ほとんどすべて思い込み。

石垣島の某名物おばぁが長生きの秘訣を聞かれて、若いころに、売られそうになっていた海亀を助けたことがあるからだ、と自信たっぷりに答えていた。それを見たぼくは「浦島太郎かっ!」というようなつっこみは入れず、むしろ、なるほどなぁと深くうなずいていたのであった。このおばぁにとっては、あの日あの時の善行がしっかり現在に至るサクセスストーリーの起点となっているわけだけど、えてして人の一生とは、こういうタイプの、ほとんど根拠のない無数の思い込み物語によって編み上げられた織物のようなものなのだろう。

そしてこのことは、言い方を変えれば、どんなささいな善行であっても、そこから、想像力たくましい人間は絢爛豪華な成功物語を織り上げることができる、ということでもある。ひょっとすると、人が善いことをすることの効用は、こういう、手前味噌的な物語の起点となりうるところにあるのかもしれない。「情けは人の為ならず」も、そういう意味なのか。

困ったこともある。ささいな善行が絢爛豪華な成功物語の起点になるなら、ささいな悪行もまたなんの根拠もない自虐的、阿鼻叫喚失敗物語の起点になるだろうからだ。そういうことだから、善いことはたとえ誰に知ってもらえなくてもした方がいいし、悪いことはたとえ誰にばれなくてもしてはいけない、ということなるのか?おばぁ。

by enzian | 2007-07-16 22:47 | ※テレビ・新聞より | Trackback | Comments(21)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/7126624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kozou_17 at 2007-07-17 09:41
わかりますねー、このおばあちゃんの言うこと。そういう何かを持っていることが幸せの秘訣かもしれませんね。だから何を胸に持っているかで人生が変わるとも言えるかもしれません。思いこみって大事です。
ちなみに、ボクは「恋は勘違いで始まって、愛は思いこみで持続する」という持論を持っています(笑)。
Commented by haco at 2007-07-17 19:32 x
pilzさんはじぃさんだ、も思い込みということですね。

なっとくなっとく
Commented by mintogreen at 2007-07-17 23:47
enzianさん、こんばんは。
ときたま、こういう方にお会いするのですが、幸せな方なんだな~って思います。
というよりも、人はこういうふうに自分を持っていくことが幸せになる事を目指す為に必要なのかな・・・と思ったものです。
その時の自分は、ちょっと心の中でクスっと笑ってしまいます。
何故かと言うと、言葉にしてしまうと、違うのではないかな・・・?と。
言わなきゃ最高!とか・・・。
だれにも言わなくても、ちゃ~んと見ててくれてるよ。って。(誰が?って、天の神様が?自分が。^^)
でも、そんな話を自慢げに話しても許される年齢ってあるような気がします。

そういう気持ちのあり方がいいんですよね。
自分が気持ちよくなる事が、良いほうに進んでいく・・。
うんうん。^^
Commented by mintogreen at 2007-07-17 23:53
言い忘れました。
リンクを頂いてまいります。***\(--)


ありがとうございます。^^
Commented by bucmacoto at 2007-07-18 22:47
めでたしとなる思い込みを善心と呼んで、めでたさぶち壊す思い込みを悪心とか呼んでたのでしょうね。 昔の宗教家さんとか。
先は読めないけれど、分かってしまった気になれることで(自らの)安心と(相手に与える)安定感とを保持できちゃうのってありそう。 < 勝手な想像

因果応報とかも、客観的事実関係であるよりも切実な願い(怨み?)の投影であったりします。 【地獄に堕ちろ】とかの叫び < あれ? 経験者か?

何にせよ悪行を働いた人も(ふるまいが改まり)幸せに、善行を続けている人はもっともっと幸せにってのが(自分も相手も)みんな幸せになるコツなのでしょうか。 他人の不幸を願ったり幸福のアシを引っ張るってのは、その意味で悪いことだとされてるのかと・・・< 愚痴と嫉妬っていやですね!(と、自分に言い聞かせ!! 笑)
Commented by enzian at 2007-07-18 23:36
kozou_17さん

>思いこみって大事です。

そうですね。
思い込みと聞くと、なにやら悪いことのように聞こえますが、
こういう思い込みはいいことですよね。

>ちなみに、ボクは「恋は勘違いで始まって、愛は思いこみで持続する」という持論を持っています(笑)。

その場合の勘違いは思い込みと言ってもいいし、
思い込みは勘違いと言ってもよさそうですね。^^
Commented by enzian at 2007-07-18 23:38
hacoさん

>pilzさんはじぃさんだ、も思い込みということですね。

んにゃ。そらぁほんとのことですのじゃ。

ふごふご
Commented by enzian at 2007-07-18 23:42
mintogreenさん

こんばんは。

>ときたま、こういう方にお会いするのですが、幸せな方なんだな~って思います。
というよりも、人はこういうふうに自分を持っていくことが幸せになる事を目指す為に必要なのかな・・・と思ったものです。

必要なのでしょうね、きっと。
幸せな方だと思います(バカにした言い方でなくて。)

>その時の自分は、ちょっと心の中でクスっと笑ってしまいます。
何故かと言うと、言葉にしてしまうと、違うのではないかな・・・?と。
言わなきゃ最高!とか・・・。
だれにも言わなくても、ちゃ~んと見ててくれてるよ。って。(誰が?って、天の神様が?自分が。^^)

わかります、わかります。
そういうのって口にしたとたんに
神さまから見放されそうですものね。^^

>でも、そんな話を自慢げに話しても許される年齢ってあるような気がします。

ありますね。

>そういう気持ちのあり方がいいんですよね。
自分が気持ちよくなる事が、良いほうに進んでいく・・。

えぇそうだと思います。
そういうポジティブシンキングな方がいいですよね♪
Commented by enzian at 2007-07-18 23:45
mintogreenさん、続き

リンクありがとうございます。

勉強しますなんて言わないで、
へろ~っと読んでください(どんな読み方なんだ!)
Commented by enzian at 2007-07-18 23:49
bucmacotoさん

ちょっと考えて返事をさせていただきたいので、
もう少しお待ちくださいませ。 _(._.)_

もうねまふ ぐうぐう(-_-)zzz
Commented by yoko_f211 at 2007-07-19 00:08
あら、今日はスティーブじゃなくて「ばぁさん」なんですね。
スティーブは夏休みですか?
ま、記事の性質上、ばぁさんの方がしっくりきますけどね。

実は9月に石垣へ行くので海亀を助けてこようと思います。^^
Commented by 座敷童 at 2007-07-20 00:54 x
自分の思いこみは便利なのですが、他人に思いこまれるとピーッと湯気が出ますですね。
では、私は道端に落ちているカエル君達を自宅に「保護」して帰ります。
あとは、テキトーに長生きをしてみます。
Commented by enzian at 2007-07-21 21:15
bucmacotoさん

お待たせいたしました。(^^ヾ

そうですね。
ぼくも、そう思います。
(待たせたわりには返事が短いぞ!スイマセン。)
Commented by enzian at 2007-07-21 21:18
yoko_f211さん

>あら、今日はスティーブじゃなくて「ばぁさん」なんですね。
スティーブは夏休みですか?

そうなんです。
スティーブは夏休みで、
いま、石垣島で遊んでいるのです。
石垣島のフェリーターミナルにいますので、
早く帰るように伝えてください。^^

いいなぁ、石垣島。
たくさん写真が撮れそうですね。^^
Commented by enzian at 2007-07-21 21:23
座敷童さん

>自分の思いこみは便利なのですが、他人に思いこまれるとピーッと湯気が出ますですね。

そうそう。
思い込みとは自分勝手なもので、
他人勝手は許せませんのじゃ。

>では、私は道端に落ちているカエル君達を自宅に「保護」して帰ります。
あとは、テキトーに長生きをしてみます。

カエルの恩返しで、泳ぎがうまくなったりするのかえ。げこげこ。
Commented at 2007-07-22 08:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junko73oz at 2007-07-22 15:07
こんにちは。
その、石垣島の某名物おばぁに、つい先日お会いしてきました。
八重山諸島の島巡りの途中で、偶然お会いしたので、思わず「TVで拝見しましたよ。」と声をおかけしました。
しばらくお話して一緒に写真を撮って、お別れするとき「ながいきしなさいねぇー」といっていただきました。
わたしは、ヤドカリを助けてきました。長生きしそうです。
Commented by enzian at 2007-07-22 23:40
junko73さん

おばぁはフェリーターミナルにおられたのでしょうか?それとも店かな。
ぼくも、一緒に写真を撮らせてもらったことがあります。

乳母車に座ってらしたので、座っておられるままで一緒に撮ろうとしたのですが、
「それでは失礼だから」と立たれました。
目下の人にも敬意を払われる方なのだなぁと思ったものです。
ぼくは、黒砂糖とタンカンをいっぱいもらいました。^^

今度ぼくが行くときは、せめてヤドカリを助けることにしましょう。^^
Commented by enzian at 2007-07-23 00:02
鍵コメさん

一定の定義があるかどうか、あやしいですね。
学生の話などを聞いていると、人それぞれのような気がします。
ぼくとは程度が違ってラインの位地がずれているだけの人もいれば、
まったく質的に違うところに定義をもっている人もいます。

ぼくの場合の親友は、
http://enzian.exblog.jp/6366899 で書いたような感じです。

http://enzian.exblog.jp/1678792 も関係するかな。

A friend inneed is a friend indeedという言葉がありますが、
たとえいつも一緒にいるわけでなくても(いつも一緒にいなくても大丈夫)、
いざというときには一緒にいて欲しいと思えるような人で、かつ、
きっと駆けつけてきてくれるはずだという確信をもてる人であり、
こうした関係が相互的に成り立っている
(相手が望んだ場合には一緒にいられる、駆けつけられる)人でしょうか。

>のコメントっていつも‥‥

そうでしょ。^^
Commented by junko73oz at 2007-07-23 17:24
フェリーターミナルに、いらっしゃいました。
写真には、私の腰に腕を回されて最高の笑顔で写っておられました。
それを眺める度に、おばぁの笑顔と同じくらいに私も笑ってしまいます。
「黒糖をあげましょうね。」とおっしゃって、(売り物の袋詰めを)わたしにもくださいました。

enzianさんは、沢山の善い事をしていらっしゃるので、大丈夫!
ながいきしなさいねぇー。
と言われたら、嬉しく思っていただけるようなおばぁになりたいです。


Commented by enzian at 2007-07-23 23:44
junko73ozさん

そうでしたか。
思い出に残りそうな、いい写真が撮れてよかったですね。

>「黒糖をあげましょうね。」

そうでした、そうでした。
その言葉をぼくも聞きました。^^

今思ったのですが、ながいきしなさいねぇーというのは、
あなたもよいことしなさいねぇーということなのかもしれませんね。^^

<< たまにはべたべたな観光地にも行... 最上の責め言葉 >>