カテゴリ:※街を歩く( 66 )
※街を歩く

手動ポンプ

街を歩いていて、まれに現役の手動ポンプに出くわすことがあると、ぎーこぎーこやって、水を出してみたくなる。出した水に手をひたしたくなる。手をひたしたくなる衝動は誰よりも手の体温(今年、自分より体温...

2012年 09月 17日

※街を歩く

カラスはカラス

カラスがゴミ場をあさっている。怖がらないものだから、まじまじ見る。非常に精悍で、利口そうな顔をしている。羽根の色はつやややかに黒い。ぼくには美しく見えるのだが、これほどまでにこの鳥がきらわれるの...

2012年 08月 11日

※街を歩く

紙風船

学校からはさほど遠くないところに「ユリヤ商会」というおもちゃ屋があった。店先にはいつも玉を追っかけまわすキツネのようなアライグマのような動物のおもちゃが動いていて、ぼくの学生のころから変わらず老...

2012年 07月 01日

※街を歩く

しゃべる自販機

飲み物を買うと、べたべたの大阪弁やらでべらべらと話しはじめる自動販売機がある。ジュースを買った女性が友人にいっている。「恥ずかしくて、ひとりでは買えんかったわ」。 自販機というものができた...

2012年 05月 06日

※街を歩く

歩きながら考える

初夢は不思議な夢だった。見えない乗り物に乗っているようで、地面から少し浮いていて、浮いたまま移動している。それであれこれの場所に行ってみる、という夢。夢のなかでは、「なるほど楽だけど、やっぱり歩...

2012年 01月 04日

※街を歩く

金の星

はじめて聞いたときは調子外れに感じたが、しだいに耳慣れてきた。春と夏のころには「夕焼け」といっても、西日が照りつけていたが、このごろはそれが流れる17時になると、ちょうど夕焼けがはじまろうとして...

2011年 09月 29日

※街を歩く

106年

本郷館という建物がある。木造三階建ての下宿で、築106年。中庭があって、それを囲むようにして76室がある。先日の震災にも耐えたが、老朽化のために取り壊されることが決まった、という話は聞いていた。...

2011年 08月 09日

※街を歩く

116年

街をあちこち歩いてるのには散歩というだけでなく、すこし理由もある。ぼくが勉強しているなんにんかのひとたちが百年ほどまえに、このあたりであれこれしていたからだ。そのときどきの場所に足を運べば、いく...

2011年 07月 17日

※街を歩く

五叉路

五叉路に出くわすと、なぜか道に迷ってしまう。これまで五叉路にはあまり出会わなかったせいか、四方に方角を当てはめるのが習慣になっているからなのか、よくわからない。いやそんなむずかしいことを考えなく...

2011年 07月 10日

※街を歩く

自分の道づくり

行きたい方向のめぼしがあったのに、道なりに歩いているうちにもとの通りにもどってきて、びっくりしてしまった。びっくりしたといえば大げさに聞こえるかもしれないが、山道ならまだしも、街中では長くこんな...

2011年 06月 30日