カテゴリ:※リュック背負って( 24 )
※リュック背負って

北鎌倉

北鎌倉にいきました。論文を書いているひとのゆかりの地があるのです。調べておきたいことがありました。北鎌倉ははじめただったのですが、早朝に訪れたせいか静かで、緑の多い、すがすがしい場所でした。いち...

2011年 07月 03日

※リュック背負って

enzian、ひそかに京都の里山を歩く、の巻

キノコブログを公称している(いつ公称したのだ)のに秋になってもキノコを載せないようではキノコブロガーの名がすたるというわけで、久しぶりに「リュック背負って」カテゴリーを使うのです。爬虫類がお嫌い...

2009年 10月 26日

※リュック背負って

奈良への気持ち

瓊花(けいか)を見たくなって、唐招提寺に行った。今年も咲いている(前回記事)。萼(がく)の白さと、小さな雄しべの黄色のとりあわせに品のよさが漂う。日陰に咲くうらなりな様子が、ちょっと不健康な女性...

2009年 05月 03日

※リュック背負って

雨宿りの楽しみ

学校帰りの賀茂川。 突然の豪雨にたたられて、雨宿り。 雨が上がるまでの小一時間、雨粒に見とれていた。 人を怖がらない子雀はご愛嬌。 上手に虫を捕った。

2008年 08月 10日

※リュック背負って

enzian、オオハシとインコにめろめろになる、の巻

鳥を撮ってみたいと思っていた。でも、ぼくのもっているレンズでは野鳥は撮れないので、神戸のポートアイランドにある「神戸花鳥園」へ行ってきた、というわけなのだ。

2008年 07月 19日

※リュック背負って

たまには北に行くこともあるのだ、の巻

ぼくは嵐を呼ぶ男なのである。ぼくの方は「あんたなんかキライ!」と明確に意志表示をしているのだが、台風の方はこちらに惚れ込んでいるらしく、どこかへ行こうとするものなら、必ずじわじわとにじり寄って来...

2007年 10月 13日

※リュック背負って

たまにはべたべたな観光地にも行くのだ、の巻

今年のわたくしは違うのである。絶対に行かぬベロベロバーと拒絶していたTDLとUSJ(ちなみに、学生に教えてもらうまではUFJと言い張っていた)であったのに、ついにUSJへ行って無我夢中で遊んでし...

2007年 07月 22日

※リュック背負って

大井川鐡道でSLに乗る、の巻

SLに乗ってみたいと思っていた。一度も乗ったことのないものだから、おじさんのノスタルジー(郷愁)とはちょっと違う。何世代か前のレトロな感じを味わいたかったのかもしれない。そんなわけで、ひそかに大...

2007年 01月 06日

※リュック背負って

須磨海岸でコロンコロンする、の巻

満足しました。 (^▽^

2006年 11月 10日

※リュック背負って

海獣たちとの触れ合い

三重県にある「二見シーパラダイス」に行ったのだ。ここは「ふれあい水族館」という名前で、海獣たちとの触れ合いを売りにしている。思えば、この歳になるまで海獣たちと触れ合ったことなどない。そこで、“海...

2006年 05月 05日