<   2004年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

インド研修

昨年のこの時期はインド研修の真っ最中だった。二週間(!)の余裕を作るために、出発の前後は日に夜を継ぐ生活を何ヶ月か続けた。今では半日の余裕をつくるのもしんどい。

by enzian | 2004-08-28 23:59 | Trackback | Comments(0)

草むしり

庭の草むしりをする。この時期草むしりをするのは藪蚊に献血をしてやっているようなものだが、伸び放題、しかも風にそよそよ穂を揺らしはじめた雑草に辛抱できず。庭はすっきりしたが、足は痒い。

by enzian | 2004-08-26 23:59 | Trackback | Comments(0)

八重山諸島――波照間島(2)

波照間島(2)

More

by enzian | 2004-08-22 23:54 | ※リュック背負って | Trackback | Comments(0)

八重山諸島――波照間島(1)

有人島では日本最南端。「はてるま」の由来は「果てのうるま(サンゴ礁)」であると言われている。星の観測には好条件が揃っており、全88星座のうち84星座が見える。南十字星が見える(12月中旬~6月末)ことで有名。広大なサトウキビ畑、おそるべき美しさの海をほこる。何もない島だが、何もないということがめったにない贅沢さなのだ。

More

by enzian | 2004-08-22 23:53 | ※リュック背負って | Trackback | Comments(0)

八重山諸島――小浜島

八重山の中央に位置することから、“八重山のてんぶす(へそ)”と言われる。サトウキビ畑と牧場と昔ながらの民家が並んでいる。NHKのドラマ、「ちゅらさん」の舞台となったことで有名(ただし、私は知らない)。残念ながら二つのリゾートホテルができてしまい、こんなところに行くのにもゴルフバックオヤジと出会わなければならなくなったことは、残念としか言いようがない。

More

by enzian | 2004-08-22 23:52 | ※リュック背負って | Trackback | Comments(0)

八重山諸島――西表島(2)

西表島(2)

More

by enzian | 2004-08-22 23:51 | ※リュック背負って | Trackback | Comments(0)

八重山諸島――西表島(1)

島のほとんどが深い亜熱帯のジャングルに覆われている。八重山のなかでも、もっとも手付かずの自然を堪能できる島。沖縄県では、沖縄本島につぐ大きさ。古来から米作が行われていたという。さまざまな固有種が生息することは有名。この島の道路は島を一周しておらず、道路があるのは島の4分の3のみ。しかも意外に大きいので、魅力を満喫するためには、何日か宿泊する必要がある。石垣島に宿泊して、フェリーで渡航して見られるものには限界がある。

More

by enzian | 2004-08-22 23:50 | ※リュック背負って | Trackback | Comments(0)

八重山諸島――黒島

島全体がハートのかたちをしていることから、“ハートランド” とも呼ばれる。人よりウシの数(3000頭)が多い牧畜の島。ほとんどが牧場地。毎年2月には盛大な「黒島牛まつり」が行われる。牛まつり以外のシーズンはその他の島々ほどには観光客もおらず、ほとんど観光地化されていない。「島巡り」ツアーのスケジュールに入ることもない。竹富島が見られることを常に意識している島だとすれば、黒島や波照間島はそういうことをまったく意に介していない。海もサンゴ礁もきれいだし、南十字星も見える(1月~6月、満月を除く日)ので、もう少し宣伝すれば人も来るだろうけど、もちろん宣伝して欲しくない。

More

by enzian | 2004-08-22 23:49 | ※リュック背負って | Trackback | Comments(0)

八重山諸島――竹富島(2)

竹富島(2)

More

by enzian | 2004-08-22 23:48 | ※リュック背負って | Trackback | Comments(2)

八重山諸島――竹富島(1)

古い集落と景観が条例によって保護されている。赤瓦の屋根、サンゴの白い道、咲き乱れる美しい花々。そこに水牛車がゆっくりと歩いている。八重山に行って、沖縄本島では失われた原風景を見たいと思うなら、まずここが手ごろだろう。この島に滞在して、いつまでも帰れない若者は多いという。その気持ちはよくわかる。9月ないし10月に行われる種子取祭が、国指定無形文化財に指定されている。

More

by enzian | 2004-08-22 23:27 | ※リュック背負って | Trackback | Comments(0)