「送ったのは能面」

ヤフーニュースのトピックスを見ていたら、「○○が△△側に送ったのは能面」というのがあって、○○も思い切ったことをやるのね、とひとりきゃっきゃっと喜んでいた。○○と△△は芸能人カップルで、○○が女性。要は、度重なる△△の御乱行に、ついに○○が三行半を突きつけた、というわけなのだ。人ができちゃった結婚しようが、別れまいが芸能レポーターでないぼくには関係のないことだが、その能面の種類がなんであるのか、は気になった。

自分だったら、送りつけられて一番イヤなのはなんだろうか。明らかに怒っている般若(はんにゃ)*や鬼太鼓面(おんでこめん)なんかは、さして応えないだろう。というか、むしろ逆効果で、反省するどころか逆切れしてしまうかもしれない。翁(おきな)であれば、それなりに効果がある。あの笑いは決して ^^ や (^0^)/ といった平和的なものではなく、その背後には、にこやかに笑って「おこしやす」とかなんとか言いつつ隣室にはしっかり逆さ箒が立てられているような、京都的一見さんお断り精神が禍々しくとぐろを巻いているような気がする(お前は京都が好きなんじゃなかったのか)。裏にあるものが怖いのですな。

やっぱり(なにがやっぱりかわからないが)、一番イヤなのは、小面(こおもて)だろう。あれは勘弁して欲しい。翁の表情は裏の意味を想像させるけど、そもそも表情のないものに表(=面)も裏もないのだ。あのウルトラ無表情**で夜中にじりじり近寄って来られたら、「極めて遺憾でありました」などと余裕をかませるはずもなく、正座に三つ指ついて、「ごめんなさい、わたしが悪うございました」云々、と心から謝罪の言葉を縷々述べざるをえない。――そんなこんなをあれこれスリリングに考えていたのだが、翌日よく見たら、「送ったのは書面」だった。

*仏教の真理を意味し、般若の面は仏教の真理をめざす際の強い意志を表すとされる。**ひとつの(無)表情で、喜怒哀楽を含むすべての精神状態を表現すると言われる。

by enzian | 2006-11-06 23:44 | ※テレビ・新聞より | Trackback(1) | Comments(2)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/5997063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 大谷大学仏教学科blog at 2006-11-09 11:16
タイトル : 如来と悪魔
enzianさんの「小さな哲学~雑想の世界」というブログの「送ったのは能面」というエントリで、「般若(はんにゃ)」という言葉の注として次のように説明されていた。 *仏教の真理を意味し、般若の面は仏教の真理をめざす際の強い意志を表すとされる。 こんな解釈もあるの..... more
Commented by coeurdefleur at 2007-01-06 16:14
ふ~ん、・・・

TBの記事を読んできました。
確かにああいう風に考えると「真理」(真実)は最も見たくないものかもしれない。
おおむね人は「本当のこと」が一番痛かったりするから。

明治神宮は(もw)未踏なのですが、あそこのおみくじは吉凶ではないのだそうですね。
明治天皇と昭憲皇太后の残された膨大な御製・御歌の中から道徳的な指針となるものを選び、「大御心(おおみこころ)」として授与されている
と、初詣でおみくじを引いた友人が書いていました。
彼女の大御心は、
「しのびてもあるべき時にともすれば あやまつものは心なりけり」
だったそうです。
なすが堪忍、するが堪忍。

ちょびズレました?
私の脳内では繫がっているのですが^^;
Commented by enzian at 2007-01-06 18:06
柊さん

>TBの記事を読んできました。
確かにああいう風に考えると「真理」(真実)は最も見たくないものかもしれない。
おおむね人は「本当のこと」が一番痛かったりするから。

柊さんは、ネット上での踏破力がすごいですね。
TBを受けたぼくでさえ忘れていたのに‥‥
そう言えば、TB記事を書いた方に、仏教の真理をめざす際の強い意志を表す云々
の解釈の典拠先を知らせるとかなんとか言っていて、そのままになっていたことを
思い出しました。(^^ヾ

本当のこと、が一番鋭い刃物になりますね。

ぼくは明治神宮には行かないと思いますが、こちらの急所を衝く歌です。
なすが堪忍、するが堪忍、大切ですが、
これは独りっきりであれこれしようとしても、できないことかもしれません。
ですが、ぼくの新着記事を見れば、きっと元気が出てきますよ♪^^

>ちょびズレました?
私の脳内では繫がっているのですが^^;

ズレてはおらぬ、と脳のフィーリングが伝えております。^^

<< 須磨海岸でコロンコロンする、の巻 源流からの距離 >>