気品

深い学識をもった人が易しく語ろうとすることからくる重厚な文体を見た。膨大な読書量と長い内省の時間と豊かな経験が織りなしたものが、それを覆い隠そうとする強い意志を屈服させて滲み出してきている。総じて、気品とはそのようなものではあるまいか。

by enzian | 2008-01-04 23:55 | ※その他 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/7900928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 冬も好き。 小さな出来事 >>