苦労なんか、買いたくない。

「若いときの苦労は買ってでもしろというでしょ?」という “アドバイス” が聞こえる。冗談で言ってるのだろう?そうに違いない!と思って、隣で学生に話しかけている顔を覗き込めば、真顔だった。

ぼくは「若いときの苦労は買ってでもしろ」という言葉が好きではない。そんな無責任な言葉、お金をもらったって人に言おうとは思わない。そんなことをのうのうと言ってのけられるのはきっと苦労をしたことのない人だ、と思い込んでいる。たしかに、若いときに苦労をした人の何割かが長い葛藤を経た後に人格者になることはあるが、自分の生存を脅かすような、骨髄に達するような苦労を続けた人のやはり何割かは曲がる。そして、そうした曲がりを矯(た)めることは容易ではない。「角を矯めて牛を殺す」とは、些細な欠点を直そうとしてかえって全体を台無しにしてしまうの意味だが、角がどのような形であるのか、は牛自身にとって、牛が生きてゆくために、些細なことではない。

ここで言う「苦労」というのは、たとえば自分から望んでなにごとかにチャレンジする際に出くわす “壁” のようなものではない。そういう “壁” は本来、当人にとっては苦労でもなんでもないからだ。では苦労とはなんなのか?と聞く人がいるかもしれないが、はたから見れば些細なことであっても、当人が苦労だと思ったとき、それはもう十分に苦労なのだ。苦労はいつも主観的(自分的)なもので、客観的なものではない。

by enzian | 2006-08-08 12:23 | ※その他 | Trackback(1) | Comments(63)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/5440597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 枕中洞 at 2006-08-12 22:03
タイトル : 苦労はいらない。
この記事は、小さな哲学~雑想の世界 enzianさんの「苦労なんか、買いたくない。」へのTBです。 「苦労なんか、買いたくない」というタイトル、そして「苦労」が人生に及ぼす影響がよきにつけ悪しきにつけ大きいこと、また「苦労」とは「チャレンジの際に出くわす“壁” 」ではないし、「いつも主観的(自分的)なもの」であることなど、おおいに同感です。 特に、「苦労はいつも主観的(自分的)なもの」であることは、重要だと私にも思われます。そうであればこそ「若いときの苦労は買ってでもしろ」という言葉を他...... more
Commented by coeurdefleur at 2006-08-08 12:40
苦労をした人が一番信じられない
と言った人がいました。
ひどい苦労の末にやっとつかんだものは二度と手放したくないから
そういう人は平気で嘘をつくし、守るためにはどんなことでもするものだと。

皆がみなそうではないでしょうが、妙に説得力があって心に残った言葉です。
聞いたころには悲しい思いをしたことの無い人は思い遣りに欠けるように思っていましたから…
Commented by enzian at 2006-08-08 13:57
柊さん

説得力のある言葉ですね。
あらゆる手段を使わなければ自分を守ることはできない、
ということを学習してしまった人がいるのですね。

>聞いたころには悲しい思いをしたことの無い人は思い遣りに欠けるように思っていましたから…

悲しみを知らない人は人の悲しみを知ることはできない、
とよくいわれますよね。それはそうかもしれませんが、
だからといって、悲しみを知った人がみな人の悲しみを知ろうとする、
とはいえないのでしょうね。
Commented at 2006-08-08 13:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2006-08-08 14:13
鍵コメさん

ありがとうで~す。
そう言ってもらえれば、書いた甲斐があるのです。^^
Commented by 毒きのこ at 2006-08-08 14:22 x
嫌いじゃないよ~♪ この言葉。

”頑張れ” ”君なら乗り越えることが出来る” とかプレッシャーを与えられるより良いっかなぁ~。この言葉を発せられる場面に中高生の頃よく遭遇したけど、アドバイスする人達が 好々爺っぽい表情で(男女問わず)なぜか口にするんですよね。失敗しても・苦労が例え報われなくても、大目に見てくれそうだし。何よりも、自分自身を追い詰めたり責めすぎてしまうことから、回避しやすい気もします。逃げ道もありそうな、ゆる~い言葉に感じます。【アドバイスする方にとってもされる方にとっても】
Commented by 毒きのこ at 2006-08-08 14:23 x
スミマセンつづきです^^;


【若いときの苦労は買ってでもしろ】って 、いつの時代の人が言った言葉なのかは知りませんが、だいたいこの後に ”って言うでしょ?” って付きますよね。ちょっと責任の所在をぼやかしたようなところ気にはなりますけどね~^^; だからこそ、ついつい使われちゃうところはあるのかも。深刻な問題にというよりは、勇気や踏ん切りを後押しする、ひと声くらいのエールなら、場合によっては良いかもね。 ”買ってでも”って表現が 途中苦しさに耐えかねたら”売り払ったり” ”譲ったり” ”倉庫に閉まっておく”などの、別の措置も出来そうですもの。自分から装・脱着可能な代物【苦労】だよ~ん♪・・・ぐらいのね。


・・・たしかに、言ってはいけない場面【人や状況】の見極めは必要ですけどね。
Commented by manchester at 2006-08-08 18:09 x
苦労は買いたくないです。寧ろ、売却希望です(爆)。

「苦労を続けた人の何割かは曲がる」という事実(とここでは仮定して)を
認めたくないから、【不条理に】背負わされる苦労を肯定したくないから、
そのような言葉が発せられるのでしょうか。
だって、苦労して曲がってしまったら、苦労した甲斐がないですもんね。
そんなの、不条理じゃないですか。

折に触れて、人間は不条理に耐えられないものだと思っている私にとって、
不条理を認めたくない気持ちはある意味わかるような気もしますけれど・・・。
ただ、私が思うに、「苦労したからいい人間になれる」というような
因果関係を求めているような気がします。
苦労に理由をつけている、というか。
苦労する理由なんて、あってないような場合も多いのに。

うまくまとめられないのですが(^_^;)
Commented by unnyo8739 at 2006-08-08 18:17
苦労という言葉を努力という言葉にに置き換えると、
ちょっとはマシになるでしょうか。
いやいや、若いうちに限らず努力は常に行うものかしら。
えー。
だったら経験。
若いうちは色んなことを経験するべきなんだよ! みたいな。

やっぱり若いうちに限った話じゃない気がします。
Commented by kaori_yoshihara at 2006-08-08 19:06
若いうちって、何か失敗してもうまく出来なくても、
本人も周りの人も許しやすいからではないかなぁと思います。
年をとってから、振出から始めた人の苦労は若いうちに同じことを
経験する以上に大変なのだと思います。
(周りを見ていてそう思います。)
年をとってからだと求められることも大きくなりますし。
もちろん、苦労の範囲も常識的な範囲内だと思いますが。

私はこどもの頃は「苦労してるね~」と時々言われたのですが、
最近はとんと言われませんね~(笑

同じ意味合いで、武田鉄○の歌?で
「~人は 悲しみが多いほど 人には 優しくできるのだから♪~」
という歌詞がありましたけれど、これを聞くたびいつも「そんなことはない!」と
思っていました。(小学生の頃、今よりずっと落ち込んでいたけれど
(悲しみとは違うかな!?)、人には全然優しくなかったですから)
多いだけでは足りなくて、その悲しみを受容したり理解したり
乗り越えたりする必要があるのだろうと思います。

言葉足らずなような気がしますが、今日はここでオシマイにします フゥ( ̄ε ̄;)ゞ
Commented by gauche3 at 2006-08-08 19:15
この台詞は結構至るところで聞きますよね・・
多くの会社で、未だに囁かれている呪文のような気がします(笑)

> そして、そうした曲がりを矯(た)めることは
> 容易ではない。
そうですよね。
曲がりを矯正するのは(矯正するか否かも含めて)その人自身が決めることですもんね・・

ところで、ちょっとズレているかも知れませんが、
僕は真っ直ぐ曲がった人って結構好きだったりします(笑)
Commented by tone-color at 2006-08-08 20:57
最近私も今後の進路について悩む時、いつも思う言葉が、「若い時に〜」という言葉。
確かに、エネルギーがあって、感受性も高くて、やる気もあって、
そんな時に苦労をしてみるのも。。。って簡単に言うけど、実際の苦労を背負うのは本人。この言葉に嘘は感じないけど、家の父親は
「苦労はしないにこしたことはない」とある時言っていたよう。
苦労よりも大切なことがもしかしたら他にあるかもしれない。
この記事は、私にとって丁度いいタイミングです。
少しよく読んで、考えてみたいです。。
Commented by enzian at 2006-08-08 22:44
manchesterさん

>苦労は買いたくないです。寧ろ、売却希望です(爆)。

売ろう、売ろう!高くで買い取ってもらおう。

>「苦労を続けた人の何割かは曲がる」という事実(とここでは仮定して)を
認めたくないから、【不条理に】背負わされる苦労を肯定したくないから、
そのような言葉が発せられるのでしょうか。
だって、苦労して曲がってしまったら、苦労した甲斐がないですもんね。
そんなの、不条理じゃないですか。

ぼくは使わないフレーズだけど、
相手を勇気付けようという善意で使われる場合も多いでしょうね。

自分は「曲がってしまった」という事実を隠蔽したい、
という心理はあるだろうね。
俺は苦労したんだけど、こんなに人格者になったんだぞー
不条理になんて負けなかったんだぞー
って言ってるんだよね(ほんとは曲がっているのだけど)。
Commented by enzian at 2006-08-08 22:46
毒きのこさん

>深刻な問題にというよりは、勇気や踏ん切りを後押しする、ひと声くらいのエールなら、場合によっては良いかもね。

多くはそういう善意で使われているのでしょうね。

ぼくが使わないのは、
相手の欠けている問題が、深刻か深刻でないか、
というのは傍目からでは区別できないからです。
Commented by enzian at 2006-08-08 23:02
unnyo8739さん

>苦労という言葉を努力という言葉にに置き換えると、
ちょっとはマシになるでしょうか。
いやいや、若いうちに限らず努力は常に行うものかしら。
えー。
だったら経験。
若いうちは色んなことを経験するべきなんだよ! みたいな。

やっぱり若いうちに限った話じゃない気がします。

そうですね。
いろいろやってみたらいいよ、とか
いろいろ経験してみたらいいよ、であれば、ぼくも使います。
自分から望んでやったことでぶつかった壁は苦労ではないでしょうから。

ぼくが苦労と言っているのは、不可抗力的に降りかかってきて、
その人の生存を脅かすようなものなんですね。
Commented by enzian at 2006-08-08 23:34
かおりさん

>若いうちって、何か失敗してもうまく出来なくても、
本人も周りの人も許しやすいからではないかなぁと思います。
年をとってから、振出から始めた人の苦労は若いうちに同じことを
経験する以上に大変なのだと思います。
(周りを見ていてそう思います。)
年をとってからだと求められることも大きくなりますし。
もちろん、苦労の範囲も常識的な範囲内だと思いますが。

その通りだと思います。すごく説得力があります。
なにかをやろうとして失敗することが苦労だとすると
そういう失敗を、特に世の中は若い人については大目に見てくれますよね。

それで。
うまく言えるかどうかわからないのですが、
(この問題ってむずかしいね、汗)
ぼくは自分の意志でなにかをしようとして失敗することは、
それなりにしんどいことですが、この記事ではそういう障害は
苦労のうちにカウントしていないのです。
ぼくが苦労としているのは、
本人の意志とは無関係に降りかかってくる障害のことです。
Commented by enzian at 2006-08-08 23:34
かおりさん、続き。

>同じ意味合いで、武田鉄○の歌?で
「~人は 悲しみが多いほど 人には 優しくできるのだから♪~」
という歌詞がありましたけれど、これを聞くたびいつも「そんなことはない!」と
思っていました。(小学生の頃、今よりずっと落ち込んでいたけれど
(悲しみとは違うかな!?)、人には全然優しくなかったですから)
多いだけでは足りなくて、その悲しみを受容したり理解したり
乗り越えたりする必要があるのだろうと思います。

そうですね、同感です。
悲しみが多いほどやさしくできるなんて、そんなことはないですよね。
悲しみをを咀嚼して自分のものとするにしても、
長い対話が必要で、時間がかかりますし。

>言葉足らずなような気がしますが、今日はここでオシマイにします フゥ( ̄ε ̄;)ゞ

あかん。
ぼくも、かおりさんのコメントだけでなく、
みなさんのコメントに思う通りに答えることがでけん。
しっくりいかないのだ。ヽ(´ー`)ノ
Commented by enzian at 2006-08-08 23:52
猿夫さん

>この台詞は結構至るところで聞きますよね・・
多くの会社で、未だに囁かれている呪文のような気がします(笑)

よく聞きます。
呪文の一種なのかもしれません。

>そうですよね。
曲がりを矯正するのは(矯正するか否かも含めて)その人自身が決めることですもんね・・

曲がりを外側から矯正することはできないですね。
もし可能であれば、それは当人の意志によると思います。

>ところで、ちょっとズレているかも知れませんが、
僕は真っ直ぐ曲がった人って結構好きだったりします(笑)

(゚Д゚)!!
「真っ直ぐ曲がった人」というフレーズに惹かれたのですが、
それって、苦労を乗り越えてできあがった人格者とは違うのでしょうか??
Commented by enzian at 2006-08-09 00:16
tone-colorさん

>最近私も今後の進路について悩む時、いつも思う言葉が、「若い時に〜」という言葉。
確かに、エネルギーがあって、感受性も高くて、やる気もあって、
そんな時に苦労をしてみるのも。。。って簡単に言うけど、実際の苦労を背負うのは本人。この言葉に嘘は感じないけど、家の父親は
「苦労はしないにこしたことはない」とある時言っていたよう。
苦労よりも大切なことがもしかしたら他にあるかもしれない。
この記事は、私にとって丁度いいタイミングです。
少しよく読んで、考えてみたいです。。

「苦労はしないにこしたことはない」、じつはそれはぼくの口癖でもあります。

自分の意志でチャレンジしたことの失敗はいくつであろうと、
自分自身がやさしく許してくれます。
(若い失敗であれば、世の中もずいぶんやさしい。)
しないで後悔するより、して後悔した方がいい、と言われるのも、
そのような事情によるのでしょうね。
ぼくは自分自身が(場合によっては世の中も)やさしく許してくれる
失敗を苦労のうちには数えていないのです。
Commented by enzian at 2006-08-09 00:16
tone-colorさん、続き

「苦労はしないにこしたことはない」で言う「苦労」とは、
自分の意志とは無関係に自分にふりかかってくるもので、
不条理ゆえ、自分が許すことの難しいものです。
Commented by coeurdefleur at 2006-08-09 00:19
そう。
やりたいことをするためならいくらでも(言いすぎ?^^;)出来る。
たとえそれが困難なことでも。
押し付けられたり、降りかかってきたりでは中々辛抱というのは出来にくいかなと思います。

曲がりたくなんかないですね。
真っ直ぐにいきたいなって思いながら
生きていれば様々なことがあって
知らず知らずに曲がっていたなんてこともあるのかもしれません。
Commented by 座敷童 at 2006-08-09 00:49 x
|_・)ノシ  ...コンバンハ- 寝たかな?(近況を見て)‥‥ムフッ。 

不可抗力の苦労は高くつくから、割引セールの時に買うべきだと思います。
販売されている「苦労」のほとんどは不条理製ですので、
必要なとき、必要な分だけ買えばいいと思います。
(自分よりも優先しなくてはならないものがあるときにオススメ)
不可抗力な苦労をいっぱい貰うとですね‥‥ですね‥‥、
優しさと引き替えに、一方的な自己防衛に陥るのでは。
Commented by mayuzumi_kaname at 2006-08-09 04:11
今このコラムを10回ほど読ませていただきました。
そして今の自分の状況やこころを改めて考えています。

いま、すごーく苦しいんです。
社会人になったはずなのに気づいたら辞めていて
あと1週間しないうちに辞めて1年になってて
親にも負担かけているし
若いのか若くないのか(24さい)わからないし
考えれば考えるほど
今のこの状況は「苦しい」のか「苦労」なのか
「苦しい」と「苦労」って同じ意味だったのか
「苦しくない」と思ったときってあったのか
うーんうーんとうなって考えているうちに
右におわします唇の厚いこねこにニヤリとしてみたり

個人的には割引でも苦労は買いたくないですニャー。
うーんうーん
Commented by gauche3 at 2006-08-09 13:37
> (゚Д゚)!!
> 「真っ直ぐ曲がった人」というフレーズに惹かれたのですが、
> それって、苦労を乗り越えてできあがった人格者とは違うのでしょうか??

う~ん・・いつも感覚的に書いてしまうので・・ちょっと真面目に考えます(笑)
苦労の末の人格者って、「真っ直ぐ曲がった人」が行き着いた姿なのかなぁ、なんて僕は思っています。本当に人格者なのかどうかは別にしてですが・・
そういう人って実は複雑に曲がってはいないような気がするんです。曲がった方向にそのまま直線で進んでいくような感じでしょうか・・これもまた感覚的ですね(^^ゞ
「真っ直ぐ曲がった人」って、今の自分が仮の終点だとすると、曲がり始めた始点に戻りやすいと思うんですよ。でもって終点にも直ぐに行けて・・その枝分かれが深かったりたくさんあるような感じです。ぐるぐる捩れた一筆書きでは無いんですね。
その人が人格者では無くても「あぁ・・この人って真っ直ぐ曲がってるなぁ・・」という感覚を、自分に感じさせてくれる人が好きっていうところでしょうか・・
なんか全然・・答えになっていないような気がしてきました(^^ゞ
Commented by Honig-Biene at 2006-08-09 21:56
チャレンジすることは若いときにしかできないこと。
というのが、わたしの悩みを解消してくれる人の口癖です。
確かに当たって砕けてみたいのですが、なかなか砕ける勇気がありません。
大体、そういう文句は年上の人が使うので、
「若い人」はループ状に連なっているわけですよね。
若いって、幾つまで??
やっぱり、体力がなくなるまででしょうか??
・・・と余計なことで悩めるのが若さの証拠だと思っています(笑)
Commented by shop_MONON at 2006-08-10 11:49
避けられない苦労を背負うことになったら
私は苦労を苦労と感じないタフさが欲しいですね。
Commented by enzian at 2006-08-10 19:56
柊さん

>そう。
やりたいことをするためならいくらでも(言いすぎ?^^;)出来る。
たとえそれが困難なことでも。
押し付けられたり、降りかかってきたりでは中々辛抱というのは出来にくいかなと思います。

そでやんすなぁ。

>曲がりたくなんかないですね。
真っ直ぐにいきたいなって思いながら
生きていれば様々なことがあって
知らず知らずに曲がっていたなんてこともあるのかもしれません。

あるんでげしょうなぁ。
そもそも真っ直ぐの基準なんてものはないわけですから、
微妙に曲がっていても、ほとんどの場合はわからないのでしょうね。
Commented by enzian at 2006-08-10 20:02
座敷童さん、コンバンハー

>不可抗力の苦労は高くつくから、割引セールの時に買うべきだと思います。
販売されている「苦労」のほとんどは不条理製ですので、
必要なとき、必要な分だけ買えばいいと思います。

ヤダ、買わない。
不条理な、不可抗力な苦労なんか買う必要ないもん。(@`ε´@)

>不可抗力な苦労をいっぱい貰うとですね‥‥ですね‥‥、
優しさと引き替えに、一方的な自己防衛に陥るのでは。

そうですね。
Commented by enzian at 2006-08-10 20:15
mayuzumi_kanameさん

今の学校に就職が決まったのが33歳だった
おっさんに、えらそうに言える筋合いはございませんのじゃ。汗

ただ、不思議に思ったのは、気づいたら辞めていてというフレーズです。
辞めるには理由があったわけですよね?

割引でも苦労は買いたくない、というのと、
ネコがかわいいというのには、同意します。^^
Commented by enzian at 2006-08-10 20:26
Honig-Bieneさん

>チャレンジすることは若いときにしかできないこと。
というのが、わたしの悩みを解消してくれる人の口癖です。
確かに当たって砕けてみたいのですが、なかなか砕ける勇気がありません。
大体、そういう文句は年上の人が使うので、
「若い人」はループ状に連なっているわけですよね。
若いって、幾つまで??
やっぱり、体力がなくなるまででしょうか??
・・・と余計なことで悩めるのが若さの証拠だと思っています(笑)

チャレンジできる人が若い人
と言ったら怒りますか?
うそ。
自分でやろうとしたことなら、
あたっても砕けるほどのダメージは喰わないようにも思いますよ。
(保障の限りではないけどね。(^0^)/)
Commented by enzian at 2006-08-10 20:28
shop_MONONさん

>避けられない苦労を背負うことになったら
私は苦労を苦労と感じないタフさが欲しいですね。

欲しいですね。
そういうタフが売っているなら、ちょっとぐらい高くても買うのに‥‥
Commented by enzian at 2006-08-10 20:31
猿夫さん

>苦労の末の人格者って、「真っ直ぐ曲がった人」が行き着いた姿なのかなぁ、なんて僕は思っています。本当に人格者なのかどうかは別にしてですが・・
そういう人って実は複雑に曲がってはいないような気がするんです。曲がった方向にそのまま直線で進んでいくような感じでしょうか・・これもまた感覚的ですね(^^ゞ
「真っ直ぐ曲がった人」って、今の自分が仮の終点だとすると、曲がり始めた始点に戻りやすいと思うんですよ。でもって終点にも直ぐに行けて・・その枝分かれが深かったりたくさんあるような感じです。ぐるぐる捩れた一筆書きでは無いんですね。
その人が人格者では無くても「あぁ・・この人って真っ直ぐ曲がってるなぁ・・」という感覚を、自分に感じさせてくれる人が好きっていうところでしょうか・・
なんか全然・・答えになっていないような気がしてきました(^^ゞ

あっ!とつぜんわかりました。
たぶん、ぼくはカンチガイしていました。
曲がり方には、捩れたような複雑な曲がり方と、真っ直ぐな曲がり方がある、
ということですね。
Commented by enzian at 2006-08-10 20:31
猿夫さん、続き。

同じように曲がっているように思えても、
質の悪い曲がり方と、すっきりした気持ちのよい曲がり方がある、
ということでしょうか?
そう言われれば、なるほど、と思えてきました。
(猿夫さんの言わんとすることをちゃんと理解していたら、の話ですけど。^^)
Commented by tone-color at 2006-08-10 20:49
また少し考えてみました。

他人がよかれと思って、本人の力以上の事をやらせようとしたり、望まない苦労なら、ほんとだ、いらないかも。
自分の気持ちに正直であって、ワガママではない普通の人にとって、必要なものって、苦労よりも、真直ぐに伸びていけるおもしろさかもしれない。他人が押し付ける価値観よりも、自分が生きている感じが大切で、その為の苦労だったらいつでも引き受ける。苦労しなくても、生きていけるし、だけど真直ぐに生きていくには、苦労はつきもの、だけど、その苦労は間違っていないのでしょうね。。
Commented by enzian at 2006-08-10 23:15
tone-colorさん

>また少し考えてみました。

あいあい。

>他人がよかれと思って、本人の力以上の事をやらせようとしたり、望まない苦労なら、ほんとだ、いらないかも。
自分の気持ちに正直であって、ワガママではない普通の人にとって、必要なものって、苦労よりも、真直ぐに伸びていけるおもしろさかもしれない。他人が押し付ける価値観よりも、自分が生きている感じが大切で、その為の苦労だったらいつでも引き受ける。苦労しなくても、生きていけるし、だけど真直ぐに生きていくには、苦労はつきもの、だけど、その苦労は間違っていないのでしょうね。。

はい。
ぼくも、まったくそのように考えています。
Commented at 2006-08-11 06:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2006-08-11 09:52
鍵コメさん

冷たくなんかないですよね、ぜんぜん。

他人がどう言おうとどう見ようと、
これから自分自身との長い闘いがはじまりますね。
Commented by gauche3 at 2006-08-11 15:59
> 同じように曲がっているように思えても、
> 質の悪い曲がり方と、すっきりした気持ちのよい曲がり方がある、
> ということでしょうか?

はい^^
enzianさんの書いてくださったコメントを読んでいると、「オレのコメントは何て抽象的な書き方なんだ・・」なんて改めて思いました(笑)
おっしゃるとおりです。
もし、曲がり方もまた無意識に自分で選ぶのだとしたら、それもちょっと切ないですよね。

こちらの記事とは関係ないですが・・
月の話、読んでいたら何だか喉の奥が苦しくなってきました。
いつかその人の「好きだった」が、「また好きになった」になると良いですね。
Commented by yoko_f211 at 2006-08-11 21:35
こんばんは。〝苦労〟という言葉についてちょっと考えてみました。
人に面白がってもらうつもりで昔話をしたら「あなたも苦労したんだ~。。。」としみじみ言われ「あれは苦労だったのかぁ~。」と初めて気付いたり、ヤンチャな息子に「アンタの為に苦労したかーさんの気持ちはどうなるの!?」と詰め寄る母親。「苦労してくれって頼んだ覚えはねーよ。」と開き直る息子。〝苦労〟っていろんな場面で使われる言葉ですが、人によって取り方も違うし、他人が決める事でもないし、何なんでしょうね。中途半端なコメントですみませんー(^^; 
Commented by enzian at 2006-08-11 23:25
猿夫さん

いえいえ抽象的ということではないと思います。
感性の豊かな人の書き方なのだと思います。

>もし、曲がり方もまた無意識に自分で選ぶのだとしたら、それもちょっと切ないですよね。

切な過ぎます、うぇ~ん(涙)

>こちらの記事とは関係ないですが・・
月の話、読んでいたら何だか喉の奥が苦しくなってきました。
いつかその人の「好きだった」が、「また好きになった」になると良いですね。

はい。そう思っています。
Commented by enzian at 2006-08-11 23:48
yoko_f211さん

苦労はいつも主観的(自分的)なもので、
客観的な(傍から見てわかる)ものではないと思っています。

苦労はその人が「これは苦労だ」と思ったときに発生するものであって、
他人の意図とはまったく無関係なものです。

だから、傍からはどう見ても苦労だと思えるようなことでも、
当人が苦労だと感じないなら、苦労ではありません。
逆に、傍からはどう見ても苦労には思えないようなことでも、
当人が苦労だと感じるなら、苦労です。

自分の苦労を押し付けても、
他人には苦労であるとは思えないわけですから、
開き直る息子のようなことになりますし、
苦労したんだ~と同情してもらったところで、
自分にとっては苦労でないものは苦労でない、
ということになります。

ただ、不可抗力的な出来事のなかには、
相対的に言って苦労になる確率の高いものはあると思います。
Commented by enzian at 2006-08-11 23:54
yoko_f211さん、続き

ぼくが「若いときの苦労は買ってでもしろ」という言葉を好きになれないのは、
他人の苦労がわからないなら、そういう言葉を適切に使えるわけなどない、
と思うからです。
この言葉を安易に使う人は、
まったく逆に、ある人の生存をおびやかしているような苦労を
「苦労ではない」と安易に判断する人にもなりかねない、と思うのです。

ちょっと厳しすぎますね。
(こんなことを言うから堅物になる)
すいません。
Commented at 2006-08-12 01:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaori_yoshihara at 2006-08-12 15:10
>うまく言えるかどうかわからないのですが、
(この問題ってむずかしいね、汗)
ぼくは自分の意志でなにかをしようとして失敗することは、
それなりにしんどいことですが、この記事ではそういう障害は
苦労のうちにカウントしていないのです。
ぼくが苦労としているのは、
本人の意志とは無関係に降りかかってくる障害のことです。

(* ̄。 ̄*)なるほど!ちょっと分かっていませんでした。
これを読んでからしばらくつらつらと考えていたのですが、
「本人の意思とは無関係に降りかかってくる障害」がどういうことなのか
よく分からなくて、考える取っ掛かりをうまくつかめませんでした。
Commented by kaori_yoshihara at 2006-08-12 15:10
(続きです)
ただ、いくつか浮かんできた言葉があったので
引用で恐縮なのですが書いておこうと思います。
この言葉たちは、今辛さを感じている人に言って何かを伝えようとする言葉ではなく、
辛い時に、自分で見つけて、気に入ったらポケットにしまっておくのに
いい言葉かなぁと思います。

「逆境は恩寵であり、不遇は試練である」
(我が家の柱にかけてある週めくり格言集に書いてある言葉)

「『何かを行うこと、何かに耐えることの
どちらかで高められないような事態はない』
それが可能なら運命を変える
それが不可避なら進んで運命を引き受ける」
(フランクル著「夜と霧」より)

うまくつかめなかったことが、月の話を読んで胸に落ちたような気がします。
月の話は読むだけでも辛いです。当事者の方の辛さは想像も及ばないくらいだと思います。
私って本当に想像力がないなぁ・・・。(´へ`;)

なんだか、苦労の話にも月の話にもうまくコメントできないです。ごめんなさい(´-`)
Commented by aroomwithaview at 2006-08-12 17:02
もっと軽い意味での『苦労』を考えていました。
『可愛い子には旅を~』の旅の語源がtrouble(苦労、問題)とか言うのをどこかで読みました。その程度の『苦労』なら、自分のためにもなるのでしょうけれど、↑の月の話を読んで・・・enzianさんに同意です。

バラの花を摘もうとして、つぶされてしまったカタツムリ。(←わたし)
子羊の肉。歩くたびに、たぶん、犠牲になっている無数のアリたち。
オスを食べるメスカマキリ。
もし、動植物とお話が出来たら、人間は彼らにとっては『苦労』の種のような存在なのかもしれません。そんなふうに考えると、人間の言う『苦労』も、他の視点からみたら(たとえば宇宙人とか・笑)自然の一部として処理されるレベルになるのでしょうか?(と、とてつもなく抽象的ですみません)

そんなことに想いを馳せると、人間のいう苦労とは何なのだろう?と・・・余計わからなくなってしまいます。でも、『苦労』について考えるチャンスになりました。ありがとうございます。余談ですが、『苦』と『若』って似てますね。

まったく、まとまらないコメントで失礼します。ペコリ。
(記事があったのが嬉しかったんです)
Commented at 2006-08-12 20:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chinchudo at 2006-08-12 21:41
こんにちは~。

今回の記事やコメントの数々に共感するところが多かったので、
うまいこと考えが深まらなかったのですが、TBいたしました。

「苦労」から逃げ回ろうとは思いませんけれど、買いたくはないです。

またお邪魔しまーす。
Commented by enzian at 2006-08-12 22:06
鍵コメ2さま

>コチコチ

うん、よくないね。
いつものことだけど、今回のレスは特によくない。
みなさんの考えをちゃんと聞こうとせず、自分の意見を押し付けようとする傾向が
目に余るとは思っちゃいるけど、止められな~い♪(爆)

>社会的苦労抗体

そなたの言いたいことはそうであろうと思っていました。
同意します。が、次のような意見もあると思います。
そういう抗体のないのは周囲のぼくらにとってはしばしば迷惑なわけですけど、
当人はとても幸せなのかもしれませんよ。
どんなことも我慢せずに、ぶっちゃけることができるのですからね。(爆)
Commented by enzian at 2006-08-12 22:18
鍵コメ2さま、続き

>綱紀

やだね、そういうの。
鍵コメさんはマインドコントロールされないように気をつけて、
自分の幸せを追い求めて行ってください。
(言われなくても、そのつもりだよね。汗)
Commented by enzian at 2006-08-12 22:58
かおりさん

>これを読んでからしばらくつらつらと考えていたのですが、
「本人の意思とは無関係に降りかかってくる障害」がどういうことなのか
よく分からなくて、考える取っ掛かりをうまくつかめませんでした。

うまくつかめなかったことが、月の話を読んで胸に落ちたような気がします。
月の話は読むだけでも辛いです。当事者の方の辛さは想像も及ばないくらいだと思います。

ありがとう。
月の記事を書いてよかったです。

>この言葉たちは、今辛さを感じている人に言って何かを伝えようとする言葉ではなく、
辛い時に、自分で見つけて、気に入ったらポケットにしまっておくのに
いい言葉かなぁと思います。

そうですね。辛い最中の人に、外からかけられる効果的な言葉なんて
ないんじゃないかと思ってしまいます。
自分で、ポケットにしまって持っておく、それしかないような気がします。
Commented by enzian at 2006-08-12 23:10
かおりさん、続き

>「逆境は恩寵であり、不遇は試練である」
(我が家の柱にかけてある週めくり格言集に書いてある言葉)

いいかげんな感想をつければ、
「逆境」とはぼくの言うチャンレンジした際の“壁”のようなものであり、
「不遇」とはぼくの言う「苦労」に相当するのかもしれません。

>「『何かを行うこと、何かに耐えることの
どちらかで高められないような事態はない』
それが可能なら運命を変える
それが不可避なら進んで運命を引き受ける」
(フランクル著「夜と霧」より)

味わいのある言葉ですね。
過酷な運命のなかでも、なおかつ尊厳をもって生きる人がいたということ、
人間の可能性をフランクルは描こうとしたのですよね。

この記事で、これだけコメントがいただけるとは思いませんでした。
ありがたいことだなぁと思っています。
Commented by enzian at 2006-08-12 23:20
aroomwithaviewさん

>もっと軽い意味での『苦労』を考えていました。
『可愛い子には旅を~』の旅の語源がtrouble(苦労、問題)とか言うのをどこかで読みました。その程度の『苦労』なら、自分のためにもなるのでしょうけれど、↑の月の話を読んで・・・enzianさんに同意です。

はい。ぼくはコチコチの堅物ですから、(^^ヾ
苦労をかなり重い意味でとっているようです。

>バラの花を摘もうとして、つぶされてしまったカタツムリ。(←わたし)
子羊の肉。歩くたびに、たぶん、犠牲になっている無数のアリたち。
オスを食べるメスカマキリ。

それは、aroomwithaviewさんがしばしばお使いになるフレーズですよね。
それがずっと気にはなっているのです。
Commented by enzian at 2006-08-12 23:44
aroomwithaviewさん、続き

>そんなふうに考えると、人間の言う『苦労』も、他の視点からみたら(たとえば宇宙人とか・笑)自然の一部として処理されるレベルになるのでしょうか?

いえ、そうとは言えないと思います。
他の視点から見てどう見えるかということとは関係なく、
「わたしの苦労」は、そのものとして、事実として在るのです。
宇宙全体という観点からすれば一人の人間は点に過ぎないのでしょうが、
それでも、「わたしの苦労」という事実は、比類するものない
一つの事実としてあります。

>『苦』と『若』って似てますね。

あっそうですね。
語源的にはどうなんでしょうね。
chinchudoさんが詳しいかも。^^

このレス、まとまっているのだろうか??
Commented by enzian at 2006-08-12 23:53
鍵コメ3さん

それは事実なんでしょう。

お仕事を抱えておられて、
離れてもおられたのですから、
それはその通りなのだと思います。

でも、その通りだとぼくがたとえ言っても、
せんないことではあるのですがね。

そうそう。よかったら、
ぼくが次に書く記事をごらんください。^^
Commented by enzian at 2006-08-12 23:55
chinchudoさん、お帰りなさい。^^

>「苦労」から逃げ回ろうとは思いませんけれど、買いたくはないです。

ぼくは逃げ回ります。^^

TBありがとうございます。
これからゆっくり読ませてもらいます。
Commented by chinchudo at 2006-08-13 22:18
名を呼ばれたので参上しました! じゃん(^-^)V 。
(゜▽゜)☆\(-_-; ) シモシモ

さて、「苦」と「若」についてですが、結論から言うと、
似ているのは「偶然」であります。

「苦」は「艸(くさ)」+「古(音符)」から成った字で、
「にがみのあるくさ」が原義です。そこから派生して
「にがい」、「くるしい」になりました。

「若」は「髪をふりみだして手を差し出しているさま」+「口」で、
神託を受けているさまであり、「したがう」の意味です。
ちなみに「わかい」というのは日本の使い方です。

字源にはいろいろ説があるので、ご参考までに紹介でしたー。

p.s. コメントありがとうございました。
Commented by enzian at 2006-08-13 22:44
chinchudoさん(以前は枕中洞さん、って呼んでましたよね、あれ?)

ありがとうございまふ。
そうだったんですか。
「苦」はにがみのあるくさなんですか‥‥知らなんだ、知らなんだ、メモメモ。
当然ながら、「若」の原義は知りませんでした。
なるほど‥‥そうなっていたのか、メモメモ。

もう一つのブログへのコメント、ありがとうございました。
朽縄木菟さんにお知らせしておきました。
朽縄木菟さん、きっと喜ぶと思います。^^
Commented by aroomwithaview at 2006-08-14 18:45
enzianさん、場所をお借りします。

chinchudoさん、丁寧にご回答ありがとうございます。
知りませんでした。また、ひとつおりこうになって嬉しいです。
日本で働いているアメリカ人の友達が、もらしていました。
“こんなにたくさんの漢字を仮に丸暗記したら、そのおかげで、ぼくが会社のために出来ることが出来なくなるだろう”
日本語の先生が、とっても退屈な人らしく、丸暗記を強いるようです。
あまりに無意味だと思って本屋で見つけたのが、chinchudoさんの説明のように漢字の原義を説明してくれる本だったそうです。そのおかげで、日本語が楽しく学べるようです。

長くなりました。

enzianさんへ

>このレス、まとまっているのだろうか??

はい、はい。
わたしのコメントがまとまっていないから、レスしにくかっただろうな・・・と思いました。
enzianさんの言わんとしていることは、伝わりました。
わたしが、変なところへ話を膨らませて主題からそれていただけです。スミマセン。
Commented by enzian at 2006-08-14 21:29
aroomwithaviewさん

漢字の語源ってすごくおもしろいですよね。
伝わっていて、よかったです。
ちなみに、今回話しがそれたということはありませんが、
いろいろ話してもらえる方が、知的刺激があって、おもしろいのです。^^
Commented by 歩く葦 at 2006-10-27 13:16 x
苦労は嫌いです。若いときに苦労したからって、年をとって苦労がなくなるわけじゃなし・・・。
人生は苦労の連続です。買う必要はありません。せめて、苦労を感じない時があったなら、そのときぐらいは歩きましょう!

Commented by enzian at 2006-10-27 23:42
歩く葦さん

>苦労は嫌いです。若いときに苦労したからって、年をとって苦労がなくなるわけじゃなし・・・。

一人当たりの苦労の量が決められているなら、
若いときに消費してしまえば、後は楽でしょうが、
そういうわけにはいきませんからね。

葦は歩くの?笑
Commented by 歩く葦 at 2006-10-31 18:51 x
ありがとうございます。
私は一本の葦にすぎません。偉大でもありません。
でも、自分の足で歩けます。他者の力を必要としながらも。ただそれだけなのです・・・。
Commented by enzian at 2006-11-04 08:08
歩く葦さん

>他者の力を必要としながらも。

この一文を足すところが、現実的ですね。

<< 「守ってあげられなくて、ごめん。」 metamorphosis >>