最上の責め言葉

生まれて初めて、締め切り切れの原稿を督促する電話を受ける。「別に先生を責めているわけではないのですが‥‥」。いやむしろ、もっと責めて欲しいのだ。こちらが100パーセント悪いことはわかっているのだから。「‥‥言いにくいのですが、先生の原稿がないと出版ができませんので‥‥」。紳士的な言葉を使わないで欲しいのだ。一方的に約束を破ったのはこちらなのだから。

「たとえあなたがどのような方であろうと、私はあなたのすべてを受け入れます」という愛情に満ち満ちた言葉ほど、ときに残酷に響く責め言葉はないのかもしれない。神さまでさえ、ときには怒らなければならないのも、そういう事情によるのだろう。

by enzian | 2007-07-15 18:21 | ※キャンパスで

<< ほとんどすべて思い込み。 純白 >>