重ね着

雑誌『AERA』のコラム「今という時間(とき)」に掲載されたエッセイです。その後、この文章はけっこういろんなところでパクられました。それも、よ~く売れている本でね。

陽の射し込む教室で授業をしているときに、後ろの方でキラキラ光るものが目についた。プリントを配るときに確かめたら、とあるブランドをかたどったイヤリングだった。

よほど奇抜なものでない限り、学生の身なりには驚かない。だがこのときは不思議と気にかかって、授業を続けながらあれこれ考えていた。

イヤリングが嫌いなわけではない。教室でチャラチャラしてケシカラン、と堅いことを言うつもりもない。むしろこのことは、私のブランド観にかかわっている。

人気があろうとなかろうと、私は私自身がブランドであると思っている。人の外側にあるブランドに加えて、内側にあるその人自身。両方をブランドだと考えているのである。この意味で、イヤリングをつけた当の学生自身もまたブランドに違いない。これみよがしにブランドの上にブランドを “重ね着” する学生を奇妙に感じたのである。

こうも考えた。こんなことを奇妙に感じること自体、自信のなさを暴露しているのではないか。逆に、自分ブランドに他人ブランドを重ねて平気でいられるのは、それだけしたたかな人なのかもしれない。そう気づいたときには、すでにエスケープしたのか、学生の姿はなかった。

by enzian | 2004-10-24 09:49 | ※どこぞに載せたもの | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/676031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< すぐ戻ります 私設応援 >>