2006年 03月 09日 ( 1 )

その一瞬の美

めいめいがおのおのの楽器を調整し続ける騒然とした会場。やや遅れてやって来た指揮者が位置につき、やがておもむろに振り上げた指揮棒の先を虚空に留める。楽器は鳴りをひそめ、会場は水を打ったように静寂に包まれる。すべての視線はわずかな突端に注ぎ込まれ、静止する。弛緩していたものが突如として一点に集中する、極度に張り詰めた瞬間。そのような一瞬が、ぼくは好きだ。

by enzian | 2006-03-09 18:05 | ※その他 | Trackback | Comments(0)