夜ごと枕を濡らして

法律関係の書類をさわっていて、この文章をこう表現すれば書き込む者は誤解せずにすむのに、こういう風に補足説明すれば読む者は混乱をせずにすむのに‥‥と思うところがいくつもあった。書く者や読む者の気持ちになって作っていない、配慮のない書類だとつくづく感じた。いつもながら思うのだが、どうして法律関係のこととなると、こう、いかめしくて、わかりにくいのだろうかと思う。ついには、このわかりにくさゆえに成り立つ職種の方々の威厳とか社会的地位を保つためなのか、これは?などと、とんでもない邪推さえしてしまう。

もちろん、世間知らずのこちらの勉強不足は認める。それなりにむずかしくならざるをえない事情があることも、わからないではない。それでも、規則は(それがあてはまる)万人のためにあるのであって、少数の専門家の飯の種にするために作られたものではない。わかりにくい書類やいかめしい条文は、規則に無関心な怠け者や、法にたてつく犯罪者や、我田引水な解釈者たちに口実を与えるぐらいの能しかない。ごく一般の人にわかってもらえない規則など、なんの意味もない、というか、正確に言えば、マイナスの意味しかないのだ。

なにしろ、あのいかめしいテツガクシャたちだって、近頃はそれなりにわかりやすい言葉で書こうとして、あれこれ奮闘して、なかなかうまくいかなくて、夜ごと枕を濡らしたりなんかしているのだ。法律関係の方々は、そういう挫折をしたりしているのだろうか?

by enzian | 2007-10-27 15:10 | ※その他 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/7630233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2007-10-27 16:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-10-27 17:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2007-10-27 23:55
鍵コメ1さん

ばかばかしいことですね。
一般の方に向けたインフォメーションなのに、
専門家にしか通じないような表現にしてどうしようと言うのでしょうね。
意味がわからない。

鍵コメさんの業界に限らず、
こういうことって、とても多いのだと思うのです。
宗教の世界にもありますしね。
そして、それは特権的な人たちを守るための慣習という意味を含んでいる、
という気がするのです。

やすやすと一般の人にわかられるようなら自分たちの立場が危うくなる、
といった意識がどこかにあって、
それがひずんだかたちで出るんだと思うんですね。
Commented by enzian at 2007-10-27 23:56
鍵コメ2さん

Danke!
Commented by 枕詞 at 2007-10-28 00:32 x
法律とか裁判用語等、一部簡易な表現を進める動きもあるようですが。
そうは言っても、素人には、チンプンカンプンなのが現状です。

アブラカタブラと唱えられる、専門家に謎解きしてもらわなければ混乱。
けれど難解が故に、多種の解釈も成り立ち、真相は薮の中に逃げ込むことも否めず。

曖昧模糊にはぐらかし、都合の悪い時は一般人を立ち入らせないような罠ともとれます。
分かり易さの中では、作成側がイニシアチブを取れないことを恐れているのか。
平等・親切をクワバラクワバラと思ってるのだろうか。

そんなことを、昼にお袖で顔を隠しながら思ふ・・・
Commented by enzian at 2007-10-28 00:55
京女の枕詞さん

勘繰ってしまいますね。
Commented at 2007-10-28 19:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2007-10-29 00:15
鍵コメ3さん

なにをおっしゃいますやら。
自分でも、けっこういい返事が書けた、と自画自賛しております。^^

<< 傍らで眠る、ということ 共感覚2 >>