黒いサンタ

新聞投稿に見入ってしまった(7月20日、朝日新聞、朝刊)。紹介せずにはおれない気持ちなので、紹介する。 
私の三男が幼稚園の時、他の園児の絵と描き方が違うので、家庭に問題があるのではないかと呼び出されました。そこには三十数人の園児がそれぞれに描いた可愛いサンタの絵がありました。
 その中で、息子の絵はおでことほっぺ、ひげの3カ所が黒いクレヨンで汚れていました。「上手に描けているなぁ。でも、黒いのは何かなぁ」と尋ねてみると、彼は得意満面で、「サンタさんは、えんとつから入ったから、すすがついていて黒いんだよ」。その言葉を聞いたとき、抱き上げて「よう描けたなぁ」と褒めてあげました。
〔全て文章はママ〕
その後、息子さんは絵に興味をもったという話しが続く。常日頃、よくわかりもせんのに普通の人とそうでない人を “選別” し、後者を治療かケアの対象として固定したうえで速やかにしかるべき人に引き渡すことにだけ心を砕いて、うまくさばいた!と爽快な気分になっている自分をぎくりとさせるには十分な内容だった。

by enzian | 2008-07-27 10:27 | ※テレビ・新聞より | Trackback | Comments(27)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/9157000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kaori--y at 2008-07-27 10:56
私の母はその昔保母をしていたそうで、そのときやはり子どもの絵の研究会みたいなのがあったそうです。で、クラスの雰囲気が悪かったり家庭に問題があったり精神的に不安定な子どもは上手とか下手ではなく、たくさん並べてみると色が暗かったり汚かったりする傾向があるらしいです。

思い込んじゃったのかなぁ、幼稚園の先生も。
一言聞けばよかったことだけれど、それってその人に対して新鮮な興味を持って深く掘り下げるってことなんですよね。それはとても難しいことだと思います・・・。そんなに誰彼となく掘りさがらさんないですよ(ちょっと訛った)、ってそうも言ってられなかったり~うむむ・・・。
Commented by enzian at 2008-07-27 11:16
かおりさん

おはよう。
そちらは地震続きですね。

>で、クラスの雰囲気が悪かったり家庭に問題があったり精神的に不安定な子どもは上手とか下手ではなく、たくさん並べてみると色が暗かったり汚かったりする傾向があるらしいです。

それはあるのでしょうね。
だから、そういうのを見逃してはいけないのだと思います。
そういう意味で、記事の幼稚園の先生は間違えていないと思います。

>一言聞けばよかったことだけれど、それってその人に対して新鮮な興味を持って深く掘り下げるってことなんですよね。それはとても難しいことだと思います・・・

そうですね。一言聞けばよかったのだと思います。
そして、そういう風に聞くためには、
かおりさんの言うように、新鮮な興味をもたないとできないと思います。

誰彼となく、というのは、かおりさんの言うように無理だと思います。
でも、自分が教えている子どものことなら、
この程度のこと(「この黒いのはなに?」と聞く)なら、
できなくてはいけない、とぼくは思います。
Commented by 毒きのこ at 2008-07-27 19:32 x
あ゛~ぁち゛ゅぃ~(*暑い)

クールビズなサンタさんが、そりに山ほどのかき氷を載せて、シャンシャン♪雪を降らせてプレゼントしてくれないかなぁ~・・・
なんて思う今日この頃☆


園児さんはさておいても
かかわる大人のいかんによって・・いろいろな見方が出てくるのですね

今日、宮崎駿の映画を見に行ったのですが、作品の評価は別にしても、無邪気にはしゃぐ子供の側で、いったい何をこの映画はいいたいんだ・・とマジにぼやいていた付き添いのパパさんを目撃してしまいました(-.-;)
Commented by non at 2008-07-27 20:55 x
たしかに絵には個性が現れると思うので
先生のチェック項目に引っ掛かってしまったのかもしれませんね~

実は私も 小学校低学年の時
母が先生に「お宅のお子さんは絵があまり上手ではない。
ベタ塗りしている~」とかなんとか言われて
母は 即 私を お絵かき教室へと連れて行きました。
私は その時の絵をいまだに覚えています。
とても色白の男の子の顔を大きく描いたので 自分では納得いくものだったのです。

この投稿のお母さんのように 先生の言うことを鵜呑みにしないのは
賢明なお母さんですよね。
でも私は 先生に言われようが 母がそれを信じようが
自分が絵が下手だとは信じない頑固さがあったので 救われましたが・・・(笑)
いまだに 絵を書き続けてます。
Commented at 2008-07-27 22:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2008-07-27 23:48
毒きのこさん

あじゅ、あじゅ、あじゅ~(*とても暑い)

>クールビズなサンタさんが、そりに山ほどのかき氷を載せて、
シャンシャン♪雪を降らせてプレゼントしてくれないかなぁ~・・・
なんて思う今日この頃☆

思う!思う!
でもサンタさんは日射病になるよね。

>園児さんはさておいても
かかわる大人のいかんによって・・いろいろな見方が出てくるのですね

そうですね。
この記事の場合は先生が抜けていましたが、
それをお母さんが補ってくれましたね。

>今日、宮崎駿の映画を見に行ったのですが、作品の評価は別にしても、無邪気にはしゃぐ子供の側で、いったい何をこの映画はいいたいんだ・・とマジにぼやいていた付き添いのパパさんを目撃してしまいました(-.-;)

それで、毒きのこさんはどう思ったの?
賛否両論だということを聞いているのですが。
トトロと似た感じなら観てみたいのですが。
Commented by enzian at 2008-07-27 23:58
nonさん

>たしかに絵には個性が現れると思うので
先生のチェック項目に引っ掛かってしまったのかもしれませんね~

そうですね。
色なんかは明白で隠しようのないものだから、
チェックされたのでしょうね。

>実は私も 小学校低学年の時
母が先生に「お宅のお子さんは絵があまり上手ではない。
ベタ塗りしている~」とかなんとか言われて
母は 即 私を お絵かき教室へと連れて行きました。
私は その時の絵をいまだに覚えています。
とても色白の男の子の顔を大きく描いたので 自分では納得いくものだったのです。

nonさんほどの確信かどうかはわかりませんが、
ぼくも、なんとなくわかる気がします。
たとえ先生の言葉であろうと、
揺るがないような部分がぼくにもあったような気がします。

>この投稿のお母さんのように 先生の言うことを鵜呑みにしないのは
賢明なお母さんですよね。

そうですね。
大切なことなのだから自分でも確かめてみる、
というのが必要だと思います。

>いまだに 絵を書き続けてます。

HPでは拝見しています。^^
Commented by enzian at 2008-07-28 00:06
鍵コメさん

こんばんは。

>前半のお話

よいお話ですね。
杓子定規ではない、そして、鍵コメさんがおっしゃるように
いろんな角度からの想像力が働く先生だったのでしょうね。
そういう風にいろんな角度から想像力を働かせることが、
自分の価値観のなかに相手をはめ込んでしまわない
ためには大切ですね。

ぼく自身、これはいつもやってしまうミスなので、
気をつけます、はい。^^;

>後半、中学校の話

そのたくましさに乾杯!!(^0^)/
そうでなくっちゃね。
Commented by 毒きのこ at 2008-07-28 00:12 x
>トトロと似た感じなら観てみたいのですが。
トトロを観たことがないので比べられなくて・・(>_<)
水がキーワードなのですが、海の世界や子供が水に足や顔を浸すシーンが多かったです。なんとも言えず気持ち良かったですね~。アニメだからだせる質感や表現力は必見ですね~。特にこの暑さゆえに・・私はすっかり自分が魚になった気分でしたョ(^^)

感覚重視っ☆なピュアで本能をくすぐるお話でした。
あえて、何をいいたい映画なの?と問われれば、【愛】・・かなぁ~。


(^0^)/enzianさんも、ぜひみるべし♪夏の宿題としまぁ~すっ
Commented by 座敷童 at 2008-07-28 00:35 x
ビックリしたー。スペインの黒サンタかと思った。
子供の絵は難しいです。
13歳でプロ以上のデッサン力を持っていたパブロ・ピカソも
最終的にはずーっと「子供の絵」を描こうとしていたんです。
プロの画家には描けない絵の一つですね。

異端であることは、異端ではないものが経験していない
貴重な経験(知識)があるからだと思います。
でも私は小さいとき、クレヨン5色しか買ってもらえなかったので、
(母:三原色+白黒があれば何色だって造れるもん)
かなり前衛的な作品を発表していたようです。

Commented by ao at 2008-07-29 10:28 x
お久しぶりです。lotusあらためaoです。
暑い日が続いていますが、お元気そうで・・・

昔3人の子持ちとしては、先生といろいろありました。
結構、型にはめようとする先生が多かったかなぁ~。
うちの子達がはみ出していたというか・・・
先生方は、もっと多方面から見てほしかったし、かなり私も
否定された気になりました。

先生に受けのいい子、出来のいい子と、そうではない子のその後を
先生たちは、知っているのかなぁ。
少なくとも我が家の3人は、たくましく生きています。

enzianさん、先生でしたね^^失礼しました。

Commented by enzian at 2008-07-29 21:21
毒きのこさん

なるほど夏向けのアニメって感じなのですね。
観よっかな。

>感覚重視っ☆なピュアで本能をくすぐるお話でした。
あえて、何をいいたい映画なの?と問われれば、【愛】・・かなぁ~。

了解、ありがとう。

>トトロを観たことがないので比べられなくて・・(>_<)

トトロは観てください。
何度でもテレビで放送するでしょうから。^^
Commented by enzian at 2008-07-29 21:28
座敷童さま

>ビックリしたー。スペインの黒サンタかと思った。

うんにゃ、日本の黒サンタです。

>子供の絵は難しいです。
13歳でプロ以上のデッサン力を持っていたパブロ・ピカソも
最終的にはずーっと「子供の絵」を描こうとしていたんです。
プロの画家には描けない絵の一つですね。

して、子どもの絵とはどんなものなの。
大人の絵とはどうちがうのかな。

>異端であることは、異端ではないものが経験していない
貴重な経験(知識)があるからだと思います。

ふむふむ。
ということは、そもそも異端を理解することはできないのね。

>でも私は小さいとき、クレヨン5色しか買ってもらえなかったので、
(母:三原色+白黒があれば何色だって造れるもん)
かなり前衛的な作品を発表していたようです。

限定された状況が、異端的な経験を生み出した、
という風にまとめたらいいのかな。^^;
Commented by enzian at 2008-07-29 21:35
aoさん

お久しぶりです。
いつのまにか、HN、変わってらしたのですね。

>昔3人の子持ちとしては、先生といろいろありました。
結構、型にはめようとする先生が多かったかなぁ~。
うちの子達がはみ出していたというか・・・
先生方は、もっと多方面から見てほしかったし、かなり私も
否定された気になりました。

そうでしたか
耳が痛い話です。
いろんな先生がおられたでしょうけど、
総じてダメでしたか。
気をつけます。><

>先生に受けのいい子、出来のいい子と、そうではない子のその後を
先生たちは、知っているのかなぁ。
少なくとも我が家の3人は、たくましく生きています。

ヒィー耳が痛い。
自分好みに当てはめたりしないよう、
気をつけますです。^^;
Commented at 2008-07-30 02:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-07-30 02:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-07-30 12:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by bs2005 at 2008-07-31 00:24
こんにちは!お久しぶりです。

私も紹介せずにはいられない気持ちになりましたので、拙ブログにて、この記事紹介させて頂きました。とりあえずお知らせまで、、。

頭でっかちになると、目の前のことを虚心で見られなくなるなぁと改めて、自他共に頭でっかちと認める私は反省しました。(汗)
Commented by 毒きのこ at 2008-07-31 12:17 x
>幸せ詰め合わせ♪

ま、ま、まさかのマンゴー?!?!
(ーー;)
Commented by yoshihiroueda at 2008-07-31 23:46
はじめまして、ぶんさんのところから来ました。
先生も一所懸命でいっぱいいっぱいなんでしょうね。
Commented by enzian at 2008-07-31 23:56
鍵コメ2、3さん

ありがと。読んだよ。
ちょっとわからんところもあったのだけど、
それはまた聞くね。
Commented by enzian at 2008-07-31 23:57
鍵コメ4さん

ブッブッー
(次の挑戦をお待ち申し上げております。^^)
Commented by enzian at 2008-08-01 00:00
ぶんさん

こんばんは。
お久しぶりです。

よい記事でしょう?
考えさせられる記事でもあります。
そちらでも、コメントがたくさんついていましたね。

ぼくもこの記事をみて、
たくさん考えることがありました。
Commented by enzian at 2008-08-01 00:00
毒きのこさん

>ま、ま、まさかのマンゴー?!?!
(ーー;)

ブッブッ~!
(マンゴなんぞ、ゴメンです!)
Commented by enzian at 2008-08-01 00:05
yoshihirouedaさん

はじめまして。
ぼくは怠惰なのだと思ってますよ。
一声かけるぐらい、たやすいことですからね。
Commented at 2008-08-01 17:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2008-08-01 23:56
鍵コメ5さん

そうでしたか。
受け入れる度量が広いということはよいことだと思います。
日本の教育でも、少しずつではありますが、
度量は広くなってはいるのですよ。

ぼくがこうしたことに意識を向けざるをえないのは、
教師である前に、自分の生い立ちに関係しているのです。
それは、鍵コメさんととても似た事情です。
しかし違うことは、「すすめられて行かせてよかった」ということなのです。
ぼくは、かつて、世間体を気にして、行かせないようにした人なのです。

このお母さんはパーフェクトだと思います。

<< 幸せ詰め合わせ♪ 夕暮れ >>