いただきます。

「いただきます」をちゃんと言うことに決めた。ぼくの実家はどういうわけだか「いただきます」を言わない家で、大人になってからも独りで食べるときは、言ったり言わなかったりしていたのだ。「いただきます」が「他の植物や動物の命をいただきます」の意味であるのかどうかわからないけど、そういう意味だと考えることにした。それを言うことによって、命を奪われた植物や動物たちに自分の罪を赦してもらおうなんて気は毛頭ない。それが一種の罪であるという意識さえほとんどないのだから。ただ、自分が生きるために他の命を糧(かて)としているという事実を、せめて忘れずにおこうとしているようだ。

by enzian | 2006-03-11 22:02 | ※その他 | Trackback(1) | Comments(6)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/4249988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 響の言葉 at 2006-03-11 23:49
タイトル : 裔を継ぐ者
 たつみや章の「月神」シリーズ外伝である。本編4部作はストーリーもキャラクターも面白くて夢中で読み進んだが、不覚にも涙が出るほど感動したのはむしろ外伝のほうだった。  モノには神(カムイ)が宿ると信じ、動物の命をもらって食べるときは感謝の祈りを捧げる。古代の日本人が持っていた敬虔な気持ちは今の私たちには微塵も残っていない。外伝は本編よりも五百年後の設定なので、そのような気持ちが除々に失われていく様子が見て取れる。  主人公の少年サザレヒコは年の離れた末子で、身体が弱いため周りから大事にされ、甘やか...... more
Commented by sofia_ss at 2006-03-16 17:59
そういう深いことは考えていないのですが、必ず手を合わせて「いただきます」と言います。特に、ほかの人に作っていただいたご飯には^^
Commented by enzian at 2006-03-16 18:31
sofia_ssさん

忙しそうですね。

いただきますは、だいぶ言えるようになりました。
でも、その、手を合わせるのはむずかしいのどす。
ぼくも人に作ってもらったときは必ずするようにしますが、
ぎこちないのです。(><)
Commented by banri at 2006-03-17 01:08 x
こんばんは、お久しぶりです。
コメント欄も復活されたのですね。最近ROMばかりでしたがやっぱり嬉しいです。

生きていく事は他の命を摂取していく事ですよね。
「いただきます」は自分が摂取する命と向き合うことだと思っています。
常に重く受け止めておくことは無いけれど、自然に自分の中でそう思っていることが
大切じゃないでしょうか。

私がもらった命がまた別の命の源になってくれることが私の願いです。
今の日本じゃなかなか難しいのですけれど・・・・^^;
Commented by enzian at 2006-03-18 08:57
banriさん

おはようございます、お元気ですか。
ようやくコメント欄を復活しました。^^

>生きていく事は他の命を摂取していく事ですよね。
「いただきます」は自分が摂取する命と向き合うことだと思っています。
常に重く受け止めておくことは無いけれど、自然に自分の中でそう思っていることが
大切じゃないでしょうか。

この記事は、対banri用の記事なんですよ(^^)。
以前いただいたコメントに影響を受けています。
重く受け取るまではないにしても、
少しだけ事実に向き合おうとしているようです。

>私がもらった命がまた別の命の源になってくれることが私の願いです。
今の日本じゃなかなか難しいのですけれど・・・・^^;

骨をカリッとかいうやつじゃないでしょうね?
そういうことを言わんとしてるでしょ?^^

でも考えようによっては、
生きているということは他の命を摂取していくことであるのと同時に、
不可避的に他の命の源にならざるをえない、ということでもあると思います。
生きている限り、他の命に影響を与えることを免れることはできないと思います。
Commented by banri at 2006-03-21 00:10 x
こんばんは、enzianさん。

>この記事は、対banri用の記事なんですよ(^^)。
は、見抜かれてる!!(;・∀・)
つかバレバレですね、私の考え方なんて・・・・

>生きているということは他の命を摂取していくことであるのと同時に、
不可避的に他の命の源にならざるをえない、ということでもあると思います。
生きている限り、他の命に影響を与えることを免れることはできないと思います。

人間である限りには「命」だけでなく「思考」の連鎖も繋がっていたきたいですね。
ちなみに私が「命」や「食」に対して考えている「思考」のベースも私の祖父母から
受け継いだものだと思っています。

私がenzianさんに影響を与えたなんて、考えると何だか嬉しくなってしまいます。
年末からこっち「はかんか」に埋められたいと私もバリバリ影響受けました。
あんな風に泥の中で静かに眠りにつけたら幸せですねー。
Commented by enzian at 2006-03-21 08:11
banriさん、おはようございます。

>は、見抜かれてる!!(;・∀・)
つかバレバレですね、私の考え方なんて・・・・

わかりやすいというか、一貫性があります。^^

>人間である限りには「命」だけでなく「思考」の連鎖も繋がっていたきたいですね。
ちなみに私が「命」や「食」に対して考えている「思考」のベースも私の祖父母から
受け継いだものだと思っています。

命と思考というのも、どういう風につながっているのかはっきり説明できませんが、
つながっていて、区別できないものだと思います。
学者や教師がいるのはそのためだと思いますし、
ぼくがここで文章を書くのもそのためです。

>私がenzianさんに影響を与えたなんて、考えると何だか嬉しくなってしまいます。
年末からこっち「はかんか」に埋められたいと私もバリバリ影響受けました。

十分に影響してますよ。

>あんな風に泥の中で静かに眠りにつけたら幸せですねー。

ぼくは泥の中はちょっと‥‥(^^;

<< 「情けは人の為ならず」の意味 ぽつねん君、またひとつ学習せり >>