赤ちゃんの野望

これはきっとタブーで、こんなことを言ったら間違いなく変な人だと思われるだろうけど、変な人でないと思っているわけでもないので書くけど、赤ちゃんを見てかわいらしいと思ったことはほとんどない。

今日も、学校帰りの電車に赤ちゃんを連れたお母さんが乗り込んで来たけど、周りの女性が一斉に「まぁカワイイ」などと口々に言いつつ、満面の笑みで赤ちゃんをあやし始めたのにはびっくりした。ぼくには、赤ちゃんがいたいたしく見るに耐えない(「かわいい」の元々の意味)、とは到底思えないのだ。実際、何が気に入らないのか、赤ちゃんはビェービェー泣いている。おっぱいが欲しいのか、オムツを代えて欲しいのか知らないが、これって、ものすごい自己主張なのではないのか。赤ちゃんって、ある意味、欲望丸出しの、愛情独占をたくらむしたたかな生き物なのではないだろうか。そういう意味で、カワイクナイ。

by enzian | 2004-09-28 23:59 | ※通勤途中 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/479621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 懐かしいメール 迷い猫 >>