なんの役にも立たないことをしてはいけないのか?

なんでもいいから人のためになりたい、と言う人がいる。自分の体を使って人のためになろうとする人もいるし、人が必要とする物(モノ。目に見えないものも含む)をつくって人のためになろうとするもいる。そういう人たちを見ていると、こっちまでやさしい気持ちになれるし、やっぱり人間っていいなぁと思えたりする。そんなことにナンクセをつけるほど、バカじゃない。

でも。だからといって、なんの役にも立たないことだからやっちゃいけない、なんてことにはならない。自分がすごくおもしろいと思ってやっていることをふと考えてみたら世の中の役には立ちそうにないから‥‥、なんて変に自信をなくしたり、まして、それを理由にしてやめてしまう必要なんかない。大きな目的があるのはいいことだし、目的に向かっていちばんいい手段を考えるのは大切なことだ。だけど、そういう目的と手段のつながりから外れたものだから捨てないといけない、理由づけがうまくいかないから控えなくちゃいけない、なんて思わない。

ある本のキャッチフレーズにはこう書かれていた。「受験の役には立ちませんが、人生の役には必ず立ちます――」。この先の受験の役に立たなくても、ひょっとすると人生の役に立たなくても‥‥要はなにか別の大いなる未来の目的のためにはからっきし役立ちそうになくても、それが今 “おもしろい” と思えるならやっていい。ただし、その結果として人を悲しませることがなるべく少なくて済むような工夫はいる。そういう意味で、先の見通しは必要なのだと思う。

by enzian | 2007-03-18 11:54 | ※その他 | Trackback | Comments(22)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/6617760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bucmacoto at 2007-03-18 13:39
いいなー。 これほど平易で、かつ浮わつかない記事が書けるなんて。
ここまで歴然と力量が違うと 羨ましいけど発奮はしなくなりますね~♪
 あきらめたっていいのですよね?(笑)
Commented by enzian at 2007-03-18 21:36
bucmacotoさん

Σ( ̄□ ̄;) ハッ!!ほめられている‥‥
一生懸命自己弁護しているだけのような気もしますが、
ありがとうございます。
Commented at 2007-03-18 23:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2007-03-18 23:42
鍵コメさま

初めまして。
コメントありがとうです。

>元気

そうですか。
このごろ、ちょっとシニカルなことばかり言っているので、
もう少し考えないといけないですね。(^^ヾ

鍵コメさんのところ、少し、拝見しました。
きっと、また、行くかと‥‥^^
Commented at 2007-03-19 02:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 毒きのこ at 2007-03-19 10:31 x
これみよがしに役に立つかどーかだけで
チョイスばかりしていくと
虚しくなりそーですね

やっぱ
興味やら望むピュアな気持ちを
大切にしていけたらいいですよね^^


PS  モスキート聞こえませんでした あちゃぁ~(><)
Commented by enzian at 2007-03-19 22:42
鍵コメ2さん

ここではぼくはセンセイじゃないのだから、
勉強させてもらってる、なんて、言わないの。^^

おもしろそうなので、行きますよ。
Commented by enzian at 2007-03-19 22:43
毒きのこさん

>興味やら望むピュアな気持ちを
大切にしていけたらいいですよね^^

そうですね。
風邪はよくなりましたか?
Commented by 座敷童 at 2007-03-23 01:57 x
スキマ産業が好きです。
人が勉強していることの揚げ足を取るためにちっさいスキマをいっぱい探すのは
もっと好きです。
そういえば、ちょっと前に友人が撮ってきた写真を見ました。
「地雷原の中に転がっている、サッカーボール」
Commented by enzian at 2007-03-23 23:41
座敷童さま

人と同じことをしていてもおもしろくないから、
スキマを探すのはおもしろいね。

>「地雷原の中に転がっている、サッカーボール」

埋められたままになっている地雷を取り除いている人もいますし、
新たに地雷をつくっている人もいる、人間っていろいろですね。
Commented by coeurdefleur at 2007-03-25 12:32
役に立つかどうかなんて分からないもの~
どんなことだって、
いつか誰かの役に立つことがあるかもしれない確率はゼロじゃないし、
役に立つってなんだろう、どういうことだろうと思ったりもします。

ダンナ、クリアなやつを仕入れてきましたぜ。>モスキート音
あれならenzianさんも聴こえるのでは?^^
Commented by enzian at 2007-03-25 19:43
柊さん

>役に立つってなんだろう、どういうことだろうと思ったりもします。

なにをもって「役に立つ」と言うのか、いろいろな立場がありそうですね。

>あれならenzianさんも聴こえるのでは?^^

なぜか一つだけ聞こえないのがあったけど、それ以外は聞こえました。
やっぱ、若いのかな、ぼくちんって(アホか(^^ヾ)。
Commented at 2007-03-25 21:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2007-03-25 22:22
鍵コメさん

ぼくは16kHz以外はすべて聞こえたよ、勝った!^^
Commented by dozen at 2007-03-27 17:21 x
お久しぶりです。こちらでは。
いったいいま何処で何をしてらっしゃるのでしょうか。

哲学ってなんの役に立つんだろー、ってもう考えなく
なりましたね。考えなくなったっていうか引っかからな
くなったのかも。

いま読んでる本に「なぜ太陽は明日も昇ると信じるのか、
と問われたらどうするか」とか書いてあるんですけど
ほんとなんの役に立つんだろうかですよね。

でもそれでもいっか、と思います。テキトーですかね。

それよりぼくも南の島行きたいです(笑)

Commented by tone-color at 2007-03-28 20:39
私にとって簡単に意味のあるものになった気持ちにもとづいた仕事。でも周りの家族には理解できない気持ち。だからその仕事に就くことを反対されました。
私が今している家族も納得する意味のある仕事と、
私だけが意味のあるものとしてある仕事。
私は家族も反対しない仕事を続けることにしました。でも、
私にしかわからない気持ちの意味の仕事だって
本当はありなのかなって今だに納得できないでいます。
Commented by enzian at 2007-04-01 17:39
dozenさん

>それよりぼくも南の島行きたいです(笑)

行けば?
Commented by enzian at 2007-04-01 18:00
tone-colorさん

ぼく自身は自分のしたい仕事を選んで、そのこと自体は非常に満足している
わけですが、わがままを通した一方で、家族には迷惑をかけました。
たぶん、一族の未来を絶ってしまったと思います。
そういう意味で、この仕事をしている限りは、
受けた恩を仇で返したという思いは頭の片隅に残り続けると思います。
逆の選択をしていても、tone-colorさんのように後悔をしたでしょうし、
なかなかすっきりとはしません。
Commented by manchester at 2007-05-02 22:05 x
おひさしぶりです×100(泣)。
ネット繋がりました!!!!!!!!!!!!!!!!!
(って、閲覧している時点で繋がってますよね)
キカイが苦手&嫌いなので配線&パソコンと格闘してました(涙)。
(妹がバックアップを全てとってくれてましたがそれでもイヤで・・・(-_-メ)

先日、とある大学の広告で、「社会に適応する人材を育てる」
とかいうコピーを見かけてゾッとしました。
これはenzianさんに報告せねば、と思いまして。
というのも、
「ここは普通の人間を育てるところじゃないから、
ヘンな服を着てる人が居てもいい」
と言われたのが非常に嬉しかったものですから。

一ヶ月分の記事、これからゆっくり読ませて頂きます。
Commented by enzian at 2007-05-03 10:54
manchesterさん

おひさしぶり。
ネット繋がって、よかったね。

>「社会に適応する人材を育てる」

ぼくらは「人材」という言葉は使いません。
人間は道具じゃありませんからね。

社会のための人間があるのではなくて、
一人の人間のために社会があるのです。
Commented by manchester at 2007-05-03 12:06 x
>社会のための人間があるのではなくて、
>一人の人間のために社会があるのです。

なるほど!!
「人間は道具じゃない」という理屈で「人材」という言葉を使わないのは
知っていましたが、その先の主張を知らなかったのです。

社会のための人間の寄り集まりだったら、
何(誰)のための社会なのかだんだんわからなくなってきそうですものね。
Commented by enzian at 2007-05-03 12:28
manchesterさん

>社会のための人間があるのではなくて、
一人の人間のために社会があるのです。

社会のための→社会のために
しくじった‥‥

<< 水の美味しさ 大人になると聞こえなくなるもの >>