「ぼくを待っているから。」

テレビをつけたら、かわいらしい子牛たちに少年がミルクをやっているところだった。家は酪農家なのだろう。取材者が少年に問う。「なぜミルクをやるのが好きなの?」少年にはむずかしすぎる問いだとぼくは思った。たとえ答えられたとしても、「牛が好きだから」がせいぜいのところだろう。答えられそうにない問い、答えられたとしても一定の答えしか期待できそうもない問いなど、問う方が愚かなのだ。そう思った。

だけど次の瞬間、ぼくは驚いてしまった。少年はこう答えたのだ。「ぼくを待っているから」。愚かなのは取材者ではなく、ぼくであった。

番組は進み、以前から少年が登ってみたいと思っていた山にチャレンジする段になった。天候が崩れてしまい、少年は途中で登頂を断念しなければならなくなった。エンディングの場面になり、悔し涙を流す少年に同行していた父親がやさしく話しかける。「おばあちゃんも待っているし、牛も待っているよ」。この父親にしてこの少年ありなのだな、と思った。

by enzian | 2008-08-26 21:58 | ※テレビ・新聞より | Trackback | Comments(27)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/9373471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aroomwithaview at 2008-08-27 12:56
こんにちは。
心温まるお話をありがとうございます。
待っている人(に限らず)がいるのを知っていたり
信じていられることって幸せなことだな~と
思いながら・・・BGMに“いい日旅立ち”(百恵ちゃん)が
流れてきました。(笑)

そして、1時間弱の番組から(子供のチャレンジ番組か
何かですか?)
“待っている”その言葉を聞き逃さなかったenzianさん
にも哲学者らしさを感じました。(?)
学びや気づきって意識さえ向ければ、至るところに
転がっているものなんだなぁと思ったところでした。
Commented by enzian at 2008-08-27 21:43
こんばんは。

>心温まるお話をありがとうございます。
待っている人(に限らず)がいるのを知っていたり
信じていられることって幸せなことだな~

そう思いました。
それを教えてくれる父親がいて、
そのことを子どもは知っている。
よい家族だろうなぁと思いました。

番組名とかは知らないのです。
テレビをつけたら、番組がはじまっていて‥‥
NHKの番組だと思います。

>学びや気づきって意識さえ向ければ、至るところに
転がっているものなんだなぁと思ったところでした。

そうですね。^^
Commented by 毒きのこ at 2008-08-28 00:03 x
身近なところで考えさせる・・これこそ、小さな哲学ですね(^^)

一昨日、友人の小さなお嬢ちゃんと話しました。ある出来事があり、そのことについて私は少女にやはり問い掛けました。友人(ママさん)は、普段こどもと接したことがない私の大人目線風の質問に、そんなふうじゃ通じないよ的に冷や冷やハラハラした顔をしてました。

少女はしばし「う~ん」と唸ってかたまりましたが、両手をバンザイしながら元気よく【楽しいですっ!】と答えてくれました。
Commented by 毒きのこ at 2008-08-28 00:05 x
【つづきますっ】

友人からすれば、大人の事情や複雑な現実を見据えて・・私との大人同士の会話ならこう言う展開にはならなかっただろうと思いました。

でも、少女の全身で感じて表現されたその言葉は、余計なものを削ぎ落とした真実のようにも聞こえました。・・意外なことに少女の答えに、友人が一番安堵し勇気づけられたようでしたョ(^^)


先入観をちょっと横に置いて、たまには話したこともない人と、または話したことがある人でも、いろんな問い掛けをしてみるのは楽しそうです♪
Commented by 座敷童 at 2008-08-28 01:36 x
カエルの気持ちとシンクロしたい今日この頃の私としては、
少年におそれいったでございますよ。
じゃあ、私が同じことしてたら(カエル限定)なんて答えるかなぁ・・・

「私がカエルになれるから」

うふふ、うわー、残念な答えしか出てこないですよ。
というか、そんな腹に一物を携えてテレビを見るenzian殿。
黒い。黒いです。(夏休みなし?ですか)
Commented by gauche3 at 2008-08-28 19:47
はぁ~・・来ますねぇ・・この言葉!
残業疲れが吹っ飛びました(笑)
再放送やらないですかね・・マジで観たいです。

でも・・同時にこんな妄想も・・

【取材者】「なぜミルクをやるのが好きなの?」
【猿夫少年】「母性本能ってヤツを知りたいんだよぉ!」

すみません・・出直して来ます・・
Commented by enzian at 2008-08-28 20:53
毒きのこさん

そのお友だちからすれば、
自分が娘さんにもっとも身近な存在なのだから、
自分が一番よく知っていると思っていたのでしょうね。

遠くにいれば見えないのは当たり前なのですが、
そばにいるからこそ公平に見ることができない、
偏見とか先入をもって見てしまう
ということはありがちなことなのでしょうね。

学生の親御さんのなかにもそういう方がいて困るときがあります。
自分が知らない子どもの事実を認めようとしない人。

>先入観をちょっと横に置いて、たまには話したこともない人と、または話したことがある人でも、いろんな問い掛けをしてみるのは楽しそうです♪

そうですね。
Commented by enzian at 2008-08-28 21:06
座敷童さん

>カエルの気持ちとシンクロしたい今日この頃の私としては、

カエルと座敷童の
シンクロナイズドスイミングかえ? \(-_- ビシッ

>私が同じことしてたら(カエル限定)なんて答えるかなぁ・・・
「私がカエルになれるから」

それは残念至極にございます。><

>というか、そんな腹に一物を携えてテレビを見るenzian殿。
黒い。黒いです。(夏休みなし?ですか)

腹黒いぞ~腹黒いぞ~
Commented by enzian at 2008-08-28 21:18
猿夫さん

>はぁ~・・来ますねぇ・・この言葉!
残業疲れが吹っ飛びました(笑)

ぼくだけの感覚かと思ったのですが、
みなさんに同意してもらえたので安心しました。
やっぱり来ますよね~

>再放送やらないですかね・・マジで観たいです。

調べてみて、見つけました!
NHKの番組で「みんな生きている」というものです。
今回のは(「夏 ぼくの挑戦」)
http://www.nhk.or.jp/ikiteiru/ja/frame.html
再放送も、8/29(金)・9/3(水)・5(金)とするようですよ。

小学校1年生ぐらいかと思っていたら4年生でした。
ぼくの目は節穴ですね。(^^ヾ

>【取材者】「なぜミルクをやるのが好きなの?」
【猿夫少年】「母性本能ってヤツを知りたいんだよぉ!」

@◇@
Commented at 2008-08-29 02:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2008-08-29 20:39
鍵コメさん

こんばんは。
睡眠時間が短くなると風邪ひきますよ~^^

今日も再放送をしていたようですね。
ぼくも途中からしか見ていませんので、
再放送を見ようと思っています。

そうですね、
生きるための原風景ということを感じさせる番組でした。

Commented by kaori--y at 2008-08-29 23:12
繊細な感覚を呼び起こすステキな記事に、こんなコメントは気がひけるのですが、いつかenzianさんが触れていらしたなぁと思って。↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080829-00000073-reu-int.view-000

トマト祭り♪^^
一瞬怖い写真かと思いました。
enzianさん、これに行きたいんですよね。その際は誘って頂きたいような・・(笑)
Commented by enzian at 2008-08-29 23:47
かおりさん

見ました。
ほんと、一瞬、怖い写真かと思いますね。
でも、これ。これに行きたいんですよ。

じゃ行くときには、かおりさんとRyさんを呼ぶ。(^0^)v
Commented by gauche3 at 2008-08-30 00:57
・・enzianさん・・出直して来ました・・(^^ゞ

家族に録画してもらって、さっき観ました!
教えて頂き、ありがとうございます^^

少年の台詞・・テロップがダブルで来たから、
やっぱり皆んな、「同意」したんですよ。

山を降りる決断をしたとき、お父さんの胸に
顔を埋めるシーンにもジーンと来ました。
あっ・・ベタな韻を踏んでみました・・(笑)
Commented by enzian at 2008-08-30 10:29
猿夫さん

ご連絡いただき、ありがとうございます。

>山を降りる決断をしたとき、お父さんの胸に
顔を埋めるシーンにもジーンと来ました。

そうでした。
ジーンときましたね。
それにしてもNHKはあんな親子をどうやって
見つけてくるのでしょうね。^^

>あっ・・ベタな韻を踏んでみました・・(笑)

韻を踏むというボキャブラリーはぼくにはなかったです。
よし、覚えとこ。(^0^)v
Commented at 2008-08-30 23:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by madeline0527 at 2008-08-31 07:20

先日(早朝)、enzianさんのブログ『ぼくを待っているから』を読ませていただき、感動し… “今日は、最高の朝だ!” と素敵な朝を迎えることができました。感謝しております、ありがとうございました。

その日の午前中のこと、夏休みモードの娘たち(小1,5)はNHK(教育)をガンコちゃんからエンドレスで見ておりました。 ^^;
私の心中は、イライラ絶頂!
TVを消しに行こうと思い彼女たちのところへ行ったとき、
どこかで聞いたフレーズが…「牛が待っているから」。

“あれ?どこかで聞いた話だなぁ…”
と消しに行ったはずの私も一緒に視聴 … ^^;
よい話にまたまた感動でございました。
子どもというものは、親の背中を見て育つものなのですね。

…【母反省の巻】でした。

Commented by enzian at 2008-08-31 11:10
鍵コメ2さん

おはようございます。

ご覧になりましたか。
強い意志をもっていそうでしたね。
これからいっぱいご飯を食べて、
どんどん大きくなっていくのでしょうね。

ボキャブラリですか?
ボキャブラリの量のことでしたら、
ぼくはボキャブラリ貧弱王ですよ。
ぼくの文章を読んでいただければ、
いっつも同じ語彙で書いていることがわかります!
(自慢するなよな。)

たぶん、鍵コメさんがおっしゃっているのは、
言葉の適材適所というか、使い方なのでしょうね。

だとすれば、僭越ですが、
ぼくが読む限り、鍵コメさんの文章に違和感はありませんよ~
真剣な語り口と砕けた語り口を上手に使い分けておられるなぁ
というのがぼくの感想です。

この両方を使い分けられるというのは匠の技です。^^
それにしても、ぼくのところに来られるみなさんは
文章が上手な方が多いですね。
それはやっぱり、ぼくが‥‥ \(-_- ビシッ
Commented by enzian at 2008-08-31 11:18
まどさん

>その日の午前中のこと、夏休みモードの娘たち(小1,5)はNHK(教育)をガンコちゃんからエンドレスで見ておりました。 ^^;
私の心中は、イライラ絶頂!

これを読んで、
朝から笑ってしまいました。
ごめんなさい!

>TVを消しに行こうと思い彼女たちのところへ行ったとき、
どこかで聞いたフレーズが…「牛が待っているから」。

そうだったのですね。
そして、それは必然だったのでしょう。^^

>子どもというものは、親の背中を見て育つものなのですね。

えぇ、そうなのだと思います。
親の鏡かもしれませんよ。^^
Commented at 2008-09-03 22:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2008-09-04 22:53
鍵コメ3さん

いえ、いえ、どういたしまして、です。

キノコの代わりに、
ありがたいコメントを美味しく頂戴します、モグモグ。^^

夕焼け空、ぼくも美味しそうと思いますよ。
よく熟れた食べ物かな。^^

ちょっと話はずれるかもしれませんが、
ぼくは自然を見るとき、
それが食べられるかどうか、
という観点も重視してます。
自然を知っている人は、
その美味しい食べ方も知っていると思うのです。

いつも美味しそうな魚の(料理の)写真、
ありがとうございます。^^
Commented by kaori--y at 2008-09-04 23:38
駅長~♪♪

enzianさんの「この○○のどこが哲学なのだ」シリーズがけっこう好きです(笑)
Commented by enzian at 2008-09-05 00:04
かおりさん

>enzianさんの「この○○のどこが哲学なのだ」シリーズがけっこう好きです(笑)

|||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||
Commented by coeurdefleur at 2008-09-05 23:02
あはははは~↑

待たれているって必要とされていることで、
そういうのはとても嬉しい。
そういうのがあると頑張れてしまう。
そういうのがあるから頑張れてしまう。
Commented by enzian at 2008-09-05 23:21
柊さん

そうですね、嬉しくて、頑張ってしまいます。
が、すぐに削除してしまうのでした。
たま駅長、お元気で~ ><
Commented by tama_ma_ma at 2008-09-06 07:05
enzianさんおはようございます~♪
コメント欄いつ開くのかいつ開くのかと待ってるうちに
たま駅長が消えてしまいました(T_T)
はい!猫大好き族です^^
見せてくださってありがとう!

青空の旨味
夕空の旨味
出発と終点なのですねえ・・
どちらも好きです。
今朝も曇天、そろそろ胸のすくような青空が見たいです。
せつなくなるかもしれないけど。。。p(;_;?)q
長崎の鐘、久し振りに思い出しました!
母がよく口ずさんでいて今さっき私も歌ってみましたら
なんと二番まで覚えていました!子供の頃の記憶力ってすごい!
Commented by enzian at 2008-09-06 10:11
猫大好き族の玉虫さん

たま駅長は和歌山へお帰りになりました。><

ぼくも昔から好きなのですが、
このごろは被写体として魅力的だと思うようになりました。
玉虫さんもよく撮っておられますけど、
写真好きな人が猫を撮りたがる理由がわかります。

青空と夕空、どちらにも良さがありますね。
どちらとも言えない異質のものです。
でも、同じ空。

こちらは朝から青い空が広がっています。
こういう空を見ると、
どこかに行きたくなってしまって、困ります。

長崎の鐘、二番は知りません。^^;
子どものころの記憶力には驚かされますね。

<< 季節の終わり 地蔵盆 >>