偶像崇拝

初回の授業は、本格的に授業をはじめるわけにもいかず、さりとて、極度の自己紹介ギライということもあって、さして話すこともなく、アンケートのようなものを学生に配ってお茶をにごすことがあります。そこには「どうしてこの授業をとったのですか?」といった問いも含まれているのですが、これにたいする学生の答えにはちょっと緊張します。かなり厳しい指導をしますし、決して学生受けの良い教師だとは思わないのですが、それでも「(前回受けた授業から判断して、授業内容ではなく)センセイ好き(ファン)だからです」といったことを書く物好きな学生もいるからです。「ハハァ、さてはオマエは自分が人気教師であることを自慢しようとしているのだなぁ」などと勘繰っているそこのあなたは、まだまだ青い。

この手の答えを警戒する理由は、はっきりしています。この手の学生とは、どうしようにもこうしようにも、その後の指導過程のなかでやがてしっくりゆかなくなってしまうことがあるからです。こういう学生のなかには、ある対象にたいして自分が思い込みで作り上げた、「きっとこういう人に違いない」という一定の “偶像(アイドル)” をもっていて、それに対象がかなっている限りは賞賛を繰り返すのですが、一度、対象が像から離れたそぶりを見せる――たかだか一週間に一度の授業を半期や一年受けたからと言って、その人の全体像なんてわかるはずもないことですから――やいなや、手のひらを返したように対象を憎悪しはじめ、ときには攻撃にすら転ずる者があるのです。とはいえ、そこをなんとかやってゆくのが仕事なんですけどね。

by enzian | 2006-04-30 20:43 | ※キャンパスで | Trackback | Comments(52)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/4526498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2006-04-30 21:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaori_yoshihara at 2006-04-30 21:26
アハッ(´∀`)\ 私はわりにこういうことが多いような気がします。(偶像崇拝)

けれど、四半世紀も生きていると(?)段々気づきます。
最初に「すごい」とか「好きっ」と思うほどガックリするものだと。
逆に、普通だなぁと思っていた人が意外とすごかったり。
(「すごい」って何?という声が聞こえるような聞こえないような・・・)
けれど今度は普通だなぁと思う人をすごいと思うようにしてみたり、
もうどちらが先だか分かりません。
もうみんなすごいのです。
(何がすごいの?という声が聞こえるような聞こえないような・・・)
Commented by enzian at 2006-04-30 21:52
鍵コメさま

まぁね。(^^;
Commented by enzian at 2006-04-30 21:57
かおりさん

>アハッ(´∀`)\ 私はわりにこういうことが多いような気がします。(偶像崇拝)

そうなんですか。

>けれど、四半世紀も生きていると(?)段々気づきます。
最初に「すごい」とか「好きっ」と思うほどガックリするものだと。

まだ四半世紀では‥‥
そういうものですね。

>逆に、普通だなぁと思っていた人が意外とすごかったり。
(「すごい」って何?という声が聞こえるような聞こえないような・・・)
けれど今度は普通だなぁと思う人をすごいと思うようにしてみたり、
もうどちらが先だか分かりません。
もうみんなすごいのです。
(何がすごいの?という声が聞こえるような聞こえないような・・・)

うん、なんだかわからないけど、
いろいろ試行錯誤しているんですね。
「すごい」がおもしろかった。^▽^)ケラケラ
Commented by aroma-memory at 2006-04-30 22:45
こんばん歯( ゚皿゚)ノシ

せんせい稼業もたいへんスね!

教わる立場が最初きゃーきゃー言ってて、手のひらを返したように反撃に出るって場面、私も学生時代に目撃したことあります。先生側が気の毒だなぁ~と思ったものです。えんついあんさんがおっしゃるように、指導という任務を遂行するにはやりにくいのでしょうね。これは部外者のあくまでも想像ですけどね。

任務以外の想定外の、立場をを超えての私的(?)感情。いい意味で反映されれば伸びたり前向きになったり、相乗効果もあっていいのでしょうけどね。教える×教えられるだけじゃなくても、生活のいろんな場面にそんなことよく転がってますね。わたしもつまづいたことありますけど。てへっ☆でも、すくっと我に返って元に戻れたからよかったですけどね。ねっ!

かみんぐあうと・・・わたしもえんついあんさんのふあんだけど、あんちふあんだったり・じゅんすいなふあんであったりいろいろなときがあります。きゃぁ~きゃぁ~(@@)
ちょといいすぎました。反省。
Commented by hiruu at 2006-05-01 00:22
偶像を‘アイドル’と置いたとこがおもしろいです。まさしくそのとおりって感じ。
しかし仕事たいへんそうだなぁ、、、。
Commented by Ry at 2006-05-01 00:27 x
もし、そんなアンケートがあったら、例えセンセイが好きだったからだとしても
そんな風には書きませんね~。適当に理由をつけます。
だって、ちょっぴりお馬鹿さんみたいなんだもん。。笑

先生が好きで、授業を受けたりするのって結構ありますよ。
内容が微妙っぽいなぁと思ったとしても。笑
その先生のことをもっと知りたいなぁと思ったり、
先生の考え方や、考える方法を知りたいなぁと思ったりするからです。

私も期待していた先生が、どんどん自分の考えを授業中に
押し付けるように言ったり、自分の信仰している宗教をギラギラした目で
熱く語られて、興ざめしてしまったことがあります。
かと言って、その人のことを嫌いになったりはしませんけどね^^;
逆に、先生の生徒に対する決めつけ?と言うんでしょうか。。
この子は出来る。みたいな期待の方がこちらとしては辛いです(´Д`)

生徒としては、先生が自己紹介をしてくれると、
結構真剣に聞いてしまいます。

あたしだったら多分、enzianさんの授業は全部とりますょ。笑

コメントの連続投稿をお許しくださいませ(´ω`;)
Commented by unnyo8739 at 2006-05-01 09:35
勝手に「あたり」をつけておいて、それが違うと分かってくると攻撃に転ずる。
不条理ですが、ありえる話しです。
私もやってそう。無意識のうちに。多分。
Commented by rei_ayakawa at 2006-05-01 18:22
こんにちは。
やたらとよくある話ですね。
したりされたりしちゃいます。
他人に過度の期待を抱くと、後々厄介なことになることが多いですよね。

自分で自分の理想像を体現して、自分で崇拝するのが手っ取り早そうです。
Commented by Honig-Biene at 2006-05-01 19:52
>「どうしてこの授業をとったのですか?」
これは・・・そう聞かれると、悩みますね。正直に言っていいのか、ある程度点数稼ぎを考えた方がいいのかと(^^;)コラコラ

教養の講義が楽しい先生は、専門の講義では鬼に変身することが多い気がします。そんな素顔なら、最初から出しといてよ!と密かに文句を言ったりして。

enzianさんの授業風景を見てみたいです。
そういえばうちの教授、怒るとチョーク投げてたなあ・・・。そんなこと、しませんよね??
Commented by bucmacoto at 2006-05-01 20:01
この癖って、ホモ・サピエンスにとって他のホモ属とは際立っている,特徴という考え方もありそうですね。
全か無か思考(All or Nothing),ambivalence(アンビバレンス:両価性),シンボル依存と現実操作欲, どれも共通している(表現・関連事象の違いだけが本質的な差異)と言われれば、そうだと思えます。

・・・ん~~でもこう云うヒトって、魅力的な方が多くありませんか? アイドル・タレントなんてほぼ全部がこういう女性にも思えます。 いいなー センセー美人にもてまくって。。。以下爆弾発言にて 自粛 (・x・) 笑(しゃれですよシャレ) < ボケっな いいわけかしら…
Commented by enzian at 2006-05-01 22:32
毒きのこさん、こんばん葉。

>教わる立場が最初きゃーきゃー言ってて、手のひらを返したように反撃に出るって場面、私も学生時代に目撃したことあります。先生側が気の毒だなぁ~と思ったものです。えんついあんさんがおっしゃるように、指導という任務を遂行するにはやりにくいのでしょうね。これは部外者のあくまでも想像ですけどね。

うん、やりにくい。
(なぜ今日はひらがななの?)

>任務以外の想定外の、立場をを超えての私的(?)感情。いい意味で反映されれば伸びたり前向きになったり、相乗効果もあっていいのでしょうけどね。教える×教えられるだけじゃなくても、生活のいろんな場面にそんなことよく転がってますね。わたしもつまづいたことありますけど。てへっ☆でも、すくっと我に返って元に戻れたからよかったですけどね。ねっ!

ヒトとヒトとの関係ですから私的感情なしにはできないのでしょうね。
よくあることだと思います。
うまく働けばよいのですが、まったくこちらからはコントロールできないもの
もあって‥‥
Commented by enzian at 2006-05-01 22:35
毒きのこさん、続き

>かみんぐあうと・・・わたしもえんついあんさんのふあんだけど、あんちふあんだったり・じゅんすいなふあんであったりいろいろなときがあります。きゃぁ~きゃぁ~(@@)
ちょといいすぎました。反省。

ありがとう。
共感したり、反感をもったりというのは、
自然なことですよね。^^
Commented by enzian at 2006-05-01 22:36
ひるさん

>偶像を‘アイドル’と置いたとこがおもしろいです。まさしくそのとおりって感じ。
しかし仕事たいへんそうだなぁ、、、。

ありがとうございまふ。
ひるさんは、こういうことないですか?
うまくあしらってらっしゃるのかな。
Commented by enzian at 2006-05-01 22:43
Ryさん

>もし、そんなアンケートがあったら、例えセンセイが好きだったからだとしても
そんな風には書きませんね~。適当に理由をつけます。
だって、ちょっぴりお馬鹿さんみたいなんだもん。。笑

なるほどね。(笑)

>先生が好きで、授業を受けたりするのって結構ありますよ。
内容が微妙っぽいなぁと思ったとしても。笑
その先生のことをもっと知りたいなぁと思ったり、
先生の考え方や、考える方法を知りたいなぁと思ったりするからです。

もちろんそうなんだよね。
履修する方からすれば、それは当たり前のことだよね。
とすると、ぼくは今回の記事でなにが言いたかったんだろうね。
う~んわからなくなってきた‥‥

>私も期待していた先生が、どんどん自分の考えを授業中に
押し付けるように言ったり、自分の信仰している宗教をギラギラした目で
熱く語られて、興ざめしてしまったことがあります。
かと言って、その人のことを嫌いになったりはしませんけどね^^;

そういう押し付けとかギラギラはいけないね。
ぼくもヤダ。
Commented by enzian at 2006-05-01 22:47
Ryさん、続き

>逆に、先生の生徒に対する決めつけ?と言うんでしょうか。。
この子は出来る。みたいな期待の方がこちらとしては辛いです(´Д`)

(゚Д゚)!!
それはしばしばやっている気がする‥‥
気をつけます。(><)

>生徒としては、先生が自己紹介をしてくれると、
結構真剣に聞いてしまいます。

う~ん、それもまた至極当然のことかもしれない。
そうだよね‥‥ぼくも学生のころ、そうだったかもしれない。
でもね、ぼくは恥ずかしいから自己紹介がニガテなんだよ‥‥あぁ

>あたしだったら多分、enzianさんの授業は全部とりますょ。笑

最後に笑は必要ありません!(笑)

ありがとう。
ぼくにとってはとても参考になる意見ばかりだったよ。
Commented by enzian at 2006-05-01 22:49
unnyo8739さん

>勝手に「あたり」をつけておいて、それが違うと分かってくると攻撃に転ずる。
不条理ですが、ありえる話しです。
私もやってそう。無意識のうちに。多分。

今になって気づいたのですが、
きっとぼくも普段やっていることで、
身に覚えがあるから気づくことなのでしょうね。(><)
Commented by enzian at 2006-05-01 22:52
rei_ayakawaさん、こんばんは。

>やたらとよくある話ですね。
したりされたりしちゃいます。
他人に過度の期待を抱くと、後々厄介なことになることが多いですよね。

そうですね。
ぼくもやっているようです。
きっと、気づかぬうちに、人にゲンメツしたり、
攻撃したりしているんでしょう。

>自分で自分の理想像を体現して、自分で崇拝するのが手っ取り早そうです。

それはよいことですね。
とても建設的です。
Commented by enzian at 2006-05-01 22:59
Honig-Bieneさん

>「どうしてこの授業をとったのですか?」
これは・・・そう聞かれると、悩みますね。正直に言っていいのか、ある程度点数稼ぎを考えた方がいいのかと(^^;)コラコラ

その学生がどういう学問的な興味をもっているかを尋ねて、
それをその後の指導に活かしたくて聞くんですけど、
聞かれた方も困るでしょうね。
Honig-Bieneさん、けっこうやり手と‥‥φ(._.)メモメモ^^

>教養の講義が楽しい先生は、専門の講義では鬼に変身することが多い気がします。そんな素顔なら、最初から出しといてよ!と密かに文句を言ったりして。

ギクッ!
ぼくはそのタイプかもしれません。

>enzianさんの授業風景を見てみたいです。

見るとファンになってしまうので、見てはいけません、めっ!^^

>そういえばうちの教授、怒るとチョーク投げてたなあ・・・。
そんなこと、しませんよね??

そこまでおバカさんではありません。(^^;
Commented by enzian at 2006-05-01 23:03
bucmacotoさん

>この癖って、ホモ・サピエンスにとって他のホモ属とは際立っている,特徴という考え方もありそうですね。
全か無か思考(All or Nothing),ambivalence(アンビバレンス:両価性),シンボル依存と現実操作欲, どれも共通している(表現・関連事象の違いだけが本質的な差異)と言われれば、そうだと思えます。

なるほどそうかもしれないね。
それぞれ、どれをとっても卒論が書けそうだね。 ^▽^)ケケケ

>・・・ん~~でもこう云うヒトって、魅力的な方が多くありませんか? アイドル・タレントなんてほぼ全部がこういう女性にも思えます。 いいなー センセー美人にもてまくって。。。以下爆弾発言にて 自粛 (・x・) 笑(しゃれですよシャレ) < ボケっな いいわけかしら…

ぼくがこの記事を書く際にデータとして念頭に置いたのは、
ほぼ同性だよ。残念でした!
思い込みが激しい男がたくさんいるんだよ。^^
Commented by bucmacoto at 2006-05-01 23:09
> 思い込みが激しい男がたくさんいるんだよ。^^

お見事♪ 一刀両断に大笑い ^^
Commented by 座敷童 at 2006-05-01 23:11 x
先生!(挙手) しっとりしたカエルは偶像に入りますか?

教師を選ぶ‥‥先輩の話を参考にしたりとか、二次的情報に頼ることもありますね。
私も学校に入ったとき、先輩に「この先生どーでしょ?」と聞いたら
ケチョンケチョンに言っていたので、遠巻きに観察していたのですが
実際はちょっと物言いが直球な、珍妙なおじさまでございました。
一教師のファンになることはとっても危険だと思います。
教師の大半は良い意味で不公平であるし、常に考え方だって変わっていきますから
寧ろあとがまを虎視眈々と狙う‥‥もとい、観察し見習うぐらいがベストかと。
あ、でも私はある意味ファンの先生がいましたね。
その先生のファッションが大好きで毎回ノートに記録してました。
じゅ、授業もちゃんと聞いていたですよ!(眼がスイミング中)
Commented by enzian at 2006-05-01 23:19
bucmacotoさん

オークイックレスポンス。

> 思い込みが激しい男がたくさんいるんだよ。^^

お見事♪ 一刀両断に大笑い ^^


( ̄ー ̄)ニヤリ
Commented by enzian at 2006-05-01 23:26
座敷童さま

>先生!(挙手) しっとりしたカエルは偶像に入りますか?

入りません!
それはそなたの具体的かつ確実な経験に基づくものであって、
推測に基づくものではありませんゆえ。^^

>教師を選ぶ‥‥先輩の話を参考にしたりとか、二次的情報に頼ることもありますね。
私も学校に入ったとき、先輩に「この先生どーでしょ?」と聞いたら‥‥

変に一教師のファンになる人というのは、
変に他の教師のアンチになるというのと同時進行の人ですね。

>教師の大半は良い意味で不公平であるし、常に考え方だって変わっていきますから
寧ろあとがまを虎視眈々と狙う‥‥もとい、観察し見習うぐらいがベストかと。

そうかもしれないね。

>あ、でも私はある意味ファンの先生がいましたね。
その先生のファッションが大好きで毎回ノートに記録してました。
じゅ、授業もちゃんと聞いていたですよ!(眼がスイミング中)

ねえねえ、そのセンセイ、変な色の靴下履いてなかった?^^
Commented by harry_hk at 2006-05-02 00:20
あぁ、ブーメラン効果ってやつですね。(社会心理学の)
ある意味、こういうのって恋愛と一緒のような。
って俺だけっすか???(笑)←笑えないし

思い込みの激しさが<文化>を生んだりしちゃいますし。
enzianさんに挑みたいという意識もあるのかもしれないですよ。
売られた喧嘩はちゃっかり買わないと(笑)

あっ、ちなみに自分もファッションチェックされてますよ。
今回は良いとか、悪いとか、カワイイとか、ダサいとか。
それから、口癖の「ちなみに」を数えている人もいますねぇ。
怖いのが、講義を録音する人ですね。
後で、聞かれても何しゃべってたか覚えてないし、フゥ~
Commented by enzian at 2006-05-02 09:46
ハリーさん

>あぁ、ブーメラン効果ってやつですね。(社会心理学の)
ある意味、こういうのって恋愛と一緒のような。
って俺だけっすか???(笑)←笑えないし

ブーメラン、ブーメラン♪(西城秀樹の歌にあったんだけど、古すぎる!シクシク)
きっと同じです!(キッパリ)

>思い込みの激しさが<文化>を生んだりしちゃいますし。

思い込みでできあがった文化、たくさんあるでしょうね。
というか、そんなのばっかりかもしれませんね。
しっかり昇華するといいのですが。

>enzianさんに挑みたいという意識もあるのかもしれないですよ。
売られた喧嘩はちゃっかり買わないと(笑)

ヤダ。
Commented by enzian at 2006-05-02 09:51
ハリーさん、続き

>あっ、ちなみに自分もファッションチェックされてますよ。
今回は良いとか、悪いとか、カワイイとか、ダサいとか。

チェックされますね。
ぼくも、ジャケットとスラックスとネクタイのローテーション表を
学生から渡されたことがあって、(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル となったことがあります。
ハリーさんぐらいの頃までは、
ちゃんとネクタイとかもしてたんですけど、今は昔。タンスのこやし。

>それから、口癖の「ちなみに」を数えている人もいますねぇ。
怖いのが、講義を録音する人ですね。
後で、聞かれても何しゃべってたか覚えてないし、フゥ~

いるいる。一番前で録音する学生。
講義の口癖は、授業が終わってから個研で学生が教えてくれます。
ぼくは「なんと言ったらいいのかなぁ‥‥」を繰り返しているらしい。(^^ヾ
Commented by coeurdefleur at 2006-05-02 12:42
>朝起きて玄関を開けたらクワガタのにおいがしました

・・・それはうちのお嬢さまが遊びにいったのでは?
昨夜帰ってみたらケースはもぬけのカラ!
久々に夜遊びにお出かけになったようです。
今朝になってもまだ帰って来ませんが、enzianさんのお宅に行っていたとは@@
無事に帰してくださいね~
梅雨が明けたら森に返してあげるのですから^^

日記、書きにくくなってしまいました(笑)
Commented by enzian at 2006-05-02 14:19
柊さん

お嬢さま、昨夜さんざぼくと遊んで、お帰りになりましたよ。
ただ今、帰宅途中かと‥‥(事情を知らない人が見たら、どう思うのだろうか‥^^)


クワガタの話はそちらで書こうかなって思ったんですよ。

クワガタの匂いというのは、正体不明の匂いなのですが、
そろそろコクワガタが顔を出すかなぁという頃に
クヌギの木とかのそばでする匂いなのです。
森の植物の何かの匂いだと思うのですが。

お嬢さま、よいお相手が見つかればよいですね。^^

>日記、書きにくくなってしまいました(笑)

してやったり!v(^▽^)v
Commented by mitsue at 2006-05-03 02:26 x
こんばんは(^▽^*)

私の場合、先生に偶像崇拝をしたことは(今のところ)ないですが、友達に偶像崇拝をしたことがありました。

詳しく説明すると、友人のA子が大好きだったために、しばらくA子と会わない間に、脳内(頭の中)のA子イメージがどんどん膨らんでいって、現実のA子とはかけ離れていったことが…。
A子が大好きだからという要素に、会いたいのに会えない(お喋りしたいのに会えない)という状況が重なって、こんなことになってしまったのだと思います。
私の場合は、現実のA子のほうが脳内A子よりも勝っていたので、実際にA子に会ったときに、脳内で勝手にイメージを膨らませた自分をあほだなーと思えたのですが、この時に脳内A子のほうが現実のA子よりも自分にとって都合がよかったりしたら、実際のA子に幻滅していたのかもしれません。


Commented by mitsue at 2006-05-03 02:41 x
でも、この話はenzianさんのおっしゃる偶像崇拝の話とはズレているのかもしれませんね。私の場合は、偶像崇拝の対象に「賞賛を繰り返す」のではなく、 A子と会話を頭の中でしていましたから。(大好きな(尊敬する)A子が、私の言葉に対して、A子らしく(←私のイメージ)且つ、私にとって都合のよい返答をしてくれる、という会話でしたが。)
偶像崇拝の対象が先生か友達かの差ですかね。

「偶像崇拝」をしていないにしても、誰かのすべてを知るということは不可能なのだから、知らない部分は自分の勝手な想像で補っていることに変わりはないんじゃないでしょうか。どんな人でも、現実の誰かと脳内の誰かとの間には多かれ少なかれ齟齬があるのだと思います。
もちろん、勝手な想像をするのが嫌だから、できるだけ先入観を持たないように心がけている人も多いと思います。

(長くなってしまって、申し訳ありません ><)
Commented by harry_hk at 2006-05-03 17:59
>ブーメラン、ブーメラン♪(西城秀樹の歌にあったんだけど、古すぎる!シクシク)
きっと同じです!(キッパリ)

うわっ!!
ある意味ハラスメント(笑)
懐かしの番組で見たことあるけど。。。

言いっぱなしで逃げてるし・・・
Commented by enzian at 2006-05-03 21:10
ハリーさん

>うわっ!!
ある意味ハラスメント(笑)
懐かしの番組で見たことあるけど。。。

(゚Д゚)!!たしかにハラスメントですね。
オレのこよなく愛する昔の歌を知っておけ!とかいう
無言のプレッシャーのような。
こういうのもアカハラとかパワーハラスメントなのかな‥‥^^

ハリーさんがやんわりと何事かを
示唆していたことは、気づいていないわけではありません。
ちゃんと傾聴しておりました。(^O^)v
                    ↑
               この顔が説得力をなくす原因ではあるが‥‥
Commented by enzian at 2006-05-03 21:17
mitsueさん、こんばんはヾ(^▽^)ノ

>私の場合、先生に偶像崇拝をしたことは(今のところ)ないですが、友達に偶像崇拝をしたことがありました。

ふむふむ。
なるほどそういうことがあったのですね。

>私の場合は、現実のA子のほうが脳内A子よりも勝っていたので、実際にA子に会ったときに、脳内で勝手にイメージを膨らませた自分をあほだなーと思えたのですが、この時に脳内A子のほうが現実のA子よりも自分にとって都合がよかったりしたら、実際のA子に幻滅していたのかもしれません。

そうですね、現実のA子さんの方が勝っていたから幻滅しなかったのかもしれませんね。現実のA子さんを幻滅しないように、という無意識のうちの配慮というのも
あるのかもしれない(脳内のAさんの評価をある程度制限するというような)、
なんてことも考えましたよ。
Commented by enzian at 2006-05-03 21:30
mitsueさん、続き

>でも、この話はenzianさんのおっしゃる偶像崇拝の話とはズレているのかもしれませんね。私の場合は、偶像崇拝の対象に「賞賛を繰り返す」のではなく、 A子と会話を頭の中でしていましたから。(大好きな(尊敬する)A子が、私の言葉に対して、A子らしく(←私のイメージ)且つ、私にとって都合のよい返答をしてくれる、という会話でしたが。)
偶像崇拝の対象が先生か友達かの差ですかね。

違うところもあるように思うし、似ているところもあるかもしれない。
賞賛を繰り返しているのは、自分にとって都合のよい像でいてくれることに賞賛を繰り返すことですから、そういう面では似ているかもしれませんね。
Commented by enzian at 2006-05-03 21:31
mitsueさん、さらに続き

>「偶像崇拝」をしていないにしても、誰かのすべてを知るということは不可能なのだから、知らない部分は自分の勝手な想像で補っていることに変わりはないんじゃないでしょうか。どんな人でも、現実の誰かと脳内の誰かとの間には多かれ少なかれ齟齬があるのだと思います。

ぼくの記事に対する有効な反論ですね。
その通りだと思います。

なにごとにせよ、それをすべて知るなんてことはできないのですから、
必ず偶像としての側面はありますね。
経験論の用語を使って説明すれば、
すべての対象は主体によって作られた観念ですからね。
経験論の祖と言われるベーコンは、
私たちがものを見る場合には各種のイドラ(偶像=一種の偏見、アイドルと同語源)
がついてまわると言っています。
Commented by mitsue at 2006-05-05 15:06 x
>そうですね、現実のA子さんの方が勝っていたから幻滅しなかったのかもしれませんね。現実のA子さんを幻滅しないように、という無意識のうちの配慮というのもあるのかもしれない(脳内のAさんの評価をある程度制限するというような)、なんてことも考えましたよ。

なるほど!確かに、enzianさんのおっしゃる通り「幻滅しないように、という無意識のうちの配慮」があったのかもしれません。
「無意識のうち」だけでなく、感情や愛情などに引きずられて(引きずられていることに半ば気がつきながらも)分別がつかないことも、ままあります。
そう考えると、好きだから幻滅したくない→好きでい続けるために、幻滅しないように抑制する→その結果、好きでい続ける、ということになり、「好きでいたい」という自分の都合で動いているということになりますよね。
愛することも嫌うことも、自分の都合なのでしょうか。
でも、例えばA子だから好きになった、そのA子という人物の人となりについては、私が関与できることではないので、発端は自分の都合だけではないような気もします。
Commented by mitsue at 2006-05-05 15:08 x
>なにごとにせよ、それをすべて知るなんてことはできないのですから、
必ず偶像としての側面はありますね。

身近な人ほど、その人についての情報が多いから、その人のイメージは現実のその人と近いのでしょうが、現実のその人と近い分、現実=イメージと思いやすく、はなはだしい勘違いをしてしまう危険性があるような気がします。

>経験論の祖と言われるベーコンは、私たちがものを見る場合には各種のイドラ(偶像=一種の偏見、アイドルと同語源)がついてまわると言っています。

ベーコンという人について、私は、『三四郎』(夏目漱石)の冒頭で「読んでもわからないベーコンの論文集が出た(中略)他の本でも読めそうにはない。ましてベーコンなどはむろん読む気にならない。」と書かれていたという知識しかなかったのですが(^^;)
「4つのイドラを取り除いて初めて、人は真理にたどり着け、本来の姿を取り戻すとベーコンは考えた。」(←百科事典で調べただけなので、間違っているかもしれませんが…。)ということなので、
Commented by mitsue at 2006-05-05 15:09 x
漱石がベーコンの思想について全く言及していないのにベーコンの名を出したのは、前述した文章の後で、別の登場人物に「とらわれちゃだめだ。」と言わせていることと関連しているのかなと思いました。

このイドラというものは、なるべく取り除いたほうがいいのでしょうが、取り除くのは難しいですね。取り除くためには、まず、自分のその考えがイドラであると気がつかないとだめですし。

ベーコンについて全く知らないので、本を読んでみようと思って、enzianさんがご紹介なさっていた『ノヴム・オルガヌム――新機関』を調べてみたら、哲学者別入門書のページでは絶版と書かれていましたが、再販されているみたいですよ。やったー(^^)
Commented by enzian at 2006-05-05 23:43
mitsueさん

おー力作をありがとう。
自分で十分に考えていることだから、
もう、ぼくはなにも言うことはないけど、
ちょこっとだけ。^^

>でも、例えばA子だから好きになった、そのA子という人物の人となりについては、私が関与できることではないので、発端は自分の都合だけではないような気もします。

そうですね。
なにか発端になるものには、
自分の都合でないものが入っているはずですね。

>身近な人ほど、その人についての情報が多いから、その人のイメージは現実のその人と近いのでしょうが、現実のその人と近い分、現実=イメージと思いやすく、はなはだしい勘違いをしてしまう危険性があるような気がします。

そうですよ。
まさしくベーコンはそういう説明をしています。
Commented by enzian at 2006-05-05 23:47
mitsueさん、続き。

>ベーコンという人について、私は、『三四郎』(夏目漱石)の冒頭で「読んでもわからないベーコンの論文集が出た(中略)他の本でも読めそうにはない。ましてベーコンなどはむろん読む気にならない。」と書かれていたという知識しかなかったのですが(^^;)
「4つのイドラを取り除いて初めて、人は真理にたどり着け、本来の姿を取り戻すとベーコンは考えた。」(←百科事典で調べただけなので、間違っているかもしれませんが…。)ということなので、

イドラについては、その説明の通りです。
漱石はイギリスに留学していたから、ベーコンを知っていたのでしょうね。
ベーコンを読む気にならないというのはわかる気がしますよ。^^

>漱石がベーコンの思想について全く言及していないのにベーコンの名を出したのは、前述した文章の後で、別の登場人物に「とらわれちゃだめだ。」と言わせていることと関連しているのかなと思いました。

あ、鋭い!そうかもしれないね。
それって、気づいてない人が多いかもね。
おもしろいね。
Commented by enzian at 2006-05-05 23:48
mitsueさん、さらに続き。

>このイドラというものは、なるべく取り除いたほうがいいのでしょうが、取り除くのは難しいですね。取り除くためには、まず、自分のその考えがイドラであると気がつかないとだめですし。

そうです。
まったくその通りなのです。◎

>ベーコンについて全く知らないので、本を読んでみようと思って、enzianさんがご紹介なさっていた『ノヴム・オルガヌム――新機関』を調べてみたら、哲学者別入門書のページでは絶版と書かれていましたが、再販されているみたいですよ。やったー(^^)

ありがとう、訂正しておきますね。
でも、『ノヴム・オルガヌム――新機関』はとても読みにくいので、
読まない方が‥‥(^^ヾ
Commented by mitsue at 2006-05-06 05:10 x
レスありがとうございます(o^∀^o)

『ノヴム・オルガヌム――新機関』はとても読みにくい本なのですね!
読んでも理解できる自信がないなぁ(^^;)

……でも、まあ、

>ベーコンを読む気にならない

ということだけは、私でも理解できそうなので、ちょっと図書館で探して(覗いて)みようと思います。笑
それとも、ハチマキしてこれみよがしに頑張ろうかな(='m') ププ
Commented by enzian at 2006-05-06 08:42
mitsueさん

レスありがとうございます(o^∀^o)

『ノヴム・オルガヌム――新機関』は、その読みにくいという
雰囲気だけでも味わってください。^^

>それとも、ハチマキしてこれみよがしに頑張ろうかな(='m') ププ

 ^▽^)
Commented at 2006-05-06 14:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by フム at 2006-05-06 17:35 x
若いってもっと素直で単純だと思います。
特にそういうこと書く人は。
いいな、この先生、面白い授業だなっていう。
”先生”ももっと素直にうけとってみたらいいと思います^^。
Commented by enzian at 2006-05-06 20:01
鍵コメ2さま

>‥‥という気がしてならないのです。

そうですね。
それは他の人も指摘していた通りだと思います。
鍵コメさんのように、冷静に像を訂正してもらえると、
とてもありがたい。(^^ヾ

う~んそれは困惑するね。
でも、修正するのは難しいかな。
うまくやってください(他人事か!^^)。
Commented by enzian at 2006-05-06 20:05
フムさま

>若いってもっと素直で単純だと思います。
特にそういうこと書く人は。
いいな、この先生、面白い授業だなっていう。
”先生”ももっと素直にうけとってみたらいいと思います^^。

ありがとう。
あなたのおっしゃる通りだと思います。
(鍵コメさんも、Ryさんもそう言っていました。)

素直に表現しようとしている学生のやる気をなくす
ようなことを言うのはどうかしてますね。
反省します。(^^ヾ
Commented by 006 at 2006-06-24 19:04 x
(゚Д゚)!分かった!

個研に来て、「対象を憎悪しはじめ、ときには攻撃にすら転ずる」のではないでしょうか!?

((((●~*コロコロ ≡ヘ(;゚Д゚)ノヒイイイイ(まだ逃げてる)

すっぱいものが欲しい季節になってきましたねぇ。
僕は最近グミをフニフニ食べています。
Commented by enzian at 2006-06-24 21:41
006さん

>個研に来て、「対象を憎悪しはじめ、ときには攻撃にすら転ずる」のではないでしょうか!?

個研を見たら、だらしないヤツだと見切るってことでせうか。

>((((●~*コロコロ ≡ヘ(;゚Д゚)ノヒイイイイ(まだ逃げてる)

どこまでも追いかけて行きまっせ~^^

>すっぱいものが欲しい季節になってきましたねぇ。
僕は最近グミをフニフニ食べています。

グミはよく学生がもってきてくれるよ。
一袋買ってしまうと食べきれなくなって、もってくるみたい。
このごろのグミはいろんな味のがあるんですね。
Commented by 忘却者 at 2006-11-02 12:11 x
愛と憎悪

悲しみと怒り

裏表
Commented by enzian at 2006-11-04 08:18
忘却者さん

>愛と憎悪 悲しみと怒り 裏表

愛と憎悪、裏表 同感。
ただ、そう言ってしまうと、そういう愛は低次の愛だ、
と言う人もいるのでしょうね。^^

<< 雷と臍(へそ) 「そんなの、みんな同じだよ」 >>