するようになってもフォローしてたんですが、ある時期から「うーん、まあねぇ……」という反応になって、最近は何故か父に対する愚痴を私が聞かされてます。
昔、散々聞いてもらったから別に構わないのですが(笑)

多感な成長期を過ぎるまでフォローしてらしたんなら、
問題ないですね。愚痴を聞いてあげてください。(^^)
Commented by 毒きのこ at 2006-01-20 23:38 x
 enzian が、歴史小説を読んでいる男に釘付けになっていたときのことだ。車内が突然真っ暗になった。トンネルでもない。いったい・・・ゴォーッという音とともに、体がどこかへ弾き出された・・・・・・ここはいったい?・・・・・・・なんだか、見慣れた場所のような・・・・・・そこは紛れもない、個研のど真ん中。なんと、掘りごたつが置いてあったのだ。 enzian が呆然としながらこたつ布団の中から顔をだしたとき、猫のミーと目が合った。
Commented by enzian at 2006-01-21 10:06
毒きのこさん

やっぱり、猫はミーなんですよね。
(そっか‥‥その記事も書きたいな。。。独り言です)
タマがいいか、ミーがいいか、迷ってました(笑)
Commented by bluestar-aji at 2006-02-18 22:35
お久しぶりです。そしてずいぶんと前の投稿にコメント、すみません。
「見ること」と「会うこと」
これについて以前私も考えたことがあり、それなりに出た答えが出たのです。
それは、相手が自分に興味を示さない限り、
「会った」ではなく「見た」であるということ。

ずいぶん前に、少しだけ気になった異性に、
「キミはとりあえず否定から入るよねー。」
と言われたことを思い出しました。
彼に自分を認めて欲しいという思いが強かったのかなぁ・・・
Commented by enzian at 2006-02-19 09:46
bluestar-ajiさん

お久しぶりです。
コメントありがとうです。

>「見ること」と「会うこと」
これについて以前私も考えたことがあり、それなりに出た答えが出たのです。
それは、相手が自分に興味を示さない限り、
「会った」ではなく「見た」であるということ。

なるほど。
こちらが興味を持っていても、
相手が興味をもっていないと「見た」にしかならないのでしょうね。

>ずいぶん前に、少しだけ気になった異性に、
「キミはとりあえず否定から入るよねー。」
と言われたことを思い出しました。
彼に自分を認めて欲しいという思いが強かったのかなぁ・・・

そうなのかもしれませんよ、キャー。^^

<< 小ネタ集2 “伸びしろ” の教育 >>