2006年 03月 11日 ( 1 )

いただきます。

「いただきます」をちゃんと言うことに決めた。ぼくの実家はどういうわけだか「いただきます」を言わない家で、大人になってからも独りで食べるときは、言ったり言わなかったりしていたのだ。「いただきます」が「他の植物や動物の命をいただきます」の意味であるのかどうかわからないけど、そういう意味だと考えることにした。それを言うことによって、命を奪われた植物や動物たちに自分の罪を赦してもらおうなんて気は毛頭ない。それが一種の罪であるという意識さえほとんどないのだから。ただ、自分が生きるために他の命を糧(かて)としているという事実を、せめて忘れずにおこうとしているようだ。

by enzian | 2006-03-11 22:02 | ※その他 | Trackback(1) | Comments(6)