2016年 09月 02日 ( 1 )

曰く言い難し

ものの捉え方、たとえばものをどういうふうに覚えているのか、いや、日常流れてくる音をどういうふうに感じるかでもいいし、食べものの味をどんなふうに感じるかでも、匂いをどういうふうに感じているかでもいい。そういう日常の当たり前のものの捉え方が自分と他人とでどう違うのかということを考える機会をもっと早くもつように働きかけてもらえないか。自分と他人との違いを「わがまま」とか「強情」とか「変わり者」に詰め込んでしまって、もうそれ以上なにも考えようとはしなくなって、考えさせようとする刺激も与えられてこなかった大人に、一から説明し、解きほぐして組み直してもらうとする作業があるとすれば、その際のいかんともしがたい手遅れ感をどう表現すればよいものか。

by enzian | 2016-09-02 23:58 | ※その他