カテゴリ:※まずお読み下さい( 3 )

哲学エッセイ

ネット上ではいろいろなジャンルの文章があります。“哲学エッセイ” という言葉も、すでにジャンルの一つとして確立したようです。ぼくが昔、『AERA』で哲学エッセイらしきものを書こうとしていたときには、そんな言葉はありませんでした。

哲学エッセイとして、すごく有名なサイトもあります。会員登録をすると特別なエッセイを読めたりもするようです。どうしてそんなことをする必要があるのか、不思議ではあります。記事を読むと、デカルトのコギトやら、フッサールの現象学やら、カントのなんとかやら、いろいろな言葉がちりばめられています。哲学の “言葉づかい” にあこがれる人は多いのでしょう。すぐお腹いっぱいになって、そこそこで帰ってきてしまいます。

不思議な哲学エッセイ(?)のサイトもあります。懸命に何か‥‥幸福、お金、etc.(になるための、を得るための)の方法を説明しています。心理学の用語を独特の意味で使っていますが、要するに深層意識への働きかけを行うというのがミソのようです。講演とか何段階かに分けたセミナーへの参加を勧めるサイトも多いようです。バカにならない参加費で利益を捻出するのでしょう。spiritとか霊とかエネルギーとかを強調するサイトもあります。大宇宙(のエネルギー)と一体になる方法を教えてくれるサイトもあるようです。やはり、そこそこで帰ってきてしまいます。

自分が書いているのは哲学エッセイのつもりです。でも、「哲学エッセイとは何なのか?」とあらためて問われたら、うまく答えられそうにありません。ちなみに、以下のような志向をもつ方は、ごめんなさい、したいと思っています。

1.精神(spiritual)世界の方
2.成功哲学の方
3.露骨な性描写をする方

追記:ここに自分の考える哲学エッセイの定義を書いておきました。
    よろしければ、ご参照ください。

by enzian | 2005-02-06 21:00 | ※まずお読み下さい | Trackback | Comments(6)

中学生の哲学

「小さな哲学」というブログで記事を書きはじめてから、「お前の言う哲学とはそもそも何なのだ? どこにも説明してないじゃないか?」という内容のメールをよくいただくようになりました。ご指摘の通り、どこにもはっきりとは説明しておりません。「大きな哲学」じゃなくて「小さな哲学」にするよ、としか言っていないわけです。ここで再確認しておきたいと思います。保存版ですよ。

まず、ぼくの考える「哲学」は、「当たり前のことに立ち止まり、しつこく、できるだけ正確に考えなおすこと」です。では、「小さい」というのはどういうことでしょうか?それは、できれば中学生にも理解できるぐらいの、ということなのですが、具体的には、

1.できるだけ身近な話題で(本当のことを言えば、身近でなければ、哲学のテーマになりません。たとえ高遠なことでも、その人にとっては身近だから、テーマになるのです)、

2.できるだけ、おおげさな言葉づかい(いわゆるビッグタームと言われるもの。外国語もできるだけ避けたい)はせず、

3.できるだけ、たいそうな哲学者の名前はあげない、

4.できるだけ、お説教くさくない(自分が「先生」で、自分の記事を読む方々が「生徒」というかたちをとらない)、

哲学ということにつきます。もちろん、このような「小さな哲学」ではなく、「大きな哲学」を望む方がおられることも知っています。それについては、ぼくはここでは「小さな哲学」を選んだ、としかお答えのしようがありません。小さな哲学にすると、哲学のレベルが下がると思う方がおられるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。

by enzian | 2004-12-30 12:09 | ※まずお読み下さい | Trackback | Comments(18)

はじめに

このブログについて。

このブログには、筆者が日々感じたこと、とりとめもない妄想を書き連ねてあります。大言壮語に満ちた「大きな哲学」にはいささか食傷気味なので、「小さな哲学」には、身の周りの半径5メートルほどにある何気ない日常をささやかに見つめ直す、という意味を込めています。等身大の哲学、ですね。

日記ではありませんから、一度書いた後も、「こらあかん」と思ったときには、ちょこちょこ手を入れます。妄想ですから、何やらムズカシイ根拠があってのことではありません。「ケシカラン」とか何とか、目くじら立てぬようお願い申し上げます。でも、コメントをもらえたりすると、結構よろこんだりします。リンクも歓迎します。

by enzian | 2004-05-29 15:52 | ※まずお読み下さい | Trackback | Comments(0)