2016年 05月 29日 ( 1 )

スピーチ

卒業生の結婚式に出る。卒業生の結婚式に出るのはたったの2回目。長く個研に「冠婚葬祭お断り」の張り紙をしていたからそういうことになる。

今日はスピーチをしたが、卒業生のスピーチを引き受けたのは初めて。結婚式でスピーチをしたのは人生で2回目。1回目は、あるときのたった一言でぼくの人間嫌いを揺さぶって、頑強な迷妄から抜け出るきっかけをつくった男の結婚式だった。若かったぼくはなんとかしてそいつの偉さを伝えようとした。そのスピーチの内容はいまでもそっくりそのまま覚えている。それは繰り返し練習をしたからではない。ひとをほめることのできたのがうれしくて、忘れようにも忘れられなかったのだ。

by enzian | 2016-05-29 23:02