責任

学生に夢はなんですか?と聞かれて、ちょっとたじっとしてしまった。けっきょく、お茶をにごしたのだけれど、その後しばらくは、なぜたじろいでしまったのか、なぜはっきり答えなかったのか、気になっていた。たじろいでしまったのは、ひとつには学生の意図がはっきりわからなかったからだ。それこそ、すごく夢のあるような話を聞いて元気をもらいたかったのか、それとも、もっと現実的な話を聞いて地に足をつけたかったのか、それが瞬間的には読めなかった。

夢という言葉の使い方にも違和感があった。学生の考える意味とぼくの考える意味がずれているかもしれない、という思いもあった。ぼくは夢という言葉を、9割方実現しないことで、しかも、なにがなんでも実現したいと思うほどでない、とてもぼんやりしたことに使っている。「広大なマツタケ山をわがものにして、日々のマツタケの成長に一喜一憂しながら、マツタケたちとおもしろおかしゅう暮らすこと」と答えたことがあったけど、これなんかそういう意味だ。そんな話で学生は満足できたかどうか、笑えはしただろうけど‥‥

夢とは思わないが、それらしいことはある。それは希望とも表現できないものだ。希望では弱すぎる。それはどうしても実現しなければならないことで、事実、実現する。目的とも言いたくない。目的とか手段とか効率性とか‥‥そういう言葉は生理的にキライだ。あえて言えば、責任か。ぼく自身がある日ある時、勝手に取り決めた責任なのだ。それは全体としては目に見えない――部分部分は見える――けど、ある意味、具体的なことだ。そしてそれは、ぼくに夢をたずねた学生自身にも知らず知らずのうちに影響を及ぼし、勇気づけるはずのことなのだ。



b0037269_12532890.jpg


b0037269_12534421.jpg


b0037269_1254393.jpg


b0037269_12541729.jpg
フィロソファーの尻尾は三角で、最後のキノコはアミガサタケなんだよね。^^

by enzian | 2007-09-15 09:46 | ※キャンパスで | Trackback | Comments(24)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/7445131
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2007-09-15 17:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-09-15 17:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2007-09-15 21:37
鍵コメ1さん

鍵コメ1さんが書いてくれたことは、ぼくとほどんと同じなので驚きました。
ぼくもその3行目なのです。
もちろん、○○○のこど‥‥の、○○○には違う言葉が入りますけど。
お星さまがいいですね。
もうまった同じ。
しょっちゅう忘れるのも同じ。^^
Commented by enzian at 2007-09-15 21:38
鍵コメ2さん

カワユイですか。
なにやらほっとするわたし。^^
頭にはエノキタケなんですよね。^^
Commented by yuta at 2007-09-15 22:57 x
enzianさん、こんばんわ。赤松がたくさん自生する里山にマツタケって生まれてくるんですよね。マツタケを自分の力で発見したことはないのですが,匂いをたどってたどって発見したことがあります。もひとつ衝撃的だったのは落ち葉を足で蹴散らした瞬間にかさを大きく広げたマツタケが出現した瞬間でした。なにかenzianさんのマツタケの仮想夢の世界に,私も私なりの仮想場のイメージで入り込めるかも知れません。なにせ母がマツタケとりの名手でしたから,鍛えられました。山歩きは・・・。
 夢と希望,私は同じような感じで捉えていたかも知れません。必ずしもかなわなくてもいいものとして・・。そして,最近,本当に眠っているときに見る夢のこと考えてます。そういえば,マツタケはもう姿を現わす時期なのでしょうか?すっかり,遠ざかってしまっていました。私が歩き回った里山は大半失われてしまいました。
Commented by enzian at 2007-09-15 23:28
yutaさん

こんばんは。

>赤松がたくさん自生する里山にマツタケって生まれてくるんですよね

そうです。
そして、これはよく知られていないのですが、
あまり土壌の条件のよくない痩せた土壌の山に生えます。

匂いをたどって見つけたのですか?
その見つけ方がある、と聞いていたのですが、
実際にその方法で見つけたことがありません。
なんせ、ぼくはたった1回だけ、2本のマツタケしか見つけたことがないのですから。
でも、その1回だけでも、もう十二分に衝撃的でした。
yutaさんが書いている通り、マツタケって衝撃なのだと思います。
見つけた瞬間、確実に息が止まります。
健康に悪いかな。^^
Commented by enzian at 2007-09-15 23:36
yutaさん、続き。

マツタケには毎年毎年同じ時期に同じ場所に生える場所(シロ)がありますから、
それをお母さんはご存知だったのでしょうね。
シロは親子のあいだでさえ決して話さない、ともいいます。

ぼくの遊びまわった里山も、大半が失われてしまいました。
マツタケやらほかのキノコが生えた場所も、
いまは住宅地と自動車道の敷地になっていました。

マツタケはそろそろ早いものが生え始める時期だと思います。
やっぱりマツタケ山、欲しいな。^^

眠っているときの夢についてはまともに考えるだけの用意がないのですが、
もちろん、興味のあるテーマです。
yutaさんの記事を見て、勉強させてもらいます。^^
Commented by bluestar-aji at 2007-09-16 14:33
9割実現しないかも、と思いつつ残りの1割にかなり執着するタイプです(笑)
自分で実現を難しく思っていても他の人から言われると腹が立ち、躍起になったらできちゃった、という展開で今があります。

夢を尋ねた学生は現実に足をつけつつも、何か夢を感じる言葉を期待していたのかもしれませんね。
聞いても結局は自分の動き次第なのだけど、私はそんな時がありました。
夢を聞かれるということは、夢を聞いてみたくなる人ということではないでしょうか。
言葉もそうであると思いますが、既に存在に影響があるのでしょうね。
Commented by enzian at 2007-09-16 23:31
bluestar-ajiさん

bluestar-ajiさんは自分の道を行って、
夢を果たされたように思っていましたが、
そういう展開があったのですね。

>夢を尋ねた学生は現実に足をつけつつも、
何か夢を感じる言葉を期待していたのかもしれませんね。

かもしれませんね。
いまになって思うと、そうかもしれないと思います。

>聞いても結局は自分の動き次第なのだけど、私はそんな時がありました。

ささいにも思えるような言葉がとても大切なものである
ときがあるんですよね。
一期一会という言葉がありますが、
一語一会でもあるのだなぁと思っています。
Commented at 2007-09-16 23:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-09-16 23:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2007-09-17 23:12
鍵コメ3さん

そうですね。
ぼくの場合は、第2段落のようなことを夢と言っているようです。
そして、そういう種類のことを見つけられるのは、
とても幸せなことだとも思っています。

実現に至らずにこの世を去らなければならないこともあると思います。
そこはもう、神さまにお任せするしかないですね。^^

どうしようもないことがあることを忘れるわけにはいきませんが、
強く願って叶うことは望外に多いと思います。
それは、前に鍵コメさんが言ってらした、
人間の無限の可能性、ということにもつながるんのでしょうね。
(こういうことを言うと、鍵コメさんが誰か、ばれてしまうかな?^^)
Commented by enzian at 2007-09-17 23:37
鍵コメ4さん

>その過程は、本人にとって財産になる‥‥

なるほど。
それは夢の楽しい利用方法ですね。
そういう夢の持ち方なら、人生が確実に楽しくなりそうです。

さす鍵コメ4さん、勉強になりました。^^
Commented by yoko_f211 at 2007-09-18 00:25
アミガサタケ、フレンチの高級食材でしたよね。
桜の散る頃、雨上がりに生えてくる。
オムレツに入れるんですよね。
うまいんですよね。
お腹すいてきた・・・
Commented by 座敷童 at 2007-09-18 00:57 x
京都御所に「御所きのこの会」というものが有るそうです。
外国や地方の観光客が持ち込んだ菌が繁殖して、
いろんなキノコが観察できるそうです。

現実にどっぷりな人が語ってこそ、夢ではないでせうか。
その場の雰囲気もありますが、ちょっとカッコつけてもよかったのでは
と思います。はい。
Commented by enzian at 2007-09-20 16:50
yoko_f211さん

>アミガサタケ、フレンチの高級食材でしたよね。

そう。

>桜の散る頃、雨上がりに生えてくる。

そうそう。

>オムレツに入れるんですよね。

そうそうそう。

>うまいんですよね。

そうそうそうそう。

>お腹すいてきた・・・

ぼくも。
秋はお腹がすくのだ。^^
Commented by enzian at 2007-09-20 16:53
座敷童さま

>京都御所に「御所きのこの会」というものが有るそうです。
外国や地方の観光客が持ち込んだ菌が繁殖して、
いろんなキノコが観察できるそうです。

知ってるぞ。^^
有名です。
本もつくってるよ。

でもおもしろいね。
観光客が持ち込むというのは‥‥
そういう意味では、京都には変なキノコが生える可能性が高いね。

>現実にどっぷりな人が語ってこそ、夢ではないでせうか。

あぁなるほどね♪
頭いいな、座敷殿。

>その場の雰囲気もありますが、ちょっとカッコつけてもよかったのでは
と思います。はい。

よしよし、今度から思いっきりカッコつけちゃる。
Commented by kenshin at 2008-08-17 15:35 x
このページのお話で、夢ってなんだっけと思いました。
私の夢は家内と結婚することだったのだと今わかりました。自分の生きてきた思い出を見ると、なるほどと。
子供の夢は何なのでしょうか。大学に通い始めた次男は今迷っています。学校を卒業してもその職業には就かないかもしれないと。自分の夢が結婚であったおやじは子供任せです、何も言いません、ただ「好きにしたら」とだけ。生きながら舵をとりながら、楽しいことや悲しいことや愛の衝動や喜びの直観をたよりに生きてほしいです。
彼の夢は人を癒すことだそうです、楽しみなんですわたしは、彼が何を手探りして必死で生きてゆくのかが。
Commented by enzian at 2008-08-17 18:47
険心さん

夢は一つ限りではないですね。
お子さんの成功もまた夢見ておられるのでしょう。
ご自身の幸せもご大切に。
Commented by bucmacoto at 2008-08-22 23:24
ブログの中で夢を叶えられたと思いましたら、店仕舞いのあとでした。。
気がついたら消えている、というのも夢ですね。
お祭りのようなイベントも、夢の如しなのでしょうね。
Commented by bucmacoto at 2008-08-23 17:40
あれ? 勘違いしてたらお詫びします。

RSSリーダーに、「私が出会ったキノコたち(1~4)」、「インドの動植物(1~2)」「八重山諸島──」って夢のように素敵な記事があるのに、ここを訪ねたら煙のようにドロン。。なのであのように書いてみました。
Commented by enzian at 2008-08-23 22:32
bucmacotoさん

あっ、そのことでしたか。
あの記事たちは、ずっと以前に違う場所で書いたものを
こちらに移動してきたものでしたので、
古い日付にしてあります。

もしご覧いただけるようでしたら、
「自然のなかで」「リュック背負って」「好きな本」のカテゴリ
の記事を遡っていただければ発見できるかと思いますので、
よろしくお願いします。

それと、関係ないですけど、
そちらにコメントした際に鍵コメにしたのは、
意図的ではなく、知らないうちに押していた、
ということでした。^^;

(前回のコメントで、「さん」が抜けていました。
無礼をお許しください。コメントは削除いたしました。)
Commented by bucmacoto at 2008-08-24 22:25
enzian さま。了解です。疑問が氷解しました ^^
なるほど、いつでしたか 波照間島に寝そべって・・・みたいなことを語られていた、あの想いのタネでしたか。

敬称抜けの件、どうぞお気になさらずに。
Commented by enzian at 2008-08-24 23:51
bucmacotoさん

>あの想いのタネでしたか。

そうです。
今ひとつの写真なのですが‥‥^^;

<< 喰われる モノクロ写真 >>