自分でよかった。

b0037269_22542562.jpgとても重い病気になった人が、「病気になったのが自分でよかった」と発言していた。その言葉には動かされたのだけど、自分が同じことを言えるのか?と問われれば、わからない。風邪ぐらいなら、家族でなくて自分でよかったと思えるだろうが、非常に重く辛い病気であれば、相手が家族でも、自分でよかったと言える100パーセントの自信はない。

冒頭の人なら、「辛い病気だからこそ、家族でなくて自分でよかったのだ」と言うのだろうが、たぶん、ぼくは「自分でよかった」より、「なぜ自分が?」ということにこだわって生きている。

相手が誰であろうと「自分でよかった」と言えるような人、「なぜ自分が?」から「自分でよかった」への完全な転換ができている人とは、どんな人なのだろう。宗教であれば、そのような人は人であってすでに人でない、ということになるのだろうか。完全とか100パーセントとかにこだわる必要なんて、ないんだけど。

by enzian | 2008-03-25 22:45 | ※テレビ・新聞より | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/8238788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 人間を‥‥ 春の夕 >>