冬も好き。

b0037269_23332247.jpg季節はいつが好きですか?と聞かれれば、春です、と小さいころは答えることにしていた。そのうち、いつごろからか、秋か春かどちらが好きなのかわからないぐらいになってきた。もちろん、夏は好きだ。夏休みがある夏がきらいなわけなど、ない。

それが、このごろは困ったことに冬も好きになってきてしまった。祖母の晩年は冬が苦手だった。祖母がインフルエンザにかからないか、来る日も来る日も冷や冷やしていた。4月の声を聞いてインフルエンザが終息するころになると、いつも、ほっと胸をなでおろした。

祖母がいなくなってからは、冬の心配の種がなくなった。歳をとったせいか、寒い朝に起きるのも苦にならない。老いて、よいこともあるのだな。たまの雪もいい。お餅や鍋物はなおいい。でも、なにをさしおいても、身を切るような冬の夜の星空。これが絶品。

by enzian | 2008-01-12 22:09 | ※その他 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/7930805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< なにもしない、ということ 気品 >>