舵を切った

b0037269_0183691.jpg研究の方向性で大きく舵を切った。大学を選んだときから、いや、小学生のころから究めたいと思っていた研究の分野があったのだが、一つの考えがあって、周辺をうろつきつつも、その方向へ明確に舵を切ることをずっとずっと控え続けてきた。

だが、この一、二年、少しずつ周囲の状況が自分の判断を促していると感じるようになってきて、また、うかうかしているうちにそこそこの年齢になってしまい、新しいことをはじめるにはもう判断を遅らせるわけにはいかない、と思うに至った。我慢の限界でもあった。

直接伝えることはなかったが、これまでの研究の方向を決定づけた恩師のご自宅への訪問はすませた。すでに書斎は新しい研究のための文献で埋め尽くされている。これが最後の、そして決定的な挑戦になるだろう。さあ後悔することのないよう、新しい海に乗り出してゆこう。

by enzian | 2008-08-12 00:23 | ※その他 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/9275080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-10-03 02:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2008-10-04 00:18
鍵コメさま

しばらく見ぬと思ったら、そういうことでしたか。

よ~く考えて決めたことでしょうから、
がんばってくらはい。
Commented at 2008-10-04 23:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2008-10-06 00:06
鍵コメ2さま

青の洞門ですね。
ゆっくり鉱脈を見つけてください。

りんどうさんも、体第一でがんばりまする。

<< 『墜落遺体――御巣鷹山の日航機... 助役と駅長 >>