私の瞳のなかには私だけ

怒りんぼうの為にへのTBです。

人を怒ったり、叱ったりすると落ち込みます。いい歳をしてしてちっとも丸くならないという失望感もありますが、それだけではありません。ぼくの場合、自分の悪いところだと薄々感じている点、身に覚えのある点を人に見つけた場合に怒ることが多いからです。人を責めているつもりでも、じつは自分を責めているからです。自分にはないと感じているところを人に見つけて怒る場合も落ち込みます。ジェラシー以外のなにものでもないからです。

人を褒めると天にも昇るような気分になれます。有頂天になる理由はわかっています。自分の良いところだと薄々気づいていてひそかに誇りに思っている点を人に見つけた場合に褒めることが多いからです。人を褒めているつもりでも、じつは自分を褒めているのです。自分にはまったく身に覚えのないものを他人に見つけて褒めることはまずありません。そういうのは気づきさえしないのです。

要するに、人を見る場合にも、ぼくには自分自身しか眼中にないのでしょうね。

by enzian | 2006-02-03 18:01 | ※その他 | Trackback(1) | Comments(48)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/4110474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 北の妄想科学小説 at 2006-02-11 00:17
タイトル : light mind
からだの重さは空中で測り その軽さは水中で感じ取る こころの重さは胸中で測って その軽さを体中で感じ取る 不似合いなほど重すぎるから 声にならないんだ ことばにできない混沌な泥んこは みっつの団子にまとめてみよう ひとつ目の団子は、ぐち団子 ふたつ目の団子は、なみ団子 そして三つ目の団子はね♪ 自分の作ったぐち団子を 相手の口からこぼれさせ 加えて なみ団子を相手の口から叫ばせる それをよーっく心にイメージしてから、一晩寝かせて翌朝一番に飲み込むんだ。...... more
Commented by 毒きのこ at 2006-02-03 18:18 x
布団干し♪(。・_・)ノ┣[ 囲 ]━[ 囲 ]━[ 囲 ]┫ ←ベランダ越しの井戸端会議
あ~らぁ、お隣のenzianさん!わかるわぁ~。わたしにも身に覚えがあるもの。


>自分にはまったく身に覚えのないものを他人に見つけて褒めることはまずありません。そういうのは気づきさえしないのです。

さえてるぅ~、そうね。わたしなんか、ブログにコメントして人を誉めておいてそんな自分が好きって気分になるときあるわ。いいことしたみたいでね。でもそれが続くと、自分の偽善者かげんに嫌気や吐き気がしてぶるぶるっと震えがくるときがあるわ~。もっともっと続くと、トランス状態に陥ってむしろキモチよくなっちゃうんだけどね。・・・やだ、わたしったら何いってるのかしら。ほほほほ~(・。・)
Commented by enzian at 2006-02-03 18:29
毒きのこさん

すばやいコメントありがと。^^
どうして布団干してるの?天気がよかったからかな。

>わたしなんか、ブログにコメントして人を誉めておいてそんな自分が好きって気分になるときあるわ。いいことしたみたいでね。でもそれが続くと、自分の偽善者かげんに嫌気や吐き気がしてぶるぶるっと震えがくるときがあるわ~。もっともっと続くと、トランス状態に陥ってむしろキモチよくなっちゃうんだけどね。・・・やだ、わたしったら何いってるのかしら。ほほほほ~(・。・)

ゲラゲラ。
Commented by aroomwithaview at 2006-02-03 18:32
昔、そんなことを短気な父に面と向かって言ったら、図星でゆでだこになって怒ってました(笑)。的を得ている!痛い!ですね。

>ぼくには自分自身しか眼中にないのでしょうね
あと、きのこ。です。

まじめに・・・
そういうことに気がついてしまうと、自己嫌悪に陥る年月を過ごすことになります。(←自分)いっそのこと、そんな、自分を丸ごと愛せるほどのナルシストになりたいものです。
Commented by ぴょんま at 2006-02-03 18:43 x
はじめまして、激しく同感です。
本当怒りたくは無いものです。怒った自分が恥ずかしくてたまりません。怒るたびに自分の弱さを思い知ります。
宮沢賢治の詩のように、でくの坊と馬鹿にされても、いつも静かに笑っている、そういうものになりたいです。
Commented by rei_ayakawa at 2006-02-03 19:36
人の怒りやすさは、その人の「自分自身に対する信頼感」と反比例の関係にあると思います。
自分に絶対の信頼を抱いてる人は、他人の行動にいちいち怒りません。

無駄に怒るのは良くない。とは思っているのですが、そういう感情はなかなか自分で制御できるものでもありません。
重要なのは、「どういう形で発散するか」でしょうね。
Commented by coeurdefleur at 2006-02-03 20:47
歳をとったら丸くなるもんなの?( ・◇・)?(・◇・ )んじゃ私一生歳取らないかもw

デコボコの自分。
凹が埋って丸くなるならよいけれど、凸がへこんで丸くなるんじゃ
イヤだな~
凸だって大事( ̄m ̄* )ムフッ♪
Commented by enzian at 2006-02-03 21:30
aroomwithaviewさん

>昔、そんなことを短気な父に面と向かって言ったら、図星でゆでだこになって怒ってました(笑)。的を得ている!痛い!ですね。

娘に図星を言われて怒り出す親父、
日本の由緒正しい父娘関係という気がします。^^

>ぼくには自分自身しか眼中にないのでしょうね
あと、きのこ。です。

どて。
ちなみに、キノコってぼくのことなんですよ。^^

>そういうことに気がついてしまうと、自己嫌悪に陥る年月を過ごすことになります。(←自分)いっそのこと、そんな、自分を丸ごと愛せるほどのナルシストになりたいものです。

そうですね。ナルシスト歓迎にございます。
どうせ、ナルシストにしかなれないのだ!(開き直っております。)
Commented by enzian at 2006-02-03 21:33
ぴょんまさん、はじめまして。

>激しく同感です。
本当怒りたくは無いものです。怒った自分が恥ずかしくてたまりません。
怒るたびに自分の弱さを思い知ります。

怒りたくないですよね。
ほんとうにそう思います。
怒るたびに恥ずかしくなるのです。

>宮沢賢治の詩のように、でくの坊と馬鹿にされても、
いつも静かに笑っている、そういうものになりたいです。

‥‥どうもぼくには、むずかしそうです(苦笑)
Commented by enzian at 2006-02-03 21:35
rei_ayakawaさん

>人の怒りやすさは、その人の「自分自身に対する信頼感」と反比例の関係にあると思います。自分に絶対の信頼を抱いてる人は、他人の行動にいちいち怒りません。

自己充足している人は、他人に関心をもつ必要がありませんからね。

>無駄に怒るのは良くない。とは思っているのですが、そういう感情はなかなか自分で制御できるものでもありません。重要なのは、「どういう形で発散するか」でしょうね

わかっていても制御できないですよね。
人間ですから、湧き上がってきてしまうものを封じるのはむずかしいとしても、
それをどういう風に発散するか、これが大切なようですね。
Commented by enzian at 2006-02-03 21:40
coeurdefleurさん

>歳をとったら丸くなるもんなの?( ・◇・)?(・◇・ )んじゃ私一生歳取らないかもw

ちなみに、わたくし、精神年齢、いまだに5歳レチュ。

>デコボコの自分。
凹が埋って丸くなるならよいけれど、凸がへこんで丸くなるんじゃ
イヤだな~
凸だって大事( ̄m ̄* )ムフッ♪

大切ですね。
大人になるというのは、凸の角をとってゆくことのような側面がありますから、
(なんか、金○先生のようなことを言ってるゾ!)
凸を残しつつ歳をとりたいものです。
Commented by at 2006-02-03 22:28 x
今年は怒らないことに決めた響です。今のところ頑張っていますよ。
そう、私が子どもを怒る時、それは自分の欠点を子どもの言動の中に見出した時、そして気が狂うほど怒ってしまうのは夫の短所を子どもの中に見たときですね(怖)
そんな自分を冷静に見ている自分がいました。「あんたおかしいよ、もういい加減にやめなよ。」・・・で、やめました。
怒らない生活。何だか自分が偉くなってみたいで嬉しい。それに子どもたちも優しく、穏やかになってきたような気がします。どこまで続くかな。
Commented by enzian at 2006-02-03 22:44
響さん

>そう、私が子どもを怒る時、それは自分の欠点を子どもの言動の中に見出した時、そして気が狂うほど怒ってしまうのは夫の短所を子どもの中に見たときですね(怖)

それは興味深いお話ですね。
ご主人の短所をお子さんにご覧になったときに、
なぜそこまで過剰反応をなさるのでしょうか。
そこが、ぼくには興味深いのです。
(考え込まずに、流してください。^^)

>怒らない生活。何だか自分が偉くなってみたいで嬉しい。
それに子どもたちも優しく、穏やかになってきたような気がします。

よかったですね。^^
Commented by hanakannzasi-716 at 2006-02-03 23:08
響です。

>ご主人の短所をお子さんにご覧になったときに、
なぜそこまで過剰反応をなさるのでしょうか。
そこが、ぼくには興味深いのです。

ホント、自分でも興味深いですよ。って、その答えはほとんどわかっていますけどね。
でもどうしようもないんです。今のところ。
あは、本題とずれてしまってごめんなさい。
Commented by hitorishizuka-f at 2006-02-03 23:44
うーん、なるほどなあ・・・と思いながら節分なので、落花生食べながらビール飲んでます。
豆まに撒く豆は落花生が当たり前だのクラッカーだと思っていたのですが(このフレーズ知っている人が何人いるのでしょう・・・)どうやら一般的には大豆を撒くようですねー。新潟だけですか、豆まきの豆は落花生なのは?
あ、脱線

うーん・・・私が怒っていることも、自分に見に覚えがあることかもしれない・・・。そうかぁ、そうかも・・・。身に覚えがあるからこそ、自分の中で通りすぎれない問題にしてしまうのかもしれないですね・・・。なるほど・・・(ポリポリポリ←落花生を食べる音)
Commented by bs2005 at 2006-02-04 01:48
ピックアップブロガーで哲学者のenzianさんにTBで記事を書いて頂けるなんて光栄の至りです!今日一日は、ご機嫌で怒らないで済むかも?(汗&笑)

自分を怒らせるものは、自分の中にあるものだというコンセプト自体は、自分にとって新しいものではないのですが、かっとなっている最中には、けろりと忘れるコンセプトです。(恥)

褒めることも同じだというのは、初めて触れたコンセプトで新鮮でした。自分のことを考えると、自分の持っていないものを持っている人に憧れたり、尊敬を感じて褒めることが多いような気がしていたので。でも、自分の中にあるものだとしたら、そういうものを発掘して行かなければ、自分は意外と宝の宝庫かも?なんて思ってしまいました。(笑)

enzianさんの意図とは全然異なる受け止め方のような気はしますが、いつも自分に都合よく引き寄せることに掛けては、天才的なんです。こんな私、回りをずいぶん怒らせている気がしてきました。自分が怒ることの心配より、そちらの方を心配する事の方が緊急課題かも?(笑)
Commented by unbound at 2006-02-04 05:16
>いい歳をしてしてちっとも丸くならないという失望感
というのはすごくあります!!(w_−; ウゥ・・

許せなく思うから怒る、の向こう側には自分の姿があるのでしょうか?
少なくとも最近の私の怒りは、仕事をする上で皆が努力していることを平気で裏切ってくれる姿(同僚というより格上の人)、あるいは無知でいる姿(管理職)にです。
皆が努力した上で成り立たせている関係に甘え過ぎなのではと、下っ端の方の私にさえ気づかれてるのが恥ずかしくないのかと思ってしまうのです。

許せなく思うから怒る、の向こう側には、自分が理想とする姿に対する裏切りを他人がやってのけるからなのだと思います。
また、褒める場合は自分が到達できない理想の姿を、他人がやってのけるからなのだと思います。

自分の中に強くイデアを持つ人程、他人(眼前のもの)に対する感情を制御できないのかもしれませんね。
Commented by kozou_17 at 2006-02-04 12:30
>要するに、人を見る場合にも、ぼくには自分自身しか眼中にないのでしょうね。

ボクもです。というか、前からちょっと漠然と思っていたのですが、TB先にもあるように、腹が立つのは、自分の中の同じ部分に気がつくから、と言いますよね。これも同感です。
そして、いくら家族でも夫婦でも、完全に解り合えることはないと思ったりします。その人が本当はどう思っているのかなんて解りようもなく、人間は矛盾だって抱えられるわけで、本当なんてどこにあるのか、いくつもあるんじゃないかと思うわけです。
ということは、人の発言や行動について、人間は自分の中に同じ部分を探しに行って、そこを見つけてしまい、ショックを受けていると思うわけです。そう考えると、人に無関心になっている人の気持ちも解るような気がするんですよ。
つくづく、人間は自分の中の宇宙を彷徨ってるんだなって思います。宇宙から見たら身体的には点みたいに小さいのに。不思議な生き物だなー。
Commented by tomo-ru1225 at 2006-02-04 16:14
私も 出来れば人に対して怒りとか覚えたくない です。
怒るってとっても体力がいることですし。そんな感情に支えられて生きていたくないですからね。怒りってとっても疲れます。
人の良いところだけを見ていたいですよね。

結局 人に無関心になれるほど自分が強い生き物ではないってことですかね。
ひとりでは生きていけないってことなんですかね。。。
人に関われば当然見なくても良いことも見えてしまいますし
そうすると当然怒りも感じなければならないこともある訳で。
巡り巡っている?

取り留めなくてスイマセン。
Commented by enzian at 2006-02-04 22:44
響さん

>ホント、自分でも興味深いですよ。
って、その答えはほとんどわかっていますけどね。
でもどうしようもないんです。今のところ。

そうですか。
わかっておられるのですね。
Commented by enzian at 2006-02-04 22:54
hitorishizuka-fさん

>うーん、なるほどなあ・・・と思いながら節分なので、
落花生食べながらビール飲んでます。

いやぁーやっぱり節分は落花生にビールに限りますよね~
なんて言うと思ったら、大間違いどす。^^

hitorishizuka-fさんに質問。
節分の時期には、新潟では、鼻血を出して、
鼻ティッシュになる人が多くなったりするのでしょうか?
特に大量に食べざるをえない高齢者の場合。

>うーん・・・私が怒っていることも、自分に見に覚えがあることかもしれない・・・。そうかぁ、そうかも・・・。身に覚えがあるからこそ、自分の中で通りすぎれない問題にしてしまうのかもしれないですね・・・。なるほど・・・(ポリポリポリ←落花生を食べる音)

ほ~らほ~ら、だんだん身に覚えがあるように感じてくる‥‥
ボリボリ(負けずに大豆をかじる音。)

>当たり前だのクラッカー

かつて一世を風靡したギャグだということは、
かすかに聞いたことがありますよ( ̄ー ̄)ニヤリ
Commented by enzian at 2006-02-04 22:57
bs2005さん

>ピックアップブロガーで哲学者のenzianさんにTBで記事を書いて頂けるなんて光栄の至りです!今日一日は、ご機嫌で怒らないで済むかも?(汗&笑)

光栄とかそういうことをおっしゃらないようにしてください。
バカは本気にするのです(^^;

>自分を怒らせるものは、自分の中にあるものだというコンセプト自体は、自分にとって新しいものではないのですが、かっとなっている最中には、けろりと忘れるコンセプトです。(恥)

そうですね。よく聞く話ですね。
たしかに、けろりと忘れる。^^
Commented by enzian at 2006-02-04 23:03
bs2005さん

>褒めることも同じだというのは、初めて触れたコンセプトで新鮮でした。自分のことを考えると、自分の持っていないものを持っている人に憧れたり、尊敬を感じて褒めることが多いような気がしていたので。でも、自分の中にあるものだとしたら、そういうものを発掘して行かなければ、自分は意外と宝の宝庫かも?なんて思ってしまいました。(笑)

書きなぐっただけのものですから、眉に唾をつけて聞いていただけると幸いなのです。
自分とは意外と宝の宝庫なのかも、というのは賛成です。
ちなみに、こういう場合のコンセプトという言葉づかいは、
けっこう新鮮でした。^^

>enzianさんの意図とは全然異なる受け止め方のような気はしますが、いつも自分に都合よく引き寄せることに掛けては、天才的なんです。こんな私、回りをずいぶん怒らせている気がしてきました。自分が怒ることの心配より、そちらの方を心配する事の方が緊急課題かも?(笑)

ぼくもたぶんそういう意味では稀代の天才かもしれませんよ。
ぼくの場合は、人の話を聞いていない、と言い換えてもいいけど(^^;
(ほら、bs2005さんの話を無視してるでしょ?)
Commented by hitorishizuka-f at 2006-02-04 23:15
昨年、耳鼻科に行った際に、思い切って「昔、母親にピーナッツとかチョコレートは鼻血が出るから食べ過ぎちゃいけないって言われて育ったんですけど、ホントですか?」と聞いたら「・・・医学的根拠のない話ですねえ・・・」と(笑いをこらえて)答えてくれました。でもそばにいた(キレイな)看護婦さんは「私も母にそう言われていましたよ」と言ってくれたので、私の母がお菓子代をケチるために言っていただけではないようです。
enzianさんはそんなん言われませんでした?新潟限定かな・・・。

あ、《あたり前田のクラッカー》はライブで聞いたことないです、多分・・・人伝に聞いただけで・・・多分・・・。
Commented by enzian at 2006-02-04 23:23
unboundさん

>いい歳をしてしてちっとも丸くならないという失望感
というのはすごくあります!!(w_−; ウゥ・・

ある記事でも書いたことがあるのですが、
こういう考え方事態が幻想のようです。

>許せなく思うから怒る、の向こう側には自分の姿があるのでしょうか?
‥‥‥‥‥

ぼくの記事は、逆説的なことをあえてクローズアップしたのだ、と思ってください。
unboundさんの言うことの方が、頻度の高い、
オーソドックスな話なのだと思いますよ。
その話はそれで正しいのだと思います。

>自分の中に強くイデアを持つ人程、他人(眼前のもの)に対する感情を制御できないのかもしれませんね。

それはどうかわかりません。
イデアの性質にもよるのではないでしょうか。
Commented by enzian at 2006-02-04 23:27
kozou_17さん

>ボクもです。というか、前からちょっと漠然と思っていたのですが、TB先にもあるように、腹が立つのは、自分の中の同じ部分に気がつくから、と言いますよね。これも同感です。

そうですね。

>そして、いくら家族でも夫婦でも、完全に解り合えることはないと思ったりします。その人が本当はどう思っているのかなんて解りようもなく、人間は矛盾だって抱えられるわけで、本当なんてどこにあるのか、いくつもあるんじゃないかと思うわけです。

えぇ、そういう意味では、“解り合う”と言う場合の、
そもそも“解る”の意味がわかりません。
1+1=( )となっていて、( )のなかに2が入れられることが
人を解るの意味ではないでしょうから。
Commented by enzian at 2006-02-04 23:31
kozou_17さん、続き

>ということは、人の発言や行動について、人間は自分の中に同じ部分を探しに行って、そこを見つけてしまい、ショックを受けていると思うわけです。そう考えると、人に無関心になっている人の気持ちも解るような気がするんですよ。

ぼくは、人に対してアパシーになってしまう人にやや好意的な解釈をしています。
その理由は、kozou_17さんの考えていることと重なっていると思います。

>つくづく、人間は自分の中の宇宙を彷徨ってるんだなって思います。
宇宙から見たら身体的には点みたいに小さいのに。不思議な生き物だなー。

不思議な生物ですね。
そもそも“宇宙”なんて言葉自体が、人間のものの見方ですからね。
“見方”も人間のものですし‥‥きりがない。
ただ、そういう不思議さにぞくぞくしますけど。^^
Commented by enzian at 2006-02-04 23:37
tomo-ru1225さん、こんばんは。

>私も 出来れば人に対して怒りとか覚えたくない です。
怒るってとっても体力がいることですし。そんな感情に支えられて生きていたくないですからね。怒りってとっても疲れます。
人の良いところだけを見ていたいですよね。

怒るのはエネルギーがいりますね。疲れます。
ぼくも、そういう感情でもって生きるのはイヤです。

>人の良いところだけを見ていたいですよね。

できることなら、そうしたいと思います。

>結局 人に無関心になれるほど自分が強い生き物ではないってことですかね。
ひとりでは生きていけないってことなんですかね。。。
人に関われば当然見なくても良いことも見えてしまいますし
そうすると当然怒りも感じなければならないこともある訳で。
巡り巡っている?

そうですね。人はひとりでは生きてゆけませんし、
ひとりでは自分が自分であることもできませんから、
無関心でいることはできないのでしょうね。
そこにはネガティブな感情もついてまわるのでしょうね。
Commented by enzian at 2006-02-04 23:42
hitorishizuka-fさん

>昨年、耳鼻科に行った際に、思い切って「昔、母親にピーナッツとかチョコレートは鼻血が出るから食べ過ぎちゃいけないって言われて育ったんですけど、ホントですか?」と聞いたら「・・・医学的根拠のない話ですねえ・・・」と(笑いをこらえて)答えてくれました。でもそばにいた(キレイな)看護婦さんは「私も母にそう言われていましたよ」と言ってくれたので、私の母がお菓子代をケチるために言っていただけではないようです。
enzianさんはそんなん言われませんでした?新潟限定かな・・・。

ぼくはその看護婦さんに愛情を感じますね。
(そういう話じゃない!って?)
まぁ、お医者さんの御意にしたがいましょう。
ちなみに、ぼくもピーナツ食べて鼻血を出した人、見たことないですよ。
Hなものを見て鼻血を出した人も、見たことありません。^^

>あ、《あたり前田のクラッカー》はライブで聞いたことないです、多分・・・
人伝に聞いただけで・・・多分・・・。

疑惑の目‥‥
Commented by harry_hk at 2006-02-05 23:39
>Hなものを見て鼻血を出した人も、見たことありません。^^

あ・・・。う・・・。

>いい歳をしてしてちっとも丸くならないという失望感もありますが

丸くなったって言いふらすシニア大学の受講生のお年寄りの刃物のようなトークが身にしみる季節です。
せめて春がいいな・・・(笑)


えっ!?
笑ってくれないのですか?
やっぱり・・・。
Commented by かっちん at 2006-02-06 01:28 x
他人の中に自分をみて自分の中に他人をみることができるから人間は社会を作っていけるんだろうか。共通認識っていうかルールっていうか道徳って言うか…。それは社会を円滑に運営していくためには必要なことなんでしょうね。でも一方でなんだみんな同じか…って、ちょっと寂しい気もする。不思議です。。。
Commented by enzian at 2006-02-06 09:53
ハリーさん

>あ・・・。う・・・。

さすがハリーさん、目のつけどころがちがいます。
せんせーここに変な人がいますよ~^^

>えっ!?
笑ってくれないのですか?
やっぱり・・・。

そのままブラックに受け取れば
よいのでしょうか?(-_-)
Commented by enzian at 2006-02-06 10:00
かっちんさん

>他人の中に自分をみて自分の中に他人をみることができるから人間は社会を作っていけるんだろうか。

含蓄のある言葉です。
ひじょうにいろんな意味でそうだと思います。

>共通認識っていうかルールっていうか道徳って言うか…。それは社会を円滑に運営していくためには必要なことなんでしょうね。でも一方でなんだみんな同じか…って、ちょっと寂しい気もする。不思議です。。。

同感です。
ルールとか道徳とかいうのは、
放っておくと、自分の都合で他人を傷つけてしまいかねない、
自分のことばかり考えている自己中心的な動物にこそ
必要なものなのかもしれないですね。
ちょっと悲しい言い方ですけど‥‥
Commented by sofia_ss at 2006-02-06 18:05
利己主義者は他人の利己主義をゆるさない、と言いますね・・。
私はあまり怒らないほうかも。人には。

理不尽なことには怒ります。
で、それがエネルギーになる^^
Commented by coeurdefleur at 2006-02-06 20:46
丸い石だと簡単に転がってしまいますもの。
トゲがあっては周りに迷惑ですが、角はなければなりません。
と思っています^^;
一角つけたい楕円の石に!
ですよね~ (* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!! (笑)
Commented by harry_hk at 2006-02-06 22:28
>せんせーここに変な人がいますよ~^^

そんな、粉フェチで、すっぱいものが好き過ぎて、妊娠してるらしい人に言われたくは・・・(笑)
(ちなみに、今は、梅こんぶを食べながらこれ書いてます)

「当たり前田のクラッカーとセサミハイチ」とCMされていたような気がして、気になって調べてみました(バカ)

*前田製菓
http://atarimaeda.com/top.html

どうもセサミハイチは、売っていないようです。
結局食べずに消えてしまったみたいです(T_T)

>そのままブラックに受け取れば
よいのでしょうか?(-_-)

そ、そうですね(笑)
見たままの現実とでもいいましょうか・・・。
昔は泣きながら帰ったことも。。。

それから、風邪は大丈夫でしょうか?
だいぶ、無理をされたんじゃないですか?
お気をつけて。
Commented by 座敷童 at 2006-02-06 22:46 x
気付いたら日付が二日進行してました。あれ?おやおや??
(おくすりを飲むときにはちゃんと説明書を読みましょうね!)

他人に一方的に激怒した後で、延々そんな自分を詰るタイプと
けろりと忘れるタイプがいませんか?
前者は休火山タイプで、後者が活火山タイプ。
休火山の中では溶岩がぐるぐるふつふつしてるんですよ・・・。
私は「全然感情の起伏が無くてこわい」とよく言われるのですけど、
ちょっとでも気配りの内向道でもしようものなら、心中卓袱台返しです。
心はいつも星一徹です。
教育実習の時にリミッターを外したら「鬼教師」と言われたくらいです・・・。
そんなおこりんぼうですから、いつも他人の行動に目くじらを立てまくっております。
たぶん、自分の立ち位置が気になるからでしょうね。

リンパが痛いって、もしや虫歯ではありますまいか。
Commented by enzian at 2006-02-06 22:58
sofia_ssさん

>利己主義者は他人の利己主義をゆるさない、と言いますね・・。

言い得て妙ですね。
ぼくもそういう感じなのです。

>私はあまり怒らないほうかも。人には。
理不尽なことには怒ります。
で、それがエネルギーになる^^

ぼくは人によく怒る人だと思います。
理不尽なことだけに怒っているつもりなのですが、
多分に私情が混ざっているようです。(--;)
で、それが落ち込む原因になる。(苦笑)
Commented by enzian at 2006-02-06 23:06
柊さん

>丸い石だと簡単に転がってしまいますもの。
トゲがあっては周りに迷惑ですが、角はなければなりません。
と思っています^^;
一角つけたい楕円の石に!
ですよね~ (* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!! (笑)

うん、よい言葉ですね。
そういう心がけでゆきましょう、お互いに。(笑)
Commented by enzian at 2006-02-06 23:10
ハリーさん

>そんな、粉フェチで、すっぱいものが好き過ぎて、
妊娠してるらしい人に言われたくは・・・(笑)
(ちなみに、今は、梅こんぶを食べながらこれ書いてます)

そんな、梅こんぶな人に言われたくは‥‥(^^)

>「当たり前田のクラッカーとセサミハイチ」とCMされていたような気がして、気になって調べてみました(バカ)

*前田製菓
http://atarimaeda.com/top.html

どうもセサミハイチは、売っていないようです。
結局食べずに消えてしまったみたいです(T_T)

情報、ありがとです。
そこにも書いていますけど、
当たり前田のクラッカーは今でも普通に売っています。
ぼくも二ヶ月前くらいに食べましたよ。
オーソドックスなクラッカーです。
そのセサミハイチは知らないのです。
Commented by enzian at 2006-02-06 23:14
ハリーさん

>そ、そうですね(笑)
見たままの現実とでもいいましょうか・・・。
昔は泣きながら帰ったことも。。。

仕方ない現実なのでしょうか。
がんばってください、としか言いようがないです‥‥

>それから、風邪は大丈夫でしょうか?
だいぶ、無理をされたんじゃないですか?
お気をつけて。

ありがとうございます。
大丈夫です。
今年は風邪をひかないぞの会、
つくりません?^^
Commented by enzian at 2006-02-06 23:22
座敷童さま

>気付いたら日付が二日進行してました。あれ?おやおや??
(おくすりを飲むときにはちゃんと説明書を読みましょうね!)

今度はどんな薬を飲んだの?
人に言えたぎりではありませんが、
気をつけてくだっし。

>他人に一方的に激怒した後で、延々そんな自分を詰るタイプと
けろりと忘れるタイプがいませんか?
前者は休火山タイプで、後者が活火山タイプ。
休火山の中では溶岩がぐるぐるふつふつしてるんですよ・・・。
私は「全然感情の起伏が無くてこわい」とよく言われるのですけど、
ちょっとでも気配りの内向道でもしようものなら、心中卓袱台返しです。
心はいつも星一徹です。
教育実習の時にリミッターを外したら「鬼教師」と言われたくらいです・・・。
そんなおこりんぼうですから、いつも他人の行動に目くじらを立てまくっております。
たぶん、自分の立ち位置が気になるからでしょうね。

コソコソ|_-)))) (←あきこ姉ちゃんだったっけ?)
そうか‥‥おこりんぼうなのかぁ。。。
目くじら立てられないように気をつけよう。
Commented by enzian at 2006-02-06 23:23
座敷童さま、続き

>リンパが痛いって、もしや虫歯ではありますまいか。

ありがと。
う~んわからない。
もうほとんど腫れはなくなったんだけど。
Commented by えほんうるふ at 2006-02-07 11:44 x
同じことを、子供たち、特に娘と接しているとひしひしと感じます。
育児は育自だなんてよく言いますが、実際親をやってると、自分のことは棚に上げて説教をたれる状況なんかが頻繁に起きるわけです。で、棚の耐荷重を超えると下にいる自分が危なくなるので、イヤイヤ棚卸し作業をする羽目になるのです…

ところで響さんの
>そして気が狂うほど怒ってしまうのは夫の短所を子どもの中に見たときですね(怖)

って、分かるような気がします。「そこだけは似て欲しくなかったのに…」と思うところに限って似る。ここぞというところで夫のDNAに負けた気がして、無性に悔しいのです(^^;)
Commented by enzian at 2006-02-07 12:39
えほんうるふさん

>同じことを、子供たち、特に娘と接しているとひしひしと感じます。
育児は育自だなんてよく言いますが、実際親をやってると、自分のことは棚に上げて説教をたれる状況なんかが頻繁に起きるわけです。で、棚の耐荷重を超えると下にいる自分が危なくなるので、イヤイヤ棚卸し作業をする羽目になるのです…

なるほど、おもしろい表現ですね、ふむ。
ひたすら棚の補強をするのではなく、そこそこのところで棚卸し作業ができれは、
育児(自)、まずは合格というところなのでしょうか。

>ところで響さんの
 そして気が狂うほど怒ってしまうのは夫の短所を子どもの中に見たときですね(怖)

って、分かるような気がします。「そこだけは似て欲しくなかったのに…」と思うところに限って似る。ここぞというところで夫のDNAに負けた気がして、無性に悔しいのです(^^;)

そういう意味だったんですか!
ぼくはもっと違う意味を考えていましたわんわん。^^
ちなみに、ご主人も「そこだけは似て欲しくなかったのに…」妻のDNAに負けた‥‥
と思っていたりして‥‥゛(/><)/ キャー
Commented by えほんうるふ at 2006-02-07 21:50 x
>そういう意味だったんですか!

いや、響さんはそういう意味でおっしゃったのではないのかも知れません。あくまでも私の場合です(^^;)
まあどこの夫婦も多かれ少なかれ我が子の姿に連れ合いの長所短所を発見して一喜一憂しているのだろうと思います。
Commented by enzian at 2006-02-07 22:22
えほんうるふさん

>いや、響さんはそういう意味でおっしゃったのではないのかも知れません。
あくまでも私の場合です(^^;)

大丈夫です。
了解しております ^^v

>まあどこの夫婦も多かれ少なかれ我が子の姿に連れ合いの長所短所を発見して一喜一憂しているのだろうと思います。

そうでしょうね(^^)
Commented by bucmacoto at 2006-02-11 00:52
はじめまして。

この文にうんうんと頷いて、先ほどTBさせていただきました。

↑ 子供の悪いところは、男親が原因だと、妻に洗脳されてきましたが・・・
この説は全国区ではないのでしょうjか?
Commented by enzian at 2006-02-11 09:24
bucmacotoさん、はじめまして。
TBありがとうございます。
enzianです。

>子供の悪いところは、男親が原因だと、妻に洗脳されてきましたが・・・

女親も原因だと、洗脳し返してあげてください。^^

<< 『雨ふり小僧』(手塚治虫) 季節時計 >>