教えることの恐ろしさ

テレビを観ていて、おおよそ教育者とは縁遠いと思える人物が、教育論やら子育て論やらを若い大勢の親たち相手にとうとうと高圧的に説いていて、しかもどう考えても無茶な論理なのに親たちもそれなりにうなずいたりしていて、教えることは恐ろしいことだと再認識した。人を指導することや人を教えることは、やりようによっては自己顕示欲や支配欲を充たす格好の手段ともなるのだ。指導者や教育者になりたがる者が跡を絶たないことの理由の何割かは、この事情による。

教える側の自己顕示欲や支配欲を充たす手段としての指導や教育(?)と、教えられる側の能力を伸ばしたり回復したりするための指導や教育は、見た目ではまったく区別できない。外見では区別できないから、昔から教育者には高い倫理性が求められてきたのだろう。教師は教祖ではない。もし教えられる側に「○○先生でなければダメだ」とか「○○先生のためなら命を投げ出してもいい」などと思わせるなら、教師としてどこか問題があるのだ。(なんだかわからない文章ですね、スイマセン(--;)

by enzian | 2006-04-19 22:01 | ※テレビ・新聞より | Trackback | Comments(29)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/4433219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jumpin_upanddown at 2006-04-19 22:30
>やりようによっては自己顕示欲や支配欲を充たす格好の手段ともなるのだ

昨日ワタシも偶然似たようなことを考えてました。
美術館にぷらっといったんですけど
たまたま小学生の団体を美術館のスタッフが連れて回っているところに出くわしたんです。
彫刻の展示会だったんですけど、いろいろレクチャーするわりに
子供たちに「コラっ!歩きながら見ない!」とか変な注意を怒鳴り声でするんです。
ずっと聞いていてやーな気持ちになったんですよね。
歩きながら見たっていいじゃないって。
楽しみ方はそれぞれなのに。アングルを決めて見ろ!とか自分のやり方を押し付け気味に教えている割に、そんなことを言うもんだから・・・。

あの中の何人かは美術鑑賞って詰まんないと思った子がいてもおかしくはないと思いました。
Commented by enzian at 2006-04-19 23:28
jumpin_upanddownさん

こんなわけのわからない記事に、コメントしてもらって、もう‥‥(^^ヾ

その話、読んでいて、いやな気分になりました。
美術鑑賞の仕方って、決まった仕方があるわけでもないのでしょうから、
人に迷惑さえかけなかったら、
歩きながら見ようと、かまわないはずですよね。
なのに、こういう見方をしろ、とかいう言い方をするのは、
けっきょく自分風のやり方を押し付けているのであって、
自己顕示欲とか支配欲のなせるわざなのだと思います。

そんなことを言われて美術鑑賞が好きになる子はいないでしょうね。
そのスタッフ、学芸員なのかな‥‥

ちなみに、この記事は自己反省の意味も込めて書いておりますことを、
ここに告白しておきます。(><)
Commented by bs2005 at 2006-04-20 03:15
こういう自己反省が出来る先生に教えてもらっている学生さん達は幸せですね!私もブログに書く記事は、大抵自分の反省と自戒の為に書いています。(笑)
Commented by unnyo8739 at 2006-04-20 10:37
教える事は確かに恐ろしい事なのかもしれません。
でも真に恐ろしい事は、受け取る側にあると思います。
何も考えない、何も疑わない。
これが何より恐ろしい事だと思うのです。
Commented by mu- at 2006-04-20 14:03 x
自身の過去の後悔した・・・トラウマになったことの多くに
自己顕示欲が満たされなかった思い出にあることに気付きました。
解決には、そんな顕示欲は持たなくてもいい、ということに気付くことでしたが
今でも、自身を客観的にみると、ちょくちょく顕示欲がでていることに気付きます。
なんというかつまらん悩みですが・・・。
Commented by kaori_yoshihara at 2006-04-20 19:57
私は学業ではない方で教える立場であり、学業の方では教わる立場です。(なんかなぞなぞみたいな言い方になってしまいました(´∀`))

教える立場にあるとき、時々相手を自分の言う通りにさせたいという欲求に駆られるときがあります。わりと内気な方なのであまり表現せずに済んでいますが。
直接教わる立場にあるときって厳密に言えば今はほとんどないのですが(通信制なので)これはこれで難しいですね。耳を開いて相手の言うことを聞かなければ、何も理解できないし。

けれど人は結局、求めているものを得るような気がします。
区別することは出来なくても、知らず知らず選んでいるような気がします。
Commented by enzian at 2006-04-20 20:11
bs2005さん

>こういう自己反省が出来る先生に教えてもらっている学生さん達は幸せですね!

ありがとうございます。
ぼくが記事で書いていることは教師であれば誰でもわかっているはずのことですが、
わかっちゃいるけどやめられない、というか、わかっているけどやってしまう、
という困った問題なのです。
しおらしいことを言おうとしているわけではないのですが、
この仕事を続けている限り、この自己反省の繰り返しになりそうです。(^^ヾ

>私もブログに書く記事は、大抵自分の反省と自戒の為に書いています。(笑)

ぼくは歳をとるにつれて自分に甘くなってきました。
どうしましょう。(--;)
Commented by enzian at 2006-04-20 20:16
unnyo8739さん

>教える事は確かに恐ろしい事なのかもしれません。
でも真に恐ろしい事は、受け取る側にあると思います。
何も考えない、何も疑わない。
これが何より恐ろしい事だと思うのです。

同感です。
自分で考えることが一番大切だと思います。
真偽、正不正を見分けようとする批判的態度ですね。
それが大切だと思います。

そしてそのような態度は、
やはり教育によって養われると思うのです。
Commented by enzian at 2006-04-20 20:26
mu-さん

>自分自身の過去の後悔した・・・トラウマになったことの多くに
自己顕示欲が満たされなかった思い出にあることに気付きました。
解決には、そんな顕示欲は持たなくてもいい、ということに気付くことでしたが
今でも、自身を客観的にみると、ちょくちょく顕示欲がでていることに気付きます。
なんというかつまらん悩みですが・・・。

つまらない悩みではなく、一生なくならない問題かもしれませんよ。(--;)
自己顕示欲は自分というものを人間がもっている限りなくならないと思うからです。
ほどほどのところで、それは致し方ないことだと
事実として認めなくてはならないのでしょう。

ただ教育の際に問題になってくるのは、
同じ自己顕示欲を教えられる側も持っていることです。
こちら(教える側)の自己顕示欲にアクセントを置くあまり、
教えられる側の自己顕示欲(それはいろいろな言葉として表現されるものです)、
を無きものとするのは許されないのでしょう。
Commented by enzian at 2006-04-20 20:33
かおりさん

>私は学業ではない方で教える立場であり、学業の方では教わる立場です。(なんかなぞなぞみたいな言い方になってしまいました(´∀`))

大丈夫。わかってます。^^

>教える立場にあるとき、時々相手を自分の言う通りにさせたいという欲求に駆られるときがあります。わりと内気な方なのであまり表現せずに済んでいますが。
直接教わる立場にあるときって厳密に言えば今はほとんどないのですが(通信制なので)これはこれで難しいですね。耳を開いて相手の言うことを聞かなければ、何も理解できないし。

そういう欲求があるのですね。

通信制だと耳で聞くことはあまりないかもしれませんが、
それでも文面を通じて教えられているわけですから、
文面を通じて、相手になにかを感じることもあるでしょうね。

>けれど人は結局、求めているものを得るような気がします。
区別することは出来なくても、知らず知らず選んでいるような気がします。

そうですね。
自分が得たものは自分が求めていたものなのでしょうね。
Commented by 座敷童 at 2006-04-21 00:40 x
年に何度か先生になる座敷童です。
それがしは大抵集中で一週間程しか生徒と対峙できないので
全員に同じ答えへのルートを告げないようにしています。
折角私が見つけた答えへのルートをゾロゾロ付いてきてもらっては
名うての「ケチケチいやしんぼ」としては口惜しいのでございます。
ルートは幾つもあるので、自分で草むしりながら猛進して下さい。
生徒が引き起こす遭難事故がとても私の経験値を上げてくれるので
困ったことにどんどん調教+事務スペックが上昇・・・。
ま、学んだことだけが生徒の印象に残っててくれれば十分でございます。

美術鑑賞>そういう学芸員はたぶん、
実習じゃなくて(学芸員課程の)授業で言われたことを丸飲みしている人です。
私なんかが鑑賞に行ったら卒倒されます。
ペンライトで彫像の鼻の穴とか照らしてグリグリ見ますから。
因みに博物館(美術館)は入り口で一言断ればペンライト・オペラグラス持ち込めます。
照明が暗いので、よーく見たい方はぜひ。

Commented by coeurdefleur at 2006-04-21 02:54
腰の具合はいかがですか?
草むしりはついついもう少しと欲張っていると、
思いのほか腰に負担がかかりますから気をつけてくださ~い。
ぎっくり腰は痛いのですってね。
癖になるといけませんから安静に安静に^^

昨夜と言うか昨明け方コメント入れたのですが、寝ぼけていたのか
別IDで書いてしまっていました。
非公開のトコなので慌てて削除^^;
でも、ファシ○○など剣呑な言葉が出ていたのでよかったのかも~(汗

たった一言で一人の人間のその後が大きく変わるかもしれない。
ひとをに教える。指導するってのがどんなに重いものか
安易にお金を稼ぐための職業とは考えて欲しくないですね~
Commented at 2006-04-21 08:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-04-21 09:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2006-04-21 21:11
座敷童さん

>年に何度か先生になる座敷童です。

ねぇねぇ、その学生さんって、みんな座敷童なの?^^

>それがしは大抵集中で一週間程しか生徒と対峙できないので
全員に同じ答えへのルートを告げないようにしています。
折角私が見つけた答えへのルートをゾロゾロ付いてきてもらっては
名うての「ケチケチいやしんぼ」としては口惜しいのでございます。

なるほど、そういう考え方もあるのか。
ケチンボだから、自分と同じことをしてもらうと困ると‥‥

>ルートは幾つもあるので、自分で草むしりながら猛進して下さい。
生徒が引き起こす遭難事故がとても私の経験値を上げてくれるので
困ったことにどんどん調教+事務スペックが上昇・・・。
ま、学んだことだけが生徒の印象に残っててくれれば十分でございます。

ぼくはあんまり経験値をあげたくないような気もするけどね。^^
Commented by enzian at 2006-04-21 21:13
座敷童さん、続き

>そういう学芸員はたぶん、
実習じゃなくて(学芸員課程の)授業で言われたことを丸飲みしている人です。
私なんかが鑑賞に行ったら卒倒されます。

そうなのかもしれないね。

>ペンライトで彫像の鼻の穴とか照らしてグリグリ見ますから。
因みに博物館(美術館)は入り口で一言断ればペンライト・オペラグラス持ち込めます。
照明が暗いので、よーく見たい方はぜひ。

グリグリ見るのね。
鼻の穴になにか隠された芸術性があったりして。^^
Commented by enzian at 2006-04-21 21:17
柊さん

>腰の具合はいかがですか?

よろしくありません。
ゆっくり休めないのでなかなか治らないですね。
明日、明後日でなんとか治ったらいいなと思っています。

>草むしりはついついもう少しと欲張っていると、
思いのほか腰に負担がかかりますから気をつけてくださ~い。
ぎっくり腰は痛いのですってね。
癖になるといけませんから安静に安静に^^

あ~い、ありがとうございます。
(その通りで、欲張ったのです(^^ヾ)

>昨夜と言うか昨明け方コメント入れたのですが、寝ぼけていたのか
別IDで書いてしまっていました。
非公開のトコなので慌てて削除^^;
でも、ファシ○○など剣呑な言葉が出ていたのでよかったのかも~(汗

むむっ、それはただ事ならぬコメントだったのですね。
見たかった、見たかった!

>たった一言で一人の人間のその後が大きく変わるかもしれない。
ひとをに教える。指導するってのがどんなに重いものか
安易にお金を稼ぐための職業とは考えて欲しくないですね~

(`_´)ゞ了解!(ホントにわかっているのだろうか‥‥^^)
Commented by harry_hk at 2006-04-21 21:28
えーっと、マメ情報。
腰痛ようなら、薬局でもコルセット売ってますよ。
塗るなら、ボルタレンという塗り薬を医者でくれます。
ちなみに、飲み薬タイプも座薬タイプもあります。
それと、太ももの下に座布団か何かを敷いて寝ると少し楽です。
あと、痛めてすぐなので、場合にもよりますが、温めるよりは冷やしてください。

ではでは。
Commented by enzian at 2006-04-21 21:32
鍵コメ2、3さま

あんまり原稿ばっかり書いてたら、
抵抗力落ちて、風邪ひきますよ~(ケケ)

いばらです、いばら、キャー!
たしかに、こんないばらって。。。

そうでしょうね。
いろいろな問題が生じてしまうので、はっきり書くことはできないのですが、
それはそうだろうと思います。
企業で要求されるものや、研究領域や学部とか大学による考え方
の違いもあるのだと思います。

ぼくは幸いなことに、
学生のことを思う指導者に恵まれましたし、
そのような学風をもった教育機関で学ぶことができました。
○○ハラスメントとはほとんど縁のないところで育ったのです。
だからそれを引き継がないといけないと思っているのですが、
とても難しいことですね。

その難しさは、鍵コメさんならよくわかっていただけると思います。
ぼくの場合、ちょっと受講生の多い授業になると、
自分がエンターテナーになったかのような勘違いを起こします。
逆に受講生の少ない授業になると、
知らず知らずのうちに学生たちを支配していたりします。
Commented by enzian at 2006-04-21 21:39
ハリーさん

マメ情報、どうも~です。
(さすがに詳しい‥‥)

>えーっと、マメ情報。
腰痛ようなら、薬局でもコルセット売ってますよ。
塗るなら、ボルタレンという塗り薬を医者でくれます。
ちなみに、飲み薬タイプも座薬タイプもあります。
それと、太ももの下に座布団か何かを敷いて寝ると少し楽です。
あと、痛めてすぐなので、場合にもよりますが、温めるよりは冷やしてください。

コ、コルセットですか。
う~ん、このまま治らなかったら、必要かも。
今はシップで冷やしてます。
ボルタレン、了解です。
来週になっても治らなかったら、
医者に薬をもらわないといけないですね。
そうならないように‥‥(><)
Commented by 座敷童 at 2006-04-22 03:22 x
スイマーじゃなくて、睡魔に襲われたいです。

>ねぇねぇ、その学生さんって、みんな座敷童なの?^^
コンチクショウなことに、子泣き爺や砂かけ婆です。

腰痛ですが、整形外科にいけれては?保険効きますし。
それに、年上のお友達が出来ますよ・・・。
Commented by enzian at 2006-04-22 09:19
鼻グリグリの座敷童さん

>コンチクショウなことに、子泣き爺や砂かけ婆です。

それは、それは。
でも、子泣き爺や砂かけ婆って愛すべき妖怪たちだよね。^^

>腰痛ですが、整形外科にいけれては?保険効きますし。
それに、年上のお友達が出来ますよ・・・。

なるべく行きたくないのだ。(-_-)
Commented by aroma-memory at 2006-04-22 11:37
反面教師・・・ぼくちゃんにとって一番恐ろしい、指導者です。きゃぁ~~×5(@@)
Commented by harry_hk at 2006-04-22 12:28
砂かけ婆。。。

サンドウィッチってやつですね。

サンド+ウィッチ

砂+魔女



今から、仕事行ってきます。
 ㏄=((((((((( ;゜д゜)ゞ   そそくさと・・・
Commented by enzian at 2006-04-22 19:09
毒きのこさん

>反面教師・・・ぼくちゃんにとって一番恐ろしい、指導者です。きゃぁ~~×5(@@)

きゃぁ~~×10(^▽^ケケケ
Commented by enzian at 2006-04-22 19:10
ハリーさん

>砂かけ婆。。。
サンドウィッチってやつですね。
サンド+ウィッチ
砂+魔女

センセー!
ハリーさんが和田勉みたいになってます!
Commented at 2006-05-06 13:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-05-06 13:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2006-05-06 19:55
鍵コメ4、5さま

そういうところに来る人は既存の教育機関や、
ひいては人間関係に不信感をもっている人が多いのでしょうから、
まず信じてくれというのがあるのだろうと推測します。
ただ、そういう風に言われたところで、信じるという風にはならないでしょうね。
信じろ!と言われて信じられるものではありませんしね。
(特にそういう精神の強い人はそうでしょう。)
やはり○○センセイ^^の言うように、
信じざるをえぬと思ったときに自然に信じてしまうのでしょう。

ともかくも、そのなかの一人であっても、
信じることができたというのは幸いであったと思います。

<< 白いスミレ おばあちゃんのパラダイス >>