信頼と過信

例えば、とある俳優が使ってはいけない薬物を使用して逮捕されたとする。よくある話しだ。で、ぼくがいつもわからないのは、ファンのなかに必ず、そういった罪を決して認めようとしない人がいることだ。連行されようとする俳優を追いかけて、警官に罵声を浴びせかけたりしている。罪を犯していない人を連行するのは不当だ、ということなのだろう。

それが “熱狂” ということだ、と言われればぐうの音も出ないが、ぼくはそういう “熱狂人” の胸のうちが知りたいのだ。「信じたくない」を「事実ではない」に直結する力強さ、決定的な証拠を前にしてもそれが無いかのように思える “有を無であると言える力強さ”、 はいったいどこから出てくるのか、不思議でしかたない。それは、熱狂人のなかに、なにか別の信用することのできないものが厳然としてあることの反動なのだろうか。

こういうことを考えるたびに思い出す言葉がある。「信頼はするが過信はしない」。某刑務所の看守が、その気になればいつでも逃走できそうな農作業を受刑者にさせている際に、質問者に問われて答えた言葉だ。そうなのだと思う。誰でも人を信頼したいと望んでいる。はじめから誰も信頼していない、なんて人はいないのだ。

だから、俳優を信頼したいのもわかる。事実、演劇のなかで演じたり、歌ったりする能力という意味では、まちがいなく俳優は人並み外れて信頼に値する人なのだ。とても心根のやさしい人なのかもしれない。ただ、違う意味での演劇の舞台では人並みに演じることができなかった、というだけなのだ。誰かを全面的に肯定することはむずかしい。それを無理にしようとすると、熱狂者になるか、遅かれ早かれ人間嫌いにならざるをえないと思う。

by enzian | 2008-09-06 13:01 | ※その他 | Trackback | Comments(21)

トラックバックURL : http://enzian.exblog.jp/tb/9443701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gauche3 at 2008-09-06 17:30
> 「信頼はするが過信はしない」
この看守さんは誰に対しても、きっとこの思いで接しておら
れるような気がします。例えば子供とか同僚に対しても・・

> 誰かを全面的に肯定することはむずかしい。
そうですよね・・
相手を過信すると自分も楽になることがあると思うんですが、
過信を提示することで相手を縛りつけようとしているような
気もします。
熱狂者と人間嫌い・・表裏一体なのかも知れないですね・・

ところで・・「近海魚IQ 135」・・ぜんぜん分かりません・・
鯖は・・居ますよね?(^^ゞ
Commented by enzian at 2008-09-06 18:15
猿夫さん

>この看守さんは誰に対しても、きっとこの思いで接しておら
れるような気がします。例えば子供とか同僚に対しても・・

さすが猿夫さんです。
なるほどそうなんだろうなぁと思います。
この言葉が、受刑者だけでなく人間全般に対する
この看守さんの考え方なのでしょうね。
信頼がベースにある、
これはすばらしいことだと思いますし、
周囲に対してもよい影響を与えるのかもしれません。

>相手を過信すると自分も楽になることがあると思うんですが、
過信を提示することで相手を縛りつけようとしているような
気もします。

「自分も楽になる」、この言葉にうなずきました。
手っ取り早く自分が楽になりたいために、結果として
相手をしばりつけているのかもしれませんね。
逆に言えば、この看守さんは、相手をしばりつけないがために、
自分を追い詰めておられるのでしょう。
(「追い詰める」という言葉はこの行為の積極的な意味を
十分には表現していないような気がして不満なのですが、
ほかにいい言葉が思い浮かびません。。。)
Commented by enzian at 2008-09-06 18:19
猿夫さん、続き

>熱狂者と人間嫌い・・表裏一体なのかも知れないですね・・

そう思います。

>鯖は・・居ますよね?(^^ゞ

(ーー )
どれが鯖かわかってお答えでしょうか?
いけません!!詩を書かれる人が鯖をわからないようでは!
(鯖と詩を結びつける強引さがステキ。)
Commented at 2008-09-06 21:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2008-09-06 21:44
鍵コメさん

前の二つは正解!
三つ目はおしい!
とてもいいところをついてます。
どれも美味しいですね。^^

――――
ここではイヤみっぽく書いてますけど、
ぼくも、こういう人たちはファンではないと思ってますよ。
この人たちがしていることも、俳優の応援だとは思っていない。

鍵コメさんが言うように、この人たちは、
俳優を応援しているように見えて、
自分を応援しているのでしょうね。

でも、ある程度、自分とオーバーラップしなければ
ファンになれない気もしますし、
ファンって何なのか、むずかしいですね。^^;
Commented at 2008-09-06 22:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-09-06 22:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by enzian at 2008-09-06 23:43
鍵コメ2さん

こんばんは。

>ダツ

すごいですね。
ダツをごぞんじなのですね。
そっか‥‥海にもぐられるのですね。

ダツというのはほぼ正解と言ってよいです。
この魚はサヨリですが、
サヨリとダツとは親戚みたいなものですので、
この写真では区別がつきません。

>熱狂的なファン

思い込み、内なる声、そうかもしれませんね。

ときどきうらやましくもなる、
というのは、ぼくもとてもよくわかる気がするのです。

ぼくがこういうファンのことを記事にするのは、
嫌悪しつつも、きっと、
どこかにうらやましいという思いもあるからなのでしょう。^^
Commented by enzian at 2008-09-06 23:44
鍵コメ3さん

正解!!
(≧o≦)ノ~''オメデトでちゅ♪
Commented by bucmacoto at 2008-09-07 14:30
ちょっと的外れかも・・・と思いつつ (・・*)ゞ

自分の頭の中にある夢のような現実を失くしたくないと、
自分の目の前にある現実の裏側に、それがあるものと信じる。

これは病理(防衛機制)かも知れないですが、人間を人間らしく在らしめる役目を果たしているような気がします。

ニーパーの祈りにある 勇気と沈着 みたいに、表裏一体関係にある信頼と信用は、行き過ぎても失くし過ぎてもいけない両刃の関係でしょうか。 リスクがないのが安全というものではなくて、リスクを見切れる(ちゃんと扱える)ことが、安心に繋がるという関係。(意味・・・通じますか? ^^;)


たま駅長さんブログから引退なされてちと残念 ^^
Commented by enzian at 2008-09-07 22:42
bucmacotoさん

>勇気と沈着 みたいに、表裏一体関係にある信頼と信用は、行き過ぎても失くし過ぎてもいけない両刃の関係でしょうか。

ぼくはニーバーは詳しくありませんが、「信頼と信用」は、
「勇気と沈着」と同じような関係にある語なのですか?

勇気と沈着は対義語というほどではなくても
違う意味の語だと思いますが、
信頼と信用との違いがあまりよくわかりません。
原語がわかればニュアンスがわかるかと思いますが‥‥

>たま駅長

残念ながら、和歌山までお帰りになりました。^^;
Commented by bucmacoto at 2008-09-07 22:58
説明といいますか、感覚的な距離感が不斉でした。

 「勇気と沈着(おちつき)」は対極に見えて表裏一体
 「信頼(信に頼るor頼らせる)と信用(信を用いる)」は同じように見えてしっかり分けられる。
  ↑ 語調の濃度は異なりますが、「信頼と過信」の関係と同様な関係性

このような意味合いの発言だったのでした。

「対極 ~ 紙一重 ~ 表裏一体」 て連続しているようにも見え、本質は同じであるようにも思えるという、私の個人的な背景(仮説かも?)があるのです。
Commented by enzian at 2008-09-07 23:09
bucmacotoさん

>「勇気と沈着(おちつき)」は対極に見えて表裏一体

これはわかります。
解釈が正しいかどうかはわかりませんが、
勇気がなければ沈着はないでしょうから。

>「信頼(信に頼るor頼らせる)と信用(信を用いる)」は同じように見えてしっかり分けられる。

そういう風に説明してもらえると語の違いはわかります。
前者は理性が働いている状態でまだ信仰には至らず、
後者は理性を超越して信仰の領域に入っている、
というような言葉なのでしょう。

ただし、「信頼(信に頼るor頼らせる)と信用(信を用いる)」
という説明は日本語ですが、これを原語でもやっているのか、
が個人的には興味深いところです。
(ここは流してください。)
Commented by gauche3 at 2008-09-08 01:04
> (ーー )
> どれが鯖かわかってお答えでしょうか?
『なんか・・鯖っぽい模様の魚がいるなぁ・・』
という純真無垢な少年のような気持ちから・・(^^ゞ

> いけません!!詩を書かれる人が鯖をわからないようでは!
> (鯖と詩を結びつける強引さがステキ。)
そもそも、お寿司屋さんの魚は、
ウニとタコしか識別できん詩人ですタイっ <( ̄^ ̄)>エッヘン

あっ・・元の記事の話から随分それてしまいました・・
また、出直して来ます・・(笑)
Commented by enzian at 2008-09-08 21:41
猿夫さん

>そもそも、お寿司屋さんの魚は、
ウニとタコしか識別できん詩人ですタイっ <( ̄^ ̄)>エッヘン

(゚Д゚)!!それはいかんです鯛っ。
イカの種類とかシャコとかコハダとかも覚えてないと、
詩人としてはやっていけないですハマチ。
(どうしたって魚貝類と詩を結びつける気らしい。)

>『なんか・・鯖っぽい模様の魚がいるなぁ・・』
という純真無垢な少年のような気持ちから・・(^^ゞ

鯖の模様はご存知だったのですね。^^
Commented by 座敷童 at 2008-09-10 01:17 x
信頼は対象者の行為が自分に把握できる範囲内で、
過信は予想や想像に依っている感じがしますね。
自分の責任範囲を認識して、線引きします。
熱狂は自分が「自分の想像」に責任を一切持たない
と宣言しているように思えますが・・・(少なくとも座敷からの観察では)

あ、でもたぶんカエルになら熱狂できますよ。
たま〜にディスカバリーチャンネルなんかつけたらもう、
「キノコの数のぶんカエルが増えればいいのに」とか、
ダークサイドに引き寄せられます。

近海魚では最近、グレが好きです。(一応報告)
Commented by enzian at 2008-09-12 22:42
座敷童さま

>信頼は対象者の行為が自分に把握できる範囲内で、
過信は予想や想像に依っている感じがしますね。
自分の責任範囲を認識して、線引きします。
熱狂は自分が「自分の想像」に責任を一切持たない
と宣言しているように思えますが・・・(少なくとも座敷からの観察では)

見事な定義です。
極めて激しく同意。
責任が大事なんだよね。

>あ、でもたぶんカエルになら熱狂できますよ。

よく把握したうえで、
よく知ったうえでの熱狂もあるのかもしれないよ。
つまり、責任をもてない熱狂と責任をもてる熱狂。
言いかえれば、無意識的熱狂と戦略的熱狂。^^

>近海魚では最近、グレが好きです。(一応報告)

むむっ!グレが好きとは通な。
磯魚(いそうお)検定中級取得!
Commented by 毒きのこ at 2008-09-16 22:46 x
>それを無理にしようとすると、熱狂者になるか、遅かれ早かれ人間嫌いにならざるをえないと思う

こちらの振り幅を大きくさせる対象って
ヤバヤバ・・ヤバイョ~(><)。
なんて思いながらも
止められず
はまっていくし堕ちていく~(*_*)

過信モードは魔物ですわ(笑)
Commented by enzian at 2008-09-16 23:16
毒きのこさん

>こちらの振り幅を大きくさせる対象って
ヤバヤバ・・ヤバイョ~(><)。
なんて思いながらも
止められず
はまっていくし堕ちていく~(*_*)

爆笑。
「振り幅を大きくさせる」という表現がうけた。^^

>過信モードは魔物ですわ(笑)

そうそう、ダメダメ。^^
Commented by 毒きのこ at 2008-11-04 23:49 x
前回の書き込みは他人目線でしたけど・・

実際に何十年に渡って応援している人が今日
巨額詐欺で逮捕されました・・・

そんな時にとった私のスタンスはいかに!?

さすがに「悪くない!」とかは言えませんでした

でも、救いようのない悪人とは思うことはできません。しかるべき償いをしつづけながら、いつかは更正してほしい・・・

黄色いハンカチつるして待ってますの心境です

これって熱狂の変則系の一つかもしれないけど
(>_<)
Commented by enzian at 2008-11-06 21:39
毒きのこさん

>黄色いハンカチ‥‥

はい、正しいスタンスです。^^

巨額詐欺をしても、
才能はあるのでしょうから。

<< 極彩色の刺繍の付いたふかふか座布団 青空の旨味 >>