循環バス

夜、片田舎の循環バスに乗る。自宅はもうすぐだ。引き続き、中村久子の本を開く。バスの発車を告げる声を聞いたような記憶がある。動き出した車窓から、昼間の雨で濡れた漆黒の路面をちらりと見た記憶もある。が、その後40分間の記憶はない。気がつけば、もとの駅前に戻っていた。酔っぱらって一つ前のバス停で降りた日も、居眠って二つ先で降りた日も疲れていたが、昨日はそうではなかった。集中して、一冊を読み切ったのだから。

違うのかもしれない。なにごとかに “没頭してしまう” ことは、むしろ他のなにごとかに疲弊(ひへい)していることの裏返しではないのか。中間管理職とはつまらぬものだ。

by enzian | 2007-05-26 08:56 | ※通勤途中 | Trackback | Comments(16)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/6901433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aroomwithaview at 2007-05-27 04:28
enzianさん、おはようございます。
疲労といっても精神的なものと肉体的なものがあって、前者は何か他の事に没頭することが助けになることもありますが、後者は睡眠が必要です。(わたしの場合)

とっても極端に走りがちなので、中間に漂うように心がけています。
それは、中間管理職とか大きいことでなくって、日常の小さなバランスのことですが。
ひとつのこと始まると、それしか出来なくなってしまうんで・・・主婦の仕事忘れちゃうんですよ。

enzianさん、最近忙しそうですね。記事はいつも楽しみにしていますよ。
コメントも毎回書いているのですが、まとまらなく削除続きです。
Commented by enzian at 2007-05-27 08:53
aroomwithaviewさん

おはようございます。

>疲労といっても精神的なものと肉体的なものがあって、前者は何か他の事に没頭することが助けになることもありますが、後者は睡眠が必要です。(わたしの場合)

ぼくの場合、いまは精神的なものでしょうか。
睡眠時間はきっちりとるようにしています。
だから、ネットにとる時間が少なくなっております。(^^ヾ

>日常の小さなバランスのことですが。
ひとつのこと始まると、それしか出来なくなってしまうんで・・・主婦の仕事忘れちゃうんですよ。

日常って、小さなバランスの積み重ねなのかもしれません。
それがちょっとくずれてしまうと、ガラガラと‥‥

洗濯サンドイッチの記事、
読んで反省してしまいました。
自分にもそういうところがあるのかもしれない、などと。

>記事はいつも楽しみにしていますよ。
コメントも毎回書いているのですが、まとまらなく削除続きです。

ありがとうです。
またよかったら書いてください。
ぼくはぜんぜん書きにいかないけどね(書きにいけ。^^)。
Commented by 毒きのこ at 2007-05-27 11:57 x
中間管理職ってショックアブゾーバーみたいなもの?!

前のトップは なんでも自分が前面にしゃしゃり出て 手も口も出す人
中間さんは 出る幕も無くデスクに磔の刑で
どんどん太り メタボリック万歳になってしまいました が
今度のトップは 極端に言えば鞄持ちまで 中間さんにさせる人で
たいてい ヨロシクタノムヨ の一言で全てを押し付け
中間さんは 短期間でみるみる激痩せし頬がこけてきています

下々の者としてはその様をみると
中間管理職と呼ばれる方々の位置が
心身に及ぼす凄まじさに
ただただ圧倒されるばかりです
わをぉ~(´д`)

> “没頭してしまう”

別のことに集中スイッチが作動したのは
本能が救済してくれたのかもしれませんね~

あっちの世界とかにはでもトリップしちゃイヤヨん♪
(ただし、キノコの山は除く)


Commented by supica-hosi at 2007-05-27 13:20
わたしもそういうことになりがちです。
自分の傾向はわかってもいますから、なるべく
抗わず・・・・・・。私の場合は、ジュンク堂に走るのです。
ネットで買うよりも、わざとそういう手順をふみます。
・・といいますか、夢中で棚の前で「事の本質」を
探しています。

ただどんなに心身が疲れていても、家の外では眠れない人です。
唯一酔うと所かまわず眠くなる・・。^^

心身を他に預ける手段はたくさんありますが、私はどちらかというと、結局
自分に始まり自分に戻るのです。循環バスみたいですね。^^

物事は、社会的に肉付けされ与えられるほど
「わたし」との距離をはかりがたくもなるのでしょう。
期待や意向・・・そういうものが
時に期限付きで渡され、評価が返ってくるわけですから
要るも要らないも言えないようなところもありましょうし。
Commented by supica-hosi at 2007-05-27 13:20
つづき
前記の記事も頷きながら読みました。
私もそう多くはないのですが
仕事で大勢の前(お母さん方)でお話をすることがあります。
間で確認するようにしています。
「ここまでお話しましたがわからないことなど
ありますか?」と。
最後にも質問コーナーを設けますが
ここで自分のしたことがわかります。
質問があれば任務をはたせたと
思うようにしています。
もう・・・それ以上は深く追求しないことにしました。><
質問で追いかけられた時にはすごくうれしくなりますね。
あまりないのですが・・・・。
笑いはとれますけど・・・・。ちょっと・・自慢><。
大学はそうもゆかないのでしょうね。
酔うに酔えないときは、疲れもしましょう。
水を差すこともまたエネルギーがいります。
そうそう・・・乗り物酔いは大丈夫なのですか?
Commented by enzian at 2007-05-27 18:14
毒きのこさん

>中間管理職ってショックアブゾーバーみたいなもの?!

そですね、そです。

>前のトップは‥‥
中間さんは 短期間でみるみる激痩せし頬がこけてきています

ぼくなんかガッコの中間管理職(ここには、教員と学生の中間、という意味も含んでる)
なので大したことないけど、その話は怖いね。
命がけだよね。

>下々の者としてはその様をみると
中間管理職と呼ばれる方々の位置が
心身に及ぼす凄まじさに
ただただ圧倒されるばかりです
わをぉ~(´д`)

毒きのこさんも、一度、やってみたら。^^

>別のことに集中スイッチが作動したのは
本能が救済してくれたのかもしれませんね~

そうですね。
その通りだと思います。

>あっちの世界とかにはでもトリップしちゃイヤヨん♪
(ただし、キノコの山は除く)

(`_´)ゞ了解!
せめて、裏山へのトリップにとどめますっ。
Commented by enzian at 2007-05-27 18:26
スピカさん

そうですか、スピカさんはジュンク堂に走るのですね。
抗うのはよろしくないです。
無理な抵抗はやめて、お互い、走りましょう。^^

>ただどんなに心身が疲れていても、家の外では眠れない人です。
唯一酔うと所かまわず眠くなる・・。^^

スピカさん、飲むと眠くなると‥‥φ(._.)メモメモ

>心身を他に預ける手段はたくさんありますが、私はどちらかというと、結局
自分に始まり自分に戻るのです。循環バスみたいですね。^^

ぼくもそうだと思います。
自分以外のものに任せている限りは終われない気がします。
最後には自分に戻らない限りはどうもしっくりこない、
落ちが着かない。人に頼れないのでしょうね。
Commented by enzian at 2007-05-27 18:42
スピカさん、続き

>私もそう多くはないのですが
仕事で大勢の前(お母さん方)でお話をすることがあります。
間で確認するようにしています。
「ここまでお話しましたがわからないことなど
ありますか?」と。

大事なことですね。
ぼくもなるべくするようにしているのですが、
学生数の多い授業となると、
手をあげてくれることを期待するのはむずかしくなります。

>質問で追いかけられた時にはすごくうれしくなりますね。
あまりないのですが・・・・。

それはうれしいですね。
うれしい、うれしい。

>笑いはとれますけど・・・・。ちょっと・・自慢><。

そうなんですか?
スピカさんの笑いのとり方、とても興味があります。
Commented by enzian at 2007-05-27 18:45
スピカさん、さらに続き

>大学はそうもゆかないのでしょうね。
酔うに酔えないときは、疲れもしましょう。
水を差すこともまたエネルギーがいります。

学科のせいもあると思いますが、
ちゃらちゃらした(?)授業を嫌う学生もいます。
閑かに語りかけるような授業であっても、
語りかけられる言葉が真理なら、
よけいな虚飾なしでも、聴く者の心を揺り動かすと思います。
というか、そういう場合、虚飾は邪魔ですね。

「王子さま、『星の王子さま展』に行く」よりも、
「入相の鐘」の方が人の心に余韻を残す、
というようなこともあるでしょう?ないかな?^^

なにを隠そう、かつてのぼくもそういう学生でした。

>そうそう・・・乗り物酔いは大丈夫なのですか?

最寄りのバスは大丈夫です。
すごく曲がりくねった道を行く路線バスなら、ダメかな。^^
Commented by Ry at 2007-05-28 00:15 x
あら?復活してる。
何かに集中できるってとても素敵ですね。
私は移動距離もそんなに長くないし、おうちではゴロゴロしてばかりなので、
本なんてしばらく読んでないです。。。
そうでなくても、周りが見えなくなるほど夢中になるものってないです。。
羨ましいですわ~(●´Д`●)
Commented by 座敷童 at 2007-05-29 01:27 x
バスの運転手さんはドキドキだったことでしょう。
「おうちに帰れないのかな」とか
「自分はアナウンス忘れたかな」とか
「実はあの本の影にはジャックナイフが・・・!」とか

管理したりされたり大変なのですね。
でも疲れまくってるほうが人間ってすごいことすると思います。
良くも悪くも、どうでもよくも。
Commented by enzian at 2007-05-29 22:58
Ryさん
元気にしてますか?

>あら?復活してる。

記事のこと?
書きかけだったので、しばらく非公開にしていたのです。

>何かに集中できるってとても素敵ですね。
私は移動距離もそんなに長くないし、おうちではゴロゴロしてばかりなので、
本なんてしばらく読んでないです。。。

若い人の台詞じゃないぞ。(ーー )

>そうでなくても、周りが見えなくなるほど夢中になるものってないです。。
羨ましいですわ~(●´Д`●)

この記事に書かれている夢中は
裏にちょっと困った事情がある現実逃避型の夢中だから、
こんなタイプの夢中はない方がいいよ。
Commented by enzian at 2007-05-29 23:00
座敷童さん

>バスの運転手さんはドキドキだったことでしょう。
「おうちに帰れないのかな」とか
「自分はアナウンス忘れたかな」とか
「実はあの本の影にはジャックナイフが・・・!」とか

かもしれないね。
いろいろ考えさせてしまったかも。(^^ヾ

>管理したりされたり大変なのですね。
でも疲れまくってるほうが人間ってすごいことすると思います。
良くも悪くも、どうでもよくも。

いろいろありまんにゃぁ。
Commented by mitsue at 2007-05-31 16:00 x
こんにちは ^^
私は、不思議と忙しいときほど読書量や映画を見る量が多いです。これはなにごとにも積極的な気持ちになっているから、という場合もありますが、忙しくてつらいから、本や映画の中に逃げ込んでいるという場合もありますね。
でも、そういう読み方や見方は作品をただ飲み込んでいるだけで、消化できていないような気がして、申し訳ないような不甲斐ないような気がしてしまいます。
それでも、それらの作品に触れることによって心が少し楽になれるのなら、それも一つの大切な読み方・見方ですね。
Commented by mitsue at 2007-05-31 16:01 x
すみません続きです。

私はしんどいときは、『赤毛のアン』や『銀の森のパット』などのモンゴメリの作品を読んでいます。どんなにつらくても最後には幸せになるという単純さがいいのか、美しい自然が描かれているからなのか、求めてしまう理由は、はっきりとは分からないのですが。

それにしても、そんなに没頭してしまうほどお疲れなんですね ><
お身体にお気をつけください。
Commented by enzian at 2007-06-01 23:01
mitsueさん

>私は、不思議と忙しいときほど読書量や映画を見る量が多いです。これはなにごとにも積極的な気持ちになっているから、という場合もありますが、忙しくてつらいから、本や映画の中に逃げ込んでいるという場合もありますね。
でも、そういう読み方や見方は作品をただ飲み込んでいるだけで、消化できていないような気がして、申し訳ないような不甲斐ないような気がしてしまいます。
それでも、それらの作品に触れることによって心が少し楽になれるのなら、それも一つの大切な読み方・見方ですね。

なるほど、そう思います。
ああいう風に見ることもできれば、こういう風にも見ることができる‥‥
多側面からよく考えていますね。
哲学のセンスがありますよ。^^

>モンゴメリの作品を読んでいます。

どうしてなんでしょうね。
とても興味深いです。

mitsueさんこそ、忙しいでしょ?
うまくやってくださいね。^^

<< 王子さま、「星の王子さま展」に行く 言葉のキレに酔う >>