ちゃぶ台

人と待ち合わせて食事。先に着いて待っていたら、店に電話がある。10分ほど遅れるという。あぁと思う。待たされたことにではなくて、“待たせたりしたら危険な人物だ” と思われていることに対して。仕事で間に合いそうにないことがわかってから、ずいぶん焦ったのだという。

学生にもよく言われる。「せんせいは、嫌われたら、見切られたら、それで終わりだと思う」と。(´ρ`)あぅあぅ。待ち合わせた人にはそんなことないよ、怒るときには理由があるといった旨の言い訳をしたのだけど、ぼくの周りにいる人たちはみんなそう思っているのだろうな‥‥‥

ぼくが誤解されているか否かは大切なことではない。問題は、“下手な扱いをしたらちゃぶ台をひっくり返しかねないむずかしい人” という認識が、過剰に周囲に気をつかわせて、負担となっていることなのだ。しかももっと問題なことは、そういう風にぼくが負担を負わせている学生が、けっしてぼくが嫌ったり、見切ったりするタイプの人ではないことなのだ。少しは負担を負って欲しいとつねひごろ願っている人は、ちゃぶ台のことなど、微塵も気づかない。

by enzian | 2008-07-20 23:17 | ※その他 | Trackback | Comments(35)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/9105618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-07-21 09:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 毒きのこ at 2008-07-21 12:49 x
ちゃぶ台の例え
なるほどなぁ~
と思いました

聖域というか地雷というか、刺激を与えることや無礼な扱いを許さない場って人それぞれありますね~。【ちゃぶ台】の在りかをわかってくれるのは、相当な理解者なのでしょうね。enzianさんがおっしゃるように、気を配ってくれる方の細やかさにちょっぴり恐縮しちゃうのもうなづけますし、ちゃぶ台を抱えていることも推測もせず無神経な態度をとる方には、「オイっ!ちょっとは気を使えヨ!ゴラァ(-_-メ)」とも言いたくなりますよね。
Commented by 毒きのこ at 2008-07-21 12:50 x
つづきます☆



・・「ごちそうさま!食った食ったぁ~♪」

(enzianさんの【ちゃぶ台】に勝手にあがりこんで、きのこの佃煮をのせたお茶漬けをかっくらった、毒きのこちゃん・・enzianさんは楽しみにしていた昼飯を横取りされたのだが、ちゃぶ台をひっくり返すと掃除が面倒なのであきらめたようだ・・)
Commented by madeline0527 at 2008-07-22 04:36

enzianさんのお話、共感するところがあります…

>少しは負担を負って欲しいとつねひごろ願っている人は、ちゃぶ台のことなど、微塵も気づかない。

そういうものなのですよね…
『心配り』のできる方が、最近少なくなってきているように思えます。

Commented by enzian at 2008-07-22 23:33
鍵コメさん

こんばんは。

昔はあったのですが、
いまはあまりないですよね。
ぜひ、一家に一台置いて欲しいですね。
家庭の空気を変えるちゃぶ台。^^

あえてちゃぶ台をひっくり返せる人、ぼくは好きです。
なんか自己弁護してるようだけど。^^;
でもちゃぶ台をひっくり返すためには、
理解力のある部下や後輩がいてくれることも必要ですね。

Commented by enzian at 2008-07-22 23:46
毒きのこさん

この記事は、とある人と待ち合わせた際のことが書いてあるのですけど、
途中で、相手が学生に切りかわっているでしょ?

ぼくは確かにちゃぶ台をひっくり返すことがありますけど、
なぜちゃぶ台をひっくり返すかというと、
その理由は、相手が学生である場合と、学生以外である場合では
ちがうのです。

学生以外であれば、
権威をふりかざして近づいて来る人には
ちゃぶ台をひっくり返すことがありますけど、
それは、「君とはもう議論ができない!」という意味です。
こういった人に負担を負って欲しいというのは、
「あなたの日頃の態度がフェアではないことに配慮せよ」、
ということです。
Commented by enzian at 2008-07-23 00:07
毒きのこさん、続き

学生であれば、
やはりちゃぶ台をひっくり返すことがありますけど、
それは、「君はそれでいいのか!」という意味です。
こういった人に負担を負って欲しいというのは、
ぼく(enzian)の立場に配慮して欲しい、理解して欲しいというのではなく、
そんなことをしていてはいずれ自分を窮地に追い込む、
だから、「未来のあなたを傷つけないように配慮して欲しい」、
ということなのです。

だから、

>ちゃぶ台を抱えていることも推測もせず無神経な態度をとる方には、「オイっ!ちょっとは気を使えヨ!ゴラァ(-_-メ)」とも言いたくなりますよね。

と毒きのこさんが言ってくれているのは、
前者、学生以外の人にあてはまりますね。^^

そうそう、ちなみに、学生以外の人で
ちゃぶ台をひっくり返すことなんて、
権威を振りかざしてくるとき以外はめったにないですよ。
Commented by enzian at 2008-07-23 00:08
毒きのこさん、さらに続き

‥「あらまぁ、毒きのこはん、もう一杯ぐらい、
  ぶぶ漬け(お茶漬け)食べて行ってくれはったらええのに‥‥♪」

(きのこの佃煮を食べられてしまったenzianではあったが、
そこは大人のきのことして、顔色一つ変えず、こう言うのであった。
しかし、隣の部屋にはこっそり逆さ箒が立っているのであった。)
Commented by enzian at 2008-07-23 00:08
まどさん

>そういうものなのですよね…
『心配り』のできる方が、最近少なくなってきているように思えます。

そうですね。
ぼくも、自分以外の人にちゃぶ台をひっくり返させようとしていないか、
よく考えて行動しないといけないな、と思います。
Commented by 毒きのこ at 2008-07-23 11:06 x
>「未来のあなたを傷つけないように配慮して欲しい」、 ということなのです
ああ!感動!うるうる(T^T)
学生さんへは、愛のちゃぶ台ひっくり返しだったのですね・・

きゃあ~、私にもちゃぶ台ひっくり返して!してぇ♪p(^^)qp(^^)q
Commented by 毒きのこ at 2008-07-23 11:07 x
・・・お茶漬け談義のつづき

「ぶぶ漬け、逆さ箒(-_-メ)・・・enzianさん地域のレアでリアルな歓迎を受けてしまったのらぁ~(>_<)・・隣の店では一見さんだったからお断りされたし~(>_<)・・」


(【ほんもの】に触れられ、この夏の京都での旅に大満足した毒きのこであった。ほどなくして、半泣笑のまま長居したちゃぶ台前を後にし、勝手口から、こそこそと退散するのであった。)
Commented at 2008-07-23 22:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2008-07-23 23:45
毒きのこさん

>ああ!感動!うるうる(T^T)
学生さんへは、愛のちゃぶ台ひっくり返しだったのですね・・

そうです。
感動工房のenzianなのです。
( ̄ー ̄) にやり
Commented by enzian at 2008-07-23 23:53
鍵コメ2さん

ありがとうございます。
これからも、ここぞというときに、ひっくり返すのであります!

毒きのこさんといい、鍵コメさんといい、
おちゃらけenzianとしては負けられないのです‥‥ \(-_- ビシッ
Commented by coeurdefleur at 2008-07-24 22:35
見切られたら、それで終わり
というのと、
下手な扱いをしたら
というのは違うと思います。
enzianさんは…前者かな~^^;
チームに28の女の子がいるのですが、休憩時間にアルコールを含ませたウエットタオルを配ってくれるのはよいのだけれど、投げてよこすの。
物をまたいだり踏んだりしてはいけません、物を投げて渡したりしてはいけません
で育った身には、言えないだけにストレスです。
悪気のないのは分かるんですけどね~(関係ない?^^;

チビの頃の海遊びの思い出。
乾いた平らな石ころを耳にあてると、耳に入った海水がじわ~んと出てくる。
あの妙な感覚は今でも懐かしい。
遊んだ後のカンロ飴も美味しかった。
子供って泥遊びや水遊びが好きですよね^^
Commented by enzian at 2008-07-25 21:42
柊さん

>見切られたら、それで終わり
というのと、
下手な扱いをしたら
というのは違うと思います。

ありがとうございます。
両者は、ぼくのなかでもまったくニュアンスがちがいます。
月とすっぽんなのです。
ぼくが前者かどうか‥‥はわからないですけど。^^;

>チームに28の

ぼくは学生相手だからそういうのはみっともないことだよ、
と教えますが、30前だと苦しいですよね‥‥
言うと喧嘩になるかな‥‥
いえいえ、20歳前後の相手でも、
成功確立は50%です。><
Commented by enzian at 2008-07-25 21:43
柊さん、続き

柊さんには幼いころの思い出に、
海遊びの思い出があるのですね。

>乾いた平らな石ころを耳にあてると、耳に入った海水がじわ~んと出てくる。
あの妙な感覚は今でも懐かしい。

暖かいものが、ころりと出てくるのですよね。

>遊んだ後のカンロ飴も美味しかった。

遊んだあとの甘いものこそ、甘いものなのですよね。

>子供って泥遊びや水遊びが好きですよね^^

そうなんです。
それがどうしてかな、、、って。
Commented by coeurdefleur at 2008-07-25 21:55
水や泥の感覚がおもしろいのではないかと思います。
小さい子供は匂いとか触って物を知るでしょ。
指の間からにゅるりと出てくる泥。(赤土を水でこねると最高です^^)
指をぴったり閉じてるつもりなのにこぼれる水。
形があるようで無い物。
どんな形にも姿を変えられる物。
触った感触が柔らかい。
みんなみんな「気持ちのよい」おもしろいこと^^

実家は海まで歩いて10分かかりませんでした。
白い砂浜も、フナムシのいる岩場も、川から海へ流れ込む河口あたりもおもしろかったな~
小さなカレイやフグをすくったり、アサリやバカガイを掘ったり。
山で野原も川もあって、木登りなんぞもいたしました^^
Commented at 2008-07-25 21:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2008-07-26 00:00
柊さん

>水や泥の感覚がおもしろいのではないかと思います。
小さい子供は匂いとか触って物を知るでしょ。
指の間からにゅるりと出てくる泥。(赤土を水でこねると最高です^^)
指をぴったり閉じてるつもりなのにこぼれる水。
形があるようで無い物。
どんな形にも姿を変えられる物。
触った感触が柔らかい。
みんなみんな「気持ちのよい」おもしろいこと^^

なるほど~
ここにそのおもしろさの理由がちりばめられているような気がしますなぁ。
触覚(触感)と可塑性(それは、こちらの行為の自由を受け入れることでもある)
といったことがヒントになりそうな気がします。
Commented by enzian at 2008-07-26 00:01
柊さん、続き

>白い砂浜も、フナムシのいる岩場も、川から海へ流れ込む河口あたりも
おもしろかったな~

わかりますなぁ。それぞれ山や野原とも違いますが、
砂浜には砂浜の、岩場には岩場の、
そして河口には河口のよさがありそうな気がします。
どこも捨てがたいのですが、ぼくは、とりわけ砂浜と河口のフェチです。
砂浜と河口のどこがいいのか?かを書き出せばキリがないので
やめますが。^^

>小さなカレイやフグをすくったり、アサリやバカガイを掘ったり。

あぁカレイフェチなのに‥‥潮干狩りフェチなのに‥‥><
Commented by enzian at 2008-07-26 00:09
鍵コメ3さん

感覚が違うのでしょうね。
でも、一人で生きているわけではないのですから、
ちょっとは感覚の“すり寄せ” もして欲しいところですね。

>最終行

う~ん、でも、そういう風になってしまうというのは、
ちょっと心配ですね。大きなお世話なのでしょうけど。
Commented at 2008-07-26 10:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by coeurdefleur at 2008-07-26 10:36
追加
どろんこ遊びをした後、あちらこちらについたどろが乾いて
それを剥がすのもおもしろかった。
さらさらしたものがねちゃねちゃになりぽろぽろ落ちる。
異なる土を混ぜ合わせると強度が違うとか、水の量で硬さが変わるとかも。


フェチいっぱいのenzianさん、今年はいつ海にお出かけになるのかな?^^
Commented by enzian at 2008-07-26 14:58
鍵コメ4さん

やはり大きなお世話でしたね。
失礼をばしました。^^;
Commented by enzian at 2008-07-26 15:01
柊さん

>異なる土を混ぜ合わせると強度が違うとか、水の量で硬さが変わるとかも。

子どものすぐれた知的好奇心ですね。

>フェチいっぱいのenzianさん、今年はいつ海にお出かけになるのかな?^^

そういうことを公言すると
海がファンでいっぱいになってしまいますので‥‥ \(-_- ビシッ
Commented at 2008-07-26 19:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2008-07-26 22:06
鍵コメ5さん

生理的に受け付けない、ということがありますね。
ちょっとちがうかもしれないけど、
ぼくはポケットに手を突っ込んだままで話す人がきらいです。
なんでもない顔をして話していますけど、決して信用しないですね。

センタンの3色アイスです。
が、今あるものはリニューアルしたもののようです。
Commented by 座敷童 at 2008-07-26 22:34 x
ビーチの妖精さ・・・じゃなかった。
超暑中お見舞い申し上げます。(京都市内は空気が熱湯のようです)

でも、ちゃぶ台って一度ひっくり返すと、後で
囲んでいたメンバーでセッティングし直すイメージがありますよ。
ともあれ、私もちゃぶ台返しには、
「その議論はここまでえぇい!!」
という、仕切り直しの役割があると考えとります。
逆に、ずーっとニタニタしながら
ちゃぶ台をキュッキュと拭き続けているせんせいの方が、
見限られた感が1.5倍です。
学生さんにはぜひ、ちゃぶ台返し師範の模範演技を見て
「先生の冷静と情熱のあいだ」の位置を知ってもらいたいものです。
今まで何人のせんせいのちゃぶ台が、宙を舞うさまを見てきたことか・・・。
でもすいません、気になることは(自分の考えを明示してから)質問します。
気になって昼も眠れない。
Commented at 2008-07-27 10:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2008-07-27 10:52
座敷童さま

おぉ、コメントを見逃していた。
申し訳なく候。

暑中お見舞い申し上げます。
今年も気合い入った暑さだよね。
奈良寄りの京都でもとろけておりまする。

>でも、ちゃぶ台って一度ひっくり返すと、後で
囲んでいたメンバーでセッティングし直すイメージがありますよ。

あるねぇ、ぼくがひっくり返した会議では、
周りの人が収集に大変だったと思うもの。
あぁ反省。。。

>学生さんにはぜひ、ちゃぶ台返し師範の模範演技を見て
「先生の冷静と情熱のあいだ」の位置を知ってもらいたいものです。

じゃ、来年度のシラバスには、
授業内容として、「①ちゃぶ台ひっくり返し実演」とか作っておこうか。
そうしたら、学生も心の準備ができて、楽しく観ることができるかもね。

②は、文系的ちゃぶ台ひっくり返し、
③は、哲学的方法論に基づいたちゃぶ台返し‥‥
Commented by enzian at 2008-07-27 10:54
座敷童さま、続き

>今まで何人のせんせいのちゃぶ台が、宙を舞うさまを見てきたことか・・・。

おぉそういうのを見ると、人間に深みが出るというもんだ。
違うか‥‥

>でもすいません、気になることは(自分の考えを明示してから)質問します。
気になって昼も眠れない。

京都の夏は昼寝には適さないね。
溶けるよ、溶ける。
Commented by enzian at 2008-07-27 11:15
鍵コメ6さま

そうです。
そういう雰囲気をしっかり学生たちは感じておるのでございます。
(´ρ`)あぅあぅ

「あきらめたら、それでおしまいだよ。」
(安西先生は、まじめなことを言うときだけ、
眼鏡のガラスが透明になります。)
Commented at 2008-07-27 19:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2008-07-27 23:23
鍵コメ7さま

美味しいカレーは作れましたか?
関係ありませんが、タイのグリーンカレーがマイブームです。

気になりはじめましたか?
ご心配なく~
かんちがいはしておりせんよ。
ふぉふぉふぉ。(眼鏡は磨りガラス^^)

<< ブログの趣旨を無視した戯言 enzian、オオハシとインコ... >>