合掌の憂鬱

墓参りに行く。昔から合掌が嫌いで、どうしてもこうしてもぎこちなくなる。小さな子どもが「手と手を合わせて幸せ(皺合わせの語呂?)」と言うコマーシャルがあったような気がするが、手を合わせることの意味がわからないのだ。それなりに本も読んだし、人の意見も聞いてきたつもりだが、いまだに解せない。意味はなくとも、敬虔な気持ちになったときに自然に手を合わせてしまうのが人間というものなら、当分、人間にはなれそうにない。

by enzian | 2004-08-15 23:59 | ※街を歩く | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/480221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 明け方の祖母 立秋 >>