小さな粒子と大きな権力

「朝日新聞」、6月18日の夕刊、「素粒子」というコラムに以下のような文章が掲載された。

永世死刑執行人 鳩山法相。
「自信と責任」に胸を張り、
2カ月間隔でゴーサインを出して
新記録達成。またの名、死に神。

この文章のとなりには、「永世名人」として、羽生新名人の快挙を「将棋の神様」として賞賛してあり、死刑確定者の執行了承をしゅくしゅくと行っている法相の仕事ぶり(かつては自分の任期中には一切、刑執行の印を押さない法相もいた)を、それと対照的な「死に神」の仕事として揶揄(やゆ)している。

ぼくは簡単に死刑に賛成する者でもなければ反対する者でもないし、ここで揶揄されている鳩山氏を支持しなければならない縁者でもなんでもないが、一方的に特定の人物を「死に神」呼ばわりする記事を品性を欠いた文章だと思ったし、そうした文章を1面に載せ、おびただしい人の目に触れさせようとする報道機関の姿勢にも疑問をもった。

by enzian | 2008-06-19 22:08 | ※テレビ・新聞より | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/8834928
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 鼻で笑う 警戒 >>