超短距離走

何度か記事にしていることですが、いつも、人との距離感はむずかしいと思います。それは自分自身の問題でもありますし、仕事上でいやというほど直面する難問でもあります。人にはそれぞれ安心できる、人との距離感がありますから、“ほどほどの距離”といったスタンダードがあるのかどうかわかりませんが、目立って長距離の人、目立って短距離の――というか、ゼロ、ときに相手にめり込んで距離が “マイナス” にさえなっている――人がいることは、ご承知の通りです。

ほうっておけばいいのですが、ほうってはおけない境遇を選んだ身の上。わずかな経験から言うと、長距離な人をほどほどの距離に近づけることは比較的容易だと思いますが、距離がゼロないしマイナスの――トラックを逆走しそうな?――超短距離な人を遠ざけるのは、至難の技だと思うのです。家族も学校も捨て去ってアウトオブローな男に向かって全力疾走する女子学生(vice versa)を “説得” できたことは、ただの一度さえありません。それは自分の仕事の範疇を超えていることだと知りつつも、やはり下手に説得しようとして敵視されることもしばしばなのです。

by enzian | 2007-02-12 11:10 | ※キャンパスで | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/6468136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jumpin_upanddown at 2007-02-12 18:10
こんにちは〜(なんて珍しく挨拶してみる)

>アウトオブローな男に向かって全力疾走する女子学生

それに至るまでの助走が長いんで、スタートしたときに止められないのかもしれませんね。

>短距離の――というか、ゼロ、ときに相手にめり込んで距離
これってストーカーとかも当てはまりそうな気がしますね。
Commented by kaori_yoshihara at 2007-02-12 21:31
こんばんは~(↑ちょっと真似。スミマセン)

ええっと、わたしは超短距離走の傾向がありますねぇ。。。
(でも、恐がられたりするのはイヤですねぇ。。。)
かと思うとなかなか人になじめなくて超長距離走になってしまったりします。
Commented by enzian at 2007-02-12 21:38
jumpin_upanddownさん

こんばんは~(なんて、NHKの歌のおにいさんぐらいにさわやかに挨拶したりする。^^)

>それに至るまでの助走が長いんで、スタートしたときに止められないのかもしれませんね。

う~ん、なるほどそういうことなのでしょうね。
さすがjumpin_upanddownさん。
人によっては中学生や高校生ぐらいのうちから
ウォームアップをはじめているのかも。(^^ヾ

>短距離の――というか、ゼロ、ときに相手にめり込んで距離
これってストーカーとかも当てはまりそうな気がしますね。

そうなんです、そうなんですよ。(>_<。)
Commented by enzian at 2007-02-12 21:41
かおりさん

こんばんは~(NHKの‥ \(-_- ヒツコイ

>ええっと、わたしは超短距離走の傾向がありますねぇ。。。
(でも、恐がられたりするのはイヤですねぇ。。。)
かと思うとなかなか人になじめなくて超長距離走になってしまったりします。

そうなんですか?
ぼくが記事で書いた超短距離走の人は、
人目なんぞまったく気にしていないですよ。

なるほど、超長距離ってものありますね、そっか~
Commented by 座敷童 at 2007-02-13 00:36 x
コンバンハ。(民放風で)
香水かと思いました。ヴァイスヴァーサ。
アウトオブローな男をバルカン半島まで40年追いかけた人がいます。
「一緒にいられるだけで良い」
私の知る限りの超長距離ランナー。
勿論、説得なんて40年間、聞いちゃいません。(継続中)
で、どこが良いのと聞いたら。「顔」って・・・
顔か・・・。
せんせー、アウトオブロー太郎より男前を用意して説得に挑んで下さい。
Commented by 毒きのこ at 2007-02-13 18:49 x
>全力疾走する

それはそうと
enzianさんが
学生時代に
全力疾走したであろう時のことが
気になりまする~(・。・)
Commented by enzian at 2007-02-14 23:55
座敷童さん

コンバンハ~

>香水かと思いました。ヴァイスヴァーサ。

なるほど。
文脈的にはそうとれるね。(^^ヾ

>アウトオブローな男をバルカン半島まで40年追いかけた人がいます。
「一緒にいられるだけで良い」
私の知る限りの超長距離ランナー。
勿論、説得なんて40年間、聞いちゃいません。(継続中)
で、どこが良いのと聞いたら。「顔」って・・・
顔か・・・。
せんせー、アウトオブロー太郎より男前を用意して説得に挑んで下さい。

さすが、ヨーロッパの火薬庫。
じゃ、ダイナマイトなフィロソファーが行こうか?
Commented by enzian at 2007-02-14 23:57
毒きのこさん

>それはそうと
enzianさんが
学生時代に
全力疾走したであろう時のことが
気になりまする~(・。・)

あたいはいつも全力疾走だす!!(ぜったいウソだっ!)
Commented by bucmacoto at 2007-02-16 01:17
わんばんこ♪ (古いて)

逆もまた真なり っていうけど、裏もまた真実とは聞きませんね。
いえ、生まれて初めて vice versa の意味調べしました。

表の命題が真であれば 対偶も真であるのは自明ですが、ときどき思うのです。 「裏の裏の裏」 という表現は実は 「裏の逆の裏」なのではないだろうかって。 そうだったら単に 「逆」 をひねって言っているだけということになってオモシロイかと。

ちなみに 「裏の逆」と「逆の裏」が不一致な論旨に出会うと、矛盾なのかレトリックなのか迷いませんか?
Commented by enzian at 2007-02-17 13:37
bucmacotoさん

vice versa を厳密に使いたいなら、この文章のままでは
まずいでのですが、ここでは、
まっいいかっ、ぐらいの感じで書いてあります。
無意識的に、わざとぼかさねばならない故もあるのやもしれません。

>ちなみに 「裏の逆」と「逆の裏」が不一致な論旨に出会うと、
矛盾なのかレトリックなのか迷いませんか?

文章をどのような立場で読むか、によります。
論理学の授業に使う例文や論文に対するときと、
軽い文章を読むときではちがいますし。
Commented by manchester at 2007-03-12 15:36 x
こんにちは~~~♪

超短距離さんですか。
私はどちらに傾くこともできるので心境はわからなくもないです(?)
超短距離モードになっていると、客観的な “説得”を受け容れられないのでしょうか。
必死で「全力疾走」するあまりに。
というか、全力疾走していると他に何もできませんよね。
まさにそんな状態なんですかね。
Commented by enzian at 2007-03-12 21:13
manchesterさん

こんばんは。

>超短距離さんですか。
私はどちらに傾くこともできるので心境はわからなくもないです(?)

おーいろんな距離をこなせる選手なの。^^

>超短距離モードになっていると、客観的な “説得”を受け容れられないのでしょうか。

受け入れてくれないんだよ~おろろ~ん。(>_<。)

<< 人に道を尋ねない 湯船ナルシスト的妄想 >>