季節時計

b0037269_22523966.jpgぼくのなかには季節を感知する時計があるようです。ふだん意識しているつもりはないのですが、まもなく春というころには、稲が植えられる前の田んぼや畦道(あぜみち)でレンゲや土筆を摘んでいる夢を見る。山の斜面でワラビを採ったり、竹薮でタケノコを掘っている夢を見ることもあります。

強い日差しが緑の葉を照らしはじめるころには、クヌギの林に行って夢中で(夢中なんだけど)クワガタを採っている夢を見ます。まもなく山桜やウルシの葉が紅く色づきはじめようかというころには、母と山でキノコ狩りをしている夢を見る。というか、ぼくはそういう夢を見ることで、山や田んぼへ行かなくても、まもなくそういう時期になることを毎年のように知る。

そういう夢を見ているときは、この上ない至福の瞬間です。筋金入りの田舎者ですから、幼いころの季節季節の無性に楽しかった思い出が消えることなく心の片隅に残っているのでしょうね。たぶんこの夢はぼくが生きている限りはくりかえしくりかえし現われ出てきて、ぼくを癒してくれるつもりなのでしょう。やさしい夢。今年の冬は例年になく厳しかったように思いますが、まもなくレンゲや土筆が夢に出てくるはずです。待ち遠しい、待ち遠しい。

by enzian | 2006-01-31 23:30 | ※山河追想 | Trackback | Comments(40)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/4099792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kaori_yoshihara at 2006-02-01 01:11
こんばんは^^ 
優しくあたたかい感じのする夢ですね。生活感漂うこういう現実的(?!)な夢を見たことがないので、不思議な感じがします。
いつか、どなたかと夢の話をしていましたね。。。カラーかモノクロかとか。私は、全くと言っていいほどカラーです。

子どもの頃、夢の中なら何でも可能なのだと思い、コントロールしようとしたことがあります。しばらくやってみたら、けっこう思い通りに行動できるようになりました。だけどそれだと、思いがけないことが何ひとつ起こらなくてつまらないんですよね。やっぱり夢の中では表面的な意識はどこかに置いておいたほうが良いと思いました。
Commented by 座敷童 at 2006-02-01 01:33 x
毎日規則的な生活をされていると、
日の長さとかを敏感に感じているのかも知れないでやんすね。
夢に見るのも、陽の落ちた時間を体感してるからかもですね。
そんな季節感溢れ、しかもタイムスリップした夢を見ることが出来るなんて
羨ましい限りでございます。
ちなみに私はモノクロか単色。(家はカラーテレビですけど)
単色の時は大抵、青か緑のフィルムが多いです。
春が来たと感じるのは空気の匂いで、
二、三日空気の不明瞭な日が来るとその後から次の季節になるのが解ります。

追伸:スラッカンは美味しいものがいっぱいです・・・。(観てる)
Commented by hiruu at 2006-02-01 01:49
>やさしい夢
ほんと、やさしい夢ですね(^^) enzianさんお疲れぎみだそうなので、1日おきぐらいに見れるといいですね。
季節の変わり目は、腕や頬の皮膚で感じるのか鼻腔の奥の粘膜で感じるのか、またはその両方か、なんて思ったりしますが、いつも空気に匂いがあるようです。
山に行くと、キノコが頭だしてんじゃないか?なんて感じることがありますが、あれはキノコの匂いを嗅ぎ分けてるんじゃなくて雨の翌日の匂いなんでしょうね。
Commented by aroomwithaview at 2006-02-01 04:46
ここに来ると日本の四季を感じます。お話は哲学のことでも、今日のように夢の話であっても、先日の電車の中の、それなりの年の女性の会話であっても、なぜか広がる日本の景色。するするっとはいってきて、ぱ~っと広がる鮮明な景色。ちょっと苦笑したり、ほろっときたり・・・しています。レンゲ畑とか、つくしんぼう、どっぷり子供の頃を思い出します。嗚呼。といいながら、なぜか、キャンディーズの“微笑がえし”がBGMに流れてきました。“春一番が~♪”(ご存知でしょうか?)
Commented by bs2005 at 2006-02-01 05:55
良いですねぇ、、素敵な優しい夢ばかりで。夢が癒してくれるなんて羨ましいっ!夢に人間性が表われるのかなぁとちと反省。
私はサスペンスの見過ぎか、こわい夢で、目が覚めて安堵することが大半です。癒しの夢じゃなくて、ゴーモンの夢。(恥)
Commented by hitorishizuka-f at 2006-02-01 17:47
季節時計・・・。今の時期、朝はなかなかスッキリと起きられないのですが、毎年、春になったある日突然4時半か5時くらいにパッと目が覚める日があるのです。
その日を堺に毎朝4時半か5時には目覚ましなしでスッキリと目を覚まし、ベランダの草木をじっくり見たり、本を読んだり(新聞が届かない時間だったりするので)、コーヒーを飲みながら近くのコンビニやドラックストアーの朝の納品のトラックの作業する音を『朝からご苦労様』と思いながら聞いていたり・・・。で、やたら山菜とか苦味のある野菜が食べたくなるのですよ。
そして、秋、やたら食欲が旺盛になり、冬に近くなった秋になったある日突然、6時を過ぎても起きられなくなってしまうのです。

すごく・・・動物の本能に近い生活をしているような・・・。

もしかして私・・・動物なのでしょうか・・・。ちょっと心配になってきました・・・。け、毛深くなってないかなー。要観察です。
Commented by 毒きのこ at 2006-02-01 18:05 x
( ̄△ ̄)))))>~ ←ツチノコ

ところで、冬に見る夢は?・・・それとも、季節時計も冬眠なのかなぁ(・。・)
Commented by enzian at 2006-02-01 20:36
かおりさん、こんばんは。^^

>優しくあたたかい感じのする夢ですね。生活感漂うこういう現実的(?!)な夢を見たことがないので、不思議な感じがします。

けっこう生活感ただよう夢を見ますよ、ぼくは。

>いつか、どなたかと夢の話をしていましたね。。。カラーかモノクロかとか。
私は、全くと言っていいほどカラーです。

ある程度の年齢以下の人は白黒の方が少ないと聞きますが、
本当なのでしょうか。。。

>子どもの頃、夢の中なら何でも可能なのだと思い、コントロールしようとしたことがあります。しばらくやってみたら、けっこう思い通りに行動できるようになりました。だけどそれだと、思いがけないことが何ひとつ起こらなくてつまらないんですよね。やっぱり夢の中では表面的な意識はどこかに置いておいたほうが良いと思いました。

あーなるほど、それはおもしろいですね。とてもおもしろい。
人は夢に、現実とは違うなにかを期待しているわけだけど、
それはなんでも自分の自由になるということばかりではなくて、
ある一定の不自由というか、どうなるかわからないスリルの要素
もあることを求めているのですね。
Commented by enzian at 2006-02-01 21:07
スラッカン観てる座敷童さま

>毎日規則的な生活をされていると、
日の長さとかを敏感に感じているのかも知れないでやんすね。
夢に見るのも、陽の落ちた時間を体感してるからかもですね。
そんな季節感溢れ、しかもタイムスリップした夢を見ることが出来るなんて
羨ましい限りでございます。

ちなみに座敷童は、逆の意味で規則正しい生活をしているから、
夜の長さを敏感に感じるのかな‥‥
冗談はさておき。
日の長さを感知しているということはあるでしょうね。
生物時計ってやつですね。

>ちなみに私はモノクロか単色。(家はカラーテレビですけど)
単色の時は大抵、青か緑のフィルムが多いです。
春が来たと感じるのは空気の匂いで、
二、三日空気の不明瞭な日が来るとその後から次の季節になるのが解ります。

ぼくはモノクロか一部カラー。
単色はないような気がする。
空気の匂い、それはあると思います。
キノコの匂いも、クワガタの匂いも、春の匂いもあります。

>追伸:スラッカンは美味しいものがいっぱいです・・・。(観てる)

食べ物がいいし、服装もいいね。
Commented by enzian at 2006-02-01 21:20
ひるさん

>ほんと、やさしい夢ですね(^^) enzianさんお疲れぎみだそうなので、
1日おきぐらいに見れるといいですね。

ありがとうございまふ^^

>季節の変わり目は、腕や頬の皮膚で感じるのか鼻腔の奥の粘膜で感じるのか、またはその両方か、なんて思ったりしますが、いつも空気に匂いがあるようです。

そうですね。
季節は皮膚とか粘膜とかそういうもので感じるものが多いような気がします。
気温とか湿度とか‥‥空気にも匂いがあってそれを微妙に感じているのでしょうね。

>山に行くと、キノコが頭だしてんじゃないか?なんて感じることがありますが、あれはキノコの匂いを嗅ぎ分けてるんじゃなくて雨の翌日の匂いなんでしょうね。

雨の日の翌日の匂いというのもありますけど、
“菌臭”というものがあります。
慣れると、この匂いでキノコがどこにあるのかわかるようになります。
菌が生育するときに出る匂いで、雨のあとに強くなります。
ひるさんは、それを感じているのかもしれませんよ。^^
Commented by enzian at 2006-02-01 21:26
aroomwithaviewさん

>ここに来ると日本の四季を感じます。お話は哲学のことでも、今日のように夢の話であっても、先日の電車の中の、それなりの年の女性の会話であっても、なぜか広がる日本の景色。するするっとはいってきて、ぱ~っと広がる鮮明な景色。ちょっと苦笑したり、ほろっときたり・・・しています。

ありがとうございます。
書いた文章の景色を思い描いて、それを共有してもらえるというのは、
書き手にとってはとてもうれしいことです。

>レンゲ畑とか、つくしんぼう、どっぷり子供の頃を思い出します。嗚呼。といいながら、なぜか、キャンディーズの“微笑がえし”がBGMに流れてきました。“春一番が~♪”(ご存知でしょうか?)

aroomwithaviewさんにも、そういう頃があったのですね。
都会っ子だったのかなというイメージをもっていました。
微笑み返し‥‥歌いましょか?
Commented by enzian at 2006-02-01 21:29
bs2005さん

>良いですねぇ、、素敵な優しい夢ばかりで。夢が癒してくれるなんて羨ましいっ!
夢に人間性が表われるのかなぁとちと反省。

人間性はわかりませんが(笑)、
ともかく癒してくれるやさしい夢です。

>私はサスペンスの見過ぎか、こわい夢で、目が覚めて安堵することが大半です。
癒しの夢じゃなくて、ゴーモンの夢。(恥)

夢でゴーモンはカンベンして欲しいですね^^。
ちなみに、ぼくはサスペンスとかまったく見ません。
これが夢の必勝作戦かもしれません。^^
Commented by enzian at 2006-02-01 21:34
hitorishizuka-fさん

>季節時計・・・。今の時期、朝はなかなかスッキリと起きられないのですが、毎年、春になったある日突然4時半か5時くらいにパッと目が覚める日があるのです。
その日を堺に毎朝4時半か5時には目覚ましなしでスッキリと目を覚まし、ベランダの草木をじっくり見たり、本を読んだり(新聞が届かない時間だったりするので)、コーヒーを飲みながら近くのコンビニやドラックストアーの朝の納品のトラックの作業する音を『朝からご苦労様』と思いながら聞いていたり・・・。で、やたら山菜とか苦味のある野菜が食べたくなるのですよ。
そして、秋、やたら食欲が旺盛になり、冬に近くなった秋になったある日突然、6時を過ぎても起きられなくなってしまうのです。

おもしろいですね。
そんな極端なことになるのですか。
ぼくも、ある程度は朝、目が覚めることはありますけど、
二度寝を決め込みますね(爆)。
やたら苦味のある野菜を食べたくなる‥‥というのが特におもしろいです。
Commented by enzian at 2006-02-01 21:35
hitorishizuka-fさん、続き

>すごく・・・動物の本能に近い生活をしているような・・・。
もしかして私・・・動物なのでしょうか・・・。ちょっと心配になってきました・・・。
け、毛深くなってないかなー。要観察です。

毛深くはなっていないかもしれませんが、
手足に羽毛が生えてきて、やたら朝方、
コケコケとか言いたくなりませんか?(笑)
Commented by enzian at 2006-02-01 21:37
毒きのこさん

>( ̄△ ̄)))))>~ ←ツチノコ

これ、ツチノコなの?^^
ちなみに、ぼくはUMAにはうるさいんだよ。

>ところで、冬に見る夢は?・・・それとも、季節時計も冬眠なのかなぁ(・。・)

鋭い。冬に見る夢はほとんどないんだ。
冬はただひたすら春を待っているみたい。
Commented by hitorishizuka-f at 2006-02-02 08:39
おはようございます。もしやっ!?と思い、腕をまくって見てみたら鳥肌立っていましたが、いまのところ羽毛は生えてくる気配はないようです・・・。

今朝、enzianさんの哲学の講義を受けているという夢をみました。
授業料も払わず、もうしわけございません。
Commented by enzian at 2006-02-02 08:58
hitorishizuka-fさん、おはようございます。

>もしやっ!?と思い、腕をまくって見てみたら鳥肌立っていましたが、
いまのところ羽毛は生えてくる気配はないようです・・・。

そそっ、その鳥肌が第一段階で‥‥^^

>今朝、enzianさんの哲学の講義を受けているという夢をみました。
授業料も払わず、もうしわけございません。

涙なしでは聞けない授業だったでしょ?
(意味不明^^)
Commented by 毒きのこ at 2006-02-02 11:03 x
>これ、ツチノコなの?^^ちなみに、ぼくはUMAにはうるさいんだよ。 

 ええ、そのことは存じております。学会で「私とツチノコ」と言う涙なしには語れない論文を、発表なさっていましたものね。(*_*)
Commented by enzian at 2006-02-02 14:18
毒きのこさん

>ええ、そのことは存じております。学会で「私とツチノコ」と言う涙なしには語れない論文を、発表なさっていましたものね。(*_*)

あの論文はよかったでしょ。
日本UMA学界を震撼させた論文でしたから。(笑)
Commented by kaori_yoshihara at 2006-02-02 16:52
>あーなるほど、それはおもしろいですね。とてもおもしろい。
人は夢に、現実とは違うなにかを期待しているわけだけど、
それはなんでも自分の自由になるということばかりではなくて、
ある一定の不自由というか、どうなるかわからないスリルの要素
もあることを求めているのですね。

私にとっての夢は「気づく場所」です。
日頃悩んでいることの答えが夢の中で見つかることもしばしば。
例えば、家の中で失くしたものを探す感覚・・・
家の中にあることは分かっているのになかなか見つからず、ここにはない、
そこにもないと探し続けて、見つけたときの「あ~!」という感じ。
・・・に近いです。
答えは自分の中にあって、自分の中のいろんな引き出しを開けてみて
ある日突然そこにあったことを知るという感じ。
考えて考えて、煮詰まって、「あー!もうわから~ん!状態」も通り越した頃に
そんな夢を見ることが多いです。
夢で気づいたことは意識の深いところで気づいたことなので、
迷いがありません。
Commented by enzian at 2006-02-02 18:12
かおりさん

>私にとっての夢は「気づく場所」です。
日頃悩んでいることの答えが夢の中で見つかることもしばしば。
例えば、家の中で失くしたものを探す感覚・・・
家の中にあることは分かっているのになかなか見つからず、ここにはない、
そこにもないと探し続けて、見つけたときの「あ~!」という感じ。

そうですか。便利ですね。
ぼくも論文を書いていたりして、煮詰まったときは、
夢(というか夢と現の中間くらいのときかも)のなかに解法のヒントが
出てきたりすることがあります。
ぼくのような仕事をしている人は、
夜寝るときに枕元にメモを置く人が多いと思います。
でも、そういう夢の使い方ばかりだと疲れるので、
それ以外のときは、全権、夢にすべてまかせてあります。(^^;
Commented by neekanamin at 2006-02-02 20:37
私も田舎育ちなので、幼き頃はよく土手で菜の花やシロツメクサをとったものです。
なつかしいなぁ~・・・。

春が待ちどうしいですね・・・。
Commented by enzian at 2006-02-02 22:53
neekanaminさん

>私も田舎育ちなので、幼き頃はよく土手で菜の花やシロツメクサをとったものです。
なつかしいなぁ~・・・。

シロツメクサ、春のイメージですね。

>春が待ちどうしいですね・・・。

厳しい冬には、ことのほか春が待ち遠しいですね。
Commented by coeurdefleur at 2006-02-02 22:57
こんばんは、enzianさん。
我が家のコクワガタは冬眠もせず元気です。
夜になって部屋がヒーターで暖まると、ケースから出ようと
ロッククライミングの飽くなきチャレンジ。
蓋は開けっ放しなので(え、)たまには成功して夜遊びに
お出かけになり朝帰り。
一応嫁入り前のお嬢さんなのですが。
「愛を捕まえた夜」というのがクワガッタ君の(一応お嬢さんなのですが)
お話です (* ̄(エ) ̄*)ポッ (笑)

お疲れの時は酢がよいので、お休み前にハチミツをお湯で溶かして
檸檬汁をたらしてゆっくりお召し上がりください。
喉にもよいです。

写真は何の実ですか?
Commented by enzian at 2006-02-02 23:21
coeurdefleurさん、こんばんは。

いま、coeurdefleurさんのところでコメントを見てきたのですが、
“海まちがい”をやっていたようです。(^^;
この節穴具合をなんとかせねば‥‥
ディスプレイを明るくして見たら、たしかにチャバネゴッキー君でした。
(目が疲れるので、ふだんは暗くしているのです。)

>我が家のコクワガタは冬眠もせず元気です。

わぁーいいですね。
クワガタのなかでも、コクワガタは、ぼくのお気に入りです。
越冬するし、他のクワガタよりも早い時期に採れるんですよね。
クワガタシーズンの幕開けを告げるクワガタで、印象深いやつでした。
それと、たぶん人気はないでしょうけど、
ネブトクワガタというのも、個人的にはスキです。
渋いクワガタです。
Commented by enzian at 2006-02-02 23:24
coeurdefleurさん、続きです。

>お疲れの時は酢がよいので、お休み前にハチミツをお湯で溶かして
檸檬汁をたらしてゆっくりお召し上がりください。
喉にもよいです。

ありがとうございます。
スッパイものとハチミツはぼくの大好物なのです。^^v

>写真は何の実ですか?

飯桐(イイギリ)の実です。
この実は厳冬期になる実で、
小鳥たちにとっては食べ物のない一番しんどい季節の
貴重な食料になっています。
Commented by news_writer at 2006-02-03 00:09
こんにちは。この度は、2周年企画記事に協力して下さり、ありがとうございます。
皆様に参加して頂いたお陰で、2/2のエキサイトブログ2周年お祝いの記事を掲載することができました。
2月2日エキブロ2周年記念号
(http://exblognews.exblog.jp/3127798/)
多くのブロガ-が楽しみに読んでくれることと、皆様の益々のご活躍を願っております。これからもよろしくお願い致します。(記者t2mina)
Commented by enzian at 2006-02-03 09:11
t2minaさん

こちらこそ、メッセージを掲載していただき、ありがとうございます。
おもしろい企画だなぁと、一読者としておもしろく読ませていただきました。
記者のみなさんには、がんばるなぁと頭の下がる思いです、いや、ホント。^^
Commented by supica-hosi at 2006-02-04 01:16
最近、ムーミンがいなくて・・ぽつり。
スナフキンセンセがお達者でシタ。。。
新しい記事は行かない。ナルだもん。えっへん!!

私も必ず夢で子どもの頃の風景をみますね。それも同じシーン。山奥のひっそりと暮らしていた人々の、集落の跡がでてきます。
悲しい言い伝えの残る場所なのですが、朽ち果てた家屋とか墓石とか・・蔦がからんだ柿ノ木とかおじぞうさんとか。ほとんどが、まっすぐでなくて斜めに残っていました。
そこに行ってはダメと、おとなから言われていたにもかかわらず、よく行きました。その場所の夢をみます。目が覚めてもじっと感じていたいのですね。帰省するたびに気にかかりながら一度も行っていません。夢でみたいからかな・・。たぶんもう朽ちて残ってないはずです。

れんげ畑も土筆も山菜のアクのかおりも、幸せな気持ちになります。
はやくあたたかくなってほしいです。
Commented by coeurdefleur at 2006-02-04 03:49
ネブトクワガタがお好みでしたか。
一般に見られるのはミヤマやノコギリですから
皆さんご存知ないかもしれませんね。
人気がないと言えば、
♀は人気がないようですね。
大顎が全てではないでしょうに。
うちのお嬢さんはとてもキュートですわ ( ̄(エ) ̄)v
Commented by kaori_yoshihara at 2006-02-04 16:38
この記事の内容と関係ないのですが・・・
ピックアップブロガーでも触れていらした「ど根性大根の大ちゃん」がえらいことになっております。ご存知だったらスミマセン。
ヤフーニュースで見た記事↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060204-00000011-maip-soci

感想:なんで・・・?なんか、違うんじゃないのか・・・。
Commented by kaori_yoshihara at 2006-02-04 21:40
こんばんは。
リンクのところに生えている植物の芽を頂いてもいいですか?
ワタクシのブログにも植えてみたいのですが・・・YYYY(・。・)YYYY
Commented by enzian at 2006-02-04 22:26
supica-hosiさん

>最近、ムーミンがいなくて・・ぽつり。
スナフキンセンセがお達者でシタ。。。

あわわ‥‥

>新しい記事は行かない。ナルだもん。えっへん!!

わぁナルともだち、ナルともだち!

>私も必ず夢で子どもの頃の風景をみますね。それも同じシーン。山奥のひっそりと暮らしていた人々の、集落の跡がでてきます。
悲しい言い伝えの残る場所なのですが、朽ち果てた家屋とか墓石とか・・蔦がからんだ柿ノ木とかおじぞうさんとか。ほとんどが、まっすぐでなくて斜めに残っていました。
そこに行ってはダメと、おとなから言われていたにもかかわらず、よく行きました。その場所の夢をみます。目が覚めてもじっと感じていたいのですね。帰省するたびに気にかかりながら一度も行っていません。夢でみたいからかな・・。たぶんもう朽ちて残ってないはずです。

そうですか。
大人の「行ってはいけない」は
子どもの想像力に翼をつけるようですね。
行かない方がいいのかもしれません。
ミステリアスなものも、あった方がいいのだと思います。
Commented by enzian at 2006-02-04 22:27
supica-hosiさん、続き

>れんげ畑も土筆も山菜のアクのかおりも、幸せな気持ちになります。
はやくあたたかくなってほしいです。

幸せになる、なる!
まだ春になりきらない、もう少しで春になりそうってころが
わくわくして、けっこう好きだったりします。
Commented by enzian at 2006-02-04 22:33
かおりさん

知りませんでした。
今、見てきましたが、えらいことになっていますね。
ぼくだったら、おでんにしておいしく喰ってやります。

“芽”もって行ってください。
かおりさんのところにも根付いたらいいね。^^
Commented by enzian at 2006-02-04 22:40
柊さん(←この呼び方に変えます 。(///(エ)///)←すでにちゃっかり入手済み)

>ネブトクワガタがお好みでしたか。
一般に見られるのはミヤマやノコギリですから
皆さんご存知ないかもしれませんね。

ミヤマやノコギリ程度では、
わたくしめを満足させることはできないかと‥‥^^

>人気がないと言えば、
♀は人気がないようですね。
大顎が全てではないでしょうに。
うちのお嬢さんはとてもキュートですわ ( ̄(エ) ̄)v (///(エ)///)

♀にも、種ごとに微妙な味わいがあると思います。
ちなみに、♀の方が挟まれると痛いんですよね。
クワガタの話をはじめるとたぶんキリがないので‥‥
Commented at 2006-02-05 00:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2006-02-05 22:17

上の鍵コメさま。
そちらで書きます。
Commented by 006 at 2006-02-08 22:39 x
こんばんは!
ちょうど今読んでるインディアンについての本にあった言葉とダブりました。
抜粋。

「時計ではなく、自分が刻むリズムで暮らす。」

人間(自分)の感覚はどんな可能性を秘めているんでしょうねぇ。

思うに、そうやって夢が季節を教えてくれることを生活にまで還元できたら、スゴイ理にかなっているような気がします。
ど、動物になってもブログ書いて下さいね~>( ̄△ ̄)))))>~
Commented by enzian at 2006-02-08 22:56
006さん、こんばんは。

>人間(自分)の感覚はどんな可能性を秘めているんでしょうねぇ。

人間を知れば知るほど、人間の感覚の可能性がどこまでひろがっているか、
想像もできないような気がする。

>「時計ではなく、自分が刻むリズムで暮らす。」

そういう生活をできた時期が人間の歴史のなかにもあったのでしょうね。

>思うに、そうやって夢が季節を教えてくれることを生活にまで還元できたら、
スゴイ理にかなっているような気がします。

たぶん、生物としての理にかなっているのでしょうね。
そういう生活をすると、たぶん、ずっと昔に失ってしまったような
能力も出てくるのかもしれないですね。

>ど、動物になってもブログ書いて下さいね~>( ̄△ ̄)))))>~

ツチノコ日記、にしましょうか。^^

<< 私の瞳のなかには私だけ 守らなければならないこと >>