知らない世界

b0037269_0242952.jpg「mixiはしていないのですか?」
「以前、したことがあるけど、せっかく紹介してもらったのにすぐやめてしまって、今はやってないよ。きっと、もうしないと思う」
「どうしてですか?」
「‥‥どうしてだろうね」

いつもこんな感じでお茶をにごすが、自分ではその理由はわかっている。mixiをはじめれば、読者を限定できるのをいいことに、ぼくはきっとしゃべってはいけないことをしゃべって、書いてはいけないことを書いてしまうだろうから。ぼくが書いていいのは、このブログで書いていることまでなのだ。それが理由のひとつ。

もうひとつは、これ以上知ろうとしてはいけないと思うからだ。mixiをはじめてすぐ、ぼくは想像だにしない人たちがmixiをしていることに気づいた。そこには、ふだん学校では見せない顔、レポートには書けない意見、表の(?)ブログでは見せない考えがちりばめられているのだろう。たぶんぼくは、いろいろなことを告げられ、知ってしまう立場にある。なにもしない限り空気を吸うように知ってしまうのなら、自分からは知らないように努めることも必要なのだ。ぼくのまったく知らない世界がたくさんある方がいい。

by enzian | 2008-04-27 00:04 | ※その他 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/8478337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 場所と人 カンチガイにもほどがある。 >>