2005年 12月 17日 ( 1 )

お肌ツルツルの秘密

○HKのBS1で先日はじまった「今日の美容」は、美容なんてものとはまったく縁のないぼくでも楽しく見ることができる好番組だ。昨日は、「今なら間に合う!クリスマス直前の必勝美容術」という特集をやっていた。いったいなにが「必勝」なんだ!などとおとなげないツッコミを入れながら、○HKも思い切った特集をやるようになったと感慨にふけりつつ、テレビっ子はけっこう真剣に見ていたのだ。

特におもしろかったのはヒアルロン酸の話だった。ヒアルロン酸は、ご存知のように、人体に含まれる成分で、微量でも大量の水分を保持できることから、お肌を美しく保つためにとても重要だと近頃もてはやされている。ぼくはどちらかと言うとしっとり系なのだけど、さすがに冬になると肌がカサカサしてきて、人前でしゃべるのにあまりみっともない顔はできないということで、それなりに困ったりもしてもいた。体内に含まれるヒアルロン酸を手軽に増やす画期的な方法があるということで、飛びついたのだった。

その方法は至って簡単で、あまり人には教えたくないという気もするけど、いつもお世話になっているブロガーのみなさんへの哲学者からのちょっと早目のクリスマスプレゼントということで思い切って言ってしまえば、“夜明けごろに散歩をして朝日をたっぷり浴びる” ということなのだ。朝日を浴びるだけではだめで、浴びながら適度の運動をしていることが大切だということだった。激しい運動は逆効果で、散歩ぐらいがちょうどよいらしい。

朝日を浴びるとヒアルロン酸が増える理由はまだはっきりわかっていないそうだが、ともかく朝日と適度な運動の組み合わせが劇的な効果を生むらしい。「朝日を浴びて美しくなるセミナー」を主催しているという番組ゲストの講師(?)は、もともと人間は日の出とともに家から出てなにがしかの仕事をし、日が沈むとともに家に戻って眠るというのが自然のサイクルとしてあったから、そういう人間として本来あるべきサイクルが関係している、ともっともらしいことを言っていた。講師の話の真偽はともかく、要は、美容のためには、なんとか水とかなんとかクリームとかいった人工的なものを使うよりも、お金をかけずにそのままが一番いいということなのだ。たしかに、鬱の治療法として朝日に浴びるというのが昔から言われるくらいだから、朝日を浴びてヒアルロン酸の量が増えてもおかしくはない。

ぼくにも心当たりがある。記事には書いたことがないけど、これもプレゼントとしてそっと告白するなら、昨年の冬、ぼくはフェレット(「フェレちゃん」)を飼っていた。後に泣く泣く手放すことになったのだけど、昨年の冬は例年になくお肌ツルツルにしてニ○アスキンクリームが必要ないほどで、学生たちからも「どうして先生、そんなにお肌ツルツルなんですか?」などとうるさく聞かれたものだ。その時期、ぼくは毎朝散歩に行ってフェレちゃんとともに夜明けを迎えていたのだった。そう言えば、フェレットの早朝お散歩仲間(「フェレット倶楽部」)のみなさんも、みんなそろいもそろってお肌ツルツルだった。

ともかく、1週間もあれば十分効果が出るということだった。ハッピーなクリスマスイブを夢見るみなさん、今からでも間に合いますよ、いそげっ!――あ~ウソをついてすっきりした。怒らないでね。昨年の今頃もこんな記事を書いたような‥‥

by enzian | 2005-12-17 14:16 | ※テレビ・新聞より | Trackback | Comments(40)