言葉の伝染力(【R】)

マスクもせず電車内で盛んにクシャミをしている男性が「風邪をひいた」とかなんとか言っているのを聞いて、「こやつは無差別殺人者に等しいのではないか?」などと思ってしまう。この男性がハクションしたバイキンは何人かの乗客に風邪をひかせ、風邪をひいた何人かがまたハクションして、やがてネズミ算式に患者は増えてゆく。そのなかにはもちろん高齢の方も含まれていて、亡くなる方もおられるだろう。この電車でクシャミをしている男性は、めぐりめぐって何人かの人を死に至らしめるというわけなのだ。

風邪をひいたらマスクをするぼくだが、それでも人を死に至らしめていないとは言えない。たとえば、ぼくは口の悪い人だから、辛辣なことを言ってこれまでたくさんの人たちを傷つけてきた。なかには、それが原因で死に至った人もいるかもしれない。直接的に死に至らしめないとしても、ぼくの言葉で誰かが不機嫌になって、不機嫌になったその人の言葉で第三、第四の誰かが深く傷ついたかもしれない。そういう意味では、冒頭の “クシャミ男” とぼくとは同じ穴の狢というわけなのだ。言葉とは恐ろしい。冷たい言葉は投げかけられた人の心を冷たくし、冷たくなった心はまた違う誰かに冷たい言葉を投げかける。冷たい言葉は伝染するのだ。

とはいえ、伝染するのは冷たい言葉だけではない。温かい言葉も、温かい言葉をかけられた人の心を温かくし、温かくなった心はまた違う誰かに温かい言葉を投げかけ、この経過はやはり無限に至る。人にやさしい言葉をかけることの一番の効用は、たぶんこの辺りにあるのだろう。口の悪いぼくでも、時には人にやさしい言葉をかけたことがあったような気がする。その言葉で、知らないうちに、めぐりめぐって誰かを助けたこともあるのではないか?――あれこれ都合よく考えていたら、学校に着いた。

by enzian | 2006-04-10 23:52 | ※通勤途中 | Trackback | Comments(27)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/4370022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Ry at 2006-04-11 00:44 x
>「こやつは無差別殺人者に等しいのではないか?」などと思ってしまう。

爆!!enzianさん最高ですね!!笑

>風邪をひいたらマスクをするぼくだが、それでも人を死に至らしめていないとは言えない。たとえば、ぼくは口の悪い人だから、辛辣なことを言ってこれまでたくさんの人を傷つけてきた。

そんなに口の悪い人じゃないと思うけどなぁ。。
もし仮にそうだとしても、自覚しているだけましじゃないですか。笑

めぐりめぐらずともenzianさんには助けられたことがありますよ(●´∀`●)
Commented by hanakannzasi-716 at 2006-04-11 00:55
冷たい心、邪悪な心は伝染する。まさにその通りだと思います。親から暴力を受けた子は自分の子にも暴力をふるうようになると言います。私も言葉の暴力を受けたので、自分の子どもに酷いことを言ってしまうことが・・・
そうか、温かい心も伝染するのね。そう思うと何だか心の中が春のようにぽかぽかします。私も自分の心を温めて、他の人に伝染してみたいです。
Commented by coeurdefleur at 2006-04-11 06:23
人は一人では生きられない
のではなく、
一人で生きているのではない
と思う瞬間^^
Commented by sofia_ss at 2006-04-11 10:14
うんうん、伝染しますね。
冷たい言葉の伝染の輪を断ち切るのに、意識的に言葉を使うときもあります。

Commented by rei_ayakawa at 2006-04-11 18:06
人と人とは繋がらざるを得ないんですよね。
無関係に思えるような人との間でも何らかの形で影響しあってる。
世界の面白いところだと思います。
Commented by unnyo8739 at 2006-04-11 18:45
まさに因果。
御見それしました。
Commented by enzian at 2006-04-11 20:01
Ryさん

>爆!!enzianさん最高ですね!!笑

なるほど、そういう表現の仕方もあるのか‥‥
爆!!○○!!笑というやつね。

>そんなに口の悪い人じゃないと思うけどなぁ。。
もし仮にそうだとしても、自覚しているだけましじゃないですか。笑

あのね、ときに自覚してわざと
攻撃しようとすることさえあるんだよ。
(自分よりも若い人にはしないけどね。)
ひどいヤツなのだ。

>めぐりめぐらずともenzianさんには助けられたことがありますよ(●´∀`●)

(●´∀`●)←どういう顔なの??^^
Commented by enzian at 2006-04-11 20:10
hanakannzasi-716さん

>冷たい心、邪悪な心は伝染する。まさにその通りだと思います。親から暴力を受けた子は自分の子にも暴力をふるうようになると言います。私も言葉の暴力を受けたので、自分の子どもに酷いことを言ってしまうことが・・・

子どものころに受けた暴力の傷跡はそう簡単には消えるものではないですね。
そういう傷を抱えた方はたくさんおられます。
ひょっとすると、まったく傷なくして育った人の方が少ないのかもしれません。

>そうか、温かい心も伝染するのね。そう思うと何だか心の中が春のようにぽかぽかします。私も自分の心を温めて、他の人に伝染してみたいです。

そうですね。
他の人に伝染して、ぼくにまでまわしてください。^^

Commented by enzian at 2006-04-11 20:13
柊さん

>人は一人では生きられない
のではなく、
一人で生きているのではない
と思う瞬間^^

後者には責任意識がありますね。
大人の発言。^^
Commented by enzian at 2006-04-11 20:17
sofia_ssさん

>うんうん、伝染しますね。
冷たい言葉の伝染の輪を断ち切るのに、意識的に言葉を使うときもあります。

ありますね。
冷たい言葉のバトンをもらって、
あえて温かいバトンに切り替えてリレーしたとき、
いろんなことが起こりますね。^^
Commented by enzian at 2006-04-11 20:20
rei_ayakawaさん

>人と人とは繋がらざるを得ないんですよね。
無関係に思えるような人との間でも何らかの形で影響しあってる。
世界の面白いところだと思います。

そうですね。
それを人は「世間」とか「世界」と呼ぶのでしょう。
昔はそれを、「人間(じんかん)」と呼びました(マメ知識コーナー^^)。
Commented by enzian at 2006-04-11 20:21
unnyo8739さん

>まさに因果。

たぶん、いろんな思想が、いろんな言葉で呼ぶものです。

>御見それしました。

御見それされました。
Commented by kozou_17 at 2006-04-12 16:12
温かい言葉も冷たい言葉も気持となって伝染しますよね。そのふたつの「ウイルス」は、どちらの生命力が強いのでしょうか。前者であると願いたいです。
Commented by aroma-memory at 2006-04-12 18:17
「石斧で痛い目に遭わせるぞっ!」←マンモスの肉を横取りされ冷たい言葉を吐く。

「旨いっ、このマンモスの肉を君も食べなさい。」←感動をわかちあう温かい言葉。

いったい人は、温かい言葉VS冷たい言葉のどっちを最初に話したのでしょうかね。はじめ人間ぎゃーとるずに聞かないとわかりませんが。悲しいかな、冷たい言葉のような気がしてなりません。敵やら部外者には、腕力または奇声のようなものからはじまって、怨念をこめて冷たい言葉を浴びせたような気もします。ぎゃーとるずは、enzianさんおっしゃるところの”伝染力”を密かにじっかんしていたかも・・・温かい言葉って、なんとなく発展が?遅かったんじゃないかって思います。身内や愛する人や仲間に”態度・そぶり”でわかりあえていたような気もするので。


う、ほっほっ☆
Commented by enzian at 2006-04-12 22:10
kozou_17さん

>温かい言葉も冷たい言葉も気持となって伝染しますよね。そのふたつの「ウイルス」は、どちらの生命力が強いのでしょうか。前者であると願いたいです。

そうですね。
どちらとは残念ながら言いようがないですが、
前者であると願いたい、というのは同感です。
Commented by enzian at 2006-04-12 22:15
毒きのこさん

>「石斧で痛い目に遭わせるぞっ!」←マンモスの肉を横取りされ冷たい言葉を吐く。
「旨いっ、このマンモスの肉を君も食べなさい。」←感動をわかちあう温かい言葉。

そのころにもやっぱりいろんな言葉があったんでしょうね。^^

>いったい人は、温かい言葉VS冷たい言葉のどっちを最初に話したのでしょうかね。はじめ人間ぎゃーとるずに聞かないとわかりませんが。悲しいかな、冷たい言葉のような気がしてなりません。敵やら部外者には、腕力または奇声のようなものからはじまって、怨念をこめて冷たい言葉を浴びせたような気もします。ぎゃーとるずは、enzianさんおっしゃるところの”伝染力”を密かにじっかんしていたかも・・・温かい言葉って、なんとなく発展が?遅かったんじゃないかって思います。

社会性というのを少しずつ身につけてきたのだとしたら、
警戒の心の方が先行していたのかもしれませんね。
でも本当のところは、ゴンとかドテチンに聞かないとわからないでしょう。^^
Commented by harry_hk at 2006-04-12 23:32
素敵なコラム!!
って思ったけど、天声人語にありそうと思ったとたん、なんだかenzianさんの作り話かもと思ったりして懐疑的になった自分の心は、きっと荒んでいるのでせう。
のほほほほ。

とりあえず、ヒゲモグラに1票で。
Commented by enzian at 2006-04-12 23:49
ハリーさん

もうオネムが入っております。
会議で疲れた‥‥

さて。
天声人語ですか、
このごろさっぱり読まないな‥‥たまには読んでみようかな。

>懐疑的になった自分の心は、きっと荒んでいるのでせう。
のほほほほ。

荒むようなこと、あったんですか?
いっぱいありそうですね。
うへへへへ。

やっぱり、ゴンのオカンに一票で。
Commented by 座敷童 at 2006-04-15 12:12 x
物理的じゃないバタフライ・エフェクトみたいですね。
でもでも、人と人が言葉のバトンを渡す時、多くは相手の顔を見ていると思うのです。
ものすごく優しい笑顔で冷たいバトンを渡す人、
憤怒の形相で暖かいバトンを渡す人。
言葉だけを聴いて一喜一憂するのはもったいないです。
enzianさんも相手の仕草や表情を観察することが楽しいのではござらぬか・・・。
私はどんなバトンも受け取るタイプですが、
人に渡すときに張り付いた笑顔のままバトンに落書きしたり、ペンキ塗ったり、ブーケを添えたりするので、
長い付き合いの友人は「こいつの笑顔を信じるな!」と叫びます。
言葉の種類もあれこれですが、受け手次第でしょう。
でも相手の顔を見て、言葉の温度差を感じてこその恒温動物だと思います。

ママ それでも会議は踊るのよ!!

マンモに清き一票を。
Commented by enzian at 2006-04-15 17:41
座敷童さん

>でもでも、人と人が言葉のバトンを渡す時、多くは相手の顔を見ていると思うのです。
ものすごく優しい笑顔で冷たいバトンを渡す人、
憤怒の形相で暖かいバトンを渡す人。
言葉だけを聴いて一喜一憂するのはもったいないです。

言葉というのは表情とか体の動きと切り離してはないことだということですね。
言葉は心と体に連動したものですから、そうだと思います。
自動販売機に「ありがとうございました」と言われても、
バトンを渡す力ににはならないですからね。

>enzianさんも相手の仕草や表情を観察することが楽しいのではござらぬか・・・。
私はどんなバトンも受け取るタイプですが、‥‥
でも相手の顔を見て、言葉の温度差を感じてこその恒温動物だと思います。

相手の表情は見ていますし、見られてもいるようですね。
昨日、会議の後で学生と面談したら、
「厳しい顔をして、どうしたんですか?」と言われましたから。
いかん、いかん。(^^ヾ
Commented by enzian at 2006-04-15 17:43
座敷童さん、続き

でも一方で、表情を過信することもできないですね。
作り笑いの上手な人もいますし、
とても感謝してもその表情を出せない不器用な人もいますね。

>マンモに清き一票を。

マンモの輪切りは美味しそうだった。
Commented by coeurdefleur at 2006-04-15 21:23
enzianさんヒッキーぎみなの?@@
どうして~?
Commented by enzian at 2006-04-16 00:18
柊さん

コソコソ|_-))))

(ちゃんと文章が書けないので‥‥
前からだけどね。)
Commented by coeurdefleur at 2006-04-16 01:31
?????????????????
どこが?
どのあたりが~?

なんや知らんけど、メモっとこ〆ヾ( ̄(エ) ̄ メモメモ・・・
enzianさんはナイーブっと^^
Commented by enzian at 2006-04-16 09:35
柊さん

こんなところに文章を書いておいて、
どこがヒッキーなんだ!\(-_- ビシッ

メモられてしもた‥‥コソコソ|_-))))
Commented by mitsue at 2006-04-17 20:49 x
お久しぶりです ^^
冷たい言葉も暴力も、それらによる恐怖や怒りが伝染するのではないかと思いました。
単純に冷たい言葉をかけてきた相手に冷たい言葉を返したり、または違う誰かに冷たい言葉をかけたり、かけすぎたり。
温かい言葉の場合は、それによる喜びが伝染していくのでしょうね。
でも、恐怖や怒りの方が「過剰」になりやすいような気がします。
Commented by enzian at 2006-04-17 22:36
mitsueさん、お久しぶり。^^

>冷たい言葉も暴力も、それらによる恐怖や怒りが伝染するのではないかと思いました。単純に冷たい言葉をかけてきた相手に冷たい言葉を返したり、または違う誰かに冷たい言葉をかけたり、かけすぎたり。

暴力は暴力を呼びますね。
そして、そこには恐怖や怒りが伴っています。
言葉による暴力とは、そのような恐怖や怒りを相手にもたらす言葉なのでしょうね。

>温かい言葉の場合は、それによる喜びが伝染していくのでしょうね。
でも、恐怖や怒りの方が「過剰」になりやすいような気がします。

そうかもしれないですね。
恐怖や怒りは増強されてゆくのかもしれない。
そう考えると、冷たい言葉はおそろしい。。。

<< おばあちゃんのパラダイス 春の嵐が運ぶもの >>