コルカタの恐怖

サッカーのワールドカップ予選が今日、コルカタであるらしい。いろいろ見てきたが、すぐにでも逃げ出したくなるような本能的な恐怖を感じた町はコルカタだけだった。本来、人間が隠したくなるものが堂々と人前に晒されている。病、死、異形、漆黒の闇、血液、汗、髪、排泄、差別、貧困、暴力、老い、悲鳴‥‥。生の現実と向かい合いたくない人は、この町に入れない。もう一度行くかと言われれば、二の足を踏む。

by enzian | 2004-09-08 23:59 | ※その他 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/480040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< インドの非常事態 「未来を殺すな」 >>