2016年 12月 05日 ( 1 )

NHK映像ファイル「あの人に会いたい」

b0037269_12300834.jpg
NHK映像ファイル「あの人に会いたい」の川端康成の回を観た。三島由紀夫との対談ではしきりに自分を「怠け者」だと言っている。三島が切り込もうとするが、「怠け者」だと言うばかりで、とりつく島がない。あまりよい感じはしなかった。

印象に残ったのは三島だった。作品だけでなく、日常からあんな言葉づかいをしていたのだ。わずかな時間話しただけでも、この人はこれまで人類が使ったことのない表現を使っているのではないかと思ってしまうような人がいるが、三島はそういう人なのだろう。でも、あんなにも鋭ければ、それはそれですぐに周りに批評するものがなくなってしまう。

「あの人に会いたい」はときどき観る。声が聞きたくなることがあるのだ。声には活字からは読み取れないものが入っている。オープニングとエンディングの音楽、イラストも好きだ。バイオリンが鳴り、時計が逆回りをして、去って行った人たちが10分間だけ戻ってくる。自分の一年を振り返れば、いろいろなことが終わった年だった。心のなかでたくさんの別れを告げた。さびしい一年だった。

by enzian | 2016-12-05 22:13