2017年 06月 04日 ( 1 )

おちおち絶望もできないなら

「彼が絶望してもなおも一歩を踏み出したのはなぜか?」と問われた。もう一歩も踏み出せないことが絶望の意味であるなら、その問いが意味したのは、「彼がいったんは絶望しても、また時を経て一歩を踏み出そうとしたのはなぜか?」あるいは「絶望しそうな状況にもかかわらず絶望せずにいたのはなぜか?」だったのだろう。本当のことを言えば、「絶望しちゃいけない」、「いったん絶望してもなお一歩を踏み出さねばならない」なんて、他人にも自分にも言うつもりはない。それっきり尽きてしまうこともあるだろうから。もっと言えば、いつでもどこでも絶望できる余地、絶望できる自由があることがかえってひとを救うのではないかとさえ思っている。おちおち絶望もできないようなら、今日を生きることもままならないではないか。

by enzian | 2017-06-04 10:49 | ※キャンパスで