『わたしのいもうと』(松谷みよ子)

b0037269_0121892.jpgいま小学校や中学校や高校で起きているいじめについては、四六時中そのような現場に詰めているわけでもないぼくには、なにごとかを言う資格はない。

それでも、そういう学校でいま起きているいじめを苦々しく思いつつ、日々の仕事をしている。なんのことはない。いまの大学生の何パーセントかが、かつて酷いいじめを受けていた小学生や中学生や高校生であったからだ。

そういう人たちは、傍目からもなんとなくわかる。人目についてしまって再びいじめられることのないよう、自分を覆い隠す無数の仮面を選択することに汲々としながら、周囲の視線におびえつつ、心安らぐことのない張り詰めた生活に疲れ切っていることが見てとれるからだ。傷の根は深い。こちらとしてはそのような傷をどうこうできるわけでもなく、いたずらに4年(4年であれば上出来なのだ!)の歳月が流れ、同じ傷をこれからも背負って生きてゆくだろう背中を、卒業式で送り出すことになる。

いじめの恐ろしさは、いじめられた者の人格や存在を短期的に否定したり無に等しくすることばかりではない。いじめという行為が終わっても、その影響は長く、かつていじめられた者の心をじわじわと蝕んでゆくのだ。そうした影響力が、松谷みよ子の『わたしのいもうと』に描かれた「いもうと」を完全に無きものにするまでに要した時間は、7年だった。

  「わたしを いじめたひとたちは もう わたしを わすれて しまった でしょうね
  あそびたかったのに べんきょうしたかったのに」

*ちなみに、この本をいじめを抑制するために学校に置いたところで、さして効果はないだろう。むしろ、自分たちの行為がいかに効果的なものであるかを教えて、いじめる者を勇気づけることになりかねない。

by enzian | 2006-11-19 15:41 | ※好きな絵本(コミック) | Trackback | Comments(22)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/6063655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tumi8231 at 2006-11-25 09:00
初めまして!
不躾ですが、大学の講師をされている方でしょうか?

現在、都内在住の大学生です。
私も、かつて加害者・被害者の側に立ったことがある人間です。
イジメの傷(後遺症)は、対人関係を作る上で未だに癒えていません。

>周囲の視線におびえつつ、心安らぐことのない張り詰めた生活に疲れ切っていることが見てとれる

こんな風に学生を見る方がいらっしゃるとは思いませんでした(゜ロ゜;)!!
もし宜しければ、リンクさせて頂けないでしょうか?
宜しくお願いします


Commented by enzian at 2006-11-25 10:42
tumi8231さん、はじめまして。

>こんな風に学生を見る方がいらっしゃるとは思いませんでした(゜ロ゜;)!!

ぼくだけじゃなく、教師であれば、それぐらいの目は持っていますよ。
ただ、それを易々と学生に悟らせたりはしませんから、
tumi8231さんが気づかなかったのも、無理はありません。
(あぁちなみに、意図的に悟らせようとする場合もありますよ、
ぼくのこの記事のようにね。^^)

リンクは歓迎いたします。
よろしく、です。
Commented by yachiem at 2006-11-25 11:02
このお話、読んだことが無かったです。
読んでみます。
Commented by enzian at 2006-11-25 20:17
やちさん

けっして、読んでよい気分になるような本ではないのですが、
実話に基づいたものということで、現実を伝える本です。
Commented by gauche3 at 2006-11-25 23:50
僕はこの本を読んだことが無いのですが、脇からディスプレイを覗き込んでいた小学生の息子が、「あっ!これ知ってるよ!」、と叫んでいました。
学校の先生が授業中に読んでくれたそうです。

「どうだった?」、と尋ねると、
「んっ?・・分かんねぇ・・ひどいなぁって思った」、と言っていました。

『中学生とかになったときに、そういった場に出くわしたら、この本のことを思い出すんだろうか?』
息子の答えを聞きながら、ふとそう考えたとき、息子がどちらの側にも入っていないことを、勝手に決め付けている自分が居ました。
昔も今も、僕は傍観者であったのかも知れないなぁ、って思います。
Commented by enzian at 2006-11-26 10:18
猿夫さん、ずいぶんと、ご無沙汰しております。(^^ヾ

このテキストを授業に使う学校は多いようですね。
先生も、なにかやらずにはいられないのでしょう。
現場の先生方のご苦労を思います。
授業をしたことに意味があればいいですね。

>昔も今も、僕は傍観者であったのかも知れないなぁ、って思います。

自分が傍観者でなかったと言い切れる人もすごい、とぼくは思います。
傍観者を責めるような論調もありますが、
傍観には止むをえぬ保身という側面もありますし、むずかしいです。

Commented by ゆう子 at 2006-11-26 22:40 x
はじめまして。
私は中学生で、「哲学ってなんかよくわかんないけど、面白そう!」と思って検索したらこのHPにたどり着きました。
実際に面白かったです。もう少し調べてみるつもりです!
・・・好奇心だけは旺盛なもので。

うちの学校でも、やっぱりイジメはあります。
「なんか言わなくっちゃ」と思いつつ、「やめろよ!」って言う勇気もなくって、変に葛藤してしまいます。
室長の責任とか、昔いじめられていたときの記憶とか、いろんなことが一気に巡って、結局傍観者なんです。
どうしてなのか、自分でもよく分かりません。

でもこの本を読んで、一度考えてみようと思います。
ありがとうございました!



Commented by enzian at 2006-11-26 23:26
ゆう子さん、はじめまして。
コメント、ありがとう。

中学には哲学という授業はないでしょう?
それでも、哲学に興味をもつなんて、あなたは将来、有望ですね。^^

室長というのがあるのですか?
その人が教室のことを見ていたりするわけ?

傍観者になるというのは、
そうなってしまうような理由があるのだと思います。

好奇心は大切ですよ。
どうかいろいろ調べてみてください。
Commented by usagi-kani at 2006-11-29 06:12 x
enzianさん、お久しぶりです。
イジメがたいへんな社会問題になってますが、そのうちニュースとしての価値がなくなると、話題にもならなくなるんでしょうね。イジメはなくならなくても。
大騒ぎの最中でも、冷静に見る目を持っていくことが大事でしょう。

いじめる人たちは、こういう本を読んでも何も感じないんでしょうね。感じるようであれば最初からイジメなんてしないし。
授業で使って効果のほどは…どうなんでしょう?
Commented by enzian at 2006-12-02 08:44
usagi-kaniさん

レスが遅くなって、申し訳ございません。

>イジメがたいへんな社会問題になってますが、そのうちニュースとしての価値がなくなると、話題にもならなくなるんでしょうね。イジメはなくならなくても。
大騒ぎの最中でも、冷静に見る目を持っていくことが大事でしょう。

そう思います。
このような問題がいったん起きると、
政府は自分たちは責任を果たしているという
“アリバイ作り”のために(ちょっと言いすぎかな‥‥)、
マスコミは視聴率追求のために、、
芸能人は自己顕示欲充足のために
さまざまな、かつ、無責任なリアクションを起こしますが、
基本的に、ぼくはそのようなモードに興味はありません。

連鎖的ないじめ自殺が続く限りはニュースとしての価値をもちますが、
それが収束し、しばらくすれば、それまでやかましくなにごとかを
語ってきた人たちは、すっかり事実を忘れるでしょう。
Commented by enzian at 2006-12-02 08:58
usagi-kaniさん、続き

>いじめる人たちは、こういう本を読んでも何も感じないんでしょうね。感じるようであれば最初からイジメなんてしないし。

同感です。
読まないと思いますし、
たとえ読んでも、バリアーをつくった心には響かないと思います。

>授業で使って効果のほどは…どうなんでしょう?

すでにいじめをしている人のいじめを抑制することはあまり期待できないと思います。
むしろ逆に自分たちの行為の効力を約束することになりかねないように思いますが、どうでしょうか?ただし、いじめが好ましくない、と感じている、いじめに対して意識の高い人たちにとっては、自分の思いを正当化する、という効果は期待できるかもしれない、そういう風に思っています。一方で、マイナスの思いを助長し、他方で、プラスの思いを助長して、両極端な結果になるやもしれません。
Commented by Honig-Biene at 2006-12-02 17:01
お久しぶりです(^^
カエルがキノコに顎を乗せているTOP画像が気になります。
人間も寄り添いあうイキモノのはずなのに、怖いですね。
先日、「いじめ」について持論を展開したら反論を喰らって凹みました。

この絵本をわたしは知りませんでしたが、
ムーミンの「首に鈴をつけた女の子」みたいなお話でしょうか。
存在を否定されることほど悲しいことはありませんね。
Commented by enzian at 2006-12-03 00:17
Honig-Bieneさん

ごぶさたしておりまする。
お元気ですか?^^

>カエルがキノコに顎を乗せているTOP画像が気になります。

なかなか珍しい写真でしょう?
ピンボケなんですが‥‥(^^ヾ

>人間も寄り添いあうイキモノのはずなのに、怖いですね。

たしかに寄り添わないと生きていけないですね。
もたれかかり過ぎな人がいるのでしょうか。

>先日、「いじめ」について持論を展開したら反論を喰らって凹みました。

どんなのですか?
おじさんに言ってごらん。^^

>この絵本をわたしは知りませんでしたが、
ムーミンの「首に鈴をつけた女の子」みたいなお話でしょうか。

それはどんな話ですか?

>存在を否定されることほど悲しいことはありませんね。

そうですね。
そして、それが最も破壊力のある武器だと知っているから、
いじめる人はその武器を使うのですね。
Commented by 畠中です at 2006-12-11 21:04 x
先生、お久しぶりです!
覚えていらっしゃいますか?畠中です。現在上海に引っ越してニートしてます。
日本にはあれ以来帰国していません……。

最近前の仕事を夫の転職の都合でやめてしまったのですが、絵本に興味は持ち続けています。

さてこの本、前の仕事の時にいろいろネットサーフィンをしている時に見ました。テキストだけは読んだのですが、海外にいるせいでまだ実物を読むことができていません。

ところでいじめによる自殺連鎖は連日ネットニュースでも取り上げられ、現在ニートの私は一日中ネットに張り付いているので、もちろん存じ上げておりました。
最近の日本の小中学生、高校生の現状が分からないのでいじめについてはなんとも言えないんですが、根底になんとなくアイデンティティの弱さ、というか希薄さがあるような気がします。

しかし一方で異物を排除しようとするのは動物の本能的には正常なことなのかな、とか考えてしまいます。(それが良いか悪いかは置いといて)
Commented by enzian at 2006-12-11 22:50
畠中さん

久しぶり。
忘れるわけないじゃん。(苦笑)

そうですか、あの職場をやめてしまったのですか、
ちょっと残念ですね‥‥

この本は、一度は手にとって見てもらいたいです。
絵のタッチが、とてもストリーに合っています。

>根底になんとなくアイデンティティの弱さ、というか希薄さがあるような気がします。

そうですね。
いじめは相手のアイデンティティを否定する行為ですが、
これは、裏を返せば、いじめる人のアイデンティティの脆さを示しているのでしょうね。
鷲田さんはそのような考えでしたね。
Commented by enzian at 2006-12-11 22:53
畠中さん、続き

>しかし一方で異物を排除しようとするのは動物の本能的には正常なことなのかな、とか考えてしまいます。(それが良いか悪いかは置いといて)

異物というか、他者を排除するのは、
どんな動物ももっている本能ですよね。
でも、人間のいじめは、本能以外の、
理性にもかかわっている、と思いますよ。

日本に帰ってきたら、遊びにきてください。^^
Commented by 畠中です at 2006-12-11 23:17 x
わーい!タイミングよくレスがついてて嬉しいです。
前の職場は、実は私の都合だけでなくて部署の縮小などの事情があって、ある意味やめざるを得ない状況だったんですよ。でもいつかはまた同じような業界で働けたらなーなんて思ってます。

いじめは世界中どこにでもあるみたいで、実は私もそういう不安から子供を持つことをためらってしまっています。ま、どのみち今はいらないんですけど。

でも自分の子供には生まれながらにしてアイデンティティに関しては重荷を与えてしまうな、と杞憂かもしれませんが考えてしまいます。

私は今とっても先生に会いたいです!夫も元気に働いてます。次回帰国の際には日本語を教えておきますのでいろいろと話をしてやって下さい。
Commented by enzian at 2006-12-11 23:47
畠中さん

>ある意味やめざるを得ない状況だったんですよ。

そうですか。
そうじゃなきゃ、やめないですよね。
畠中さんには格好の職場でしたからね。

>いじめは世界中どこにでもあるみたいで、実は私もそういう不安から子供を持つことをためらってしまっています。ま、どのみち今はいらないんですけど。

それは論理が逆で、
どこにでもあるなら、迷わず子どもを持つ、ってことになるんじゃないの?^^

>でも自分の子供には生まれながらにしてアイデンティティに関しては重荷を与えてしまう‥‥

‥‥かもしれない、と思ったのだけど、
それでもお父さんとお母さんはあなたが欲しかったの、
と言えばわかってくれるんじゃないですか?

>私は今とっても先生に会いたいです!夫も元気に働いてます。次回帰国の際には日本語を教えておきますのでいろいろと話をしてやって下さい。

今度は、中華料理じゃないのを食べに行こう。^^
Commented at 2007-08-27 12:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2007-08-27 21:38
鍵コメさん

お話していただき、ありがとうございます。
いじめのきっかけとしてありがちな話なんだろうなぁ、
と思いつつ読ませてもらいました。

いじめる側になるか、いじめられる側になるかは紙一重ですね。
また、いじめられたことが致命的な影響を与えるか与えないか、
も紙一重の差なのかもしれません。
確かなことは、いじめられたことが決定的な傷になって
それを生涯担って生きていかねばならない人がいることでしょう。

なにはともあれ、お子さんたちが楽しい学校生活を送っておられるということで、
なによりだと思います。
Commented by はなや at 2009-01-26 12:00 x
幼稚園の子に聞かせたい本を探してたどりつきました。
学校の教材にもなっているという本。
先生方には
勇気を持って助けたいと立ち上がるのは大事、と導いて頂いてることも知りました。
でもそれが少数の場合、その子もターゲットになってしまう
だから一人がかばってるから、自分はいいや、
ではなく
かばう人も多数になるようにしてほしい
いじめた子を逆にいじめるようになってはいけない
許す強さを持ってほしい、
そこまで話をしてほしいなぁと思いました。
Commented by enzian at 2009-01-27 23:34
はなやさん

この本を幼稚園のお子さんにお読みになるのですか?
かなりストレートに死を扱っていますので。

この本を学校の教材に使うには
相当の工夫と配慮が必要だと思います。

>かばう人も多数になるようにしてほしい
いじめた子を逆にいじめるようになってはいけない
許す強さを持ってほしい、
そこまで話をしてほしいなぁと思いました。

そうですね。
そして、そういったいじめへの対処法と同時に、
そもそも人間が尊敬するに値するということを
学校の人間だけでなく
子どものそばにいる人間が身をもって
示す必要があるのでしょう。

<< 「批判」の意味 スペクトラム >>