季節の終わり

b0037269_22384143.jpg
ゴミ箱の縁にアブラゼミが落ちていた。

by enzian | 2008-08-30 22:49 | ※写真 | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/9440530
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by non at 2008-09-06 15:57 x
今日も暑そうです。(ずっと家の中にいるので わからないけど)
ツクツクボウシが元気よく鳴いてます~

でも 夕暮れ時に 木の幹にへばりついた蝉の抜け殻などを見ると
ああ 夏も終わっていくのね~と 少し寂しくなります。

若い頃は 秋が一番好きな季節でしたが
段々と・・・秋が寂しく感じるようになってきました。

Commented by enzian at 2008-09-06 18:03
nonさん

今日も暑いですね。
ぼくは家のなかでも溶けてます、あじ、あじ。

>若い頃は 秋が一番好きな季節でしたが
段々と・・・秋が寂しく感じるようになってきました。

そうですね。
若いころはそういうことはありませんでしたが、
少しずつ残りの時間を計算して行動をはじめる
ようになってきました。
Commented by ao at 2008-09-07 12:13 x
よく道に落ちていたりしますよね。
誰かが拾って、でもゴミ箱の中には捨てられず、置いておいたようにも見えます。
まだ、まだ暑いですが・・・やはり秋は、来ていますね。

確かに、人生の秋と思うと寂しい~!あと冬が来て終わるって思うとやだなぁ^^
願わくば、春めいた頃に逝きたいものです。
Commented by aroomwithaview at 2008-09-07 18:52
こんな姿をみると土へかえしたくなります。

いちばん困るのが路上でみかける、鳥や猫のこんな姿↑。
いきなり車をとめるわけにもいかず、お祈りだけ
して通りすぎるけれど、コンクリートの上は
心地悪いだろうな・・・
ゴミ箱の縁っていうのはどうなんだろう?


Commented by enzian at 2008-09-07 22:53
aoさん

この時期はよく落ちていますね。

>誰かが拾って、でもゴミ箱の中には捨てられず、
置いておいたようにも見えます。

ぼくもそう思いました。
ゴミ箱の縁まではもってきても、
ゴミ箱のなかにまでは捨てられない‥‥
その気持ちはわかりますよね。^^

>願わくば、春めいた頃に逝きたいものです。

ちらちら桜の舞い散るなかがいいでしょうかね。^^
Commented by enzian at 2008-09-07 23:00
aroomwithaviewさん

>いちばん困るのが路上でみかける、鳥や猫のこんな姿↑。
いきなり車をとめるわけにもいかず、お祈りだけ
して通りすぎるけれど、コンクリートの上は
心地悪いだろうな・・・

そうですね。
自分で葬るわけにもいきませんから、
通り過ぎるしかできないですよね。

>ゴミ箱の縁っていうのはどうなんだろう?

ぼくはこの写真を電車のなかから撮りました。
だから、このセミをどうすることもできなかったのですが、
ゴミ箱に入れることはできなかっただろうと思います。
だから、駅に降りていたら、
そばの植え込みの根もとなんかに置いたかもしれませんね。

でも、ひょっとすると植え込みの根もとなら
アリに運ばれてしまうから、
やはりゴミ箱の縁に戻すかもしれません。
なかなかこちらの気持ちが落ち着くところはないようです。^^;
Commented by 座敷童 at 2008-09-08 03:07 x
そうですね。この時期よく道に寝転がってらっしゃるので、
回避するのに一苦労です・・・。

私が「グッジョブ」と思ったのは某学府の入り口に転がっていた(故)猫さん。
上に菓子箱のふたがかぶせられて『猫です。さわさないでください。』
回収されるまでそのまま放置でしたが、鳥獣さん達はそれがいいかもしれません。
この(故)セミさんも「見えなくする」事が人間の望みなのかも知れません。
・・・お菓子の包装紙で包んでみる。
・・・葉っぱをのせてあげる。
私はアリさん派です。セミは土の中でふ化しますから、なんか土中に戻すより、
荒野で散れ!的なイメージ先行型なのですが、なんかすいません。
Commented by enzian at 2008-09-08 22:13
座敷童さん

>上に菓子箱のふたがかぶせられて『猫です。さわさないでください。』回収されるまでそのまま放置でしたが、鳥獣さん達はそれがいいかもしれません。

グッジョブです。
学生が書いたのかもしれませんね。

>この(故)セミさんも「見えなくする」事が人間の望みなのかも知れません。

鋭い視点ですね。

<< 青空の旨味 「ぼくを待っているから。」 >>