傍らで眠る、ということ

b0037269_1126157.jpg近頃ネット上で見て印象に残った文章がある。遠来の友人を家に迎えたときのことを綴った女性の一文だ。

「そのうち彼女は眠ってしまった。コロコロ転がっているその姿を見ていると何かを思い出す。猫。そして少し安心した。眠ってくれて。すやすや眠ってくれたのが嬉しかった。」

誰かがあなたのそばで眠ってくれる、というのはどういうことなのだろうか。それは、誰かによって、世界中のほかの誰でもなく “あなた” が選ばれたということなのだろうか。世界中のほかのどの場所でもなく “そこ” が選ばれたということなのだろうか。

誰かがあなたのそばですやすや眠ってくれる、というのはどういうことなのだろうか。それは、自分のもっとも無防備な姿をあなたに見せてくれた、ということなのだろうか。たとえ無防備であっても、あなたであれば自分をけっして傷つけたりはしないと信頼してくれた、ということなのだろうか。あなたに自分の命を預けてくれた、ということなのだろうか。

あくせくした生活のなかで生じたさざ波が、くったくなく傍(かたわ)らで眠るものを前にして、なぜか、すっと静まることがある。

by enzian | 2007-10-27 23:00 | ※その他 | Trackback | Comments(35)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/7630152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 雷雨 at 2007-10-27 23:58 x
電車で居眠る、せんせ・・・w(゚o゚)w


どぉでっしゃろぉ???(爆)
Commented by mintogreen at 2007-10-27 23:59
うんうん。人って、安らいでいる人 動物 を見ている、それだけでこちらまで、ほ~~~・・・と

自分が相手にとって、そんな存在であったなら・・・本望

満足するって、そんな事なんでしょうね~

この猫ちゃん、ほ~・・・ですね。

年老いた母になつく猫、世界中の誰よりも、選ばれた母がうらやますい~~~。^^
私の事は、その猫さん、さげすんだ目をするんだ。

母は、猫のせいにして、「今、ここを動くわけにはいかないんだ、せっかく気持ちよく寝てるから・・・。」
と言って、ひざの上の猫の体勢を気づかう母。ぷぷぷ。

お互いの存在、選ばれているのかな~。
神様からのプレゼントなのかな~。
Commented by enzian at 2007-10-28 00:19
mintogreenさん

>年老いた母になつく猫、世界中の誰よりも、選ばれた母がうらやますい~~~。^^
私の事は、その猫さん、さげすんだ目をするんだ。

笑。
う~ん、その猫さんもなにかを見て選んでるんでしょうけど‥‥
なんでしょうね、それは。(^^ヾ

>母は、猫のせいにして、「今、ここを動くわけにはいかないんだ、
せっかく気持ちよく寝てるから・・・。」
と言って、ひざの上の猫の体勢を気づかう母。

信頼してもらっているという思いは、
人をやさしくするのかもしれませんね。

>神様からのプレゼントなのかな~。

かもしれませんよ。^^
Commented by enzian at 2007-10-28 00:40
雷雨さん

>電車で居眠る

なるほど、そうきはりましたか、京都人さん。

引用のシチュエーション
(例えば、その人の家で、その隣で寝ている)
で考えている、ということにしてください。

電車は、たまたまその隣に座ったというだけ、
しかも、公共の場であるからたぶん事故は起きないだろう、
と考えているだけ、としておきましょうか。
Commented by 座敷童 at 2007-10-28 01:47 x
気絶するかの如く眠るのはありですか、なしですか。
「おいおい、俺に命を預ける気かい・・・」といった感じでしょうか。
今度はこっちが眠れないです。
私の座敷でうたた寝をしたヤツは、大概たたき起こします。
用意したせんべい布団で、キッチリ就寝するなら良いのですが。
ちなみに私は、ラクダの上で眠ったことがあります。(走行中の)
Commented by enzian at 2007-10-28 15:06
座敷童さま

>今度はこっちが眠れないです。

なぜそうなるか、
その意味を考えても、おもしろいんじゃないですか。
Commented at 2007-10-29 08:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-10-29 09:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-10-29 09:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gauche3 at 2007-10-29 14:16
息子は中学1年にもなったのに、ときどき自分の部屋から勝手に布団を運んで来て、隣で眠ろうとする日があります。
夢に出てきそうなホラー系映画を観た日や、友人とお化けの話をした後なのかと思い、先日尋ねてみたらあまり法則などは無く、「えっ・・今日はなんとなく」という答えでした。
夜中に目が覚めて、隣で眠るまだ幼さの残る寝顔を見つめていると、心の中が暖かくなります。そんなとき、「選ばれた」ということに、自分自身が感謝しているのかも知れません。

あっ・・話は変わって・・ここ1ヶ月の間に、終電で2回も吊り革を握り締めて立ったままのうら若き女性に、長時間肩にもたれかかられたのですが・・
先生・・こ・・これは「僕に命を預けてくれた=あなたならOKよん」と解釈して宜しいのでしょうか!?(笑)
Commented at 2007-10-29 17:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yuta at 2007-10-31 22:34 x
enzianさん,こんばんわ。
選んでもらった<私>が,無防備にお腹をだしてねむっている猫をなでる。
猫の額は,まるでなでられるためにあるようなかたち。
おなかをさするとぐぐぐぅーと身体をのばす。
守っているはずのこの可愛らしい,弱々しいような存在から,
なでることを通して,
もしかしたら逆に支えてもらっているのかもしれないと思う。
「猫には,なにかある」
ということのひとつには,そんなことがあるのかも・・と思いました。
感想でした。
Commented by enzian at 2007-11-03 11:58
2007-10-29 17:35の鍵コメさん

もちろん忘れていません。
そのせつはコメントいただき、ありがとうございました。
そして、返事が遅くなってすいません。

依頼の件ですが、
時間をかけて考えたのですが、お断りするのが適切だと思いました。
鍵コメさんにとっては大切なことでしょうし、
大切なことだから藁をもすがる気持ちで私におっしゃったのでしょうが、
大切なことゆえに、その分野にはまったく門外漢の私が
なにごとかを言ってはならない、と判断しました。
ご了承ください。
Commented by enzian at 2007-11-03 12:55
猿夫さん

息子さん、中学1年生なんですね。
選ばれたのでしょうて。^^
でも、もうそろそろそういうのも限界かもしれませんね。
いまが楽しみどころですよ。^^

>ここ1ヶ月の間に、終電で2回も吊り革を握り締めて立ったままのうら若き女性に、
長時間肩にもたれかかられたのですが・・
先生・・こ・・これは「僕に命を預けてくれた=あなたならOKよん」と解釈して宜しいのでしょうか!?(笑)

そうです。
まちがくなく猿夫さんは
その女性にOKされたのです \(-_- ビシッ
Commented by enzian at 2007-11-03 13:00
yutaさん

こんにちは。

>選んでもらった<私>が,無防備にお腹をだしてねむっている猫をなでる。
猫の額は,まるでなでられるためにあるようなかたち。
おなかをさするとぐぐぐぅーと身体をのばす。
守っているはずのこの可愛らしい,弱々しいような存在から,
なでることを通して,
もしかしたら逆に支えてもらっているのかもしれないと思う。

そうですね、そういうのがあると思います。
弱さが逆転してむしろ支える力となる。
それは鷲田清一が言う「弱さの力」というものですね。

>「猫には,なにかある」
ということのひとつには,そんなことがあるのかも・・と思いました。

ぼくの記事も、そんなことがあるのかも‥の一環です。^^
あと、手触りとかあれやとかこれやとか、
猫を分析するには著作が一つ必要になりそうですね。^^
Commented by enzian at 2007-11-03 13:10
鍵コメ1、2、3さん

ありがとう、聞かせてくれて。
ぼく自身は、その出来事を、できるだけ一般的に考えようと努力しました。
できるだけ誰にでもあてはまるように考えれば、
どういうことが言えるだろうかを考えるように努力しました。
だから、鍵コメさんの場合とは合わないだろうな‥‥とは思っていたのです。
それゆえ、鍵コメさんの場合を聞かせてもらえるのはありがたく候、なのです。^^

Giftというのは自分よりも大きなものからの贈り物ですよね。
でも、きっとそれは、努力した人間にのみ、
たまたまどこぞのお方が与え給うものなのでしょう。
(ぼくはクリスチャンじゃない、念のため。^^)
Commented by enzian at 2007-11-03 13:16
鍵コメ1、2、3さん、続き

>‥‥それはすごく大切なことです。

それは大切なことですね。
でも、ぼくは人を怯えさせるタイプの人で、
そこそこそれを楽しんでいるタイプの悪い人なので、
(「せんせい、今日もSですねぇ、などと言われたりする」)
ちょっと反省せねばなるまい。^^

>18才の頃まで‥‥

それはどう考えたらいいんだろうね。
心理学的にはいろいろ分析するだろうけど。
また、冷たいものが必要、
というのも興味深いですね。

自分の体温より冷たいものを感じることで、
自分をより強く感じようとしていたのかもしれませんね、
といいかげんなことを言ったりする。(^^ヾ
Commented by yuta at 2007-11-03 19:02 x
enzianさん,驚いたー。
読心術できるんですか~。
さっき,自分のブログで,弱さの力ということばを書いたばかりでした。なんとここにも。
そして鷲田先生の<弱さ>のちから,昨日やっと読み終えたばっかり!でした。
いろんな形で人と関わりながら,感じていたものが,こうしてことばとして姿を現している,こと。それは何かすっきりするような気持ちの一方で,すでにすでにずっと先を歩んでいる人々が居るという,なにか敵わなさ感というのもあったりして,複雑です。
言い換えると,(力もないのに)自信過剰の鼻っぱしをへし折られている感です,かね(笑)。
謙虚に,できることひとつひとつやるしかないかなーと,思った次第でした。
先日,ちょっと大谷のホームページにおじゃましました。ああ、ここを先に読めばよかった!本も,人のつながりもすんなり入ったのに,と思いました。
また勉強しにおじゃましたいと思います。

Commented by enzian at 2007-11-03 22:28
yutaさん

そうでしたか。^^
いえいえ、鷲田先生の名前なんか、このブログではまず出さないんですよ。
でも、yutaさんが鷲田先生の本を買ったと先日書いてらしたので、
出してみたのです。
だから、そういう意味では、偶然じゃないですよね~

>それは何かすっきりするような気持ちの一方で,すでにすでにずっと先を歩んでいる人々が居るという,なにか敵わなさ感というのもあったりして,複雑です。

わかります、わかります。^^
それは、自分が考えたことが独りよがりではなく、
それなりに妥当であったことの証明なわけですが、
衝撃ですよね。あ~あ~、がくって感じ。
Commented by enzian at 2007-11-03 22:35
yutaさん、続き

臨床哲学って、ひょっとすると、
yutaさんとぼくの守備範囲が交わる可能性がある部分かもしれませんね。

>ホームページ

コソコソ|_-;))))
(恥ずかしすぎますって、もう。) 

Commented by kaori_yoshihara at 2007-11-03 22:37
こんにちは^^ 
自分以外のことも少し書いたので前のは鍵コメにしましたが、今回は自分のことだけなので鍵じゃないです。

そうですか、enzianさんはSですか。
そうかなぁ?
厳しくしようとすることと、傷つけようとすることは違うと思いますよー^^
それをコントロールするのは難しいと思いますが。
いやいや、あぁそうか、厳しい方のSですね、なるほど~。
私もたまにSだって言われます。
っていうか、母が言います。(`ε´)ブー(←ふくれてる)

冷たい耳たぶのことは、書いたものの何が何やらサッパリです(*´∀`*)
Commented by enzian at 2007-11-03 22:52
かおりさん

こんばんわんわん。

>そうですか、enzianさんはSですか。
そうかなぁ?
厳しくしようとすることと、傷つけようとすることは違うと思いますよー^^

ありがとう。
たしかにそれは別のことですね。
で、ぼくの場合なのだけど、
ぼくは意図的に人を傷つけるようなことがあるのです。
それは、指導として厳しくする、
という度をすごしていると思います。

>私もたまにSだって言われます。
っていうか、母が言います。(`ε´)ブー(←ふくれてる)

文章をみている限り、
かおりさんにはそんな感じはしないけど‥‥

>冷たい耳たぶ

これについては、じっくり考えてみたいですね。
Commented by kaori_yoshihara at 2007-11-03 23:43
>ぼくは意図的に人を傷つけるようなことがあるのです。
それは、指導として厳しくする、
という度をすごしていると思います。

ふむ、ふむむ(・_・ )
これを最初に読んだ時、他人事として捉えていて、
おちゃらけた返事をあれやこれや考えていました。
でも、「自分はそんなことない?」と考えると、思い当たる節があります。
「これ言ったら傷つくだろうなー」ということを分かっていながら言っちゃったり。
生徒さんに対してはガードが固いですけど、親が相手だとゆるいかも。

>文章をみている限り、
かおりさんにはそんな感じはしないけど‥‥

してやったり!・・・・・・・・・・・・ナンチャッテ。
私は人を厳しく批評するところがあって、それを母にはほとんど言ってましたので、
それでそう言われたんだと思います。
あと、母に対しては「電気を消して」とか「水の勢いは弱めに」とか「散らかさないで」とか口うるさいからだと思います。(笑)
Commented by enzian at 2007-11-04 00:12
かおりさん

>でも、「自分はそんなことない?」と考えると、思い当たる節があります。
「これ言ったら傷つくだろうなー」ということを分かっていながら言っちゃったり。

言っちゃったりすること、あるよね。
ただし、ここでも正確に言うと、
ぼくの場合は、その言葉が傷つける言葉であるからこそ使う、という場合がある。
そんなこと、自慢しても仕方ないのだけど‥‥

>私は人を厳しく批評するところがあって、

そうなんですか。
ぼくもその気があるなぁ‥‥
でも、その傾向があまりに強いと、
どんな人も否定してしまって、
自分が孤立してしまうよね。

Commented by Ry at 2007-11-04 02:22 x
いきなり横レスなんですが、
かおりさん、先生はSです。


私=ねこっぽい=写真にねこ
=ねこ、ふてされて眠そう、そしてぽっちゃり
=私。

うん。色々正解!

私はよく眠れない~眠れない~とか言ってるから、
かおりさんは心配してくださったのかなって思っていたけれど、
なんかここまで読み取る先生は哲学な人だなぁーと改めて思いました。

ちなみにすごく敏感な時は、自分の部屋でも、誰かがいると、
朝方まで起きていたりします。
すやすやするのはとても難しい。
やっぱり心を許してないのかなぁーと思いました。

場所も人も、毎晩心を預けていられる存在が欲しいです。笑
Commented by enzian at 2007-11-04 09:07
Ryさん

○〉―< バタッ
ぼくの全属性がSになったのね‥‥
Commented by kaori_yoshihara at 2007-11-04 15:45
週末のうちにコメントいっぱいしちゃおーっと♪

ふむふむ、Ryさんがそうおっしゃるならそうなのでしょう。
了解!(笑)(了解したからと言ってなにが変わるわけでもないですけど^^)

>ぼくの場合は、その言葉が傷つける言葉であるからこそ使う、という場合がある。
そんなこと、自慢しても仕方ないのだけど‥‥

ふむふむ、それは一体どんな場合なのでせう…。
電信柱の影から見てみたいです。 |||||_-) ソォーっと…

>でも、その傾向があまりに強いと、
どんな人も否定してしまって、
自分が孤立してしまうよね。

そうです、その孤立をくぐり抜けて(抜けたの~?)今の私がいます^^
今は反動で「よいところ以外見たくないっ!」とか、
「なんでもよく解釈しちゃう!」という傾向があります。
(特に好きな人とか気に入った人に対しては)
それも度を越すと困りますですね。今度はそれをくぐり抜けなきゃ~と思ってます。
∟( `ω´ )」 くぐりぬけるぞー

それに、その批評を自分自身に向けてみたとき、自分はそんなにできてるわけじゃないので、ガーンとなってガクーンとなってしまうんです。
Commented by enzian at 2007-11-04 17:25
熟成発酵タイプのかおりさん

>週末のうちにコメントいっぱいしちゃおーっと♪

むむぅ!
このごろ、週末しか動かないおっさんになってるなぁ‥‥
でも、12月になると、もっとやはやばなことになるかも‥‥予告。^^

>ふむふむ、Ryさんがそうおっしゃるならそうなのでしょう。
了解!(笑)

○〉―< バタッ ←かおりさんから入手した顔文字
             (お気に入りなので、これが使いたいだけらしい。)

>ふむふむ、それは一体どんな場合なのでせう…。

また記事で書くかもしれないよ。
世にも恐ろしい記事だぞ~
Commented by enzian at 2007-11-04 17:35
かおりさん、続き

>今は反動で「よいところ以外見たくないっ!」とか、
「なんでもよく解釈しちゃう!」という傾向があります。

おっ、そんなことをすると、
とても悪~い人にだまされたりするぞ~^▽^)ウケケ

>それに、その批評を自分自身に向けてみたとき、
自分はそんなにできてるわけじゃないので、
ガーンとなってガクーンとなってしまうんです。

自分に対して、
少しだけマイルドになれたらいいね。
Commented by kaori_yoshihara at 2007-11-04 18:13
enzianさんこんばんは。
熟成発酵、ときに腐敗、変質、純化、爆発したりするかおりです。

>おっ、そんなことをすると、
とても悪~い人にだまされたりするぞ~^▽^)ウケケ

あぁ~…( ̄▽ ̄;)はい…そうですねぇ~
こういう例えは失礼かもしれませんが、この分野の注意をされると、
enzianさんが父親に見えてきます。(父にしては若すぎますけど)
でもうちのお父さんは「^▽^)ウケケ」なんて言わないも~ん(*`ε´*)
それと、なぜか「さすが大学の先生だな」って思います。なぜだ…。
いずれにしろ、注意していただくというのはありがたいことだと
思っておりますです、はい。 (いい子ぶりっ子?)

悪意があってだまそうとする人には近づきませんけど、
悪意がなくてずるずるだましちゃう人にはずるずるついていっちゃうかもしれませんね。
…という自己分析、これいかに…。

恐ろしい記事楽しみにしております。
キャ~(/д\) (/д゜\)チラッ ←こんな体勢で拝見したいと思います。
おまけに逆バージョンをつけておきましょう。
キャ~(/д\) チラッ(/゜д\)
Commented by enzian at 2007-11-04 21:26
ちょっとミーハーなかおりさん^^

>悪意がなくてずるずるだましちゃう人

そんな人、世の中には五万とおりますです。フフフッ( ̄ー+ ̄)キラーン

>恐ろしい記事楽しみにしております。

(● ̄ε ̄●;)オラ、ドウシタライイノ…

(↑これも、使いたいだけらしい。)
Commented by kaori_yoshihara at 2007-11-04 22:18
缶詰大好きenzianさん

>ちょっとミーハーなかおりさん^^

あの…時々出てくる「メモメモ((ф(・_・ )」って、本当にメモしてたんですか?
恥ずかしい…。( ̄ω ̄\)
まぁ、砂みたいにサラサラなものフェチの方や、鯵の南蛮漬けフェチの方、
おばあちゃんフェチやきのこフェチの方々にはかないませんね。フフフッ( ̄ー+ ̄)キラーン

(↑一般常識ですね。キラーンを拝借するまでもなかったかしらん。)

>そんな人、世の中には五万とおりますです。フフフッ( ̄ー+ ̄)キラーン

ギャー (/>д<)/ 
…というか、自分がそうなっちゃったら嫌ですね。気をつけよぅ。うん。

恐ろしい記事は、書く必要があるって思われたときに書いてくださればいいんです^^
Commented by enzian at 2007-11-04 23:51
乙女なかおりさん

メモなんかしてないですよ。
頭のなかに書いてあるだけ。
すぐ忘れるからご心配なきよう。^^

>まぁ、砂みたいにサラサラなものフェチの方や、鯵の南蛮漬けフェチの方、
おばあちゃんフェチやきのこフェチの方々にはかないませんね。フフフッ( ̄ー+ ̄)キラーン

あたふた (((^^;)(;^^) ))あたふた
う~ん、かおりさんとは長いつきあいだから、
把握されてしまっているのね‥‥
あっそうそう、以前、南蛮漬けのタレの(ミツカン)を紹介してもらったのだけど、
こちらでは見つけられなかった。
いつか、京都で個展を開くときにください。^^

>恐ろしい記事は

へいへい。
次に書こうと思っていた記事だけど、
気が向いたら書きまする。
Commented by kaori_yoshihara at 2007-11-05 00:38
>いつか、京都で個展を開くときにください。^^

はい、差し上げます。もしよろしかったら送ります。(笑)
(個展はいつのことやらわからないので。)
こちらでも売っている店はあまりないみたいで、
今のところ近所の生協で見るだけですねぇ。
これだけではなんの役にも立ちませんが、URLを貼っておきます。
http://www3.mizkan.co.jp/sapari/product/group/index.asp?id=02016&sid=02&l_id=01

また一週間が始まりますね^^
Commented by enzian at 2007-11-05 22:42
かおりさん

>はい、差し上げます。もしよろしかったら送ります。(笑)

ありがとう。
ああいうかたちなのですね。
思っていたかたちとはちょっとちがったのでした。
頭にインプットしたので、もう少し探しまする。

>また一週間が始まりますね^^

そう始まってしまったのだ。
でも、今週は金曜日から学園祭で休みなので、
ちょっと楽かな‥‥このチャンスに仕事をさばかねば‥‥(^^ヾ

ある絵本の1ページ目、いいですね。
先の展開を期待させるイラストです。


<< 書くということ 夜ごと枕を濡らして >>