座右の銘

聞かれると困ると思って長年答えを用意しようとあがき続けてきた問いが二つある。一つは「好みの芸能人のタイプは誰ですか?」、もう一つは「座右の銘はなんですか?」だ。一つ目はついに先ごろ、ばかばかしくなって考えるのをやめてしまった。二つ目はいまだに粘っているが、なかなかこれという答えが思いつかない。元来、一つの物事や一人の人物に飛びついてそれに拘泥して生きてゆくようなタイプではない。いつも念頭に置いて生活を律してゆくような言葉が座右の銘なのだろうが、そんなものがあったら、もっと立派な人になっている。

まったく候補がなかったわけではない。「自分にはやさしく、他人にはきびしく」をそうだと言ったことはあるが、意識しないでも “自然にそうなってしまう” というだけのことだから、座右の銘と言うには不適切だろう。「初心忘るべからず」とか「実るほど首を垂れる稲穂かな」などはよい言葉だとは思うが、実りもしないのにとっとと初心を忘れてのけぞって歩く自分には縁遠い。文字通り身近に置いて自分を戒めるような言葉ではない。自分には座右の銘と言えそうなものはないのだ。そういうわけで座右の銘と言うつもりはないが、なにも書かないのもさびしいので、学生時代に感銘を受けた言葉を、珍しく、恥ずかしげもなく書いておこう。

「それを考えることしばしばにして、かつ長ければ長いほど、常に新たに増し来る感嘆と畏敬の念でもって心を満たすものが二つある。我が上なる星きらめく天空と我が内なる道徳法則(良心の声)である。 」

by enzian | 2006-02-13 22:57 | ※その他 | Trackback(1) | Comments(63)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/4151514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 北の夢想科学小説 at 2006-02-26 13:32
タイトル : bilateral thinking
私の座右の銘と聞かれて、 5年前ならば,『至誠一貫』と答えたことでしょう。 10年前ならば,『反省すれども後悔せず』 と答えたでしょうか。 20年前なら,『け・せ・ら・せら(Let It Be)』 と即答したことでしょう。 30年前なら,『生き物は、誰でもみんな仲間サ♪』 が心の合言葉だったように思います。 マニュアルや規約案の作成時に、必ず再確認するのが、全体の理念でした。 (ちなみに,委員とか長からは、徹底して逃げ回った子供でした。 作成する羽目になった後年に、これが仇となりました...... more
Commented by hitorishizuka-f at 2006-02-13 23:11
座右の銘・・・たくさんあるけれど(たくさんあっちゃいけないものですかねー?)今日の気分は・・・
《人生楽ありゃ苦もあるさ》 BGM付き
Commented by lausebengel at 2006-02-13 23:31 x
よろしくです。

この言葉は…、エマヌエル君ですか?
僕の座右の銘は
「何が欲しいかではなく、何が捨てられるか」
でふ。
Commented by enzian at 2006-02-13 23:40
hitorishizuka-fさん

>座右の銘・・・たくさんあるけれど(たくさんあっちゃいけないものですかねー?)

いえ、特に問題はないかと‥‥(^^;

>今日の気分は・・・
《人生楽ありゃ苦もあるさ》 BGM付き

なるほど、そのときどきの状態によって、
もっとも適切なものが出てくると。
座右の銘を大げさに考えすぎなんだろうかなぁ、ぼかぁ‥‥
ねぇ君どう思う(誰に話しかけてんだろう?^^)

>《人生楽ありゃ苦もあるさ》 BGM付き

ずんちゃちゃちゃ、ずんちゃちゃちゃ、
一緒に歌いましょうか♪(^^)
Commented by enzian at 2006-02-13 23:42
lausebengelさん

>この言葉は…、エマヌエル君ですか?

ご名答でふ。
当てられて、ちょっと恥ずかしい。(///(エ)///)
(学生が見てたらどうしょーキャー)

>僕の座右の銘は
「何が欲しいかではなく、何が捨てられるか」
でふ。

う~ん‥‥(考え込んでいる^^)
Commented by bucmacoto at 2006-02-13 23:43
カントっぽい言葉ですね。(違うのかな?)

至誠一貫 なんてのは、お好みではないですか?
 * 1貫=3.75kg
Commented by rei_ayakawa at 2006-02-13 23:44
今晩は。
「信念がないのが信念です!」などという人は、いまいち信用できない綾川玲です。
はい、関係ありませんね。

座右の銘……「自画自賛」でしょうか。
Commented by kaori_yoshihara at 2006-02-13 23:49
へへぇ~(>< 座右の銘ですか。
昔、母が「ザウノメイはねぇ・・・」と言っていたのを聞いて度肝を抜かれました。
間違ってると思って。日頃知的な母なのに。だけど今変換ボタンを押したらあっさり「座右」と出たので、間違ってると思ってた私が間違ってるのかな。
ちなみに私は「ザユウノメイ」。

う~ん私の座右の銘は、とりあえず「死ぬまで生きる」にしておきます。
小学生の頃に決意したことです。
Commented by enzian at 2006-02-13 23:50
bucmacotoさん

>カントっぽい言葉ですね。(違うのかな?)

ご名答。
やはり、はっきり当てられると恥ずかしい。
やめりゃ、よかった‥‥

>至誠一貫 なんてのは、お好みではないですか?
 * 1貫=3.75kg

3.75kg程度だから、大した誠実さではございませんよ、
といういう一種のボケの意味で使うのですか。
それなら、恥ずかしくなくていいかもしれない。^^
Commented by enzian at 2006-02-13 23:53
rei_ayakawaさん、こんばんは。

>「信念がないのが信念です!」などという人は、
いまいち信用できない綾川玲です。

それはいかんです。
ボケとしても、あまりにもひねりがなさすぎます。
関西人として生きてゆくのはむずかしいでしょう。

>座右の銘……「自画自賛」でしょうか。

立派です。
なかなか自分を褒めることはできないですからね。
Commented by enzian at 2006-02-13 23:59
かおりさん

>へへぇ~(>< 座右の銘ですか。
昔、母が「ザウノメイはねぇ・・・」と言っていたのを聞いて度肝を抜かれました。
間違ってると思って。日頃知的な母なのに。だけど今変換ボタンを押したらあっさり「座右」と出たので、間違ってると思ってた私が間違ってるのかな。
ちなみに私は「ザユウノメイ」。

ザウとも読めるようですね。
ぼくも知らんかった、アワワ。

>う~ん私の座右の銘は、とりあえず「死ぬまで生きる」にしておきます。
小学生の頃に決意したことです。

ぼく、それ好きだな。
◎あげます(いらない?^^)。
Commented by kaori_yoshihara at 2006-02-14 00:03
(:‐P)◎
いる!アリガトデス。いただきま~す
Commented by enzian at 2006-02-14 00:12
かおりさん

それを食べると元気になりますよ~。^^
いかんオネムが、もう寝まふ。
オヤスミナサイ。
Commented by 座敷童(衰弱中) at 2006-02-14 00:53 x
座右の銘を聞かれて、すぐ答えられる人はあまり信用してないのですが。
その内容を実践するつもりだけどしてない。と感じるのでございます。
座右の銘はきっと心の内に留めておくべきモノで
言ってはいけないような気がしますですますです。(衰弱進行中)

で、お前はどうなんだと聞かれて、ついその場を取り繕ってしまう私は
「自分の十は他人の二」
自分が完璧だと思っている十は他人から見れば二ぐらいのもんだと戒めてみます。
Commented by harry_hk at 2006-02-14 11:55
今回は中1ですか?
最近、中学校では、キャリア教育ブームなので、「仕事」ってなに?
というのをやると、センセーも学生さんも喜ぶのではないでしょうか。
仕事場見学とか実践している研究校も多いですから。
ちょっと提案でした。
(まったくもって余計なお世話でした。ごめんなさい)

それから、座右の銘がないとおっしゃってますけど、本にサインするときとかはどうするのですか?
哲学系の人って一言ありますよねぇ?
気になる。。。

ちなみに、自分の座右の銘って、そういえばないですね。
忘れっぽいので(笑)
「明日でもできることは明日する」
でしょうか?(ウソ)
なんじゃそれ(笑)
Commented by kozou_17 at 2006-02-14 13:30
最後の一文は面白いですね。天空も内なる声も神に通じるのではないかと思います。それに偶像を与えたものが宗教なんじゃないでしょうか。
ボクも座右の銘と言われてもピンと来ません。良いと思う言葉がたくさんあって。
ちなみに、1番目の質問ですが、ボクだったら「どんな時?」と訊いてしまいますね。山間の小学校の校庭、鉄棒の辺りで、20年ぶりに会う初恋の同級生だったら桜井幸子とか。行きつけの小料理屋だったら古手川祐子。守備範囲が異常に広いので、シーンを設定して貰わないと出てこない(笑)
Commented by sofia-ss at 2006-02-14 13:37 x
座右の銘、そのときどきに変わったり。ホントの座右の銘じゃないんですね。
脳内音楽と一緒かも^^
好きな言葉は
「小さなミスは笑い飛ばし、大きな障害は、やがてくる成功の前触れと思う」
落ち込みそうになったときのおまじないは
「遠くを見よ」


Commented by 毒きのこ at 2006-02-14 13:49 x
座右の銘っていうよりは、負け惜しみの口上なんですけど。(>_<)わたしのなかにこんなのがありまする。
「憎しみを憎しみで返したら
争いは永遠に続く
徳をもって恨みを報え」 by 劇団四季ミュージカル ゛李 香蘭”

・・・ときおり話しの中に嫌味なくときに面白く、座右の銘やら名言やらをさらっと織り交ぜる方がいます。そー言う粋な人(老若男女問わず)って、ひそかにいいなぁ〜っと憧れちゃいます。え?この人が?と言う人ほどそのギャップがたまらん〜。
enzianさんも、講義のラストとかで記事の中の(カントという人の?)言葉をサラッと披露してみそ!・・・乙女たちはきゃーぴーと、イチコロですぞ☆
おあとがよろしいようで・・・m(__)m
Commented at 2006-02-14 13:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bucmacoto at 2006-02-14 17:59
> 3.75kg程度だから、大した誠実さではございません

私の誠実度は5%です。(肥満領域じゃん w)
Commented by ぴょんま at 2006-02-14 19:29 x
座右の銘と言うほどのものはありませんが、インディアンの言葉で。
あなたが生まれたとき、あなたは泣き周りは笑っていただろう。
だから、あなたが死ぬときは、あなたは笑い、周りは泣くそんな生き方をしなさい。
それを胸に、生きているつもりでは、あります。
そんな立派じゃありませんが。
Commented by enzian at 2006-02-14 20:47
座敷童さん

>座右の銘を聞かれて、すぐ答えられる人はあまり信用してないのですが。
その内容を実践するつもりだけどしてない。と感じるのでございます。
座右の銘はきっと心の内に留めておくべきモノで
言ってはいけないような気がしますですますです。(衰弱進行中)

そうかもしれないですね。
あんまりひけらかすものではないでしょうね。

>で、お前はどうなんだと聞かれて、ついその場を取り繕ってしまう私は
「自分の十は他人の二」
自分が完璧だと思っている十は他人から見れば二ぐらいのもんだと戒めてみます。

う~ん、ぼくには必要な戒めかもしれないなぁ。(^^;
Commented by enzian at 2006-02-14 20:59
ハリーさん

今回は、ひさしぶりに中学生を相手にします。
ただ、中1はさすがにはじめてで、むずかしいだろうと思っています。

>最近、中学校では、キャリア教育ブームなので、「仕事」ってなに?
というのをやると、センセーも学生さんも喜ぶのではないでしょうか。
仕事場見学とか実践している研究校も多いですから。
ちょっと提案でした。
(まったくもって余計なお世話でした。ごめんなさい)

それはとてもおもしろいテーマですね。
そういうのをやってみたいのですが、
今回は準備する時間的余裕があまりありませんでしたので、
次の機会に考えてみたいと思います。
今回はごまかすのだ。(><)
Commented by enzian at 2006-02-14 21:08
ハリーさん、続き

>それから、座右の銘がないとおっしゃってますけど、
本にサインするときとかはどうするのですか?
哲学系の人って一言ありますよねぇ?
気になる。。。

あのね、ハリーさん、
それは哲学系への偏見ですよ、もー
といいつつ、じっさい名前だけでなく、なんでもいいから書いてくれ、
と言われることはよくあります。^^
そういうときは、キノコのイラストを書くことにしています。
相手はあぜんとしてますな、わはは。
(ウソのような本当の話。)

>ちなみに、自分の座右の銘って、そういえばないですね。
忘れっぽいので(笑)
「明日でもできることは明日する」
でしょうか?(ウソ)
なんじゃそれ(笑)

明日、明後日にできることも
まてめて今日やろうとしているような気がする‥‥(ノ><)ノ
Commented by enzian at 2006-02-14 21:20
kozou_17さん

>天空も内なる声も神に通じるのではないかと思います。
それに偶像を与えたものが宗教なんじゃないでしょうか。

鋭いですね。

>ボクも座右の銘と言われてもピンと来ません。良いと思う言葉がたくさんあって。
ちなみに、1番目の質問ですが、ボクだったら「どんな時?」と訊いてしまいますね。
山間の小学校の校庭、鉄棒の辺りで、20年ぶりに会う初恋の同級生だったら桜井幸子とか。行きつけの小料理屋だったら古手川祐子。守備範囲が異常に広いので、シーンを設定して貰わないと出てこない(笑)

ケラケラ‥‥
ぼくも守備範囲は異常に広いんですよ。^^
kozou_17さんのようなこだわりはなくて、
単にストライクゾーンが広いんです。^^
Commented by harry_hk at 2006-02-14 21:24
*ネタばれあり(笑)

文科省のこのページとか、面白いですよ。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/career/05010502/026.htm
って公表しては、なんの意味もないですね(笑)
Commented by enzian at 2006-02-14 21:29
ソフィアさん(とりあえず、この呼び方に変更!)

>座右の銘、そのときどきに変わったり。
ホントの座右の銘じゃないんですね。

なるほど、なるほど。

>脳内音楽と一緒かも^^

ぼくは「脳内音楽」というのは今ひとつよくわからなかったんですけど、
アンケートで聞かれたときには、
「原風景」の歌パターンかな?と思ったのです。
単にリフレインするだけなら、
そのときそのときの流行の音楽がリフレインするわけですけど、
心のなかでずっと響いているようなメロディーがありますよね。
そういうものを「脳内音楽」と考えて、
ちょっと「原音楽」っぽいのを選んでおきました。

>好きな言葉は
「小さなミスは笑い飛ばし、大きな障害は、やがてくる成功の前触れと思う」
落ち込みそうになったときのおまじないは
「遠くを見よ」

前に向くためのものですね。^^
Commented by enzian at 2006-02-14 21:37
毒きのこさん

>「憎しみを憎しみで返したら
争いは永遠に続く
徳をもって恨みを報え」 by 劇団四季ミュージカル ゛李 香蘭”

むずかしいがゆえの、永遠の真理なんでしょうね。
復讐につぐ復讐が歴史ですから。

>・・・ときおり話しの中に嫌味なくときに面白く、座右の銘やら名言やらをさらっと織り交ぜる方がいます。そー言う粋な人(老若男女問わず)って、ひそかにいいなぁ〜っと憧れちゃいます。え?この人が?と言う人ほどそのギャップがたまらん〜。
enzianさんも、講義のラストとかで記事の中の(カントという人の?)言葉をサラッと披露してみそ!・・・乙女たちはきゃーぴーと、イチコロですぞ☆

ぼくはそういうのを言うのがじつは苦手なんです。(^^;
これまでそういうことをあまり書いてきていないでしょ。
言葉にはほとんどといってよいほど出しません。
さらりと言える話術がないからなんですが、
同じ意味のことを言うにしても、
できるだけ、身近な、自分の言葉で話したい、
と思っているのです。
Commented by enzian at 2006-02-14 21:43
鍵コメさま

ありがとうございます。
つっこみどころにしっかりとツッコミを入れていただき‥‥

聞きたい?
どう答えると思います。

ひ・み・ちゅ!(やっぱり!)
Commented by enzian at 2006-02-14 21:46
bucmacotoさん

>私の誠実度は5%です。(肥満領域じゃん w)

5%あれば十分でしょう。
ぼくは、「誠実」の意味さえわからん‥‥^▽^)ケケケ\(-_- ビシッ
Commented by enzian at 2006-02-14 21:48
ぴょんまさん

>あなたが生まれたとき、あなたは泣き周りは笑っていただろう。
だから、あなたが死ぬときは、あなたは笑い、周りは泣くそんな生き方をしなさい。
それを胸に、生きているつもりでは、あります。
そんな立派じゃありませんが。

よい言葉ですね。
そういう生き方ができれはよいな、と思います。
Commented by enzian at 2006-02-14 21:53
ハリーさん、ありがとう。

最近、中学生が大学によくくるようになっています。
事務職員に混じって職場体験をよくしているようです。
中学生自身が楽しめればいいですよね。
授業では息抜きになるようなものをしてみたい、
と思っています。
Commented by munehito_miwa at 2006-02-14 21:59
どうもお久しぶりですmu-です
昔、座右の銘をあげろと言われ
いつもあげる事ができませんでした。
それで、「座右の銘もないのか!」と顰蹙をかう環境だったのですが
逆にそんな座右の銘のあることを偉そうに言う人(後に一部の人と気づく)にはなるまい
と歪んだとらえ方をしていました。
確かに、座右の銘もその時々で移り変わりますね。
座右の銘があることにとらわれたくないです。
Commented by enzian at 2006-02-14 22:30
munehito_miwaさん

お久しぶりですね。
また来てもらえて、うれしいです。
ブログ、拝見しましたよ。
なんとも、そのものずばりの名前にしましたね。^^

>昔、座右の銘をあげろと言われ
いつもあげる事ができませんでした。
それで、「座右の銘もないのか!」と顰蹙をかう環境だったのですが
逆にそんな座右の銘のあることを偉そうに言う人(後に一部の人と気づく)にはなるまい
と歪んだとらえ方をしていました。
確かに、座右の銘もその時々で移り変わりますね。
座右の銘があることにとらわれたくないです。

ぼくもそういうところが心のどこかにあるようです。
なんかそういうのを堂々と言う人に、
なにかしら反発を感じているのだと思います。

よろしゅうに、です。
Commented by munehito_miwa at 2006-02-14 23:01
そうなんです
なんでそのうち消える可能性高しでございまする。
Commented by 座敷童(衰弱状態) at 2006-02-14 23:06 x
ところで、あの→ミケは、
何でもいいからと言われてキノコを描いた人の手によるモノのようですが。
・・・Aを差し上げましょう。
Commented by 毒きのこ at 2006-02-15 00:13 x
>同じ意味のことを言うにしても、できるだけ、身近な、自分の言葉で話したい、と思っているのです。

それは、enzian語ですね!(^O^)/ わたしもかなりはまってます。ネイティブに近くなるように、駅前留学しよっかなぁ〜。それとも個研でプライベートレッスン?!

(゜o゜)\(-_-) ←叱られつつも発声練習の予想図
Commented by luna0077 at 2006-02-15 09:39
はじめまして。
時々おじゃましては、楽しく拝見させていただいてます。
今回リンクをさせていただきましたので、記念に足跡を残していきます♪
Commented by u-wakaroku at 2006-02-15 11:30
わたしは取材の時に自分から「座右の銘は?」と聞くことは
ないのですが、先日受けた仕事で、規定のインタビューシートが
あり、座右の銘を4組の人に書いてもらいました。
いろいろいいことが書かれてありましたが、
今思いだしていちばん残っているのが
「死しゃーしねーよ」という、とある人の座右の銘。
「日本でいちばんゆるい家かも」とおっしゃる実家で
いちばんよく聞いた言葉なのだそうです。
ちなみに、おおらかな絵柄が特長の紅型を創作される人です。
Commented by Honig-Biene at 2006-02-15 20:41
「座右の銘は何ですか?」と聞くと、「ない。」と答えられます。そんな大層なものは無いと。わたしの好きな言葉は、「未来はまだ決まっていない」です。
ところで、enzianさんがパッと思いつく四字熟語は何ですか?2つ教えてください(^^)
Commented by enzian at 2006-02-15 21:08
munehito_miwaさん

もう割り切って自坊の宣伝のためにやればどうですか。^^
Commented by enzian at 2006-02-15 21:10
座敷童さん

あのミケはハンドメイド風なのですが、
フリーの素材をお借りしているのです。
ぼくのじゃないのだ~
(なかなかいいでしょ?)
Commented by enzian at 2006-02-15 21:20
毒きのこさん

>それは、enzian語ですね!(^O^)/ わたしもかなりはまってます。ネイティブに近くなるように、駅前留学しよっかなぁ〜。それとも個研でプライベートレッスン?!

(゜o゜)\(-_-) ←叱られつつも発声練習の予想図

ぼくの言葉を身につけなくても、
毒きのこさんには毒きのこ語があるから大丈夫ですって。^^
Commented by enzian at 2006-02-15 21:21
luna0077さん、はじめまして。
enzianです。
コメントとリンク、ありがとうございます。
Commented by enzian at 2006-02-15 21:28
ゆうさん

>「死しゃーしねーよ」という、とある人の座右の銘。
「日本でいちばんゆるい家かも」とおっしゃる実家で
いちばんよく聞いた言葉なのだそうです。
ちなみに、おおらかな絵柄が特長の紅型を創作される人です。

その「死しゃーしねーよ」のニュアンスがわからないのです。
ゆるいとおっしゃるくらいですから、
「死にゃーしねーよ」ぐらいの意味なんでしょうか。
Commented by enzian at 2006-02-15 21:34
Honig-Bieneさん

>座右の銘は何ですか?」と聞くと、「ない。」と答えられます。そんな大層なものは無いと。

そうですか、お仲間が多いようで、ホッとします。^^

>わたしの好きな言葉は、「未来はまだ決まっていない」です。

自分で決めてゆく、とかが続くのかな‥‥

>ところで、enzianさんがパッと思いつく四字熟語は何ですか?
2つ教えてください(^^)

こんなのに答えるとろくでもないことになるのですが、
答えてしんぜましょう。^^

四苦八苦
絶体絶命  ^▽^)ケ
Commented by えほんうるふ at 2006-02-17 02:30 x
座右の銘ねぇ…
「コドモより親が大事」ですね。太宰さんの主張とはちょっとニュアンスが違う面もありますが…
我が子のために自己犠牲に燃える親って、子どもにとっては鬱陶しいと思うんです。少なくとも私にとってはそうだった(爆)。いや、鬱陶しがられても本能的についそういう傾向に走りがちなんですけど、恩着せがましい親になるよりは、好きなことやっていつもハッピーな親でいる方がコドモも伸び伸びと生きられるんじゃないかと。

あ、ちなみにその四字熟語の質問、私も先日人に聞かれて答えました。なんでも、一つめに思いついたのがその人の「人生観」を、二つめが「恋愛観」を表すとか…
ちなみに私は一つめが「我田引水」二つめが「情状酌量」でした(笑)
Commented by enzian at 2006-02-17 09:53
えほんうるふさん

>「コドモより親が大事」

恩着せがましくするのはなんのプラスにもならないと思います。
子どもは親にお世話になっていることを知っているのですから。
わかり切ったことをあからさまに言われたり、
見せつけられたりするのは、鬱陶しい以外のなにものでもない。

自分の好きなことをやって、楽しげに自分の夢をかなえてゆく
(その際に子どもをネグレクトはしない)親を見るというのが、
子どもにとってはよい手本になるのでしょう。

逆に、自分のいやなことを愚痴を言いながらやっている親を
見るのは、子どもには良い影響を与えないでしょうね。
良くも悪くも、子どもは親を手本としますから。

>あ、ちなみにその四字熟語の質問、私も先日人に聞かれて答えました。なんでも、一つめに思いついたのがその人の「人生観」を、二つめが「恋愛観」を表すとか…
ちなみに私は一つめが「我田引水」二つめが「情状酌量」でした(笑)

そういうことだったのか。^^
それにしても、「我田引水」と「情状酌量」はおもしろすぎる。(^^)
Commented by えほんうるふ at 2006-02-17 20:33 x
私が言わんとしていたことを正確に読み取っていただきありがとうございます。
保護者会とかでこれ言うとね、やっぱり眉をひそめる人もいるわけで…もちろん、舅・姑なんかにゃー口が裂けても言えません(^^;)
最近は開き直って割とどこででも言っちゃうんだけど、面倒なのでいちいち説明しないので「とんでもない母親」と思われてるかも(笑)
Commented by enzian at 2006-02-17 22:28
えほんうるふさん

>保護者会とかでこれ言うとね、やっぱり眉をひそめる人もいるわけで…もちろん、舅・姑なんかにゃー口が裂けても言えません(^^;)

そうでしょうね。
舅・姑はたぶんもう無理として(ごめんなさい!)、
保護者のみなさんは、きっと耳が痛くて、聞きたくないのだと思いますよ。
まぁ眉をひそめても、しっかり聞いているはずだと思うので、
えほんうるふさんの行為はムダではない、と思うことにしましょう。(^^)
Commented at 2006-02-18 21:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2006-02-18 21:39
鍵コメ2さま

ありがとうございます。教えてくださって。
そのままにされたらどうしよう、って思ってましたわ。^^

ぼくと、あまり変わらないんじゃないですか?
このタイプの答えは、日本人ではバラエティが知れていますから、
そういうことになるのでしょうね。

短い言葉ですが、
とても大切な言葉ですね。
Commented at 2006-02-20 15:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2006-02-21 21:28
鍵コメ3さま

人の親のことなんてわかったものじゃないよ。
あなたの友だちがあなたの親をわからないのは、
あなたがあなたの友だちの親をわからないのと同じことだから‥‥。
Commented at 2006-02-26 02:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bucmacoto at 2006-02-26 13:54
カント様って読んだことないながら、ゲーテやヘーゲルとごっちゃになりながら私の頭の中にいますね。(笑)
真善美(でしたっけ?)の三軸で価値判断をするという方法論,とっても好きです。

ちょっと焦点ボケな文章ですけんど、TBしますた。(ちょっと恥ぃ...)
Commented at 2006-02-26 16:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2006-02-26 20:00
bucmacotoさん、TBありがとうです。
Commented by enzian at 2006-02-26 20:02
鍵コメ4さま

わかりました。
Commented by enzian at 2006-02-26 20:04
鍵コメ5さま

えっ読めないはずはないのですが‥‥
では、同じものをもう一度、下に貼っておきます。
これは読めますか?

ありがとうございます。教えてくださって。
そのままにされたらどうしよう、って思ってましたわ。^^

ぼくと、あまり変わらないんじゃないですか?
このタイプの答えは、日本人ではバラエティが知れていますから、
そういうことになるのでしょうね。

短い言葉ですが、
とても大切な言葉ですね。
Commented at 2006-02-27 15:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2006-02-27 20:43
鍵コメ6さま

??なにがわかったのかしらん。
ともかく、解決したということで、めでたし、めでたし。

>焼肉定食

お腹減ってるのかな。
Commented by 歩く葦 at 2006-11-08 13:39 x
「己の欲せざるところは人に施すこと勿れ」
座右の銘の一つです。
Commented by enzian at 2006-11-10 21:26
歩く葦さん

「それが普遍的法則となることを汝が意志しうるような格率にしたがってのみ行為せよ」 カント

<< ぼくはIQが低い 缶詰にはロマンがある >>