青空の旨味

b0037269_18205471.jpgしばらくぐずついた天候が続いたが、今朝は青空がのぞいている。朝から、かちゃかちゃと今日で切りをつけたい論文を打ちながら、抜けるような青空をちらちら眺めている。雲が流れて来て、やっぱり白い雲が少しぐらいはあった方がいいのかな~と思う。おっといかんいかん、かちゃかちゃ。

第6の味覚として「カルシウム味」が見つかったかもしれない、という情報が流れている。第5の旨味はあるとき日本人が発見したのだ。味覚にいろいろあるように、視覚にもいろいろあればおもしろい。青や赤を見分けることができるのと同様に、空の色にはたんなる青でも赤でもない “視覚的な旨味” がある、というならおもしろいではないか。

視覚的な旨味のなかに “青空の旨味” と “夕焼け空の旨味” をさらに分けようか。青空の旨味は人を前へ前へと、新しい世界に進むように背中を押し、夕焼け空の旨味はしばしその場にとどまらせ、進んだ行程をもう一度振り返るように促す味わいなのだ。

しかしこうも考えられる。背中を押されながらも一歩も前に進めないのであれば、それほどの切なさはないのではないか、と。「こよなく晴れた 青空を 悲しと思う せつなさよ」(「長崎の鐘」、作詞:サトウ・ハチロー)。おっといかんいかん、かちゃかちゃ。

by enzian | 2008-08-31 10:50 | ※その他 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/9403063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coeurdefleur at 2008-09-06 21:50
>こよなく晴れた 青空を 悲しと思う せつなさよ

きれいに晴れた空を悲しいと感じるようになったのはいつ頃だったでしょう。
子供の頃には分からなかった感覚。


魚はサバ・アジ?…分からん~
最近の子供たちなんて切り身しか知らなかったりもしますが、私もあまり(汗


かちゃかちゃ  終わりました?^^


Commented by enzian at 2008-09-06 22:11
柊さん

>きれいに晴れた空を悲しいと感じるようになったのはいつ頃だったでしょう。
子供の頃には分からなかった感覚。

この感覚ってどう説明したらいいのでしょうね。
もちろん、人によって違うのでしょうけど。

>魚はサバ・アジ?…分からん~
最近の子供たちなんて切り身しか知らなかったりもしますが、私もあまり(汗


いちばんたくさんいるのはマアジ(真鰺)。
大きいのはマサバ(真鯖)。
そこまでは正解です。

細いの魚がむずかしいのですが、
見た目は美しいのに、性格が悪い人のたとえ
として使われたりする魚です。^^

かちゃかちゃは終了いたしました。♪
Commented by 座敷童 at 2008-09-08 03:18 x
食卓魚クイズでもあったんですか? あちゃー
鈍く光る太刀魚が赤札だったので、おろしポン酢でいただいてみました。

空の色は面白いですが、一番のお勧めは夕立後の夜空でしょうか・・・。
おぼろ月夜の雲の色。快晴深夜の月の輪郭。
色彩の原料である太陽光が少ない分、黒にもいろんな色が在るのだなーと
目をしばしばさせながらスケッチしてみます。
視覚の旨味、目指すはイグノーベル。
Commented by enzian at 2008-09-08 21:49
座敷童さん

>食卓魚クイズでもあったんですか?

ソウダガツオ。
近海魚IQ検定があったのです。
次回は欠席せずに受験するように。^^

>鈍く光る太刀魚が赤札だったので、おろしポン酢でいただいてみました。

それは立派な心がけです。
これから太刀魚が美味しいのです。
ちなみに、数ある魚のなかで、
ぼくが特に好きな魚です。
釣るのも独特の釣り方でおもしろんですよ。

>色彩の原料である太陽光が少ない分、
黒にもいろんな色が在るのだなーと

ぼくは絵心はないが、黒や白にいろいろあるのは、
ようやくこの頃になってわかってきた。

>視覚の旨味、目指すはイグノーベル。

空の旨味を計る機械を作ろうか。

<< 信頼と過信 季節の終わり >>