街角

b0037269_23255769.jpg

by enzian | 2008-08-13 23:26 | ※写真 | Trackback | Comments(19)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/9287914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuta at 2008-08-14 01:40 x
enzianさん,こんばんわ。「百万回生きたねこ」の記事から,百丈野狐を思い出し,幼い日のことを思い出し,そして今年のお盆を迎えています。「舵を切った」の記事を読み,思い出したことを記述してみようかという気持ちになりました。なぜか。後悔しないように,生きなくてはね,私も・・,と思います。たぶん,すぐ後悔しますが(笑)。
Commented by coeurdefleur at 2008-08-14 06:39
おお、写真ブログのようです。
緑が引き立って美しいです~^^

Commented by saheizi-inokori at 2008-08-14 07:31
こういうのってどうすればできるのか、永遠の課題です^^。
Commented by enzian at 2008-08-14 08:58
yutaさん

おはようございます。
yutaさんは禅系の素養がおありなんですよね。
ぼくはこのお盆は、鈴木大拙全集を読み通すことにあてています。
これは、「舵を切った」に関係することなのです。^^

後悔しないようにと舵を切ったのですが、後悔するでしょうね。
せめて、後悔を後悔として受け取りながら、やっていきます。(^u^)v
Commented by enzian at 2008-08-14 09:00
柊さん

ほ~ら、ほ~ら、写真ブログのように見えてくる~見えてくる~
ゆら~ゆら~
Commented by enzian at 2008-08-14 09:03
saheizi-inokoriさん

はじめまして。
黒地にすることですか?
設定→スキン変更→適用 とたどっていけば、
お好みの世界に‥‥ちがいますでしょうか?(^^ヾ
Commented by yuta at 2008-08-14 10:29 x
enzianさん,おはようございます。
>ぼくはこのお盆は、鈴木大拙全集を読み通すことにあてています。
何かそんな気配を感じていました。鈴木大拙全集は32巻?,並大抵ではないでしょうに,と思います。岩波書店のものはそれぐらいありました。私には未だにどうするんだよこの本,てしろものです。小難しい人間だけは嫌だ絶対そういう性格の人にはなるまい,と否定して。否定しても捨てきれない,眺めているだけの本は,そういう自分自身の滑稽さを映し出すようです^^。カラスは黒でいいし,白い雲は白でいい,それ以上はうるさい!,それが思春期の私の答えでした。引き伸ばしにした答えを,勝手に消えて行ってしまったものに対する感傷と共に,今,も一度,向き合わないといけないのかなと思い出したところです。たぶん,いろんな人たちとの出会いによってそう思うようになったのでしょう。暑い最中です。体に気をつけて頑張ってください。
Commented by enzian at 2008-08-14 22:03
yutaさん

こんばんは。

鈴木大拙全集は巻数が多くて、読み通すのに時間がかかります。
ただし、大拙の場合は言いたいことが明確にあって、
それを説明するためにありとあらゆる題材を使う、
というかたちをとっていますので、まだ読み通しやすいと思います。
これが、逆の、題材は同じでも、言っていることが時期によって違う
なんてことになると悲劇ですね。哲学者にはそういう人が多くて多くて‥‥^^;

>カラスは黒でいいし,白い雲は白でいい,それ以上はうるさい!

わかります。^^
カラスは黒でいて、同時に白である。
カラスはカラスであって、あなた自身でもある‥‥なんて言われたら、
こっちが喝!って入れたくなりますものね。

でもでも、大拙はまさに、
それを言わんとしていたりするのですよね(ポクポク←木魚の音^^)。

yutaさんも、夏休みに研究が進みますように。
Commented by yuta at 2008-08-15 00:05 x
enzianさん,哲学者ってなんかいいですねー。
 もうこの世にいない人たちと,書物を通して対話してる。気難しい人もいれば,気分が変わりやすい人も,神経質で頑固とか・・・。そこにはいない人を,そこに蘇らせることができる。面白そうです。それでご飯が食べられるからなおいい感じ。
 私の仕事といえば,
 例えば,頭いいのに字だけかけない子がいたとして,本人がわからないその理由を必死になって探すような仕事です。常に余計なお世話のために神経すり減らしてる。
もし共通する部分があるとすれば・・・,必死になっている(夢中になっている)ときだけ自己を超えられるかもしれない・・というところかしら(笑)。
enzianさんのお返事に,ありがとう,と一言だけ。素直に伝えたくなりました。
ありがとう,enzianさん。そして,よいお仕事を。
Commented by enzian at 2008-08-15 00:51
yutaさん

どういたしまして。

>例えば,頭いいのに字だけかけない子がいたとして,
本人がわからないその理由を必死になって探すような仕事です。

ひぃー、それこそ、
世の中のためになる仕事じゃないですか。ヾ(´д`;)

哲学の場合も、自分と同じテーマを扱っている思索を追うことによって、
いろんなテーマについて(できれば、世の中の役に立てれば‥‥と)
考えるわけですが、たいていの場合、世間の人から見れば、
何の役にも立たない大きなお世話で終わります。

共通する部分は他にもあるんだと思いますよ、きっと。

yutaさんの記事、おもしろそうだなぁ、と思っています。
明日、というか今日だな、一眠りしてから、
ゆっくり読ませていただきます。^^
Commented by coeurdefleur at 2008-08-15 12:55
好奇心も捨てたもんじゃない。
こちらからちょび飛んで遊びに行ってきましたら、
紫式部の可愛い花を見せていただきました。
花ははじめて見たの~^^
Commented by enzian at 2008-08-15 18:39
柊さん

飛ぶのがやや遅いよ、柊さん。^^

>好奇心も捨てたもんじゃない。

「好奇心なしには何事も始まらぬ。」
(by 好奇心推進委員会委員長、enzian)

>紫式部

紫と聞いただけで過剰に反応する私がいるのですが、
なぜなのでしょう。高貴な色だという印象があるのでしょうか、ふむ。

Commented by coeurdefleur at 2008-08-15 21:47
あれ、遅かったですか?^^;
人見知りなうえ出不精だからか、訪問先からヨソへ飛ぶことってめったにないんですよ。(珍しいの)

紫って不思議な色ですよねぇ。
品を上げたり下げたり威圧的にもなっちゃうし。
ハンドルのりんどうも紫の花ですね。^^

ってか、もう背景に戻ってるし。
Commented by enzian at 2008-08-15 22:40
柊さん

人に遅いとか言いつつ、その委員長は、
自分からどなたかを訪問することはないのでした。><

>品を上げたり下げたり威圧的にもなっちゃうし。
ハンドルのりんどうも紫の花ですね。^^

そうですね、使い方、濃淡によって、品にない色にもなりますよね。
リンドウ、そうです。♪

>ってか、もう背景に戻ってるし。

ほ~ら、ほ~ら
またテツガクエッセイブログに見えてく‥‥ \(-_- ヒツコイ
Commented at 2008-08-15 22:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 毒きのこ at 2008-08-15 23:04 x
>投げる

最近ちょっと荒っぽい仕草の人に遭遇して、あ゛~(>_<)なんで投げるの???・・なんてひっかかってた所ですぅ

なんてことはないふとした行為ですが、妙にメッセージ性を感じますなぁ(*_*)
Commented by 毒きのこ at 2008-08-15 23:05 x
持ち運んだり、静かに置く・・ではなく、投げる。私の手から、リリースされ、何かを強烈に意識し狙いを定めたり、当てはないけど威力を誇示したり、はたまた自分から一刻も引き離したかったり、または放さなければならなかったり・・・

焦りや性急さや執念や断絶など強いものが転がっていそうな風景だなって思ったりしました。(^_^メ)
Commented by enzian at 2008-08-15 23:34
鍵コメさん

こんばんは。
なんか暗い記事ばかりで‥‥^^;

街角の写真、これは京都の三条近くの路地の風景です。
緑はヨウシュヤマゴボウ、秋になると、紫色の実をつけます。

この本、お読みになったのですね。
猫と重なったということは、
変化に翻弄されたような生き方を余儀なくされた方なのかもしれません。
「ほっとした」できたということは、
どこか落ち着くことがおできになったのですね。
よかったです。

盆踊りは、やはり地域の個性が出るのだと思います。
関西ですからベースは河内音頭で、
それに地域独特のなんとか音頭が入ります。

先ほど、隣町の盆踊りの音が聞こえていたのですが、
一休さん音頭的なものが流れていて、びっくりしました。
(一休禅師が晩年過ごされた寺が隣町にありますので。)
ポクポクと‥‥^▽^)

そちらも楽しそうですね。^^
Commented by enzian at 2008-08-15 23:36
毒きのこさん

>なんてことはないふとした行為ですが、妙にメッセージ性を感じますなぁ(*_*)

そうですね。
ひょっとしたら、なんのメッセージ性もなくて、
たんにお行儀の悪い人なのかもしれませんが、
考えてしまいますよね。

>何かを強烈に意識し狙いを定めたり、当てはないけど威力を誇示したり

なんかその辺のところが気になるところですね。

<< 投げるということ 『墜落遺体――御巣鷹山の日航機... >>