桜の木の下に埋まっているもの

花見というのは、桜の下で、何日か前からロープを張って陣取り合戦をして、浴びるほど酒をかっ喰らって、大音量で歌って、裸で踊って、バカ騒ぎして、後にゴミと異臭を残して帰ることなんだろうか。桜を見るのはもちろんぼくも好きだけど、こういう連中がいるようなところにはいかに美しい花があろうとも行きたくない。醜いものはときに美しいものを引き立てる場合もあるけど、できれば、こういう “引き立て役” のいない桜を心静かに眺めたいものだ。ライトアップなぞ、なくてもよいのだ。昔、桜の木の下には死体が埋まっていると言った人がいたけど、今、桜の下に埋まっているのは、未消化の食べ物やアルコール。

by enzian | 2006-04-02 22:55 | ※その他 | Trackback | Comments(19)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/4329080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Honig-Biene at 2006-04-02 23:25
桜は、下に埋まっている死体の血を吸って桃色の花を咲かせるそうですよ(>△<;)ヒ~

>”引き立て役”のいない桜
同感です。せっかくきれいに咲いているのに、どんちゃん騒ぎの<傘>にしてしまうなんて、日本人は贅沢ですよね。

山がふわあぁっとピンク色に染まっていく景色がなんともいえず美しい。
桜は、わたしの大好きな花です。
Commented by earl_of_night at 2006-04-03 00:39
鼻があったら つまみ・・・

耳があったら 塞ぎ・・・

足があったら 逃げ出したい・・・

って 想ってるかも(笑)
Commented by 座敷童 at 2006-04-03 12:01 x
花見とは、花と見合うことだと思っておりますです。
一年に一度の同窓会気分で、同じ桜の下で桜と対話するのでございます。
酒もそこそこに必要です。
歌もそこそこに必要です。
あのブルーシートがいけないのでございます。
花見条例を設けて皆さん花見の際は緋毛氈でのみ(もちろん照明は提灯で)可!
ということで・・・。
ブルーシートは捨て置かれるのが常、ゴミも酒も恥もポイ、なのであります。

京都は桜並木が多いほか、個人の庭先にも咲いているので、
花見スポットがたくさんですね。
Commented by kaori_yoshihara at 2006-04-03 19:36
ここ数年、花見してないです。
私は「花より団子」かな。。。

ところでしばらく前からカニパンの話題がチラホラ出ているようですね。
カニパンって、あのカニの形をしたチョコクリームのはさまったパンのことですか?
カニのすり身が入ったパンじゃないですよね。(そんなの聞いたことないけど)
私は小さい頃よく食べていました(チョコの方)。かに座なので親近感がありました。製造販売している会社は大阪営業所もあるようですし、関西でも売っているのでは。。。
Commented by unnyo8739 at 2006-04-03 19:53
桜の下には、散ってゴミとなった花びらが
どうしようもなく散らかっているイメージしかありません。

と、外国人の友人に言われた記憶があります。
そういえば私もそう思うかもしれない。
Commented by lausebengel at 2006-04-03 23:18 x
垂れ桜が好きですが、幹だけを観ると、はっきり云って気持ち悪いです。
春が来れば、「まだか、早く咲け」と云われ、春が過ぎれば見向きもされない。
数奇な存在ですね。そんな私は、桜柄シャツを着て、鴨川で読書してきました。

「散る桜、残る桜も散る桜…。」
Commented by banri at 2006-04-04 21:45 x
こんばんは、enzianさん。

北の方でもぼちぼち咲いてきましたね。桜は大好きな花です。

私が京都で骨を埋めようと思った大きな要因は川端の桜並木。
ちょうど桜の季節に生まれて初めて京都に足を踏み入れ、
真っ青な空と咲き狂う桜並木の下を、散りゆく花びらに囲まれて
通り抜けた記憶が今でも消えません。

でも桜に対する思い入れの一番はやっぱりこれかな・・・

「願わくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月の頃」
Commented by enzian at 2006-04-04 22:40
Honig-Bieneさん、レスが遅くなってごめんなさい。

>桜は、下に埋まっている死体の血を吸って桃色の花を咲かせるそうですよ(>△<;)ヒ~

あの妖艶な色を見たら、
そう思えるのも無理はないかな‥‥゛(/><)/ ヒィー

>同感です。せっかくきれいに咲いているのに、どんちゃん騒ぎの<傘>にしてしまうなんて、日本人は贅沢ですよね。

どんちゃん騒ぎの<傘>というのがおもしろいね。^^

>山がふわあぁっとピンク色に染まっていく景色がなんともいえず美しい。
桜は、わたしの大好きな花です。

あっという間に山をピンクにして、
あっという間に葉桜になってしまいますね。
ぼくも大好きな花です。
Commented by enzian at 2006-04-04 22:42
earl_of_nightさん、はじめまして、
レスが遅くなってすみませぬ。

>鼻があったら つまみ・・・

耳があったら 塞ぎ・・・

足があったら 逃げ出したい・・・

って 想ってるかも(笑)

京都だったら、
円山公園の桜あたりにインタビューしたいですね。^^
Commented by enzian at 2006-04-04 22:48
座敷童さん

>花見とは、花と見合うことだと思っておりますです。
一年に一度の同窓会気分で、同じ桜の下で桜と対話するのでございます。

なるほど、おもしろいね。
見合うことなら、こちらも、それなりの態度で臨まないといけないですね。
そうかもしれない。
日本人はちょっと桜をいいように利用しすぎかもしれない。
桜に対して恥ずかしいね。

>酒もそこそこに必要です。
歌もそこそこに必要です。
あのブルーシートがいけないのでございます。
花見条例を設けて皆さん花見の際は緋毛氈でのみ(もちろん照明は提灯で)可!
ということで・・・。
ブルーシートは捨て置かれるのが常、ゴミも酒も恥もポイ、なのであります。

そうね、あのブルーシートがいちばんやっかいかもしれん。
桜の下で恥を知る心も死んでいる、と言いたかったのだ。
Commented by enzian at 2006-04-04 22:49
座敷童さん、続き

>京都は桜並木が多いほか、個人の庭先にも咲いているので、
花見スポットがたくさんですね。

たくさんあるね。
醍醐寺なんか、周辺で一番きれいなのは、
個人の家の庭先から出ている桜だった。

ぼくが一番好きなのは、
植物園の隣の「半木の道」の紅枝垂れ桜。
人が多いけど、ほとんどどんちゃせんせず、
通り抜けてくれるので助かる。
Commented by enzian at 2006-04-04 22:55
かおりさん

>ここ数年、花見してないです。
私は「花より団子」かな。。。

かおりさんのところはもう咲きましたか?
ぼくも花に負けず劣らず団子が好きですよ。

>ところでしばらく前からカニパンの話題がチラホラ出ているようですね。
カニパンって、あのカニの形をしたチョコクリームのはさまったパンのことですか?
カニのすり身が入ったパンじゃないですよね。‥‥

情報ありがとう。
なんせ見たことがないので、どれだかわからないのです。
(調べればいいのだけど、ロマンが台無しになるので、調べないのだ。^^)

ここに寄せられた情報によると、カニすり身パンではないようです。
かおりさんが言ってるパンのことだと思います。
メーカーはサンリツですよね。
源氏パイかなんかのメーカーだと思います。
源氏パイは近所のコンビニに売っていたので、
売っているはずだと思うのですが、
一度も見たことがないのです。
(* ̄m ̄)ノ彡_☆ばんばん!(←あまりにないので、怒っている。)
Commented by enzian at 2006-04-04 22:58
unnyo8739さん

>桜の下には、散ってゴミとなった花びらが
どうしようもなく散らかっているイメージしかありません。

と、外国人の友人に言われた記憶があります。
そういえば私もそう思うかもしれない。

じゃ今度、その友だちに言ってあげてください。
日本人のなかには、わざと
地面に散った桜の花びらの美しさを愛でる人もいますよ、と。
Commented by enzian at 2006-04-04 23:02
lausebengelさん

>垂れ桜が好きですが、幹だけを観ると、はっきり云って気持ち悪いです。
春が来れば、「まだか、早く咲け」と云われ、春が過ぎれば見向きもされない。
数奇な存在ですね。そんな私は、桜柄シャツを着て、鴨川で読書してきました。

ぼくも枝垂れ桜が好きだよ。
上にも書いたけど、紅枝垂れ桜が特に。
八重桜は苦手かな。
花びらが少ない方が頼りなくていい。

桜の樹皮ということかな、
それとも、枝とかのことも言っているのかな。
樹皮のことなら、桜には工藝品になるような
きれいな樹皮のものもあるんだけど、大抵は花からは見劣りするね。
枝垂れ桜の枝にいたっては、みっともない。

京都の学生は、鴨川で読書しなけりゃもぐりだよ。^^

>「散る桜、残る桜も散る桜…。」

その儚さが美。
Commented by enzian at 2006-04-04 23:07
banriさん、こんばんは。

>北の方でもぼちぼち咲いてきましたね。桜は大好きな花です。

ぼくんちは山間にあるので、ちょっと遅れていますが、
下界はかなり咲いてきましたね。

>私が京都で骨を埋めようと思った大きな要因は川端の桜並木。
ちょうど桜の季節に生まれて初めて京都に足を踏み入れ、
真っ青な空と咲き狂う桜並木の下を、散りゆく花びらに囲まれて
通り抜けた記憶が今でも消えません。

賀茂川の流れと美しい河川敷と桜並木、
これを見たら、もう忘れられないでしょう。
ぼくも小学校の頃からある理由があって、
しばしば賀茂川の河川敷を歩いていたのですが、
大きくなったら、ここに住みたい、と思いました。

>「願わくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月の頃」

桜ふぶきとともに‥‥ですか。ふむ。
Commented by 座敷童 at 2006-04-05 12:58 x
かにぱんクッションが当たるとです!
かにぱんのいいところは
安い、やたらと日もちする(40日)、牛乳と合う。
http://www.sanritsuseika.co.jp/campaign3.htm
Commented by enzian at 2006-04-05 20:44
座敷童さま

ついにカニパンの正体を見てしまいました。
やっぱり見たことない。
サンリツってカンパンとか作ってるところなのね。
知らなんだ、知らなんだ。
クッション欲しいけど、カニパン自体がないのだ!モウ。
(* ̄m ̄)ノ彡_☆ばんばん!(相変わらず怒っている)
Commented by aroma-memory at 2006-04-08 16:25
桜と逢って、「秘密のナイショの話をしたいから」一人でお花見にかぎります。
デートで花見だと(老若男女問わず)、花を見て感動しているソノ人が気になって落ちつかないものです。(ー。-)
ひとり静かに見るのがじつは一番お気に入りです。そしてその時の表情とかは、誰にも見せたくない気もします。(-.-;)我ながらもったいぶっているな・・・

わたしだけにかぎらず純粋な素顔って(?)、なかなか身近な人はみることが難しいのかなぁ~なんて思っても見たり・・・


?人はなぜお花見をするのでしょうか? (?-?)


PS 西日本方面、黄砂がすごいってニュースでききましたがだいじょうーぶですか?
Commented by enzian at 2006-04-09 09:11
毒きのこさん

>桜と逢って、「秘密のナイショの話をしたいから」一人でお花見にかぎります。
デートで花見だと(老若男女問わず)、花を見て感動しているソノ人が気になって落ちつかないものです。(ー。-)

大切な人を桜にとられたくないのかな。
桜にジェラシー?

>ひとり静かに見るのがじつは一番お気に入りです。そしてその時の表情とかは、誰にも見せたくない気もします。(-.-;)我ながらもったいぶっているな・・・

わたしだけにかぎらず純粋な素顔って(?)、なかなか身近な人はみることが難しいのかなぁ~なんて思っても見たり・・・

そういう顔は見せたくないかもしれないですね。
花見のときの顔はよそ行きの顔なのかな。

>?人はなぜお花見をするのでしょうか? (?-?)

美しいものが自分よりも早く散るから、
優越感にひたれるのでしょう(ウソ)。

>黄砂

すごかったですよ。
記事にしようかな‥‥

<< チューリップの記憶 ほめときゃよかった >>