自由時間

b0037269_010183.jpg朝から小学生たちがたむろしていると思えば、ビニール製の手提げかばんにいろとりどりのタオルやらなんやらが見えている。学校のプールへ行くようなのである。もう夏休みなのだな。

小学校のプールと言えば、授業がひとしきり終わったあとの自由時間がとてつもなく楽しかったことを思い出す。ばしゃばしゃ、ぶくぶく、ごくごく、げぼっ。ほんの短かな時間だったけど、全身全霊を傾けて遊んでいたような気がする。遊び終わった後は鼻がつ~んとして、横隔膜が痛かった。

なぜあれほどまでに楽しかったのだろう。水の冷たさがここちよかったのか、それとも、ほどほどに重い水の抵抗がよかったのか。

by enzian | 2008-07-24 00:13 | ※その他 | Trackback | Comments(13)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/9131978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gauche3 at 2008-07-26 17:48
> それとも、ほどほどに重い水の抵抗がよかったのか。
あぁ、そうだったのかも知れない・・・
僕は両手を広げて、頭だけ出して水の中を進んでいくのが好きでした。
自分の身体なんだけど、どこか自分の身体じゃないみたいな感覚。

> 横隔膜が痛かった。
ふふふ・・
ホントに全身全霊を傾けてたんですね(笑)
Commented by enzian at 2008-07-26 22:08
猿夫さん

>僕は両手を広げて、頭だけ出して水の中を進んでいくのが好きでした。
自分の身体なんだけど、どこか自分の身体じゃないみたいな感覚。

身近な言葉なんですが、
猿夫さんの言葉なんだなぁという気がしました。
すいません、変なところに感心して。^^;

>ホントに全身全霊を傾けてたんですね(笑)

えぇ10分ほどの時間に全てを賭けました。^^
Commented by yuta at 2008-07-26 22:17 x
enzianさん,こんばんわ。このウサギさんがほしいな,と思ってしまいました。
 ところで,希望とはのドイツ語をありがとうございました。
読み違いがはなはだしく,ああ,ちゃんとドイツ語も勉強しなくてはいけなかったなと反省しきりです。ただ私の場合,英語も似たようなもんなので,語学のセンスはほとんどないと考えていいのかもです・・けどアハハ。
 キリスト教の方たちは,「うまくいくいくことの確信」を,きっと何の根拠もみあたらなくても神さまの存在で信じられるんだろうなぁ,とか,かなりまじめに思ってしまいました。教会の中の空気がまたそんなふうに人を導いていくようでもありましたから。勝手に誤解して雰囲気に飲まれる,なんともはや・・です。ちゃんと考える,そのためのスキルをもつこともまた大切ですね。いまさら遅いかもですけど,まあ,生きているかぎりあきらめず少しずつでしょうか。
 
Commented at 2008-07-26 22:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2008-07-26 22:45
yutaさん

今、yutaさんにメールを書きはじめていたところでした。
でも、ちょうどコメントをいただいたので、こちらで。^^

希望、興味深いですね。
ぼくもいま、少しばかり勉強しているところなのですが、
ヨーロッパの人たちがの考える希望というのは、
ときに、意味をもつことと近いような気がしています。
つまり、「意味がある」という意識が希望を生み出すように思います。

で、「意味」の意味が問題なのですが、
どうも、それは神から期待されていることをしているかどうか、
つまり神から授かった使命を果たしているかどうかと関係しているように思います。

ドイツ語では神から授かった天職をBerufと言いますが、
その動詞形がberufenです。

yutaさんにこんなのを言うのはきっと僭越なのですが、
V.E.フランクルの『それでも人生にイエスと言う』とか『意味への意志』
での考え方には、そういうものが息づいているように思います。
Commented by enzian at 2008-07-26 23:07
yutaさん、続き

それと、ひょっとしたら
die überzeugung は die Übezeugungに、
sinn は Sinn と元のものには書かれていなかったでしょうか?
ちょっと気になったもので‥‥(^^ヾ

>ウサギ

いいでしょ?^^
このウサギは、京都の先斗町にあるウサギの雑貨屋さんの
軒先に出ているものなのですよ。
Commented by enzian at 2008-07-26 23:07
鍵コメさん

こんばんは。

そうですね、あれはやっぱり10分ほどの短い時間だったから
全身全霊をかけたのでしょうね。
5時間ほど自由に遊べ、なんて言われたら、
イヤになったでしょう、きっと。^^

鍵コメさんがおっしゃるように、
そういう限られた時間のなかでこそ、
子どもの無限の力が引き出されるのかもしれませんね。
なるほど、「不思議な時間」という言葉がぴったりです。

>だから大人は、それが出来る子供や若者をみると嬉しくて応援したくなるのかな?

かもしれませんね。
大人はどこかでそれに気づいているのでしょうね。
でも、鍵コメさんは十分にエネルギッシュだと思いますよ。^^
Commented by yuta at 2008-07-27 22:17 x
enzianさん,こんばんわ。
 「わたし」の人生には意味があるのか?という問いではなく,
「わたし」は人生から何を期待されているのか,と問う。確かフランクルは,「それでも人生にイエスという」,でそのような記述をされていたように記憶しています。
私には,「わたし」は人生から何を期待されているのか,ということが今ひとつよく分からないこととして,心にとどめておりました。
>、・・「意味がある」という意識が希望を生み出すように思います。
     で、「意味」の意味が問題なのですが、

 なんとなくそのようにおっしゃられることが,わかるような(感じることが出来るような)気がするんです。
神様から与えられた使命というものを信ずることが出来ない人間は(そもそも希望という概念のない仏教といわれるような雰囲気で育った人間には),人生の意味を希望をどのように持ちまた維持していくことが出来るのか?そもそも,使命を信じる人の人生の意味や希望は,私が探そうとしている人生の意味や希望と違うのか?
言葉にすると,何か陳腐になりますけれど・・・。
Commented by yuta at 2008-07-27 22:22 x
・・続きです。
>die überzeugung は die Übezeugungに、
sinn は Sinn

その通りでした。私が打ち間違えていました。いつも,こんな感じです。^^;
ちょっと真剣にドイツ語学ぼうと思います。
>ドイツ語では神から授かった天職をBerufと言いますが、
その動詞形がberufenです。
思い出したのですが,活動理論という心理学の研究があります。私は,その流れをやってみたいというかやって行きたいと思っているのです。同じことをその活動理論の研究をやっている研究者が書いていたのです。
 人生に意味をもたせる,一つの方法は,生きて活動する,ということも含まれるとフランクルも言っているような?気がします。
いつもありがとうございます。

Commented by enzian at 2008-07-27 23:37
yutaさん

こんばんは。
フランクル、そんな内容でしたね。

>私には,「わたし」は人生から何を期待されているのか,ということが今ひとつよく分からないこととして,心にとどめておりました。

ぼくもフランクルを読んで、よく理解できなかった部分です。
それで、理解できない理由は、やはり、yutaさんが書いておられるように、
キリスト教を背景としていないことにあると今は考えています。

>そもそも,使命を信じる人の人生の意味や希望は,
私が探そうとしている人生の意味や希望と違うのか?

これは、ぼくにとっても大切な問いになると思います。
そして、仏教に希望という概念がないかどうか、
希望という概念はキリスト教に限られるかどうか、
も、ぼくにとっては明らかにすべき課題です。
Commented by enzian at 2008-07-27 23:44
yutaさん、続き

>思い出したのですが,活動理論という心理学の研究があります。私は,その流れをやってみたいというかやって行きたいと思っているのです。同じことをその活動理論の研究をやっている研究者が書いていたのです。

活動理論ですか?
まったくわからない概念です。(^^ヾ
ちょっと勉強してみます。

>人生に意味をもたせる,一つの方法は,生きて活動する,ということも含まれるとフランクルも言っているような?気がします。

そのようなことを言っていると思います。
Sinn‥‥ほんとやっかいな、しかし、なおざりにはできない言葉です。
関係ないのですが、意味を与えるのは人間だと思いますので、
意味の意味を追いかけると、人間を追いかけることになるではないか、
と思ったりするのです。
(あぁまた根拠のないことを‥‥)
Commented by yuta at 2008-07-28 22:52 x
enzianさん,こんばんわ。
>意味の意味を追いかけると、人間を追いかけることになるではないか、
と思ったりするのです。
一言・・・・・・・そのように,私にも思えます。(今は,根拠がないと言わないといけないとしても・・)
意味をもつということは,人間にとって動機があるとうこと、そこに何らかの情動が存在するということ,のように思います。
意味の意味を追いかける・・・,忘れないでおこうと思います。
Commented by enzian at 2008-07-29 22:09
yutaさん

意味の意味についても、
あたらしく、なにか思いついたことがあれば書きますね。
きっと、それとはわからないような書き方で、ひっそりと。^^

動機と情動、
キータームになりうるものとして、
頭のなかに放り込んでおきまーす。

<< 王将 ブログの趣旨を無視した戯言 >>